February 03, 2019

* 手帳のための文房具が増えています

このところ、スケジュール帳を快適に使うためのグッズをぱらぱらと購入しているので、

trystrams lifehack手帳と日の長さを感じる手帳を1つのバンドでまとめていたのですが、独立させました。trystrams lifehack手帳は表紙がしっかりしているので、これが使えるかなと思って購入しました。



実際、ぱちっとはまるししっかりキープしてくれるので便利です。この手帳は、万が一バッグの中で開いたら面倒だな、と思っていたので、その心配をせずに済むのはありがたいです。こんな感じになります。

IMG_1858

それと、日の長さを感じる手帳を使っていて最大の悩みが、「カバーがざらつく」でした。先月は手ががさがさになってしまい、カバーを持つのも嫌、という感じになってしまったので、新しいカバーを探して交換しました。



合皮です。触った感じがいいし、今年1年持てばいいので満足しています。ジャストサイズというわけではなくて、高さ(と言うのかな?)が余っているのですが、あまり気になりません。こんな感じです↓

IMG_1857

実は今まで使っていたブックバンドに金具がついていて、カバーに跡がついてしまうので、バンドを新しいものにしました。と言っても、使わずに余っていたヘアゴムの再利用です。

それと、A6サイズのスケジュール帳にあれこれ記入しようと思ったときの問題は、「シャープペンシルの文字がつぶれて読みにくい」「文字が手帳のサイズに比べて大きくなる」でした。そこで、芯の細いシャープペンシルを購入しました。




オレンズは、使い方や芯の交換方法が特殊です(このページ参照)。0.2mmなので、A6サイズのスケジュール帳の狭い罫線でもたくさんの文字を書けて、本当に便利です。これだけの情報を書けるなら、A5サイズのスケジュール帳に戻ろうとは思わないかな、というところです。



そして、普通の消しゴムだと広い部分を消してしまうので、小さく書いた字の1文字や1行だけを消したい、というときに活躍してくれる消しゴムも購入しました。このシャープペンシルと消しゴムがあれば、A6サイズのスケジュール帳でもOK、という感じです。

それと、小さな文字も楽々かける、0.1mmのピグマです。



消しゴム・シャープペンシル・ピグマは、まとめて小さなペンケースにいれています。これで、スケジュール帳を今以上に使いこなせるようになるかな〜?

uriel_archangel at 11:51 | お買い物 
Permalink | Comments(0) 
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード