August 29, 2015

* 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』にぐいぐい引き込まれています

世界の辺境とハードボイルド室町時代
高野 秀行
集英社インターナショナル
2015-08-26


Twitterで見かけたこれ↓がとても気になったので、思い切って購入しました。もう、この部分だけでぐいぐいと引き込まれるくらい、魅力的な内容でした。

中世ヨーロッパ好きとして、「日本人にとっての中世ヨーロッパって理解が難しい……」なのですが、この本は中世ヨーロッパの社会を知るヒントになると思ったのです。ヒントになるかも、と思ったのには、自分なりの理由があります。



たぶん、その筋(どの筋だ)の方には有名な本だと思うのですが、ここでは、中世の日本とヨーロッパの共通するところや相違するところについて述べられています(と思っているのですが、違ったらすみません)。

中世日本と現代世界の辺境に似ているところがあるなら、中世ヨーロッパにだって似ているところがあるんじゃないの? という、「マイ理論」ではあります。でも、現代の日本では存在しない価値観を知ることは、中世ヨーロッパの理解の助けになるかもしれません。

そんなわけで読み始めたのですが、面白い面白い! 本当に、まだ冒頭部分しか読んでいない段階なのですが、読み終わる前にこうやってブログに書いちゃうくらい興味深い内容です。目次を見たところ、直接言及しているわけではありませんがアジールの話もあるようで、「やっぱりアジールがあるんだ!」と、その部分に到達するのを楽しみにしています。――と、ここまで書いておいてアジールの話じゃなかったらどうしましょうね、というくらいです。

ところで、『中世の再発見』は、Kindle版もあります。



これも買うべきなのかな〜。

uriel_archangel at 11:52 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード