October 30, 2015

* パリのレストラン L'Initial のご紹介

もう1か月ほど前になりますが、母がパリに行ったときに食事をしたお店がとても美味しかったそうです。そして、一緒に行ったパリ在住の母の友人に「日本語であまり紹介されていないから、ぜひとも紹介してほしい」と頼まれたそうで、私のブログに母の感想を掲載することにしました。
ノートルダム近くにお屋敷町にある、あまり派手な外見ではない、日本人2人のシェフのお店です。
ごちそうしてくださった友人は「近い将来、星を取るからね」と自信満々に言っていました。
食器もスマートで、ナイフ・フォークはクリストフル。テーブルの配置もゆったりとしていて、落ち着いて食べられました。
1人のシェフが調理が、もう1人のシェフがサービスで、息の合った連係です。お昼のメニューでしたがなかなかのもので、お腹いっぱいになりました。
鳩の肉を食べたので、それから鳩を見ると複雑な気分になりました。ぜひまた行きたいと思っています。
――そして残念なことに、写真がありません。お店のサイトはこちらです。メニューがこのページで紹介されていて、お料理の写真もありますのでぜひご覧ください。

このお店の名前で検索すると、トリップアドバイザーのページが上位に出てきます。確かに日本人の感想よりも自動翻訳の感想のほうが目立って、「んー?」という感じですが、評価が高いのは分かります。ここでも、「ミシュランの星を獲得するだろう」と書かれています。

また、母の友人から、(そのまたご友人の)サイトを紹介していただきました。こちらは写真もあり、文章も詳しいのでもっと参考になるかと思います……(でも、紹介する数が増えるのが大事です)。オープンして間もないお店なので、今後人気が出るかもしれないと考えると、パリに行く機会のある方は、今のうちに体験しておいたほうがいいかもしれません。

あー、パリに行きたいです。

uriel_archangel at 10:08 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード