September 15, 2015

* フリースタイルばかりでなく規定もできるようにする

――というのが、最近意識していることです。

あ、これは当然ながら趣味で書いていることでの話です。このブログに限らず、TwitterなどのSNSでも、「○○について書く」という縛りのないところで文章を書いてばかりだと、

「私の心の赴くままに書きたい!」

という気持ちが大きくなります。私も長らくそういうふうに考えていたのですが、これって実は甘い考えなんだということに、ようやく気づきました。

「心の赴くままに書けても、他の人の嗜好やリクエストに合わせて書けないようではダメなんだな」

というわけです。よく考えたら、仕事(翻訳)では規定に沿って作業できます。「あー、これは小難しい感じの凝った表現で書いたほうが、『らしい』よな〜」と思っても、先方から「分かりやすい文章で」と言われれば、そういうふうに書きます。

ずーっと趣味として続けてきたことだと、仕事では当然と思っていることができないというのは、新たな発見でした。

以前であれば、「うーん、自分が上手くできるとは思えない」と敬遠していたことも、「もともと好きなことだし、これだけ生きてきて人生経験積んできたんだから、全くできないということはないだろう」と前向きに考えて、チャレンジしてみようという気持ちになっています。

具体的なことを書いていないので「なんだそりゃ」な感じですが、「好きなことだから好きなようにやりたい」というところから、「もっと自分の可能性を広げてみよう」という気分になったところです。

平均寿命を考えたら、まだまだ先は長いですが、気が遠くなるほど残り時間があるわけではありません。なので、躊躇しているのは時間の無駄! です。「私にはできそうに思えない」という弱気の虫を追い払って、「とりあえずやってみる」の精神で進んでいきたいと思います。

uriel_archangel at 11:47 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード