April 11, 2017

* 真田丸発掘調査報告講演会(2017年3月12日)

ほぼ1か月前の話で、非常に記憶が怪しくなってきたのですが、「書かないよりはマシ」ということで書きます。

この報告会に行くためにわざわざ大阪に行ったのではなく、大阪旅行の期間中にちょうど開催されるということで、喜び勇んで行きました。会場で司会の方が、「東京、横浜、石川など、遠方からもいらっしゃって……」とおっしゃっていましたが、本当にタイミングが良くて行っただけです……。私たち家族のほかにも、東京からいらした人はいたかもしれませんが。

会場は、まさに「ここが真田丸の本体」と推定される大阪明星学園のホール(講堂)でした。日曜日でしたが部活動などで生徒たちが登校していました。学生服(学ラン)の金ボタンが6つか7つくらいあるのが印象的でした。

講演会は、以下の内容で行われました。
  • 第1部:映像で探る真田丸発掘ストーリー(NHK大阪放送局 制作部チーフ・ディレクター 伊藤敏司氏)
  • 第2部:史上初の学術調査に臨んで(大阪府教育庁 文化財保護課 参事 森屋直樹氏)
  • 第3部:真田丸の復元(奈良大学 文学部 教授 千田嘉博氏)
  • 講演者三者による鼎談
第1部は、歴史秘話ヒストリアのディレクターが、真田丸発掘にいたった経緯を、たくさんの映像資料を交えて説明していました。古代が得意分野だった伊藤氏は、戦国に自分の得意な発掘ものを持ち込もうと、城郭考古学がご専門の千田先生にご指導いただいたそうです。さすが大阪というか、お話し上手な方でした。

資料を調べて現地調査をしていくうちに、浅野文庫諸国古城之図にある「摂津 真田丸」の図が、従来は参考にならないと言われていましたが、現在の地形や寺の配置につながるところがあり、こちらが正しいのではないか、という結論に至ったそうです。これに千田先生が賛同し、従来の説とは異なる真田丸の姿を提案しました。

最初に番組で描いたCGは不完全なもので、より考証を重ねた結果が「真田丸」での姿になるようですが、実は真田丸は寺町の中に寺を利用して作られており、実際は市街戦だったのではないか、とのことです。「真田丸」ではロケの都合上市街を再現できないため、市街戦にはなりませんでした。

第2部は、真田丸発掘調査で、現地で責任者として指揮を取った(確か……)、大阪府教育庁の人でした。そんなわけで、資料もお話も、非常に真面目な内容でした。ここは、私が発表内容をきちんと理解していないので、申し訳ありませんがここで説明することができません。発掘で出土したもののほか、どのような地層になっていたかの説明がありました。

森屋氏としては、真田丸の手がかりとなるものが出てくればとは思ったものの、残念ながら決定的な決め手となるものはなかった、という感じでした(これはその後の鼎談での話です)。研究者として当然の姿勢だとは思いますが、そういう私情を排して事実のみを報告するのは、非常に誠実だと思いました。

第3部は、真田丸復元についての講演でした。説明に使われた図版は、当然ですが第1部とも重なるところがあります。いくつか伝わる真田丸を描いた絵図から、真田丸は大阪城惣構えとはつながっておらず、馬出しとして用いることは不可能だった、と結論付けられています。また、周辺は市街地化していたことも分かるそうです。

ここで興味深く感じたのは、終戦後に米軍が撮影した航空写真は、(空襲で)建物がほとんどないため、本来の地形を探る手がかりになるということです。また、浅野文庫諸国古城之図にある「摂津 真田丸」だけでなく、松江歴史館の極秘諸国城図にある「大坂 真田丸」は(後者は昨年発見された、ということでニュースになりました)、私が当初想像していたよりも正確に、真田丸の姿を書き写している、ということです。

これらの絵図で描かれている姿は、現在の町の姿にも残されており、結論だけを聞くと「どうして真田丸の場所は、今までここだと言われてこなかったのだろう」とさえ思います。それは私が美味しいところだけ食べている状態だからで、ここで導き出される結論は、科学的な現地調査や、各地に分散する文書の横断的な調査などが可能になった現代だからこそ得られるものなのでしょう。

鼎談も非常に興味深い内容でした。きちんと記録していないので、詳しく紹介はできませんが。千田先生への、「先生だったら真田丸をどう攻めるか」という質問に対するお答えは、大変面白いものでした。

とても充実した内容の講演会で、行ってよかった、としみじみ思いました。

uriel_archangel at 11:55 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード