October 15, 2015

* 暗い雲の向こうで太陽が輝いている

昨日の朝、空を見たらこんな感じでした。

image


雲の合間から明るい光が神秘的な雰囲気で差し込んでいます。光の角度から、「ああ、太陽はあのあたりにあるのだな」というのが分かりました。そんなわけで、時間がないというのに思わず撮影してしまいました。それなりに撮影できていますが、やはり自分の目で見たときのほうが、光の感じがきれいだったなあ、と思います。

そして実際に外に出てみて驚いたのですが、このときの天気は「曇り」で、太陽の姿も光も見えません。ああやって空を見ていなかったら、太陽が雲の向こうで明るく輝いていることは、想像もつかないでしょう。

ここで突然話が飛躍しますが、人生もこういう状態なのだなあ、と思いました。

不思議なもので、私だけかもしれませんが、「今は見えないけれど、雲の向こうでは太陽が輝いているんだよ」と思うと、「ああ、この曇り空がすべてではないんだな」という気分になります。逆境というか、自分にとってよくない状態にあっても、世の中すべてがそういう状況ではないのです。

さらに言えばそういう状態は一時的なもので、雲が払われればすぐそこに明るい太陽がある、と考えると、「太陽は意外と近くにあるんだ。じゃあ、姿を見せるまで頑張ろう」と思えます。

ただ単に楽観的ということかもしれませんが、「今は見えないけれど、太陽はすぐ近くで輝いている」と思って、あれこれ取り組んでいこうという思いを強くしました。

uriel_archangel at 23:53 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード