October 31, 2018

* 第28回JTF翻訳祭に参加しました

先週、10月25〜27日は、京都に滞在していました(夜行バスを利用したので、出発は24日夜です)。主な目的は翻訳祭への参加だったのですが、「せっかく京都に行くし!」と便乗してあれこれ予定を詰め込んだため、「何をしに行ったんだろう?」というくらいの充実ぶりでした。

今回の翻訳祭の内容は産業翻訳に関するものの割合が高く、自分の仕事に直結するものが多くあったというわけではありません。ですが、いろいろな分野のお話が聞けて、(仕事につながるかどうかはともかく)新たな知識を得ることができました。

本当は一番自分に関わりが深いはずの、最初の飯間氏の講演に遅刻してしまい、ほとんど聞けなかったのは痛い失敗でした……。が、そこはあまり悩まずに次に進みます。次のセッションは私にはあまり関係ないかな、ということで参加せず、企業ブースで説明を聞いたりして過ごしました。

こうやって書いてみると、1日目は交流パーティーだけという状態ですね。とは書いたものの、交流パーティーでも、積極的にネットワーキングしたというわけでもなく……エネルギー補給してました(汗)

前日の反省を活かし、2日目は興味のあるセッションに積極的に参加しました。以下は参加したセッション名とその感想です。
  • iPS細胞を用いたパーキンソン病治療(高橋 淳)
    専門外ではありますが、せっかくの京都開催ですし、最先端のお話が聞けると思い参加しました。講演の内容は十分に理解できました。このようにして、今後どころか現在進行形で、いろいろな病気に対してiPS細胞を利用しての治療が試みられているのでしょうね。時間はかかりますがどんどん新たな治療法が開発されるので、長生きしなくちゃなあ、と思いました。

  • Road to XV 〜FINAL FANTASY XVで12言語を同時発売できるまで〜(長谷川 勇)
    日本語から多言語への翻訳というのは、ゲームを遊んでいるだけの人間には分からないような苦労があるんだなあ、と思いました。英語から訳すにしても名詞に性がある言語への対応が必要になりますが、日本語の場合はそういう違いがもっと多くなるのですよね。翻訳が進まないと分からないことや、デバッグで明らかになることもあるでしょうから、本当に「ご苦労さまです」という気分です。

  • How Machine Translations can help you most(Mike Dillinger)
    私は基本的に翻訳の仕事で機械翻訳を使うことはないのですが、機械翻訳をめぐる最新で有益な情報が入手できたと思います。「これを使えばどんな文書もスイスイ訳せる」なんていう都合のいいツールはないのです。……が、質疑応答などで出てくる話を聞いて、スピーカーが考える機械翻訳と世間一般で考えられている機械翻訳には乖離があるんじゃないかな、と感じました。

ランチョンミーティングでは、memoQの話を聞きました。実は企業ブースを回った時も説明を聞いたのですが、便利そうだと思いました。すぐに手に入れなければというものではないので、もう少し様子を見ます。

実は2日目は疲労で途中で睡魔に襲われ、「このままだとセッションの最中に爆睡して迷惑がかかるかもしれないから、帰ろうかな……」という気分にもなったのですが、セッションの合間に移動で歩いたりしていたら、なんとか頭がしゃきっとしてきて、最後まで参加できました。

でもぼんやりとはしていたようで、帰りのバスを乗り間違えて今出川通りを進んでしまいました。以前に観光で来た時にバスで通ったことがあるルートなので、途中で降りて地下鉄に乗ればOKでした。当然ですが、多少間違えても、どうすれば挽回できるかが分かっていれば、そんなに慌てずにすみますね。

次回の翻訳祭は、2019年10月24日(木)にパシフィコ横浜で開催されるそうです。どういう規模で、どのような内容で開催されるのかを楽しみにしています。

uriel_archangel at 16:47 | 講演会・展覧会 | 仕事
Permalink | Comments(0) 
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード