子どものこと

April 28, 2015

* 高校生の英和辞典さがし

高校生になった息子は、学校で使う英和辞典を買うように、と授業で指示されたそうです。手持ちの電子辞書に入っていることもあり、「ジーニアスかなあ」と言っていたのですが、「いやいや、自分と相性のいい辞書を探すほうがいいよ!」とアドバイスして、書店に実物を見に行くことになりました。

上野をあまり知らない息子は、「上野(それなりの大きな町)なら、本屋さんあるよね」と言うので、親やじいじで「辞書がたくさんあるような書店はない!」と言い、では上野からどう移動するかと考えました。

候補に挙がったのは、「御茶ノ水の丸善」「日本橋の丸善」「オアゾ(東京駅)の丸善」ということで、全部丸善でした(笑) 神保町の三省堂は、神田の駅から近くて行きやすい、というわけでもないので候補にはなりませんでした……。今回は、無難なところで日本橋です。

辞書売場で、収録語数が10万語くらいの辞書(大学受験に対応、とうたっているもの)を複数並べて、同じ単語を調べてみることにしました。

息子は「"distinguish"を調べる」と言うので、「どうして?」と聞いたところ、「難しい単語でスパッと訳語が出ているか見たい]とのことでした。そこで、「いやいや、それも大事かもしれないけれど、動詞+前置詞の熟語が多い基礎的な単語を調べて、そういう説明がどんな感じで書いてあるかも見たほうがいいよ」とアドバイスしました。そんなわけで、"distinguish"と"take"を調べてみました。

その結果勝ち残ったのは、



「ウィズダム英和辞典」です。重要な単語が大きく出ていたりして、読みやすかったというのが選ばれたポイントです。

店頭にあって比較した辞書は、以下の通りです。



プログレッシブは次点でした。私が大学受験から大学の授業でもお世話になった辞書なのでイチオシでしたが、なんでも、この2012年発行の第5版から「ビジネスパーソンのためのビジネスツール」がテーマになったそうで、学習者に向いているかというと……という感じのようです。







リーダーズ英和中辞典
松田 徳一郎
研究社
2000-06


このあたりは、息子のようなタイプには敷居が高かったようです。発行から時間が経っているものもありますね。



こちらは、「開いてみて、よっぽど気に入ったなら止めないけれど、もう電子辞書でジーニアスを持っているなら、別の辞書を見るほうが勉強になるよ」と伝えました。ほとんど不戦敗です。

それにしても、息子が持っている電子辞書は、息子が小学4年生のときに、それこそ神保町の三省堂で型落ちを安く販売しているものを入手したので(中学受験に対応できる内容ということで、いきなりこれを選びました……)、そろそろ新しいものにしたほうがいいかなあ、と考えています。

uriel_archangel at 11:25 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 高校生の英和辞典さがし
 

November 14, 2014

* 中学男子への関わり方は難しい……

まあ確かに、周囲の大人が期待しすぎていて、「がんばれー」「もっとできるー」と言っているのが、辛いのかもしれません。

さらに私が毒舌というか、反論の余地のないことを身も蓋もない表現で言ってしまうので、息子にしてみたら、ますます逃げ場がなくなる感じかもしれません。

まあ、結論としては、一番いいことだしそうするべきなのは「本人が気づくのを待つ」なんです。でも、「もったいないなあ」と思ってしまい、ついつい口を出してしまうわけです。自分が失敗してきているので、「それはねえ」と思ってしまうのですよね。

親がついつい口を出し過ぎてしまうと、かえって子供の意欲を削いでしまうのは、自分の経験で分かっているつもりなんですけどね〜。

「こいつ、まだまだ分かってないなあ」という状態でもガマンして手も口も出さない……というのを、周囲の大人が全員実行できればいいのですが、ここが一枚岩ではないですからね(汗) ここで本人が上手いこと立ち回ればいいのですが、不器用ときているし。

あーめんどくさい。

とりあえず、このところの言動を反省して、私にとっての「これだけはやってくれ」という最低限ラインを決めたら、それ以上のことには口を出さないようにします。

uriel_archangel at 11:30 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中学男子への関わり方は難しい……
 

September 11, 2014

* ようやく日本脳炎の予防接種をしました

幼稚園の年長さんになるまで、息子の予防接種はひと苦労でした。とにかく嫌がって大変だったのです。なので、「聞き分けがよくなってから」と思っていたら、日本脳炎の予防接種で重篤な副作用が出たとかで、しばらく「積極的勧奨の差し控え」になってしまい、チャンスを逃していました。

再開されたときは中学受験がどうこうで忙しく、ついつい後回しにしてしまいました。中学に入ってから、とは思っていたのですが、「そろそろ行こうかな」と考えると息子が体調を崩し、そうこうするうちに「インフルエンザの予防接種をしないと」という季節になり……で、やはりズルズルと後回しにしていました。

ようやく今年になって、予防接種をしました。これは夏休み前というか、1学期中の話です。今回が初めてなので第1期です。1か月の間をおいて、2回接種できました。来年になったら3回目です。それから少し間を置いて、第2期の摂取になります。息子は何度も注射をしなければならないので「うーむ」となっていましたが、健康にはかえられませんからね。

延ばし延ばしで今まできてしまったので、偉そうなことは言えませんが、無料で受けられる予防接種はしっかり受けましょう。母子手帳に接種に関するデータが記入されるので、子供が何歳になっても忘れずに持って行きましょう。

uriel_archangel at 14:46 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ようやく日本脳炎の予防接種をしました
 

June 14, 2014

* 10年以上ぶりの再会

10年以上、空き箱だと思ってそのままにしていた靴の箱を、母が開けたところ……

小さい靴たち

Wow! 息子が履いていた小さい靴が、出てきました。

――母は空き箱だと思い込んでいましたが、私は靴が入っていると分かっていたので、それほどびっくりしませんでした。でも、出てきた靴の小ささにびっくりです。処分するため、既に箱はたたんでしまったのですが、靴が入っていた箱そのものも小さかったです。

12〜13僂らいの靴が、4足もありました。片方ずつなら、手のひらに乗るくらいのサイズです。1足はテープ式ですが、残り3足は普通の紐靴です。おとなしく玄関にちょこんと座って、大人(主にジジババ)に紐を結んでもらって、お出かけしていましたっけ。

小さいときは大人と身長差があって、手をつないで歩くのは大変だったので、遠出となるとジジババの車&ベビーカー(抱っこ)だったと記憶しています。

我が家ではもう誰も使えない小さい靴は、弟の家にもらわれるようです。せっかくなので、記念撮影をしておきました。

この新聞紙は、偶然近くに置いてあったものです。連日の雨でびしょびしょになってしまった息子の通学用革靴を乾かすときに、ちぎった新聞紙を詰めた革靴をのせていたものでした。今は靴のサイズが27.5僂覆里如△海凌景校罎砲1足しか置けません。

手はかかるけれど、とびきりかわいかった当時の息子を、なつかしく思い出しました。

uriel_archangel at 14:58 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 10年以上ぶりの再会
 

May 07, 2014

* 太陽の塔は衝撃的だったようです

息子にとって、3月の関西旅行で見た太陽の塔は、とても強烈だったようです。確かに、近くで見ると芸術というより巨大な建造物で、とてもインパクトがありますよね。

太陽の塔

私には、小さいときからあるのが当たり前のものだったので(岡本太郎さんもご存命だし、あの万博の、という感じで紹介されていましたから)、そこまで特別なものという感じはしませんでした。

でも彼にとっては、それまでほとんど知らなかったものだったようです。まっさらな状態で見たので、大きさや迫力に圧倒されたようです。ジェネレーションギャップを感じます……。

ジェネレーションギャップと言えば、私の父にとっては、太陽の塔はパビリオンから頭が飛び出している姿をしているもの、だったそうです。当時見ていた人は違いますね〜。「今は、建物はどうなっているの?」と聞かれ、「太陽の塔だけがあるよ」と言ったら、「ああ、そうか」と言っていました。

ともあれ、そんなわけで息子は、テレビで岡本太郎さんや彼の作品について紹介されていると、興味深そうに見ています。ちゃんと機会を作って、岡本太郎記念館川崎市岡本太郎美術館に連れて行ってみようと思います。あと、こどもの城の『こどもの樹』も見せなければ、ですね。

uriel_archangel at 21:56 | 子どものこと | 講演会・展覧会
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 太陽の塔は衝撃的だったようです
 

April 14, 2014

* 今年は息子にもNHK語学番組を聞かせています

前回……というのは中学1年生のときなのですが、このときは見事に失敗しました。今回は、もっとしっかりチェックしようと思います。で、選んだのはこちらの講座です。どの講座がいいのか考えたのですが、学校での授業の進度や本人の能力(とか書くと、急に偉そうに聞こえますね)から考えると、「基礎英語3」だと物足りないかなあ、と思うのです。そんなわけで「ラジオ英会話」にしてみました。

テキスト(こちらは紙のテキストです)を渡しただけでなく、「日曜日に、ちゃんと放送内容を聞いているかテストするからね〜」と予告しました。音声データも準備しています。詳しくは書かないのですが、"CaptureStream"を使っています。

「テストするからね〜」と予告したものですから、私もテキストの内容をチェックしてみました。すごい盛りだくさんです。実際に放送をきちんと聞いていないので、「え、15分でこれだけやっちゃうの?」という感じです。これまた、本気でしっかり取り組めば、ものすごーく身に付くだろうなあと思います。

まあ、若いときはそういうことに気づかず、テキトーにやってしまうものなのですよね。テストと言っても、各曜日の「重要表現(という名称だったか記憶にありません……)」が言えるか、程度のチェックです。その程度でも頭に入っていてくれれば、何もしないよりまし、と思っています。

諸般の事情で、このところ、小学生のときから通っている英会話スクールに行く日数を少なくせざる状態になっています。そこで、「ラジオ講座+親のフォロー」という、恐らく息子はそんなのを望んでいないだろうなあ、という方法で(本人は遊びに行く感覚で通っていますから)、スクールに通う日数が減った分を補うことにしました。

息子は馬鹿正直なので、寝そべったりしながら聞いてはいますが、様子をうかがっていると、発音練習はしっかり声を出してやっています。これまた、上達に重要なポイントです。我ながら親ばかだとは思いますが、今年度の目標に向けて努力してほしいなあ、と思います。

uriel_archangel at 15:35 | 子どものこと | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今年は息子にもNHK語学番組を聞かせています
 

March 30, 2014

* 子供の制服の消臭にティートリー

やっぱりティートリーのエッセンシャルオイルは便利です。

息子の制服がビミョーなにおいを放っているので、ティッシュペーパーにティートリーのオイルを数滴垂らして、ハンガーに下げてみました。

すると一晩で、気になるにおいがかなり消えました。さすがティートリーです。逆にティートリーの香りが気になる、という人も、いるかもしれませんが……。

先日、ユーカリ シュタイゲリアナを初めて購入したので、今度はこれと組み合わせてみようと思います。ユーカリではありますが、レモンやレモングラスのような、本当にフルーティな香りがします。ただし、成分の関係で虫除け効果はないそうなので、注意が必要です。

uriel_archangel at 19:18 | 日々の記録 | 子どものこと
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 子供の制服の消臭にティートリー
 

March 17, 2014

* うちの子、太陽の塔に圧倒される

あ、もう帰宅してますよ。今日は、天神橋筋商店街をてくてく歩き、大阪天満宮にお参りし、BK(NHK大阪放送局)で「ごちそうさん」のセットを見学し、最後に万博記念公園の国立民族学博物館(みんぱく)に行きました。

最初に、「去年、科学博物館でやってた『グレートジャーニー』みたいな感じだよ」と説明したら、どういう感じのものかが分かったようです。息子はみんぱくをとても気に入って、「また来たいなあ」と言っていました。私も、前々から連れて行きたいと思っていた念願がかなって、嬉しかったです。

念願がかなったとは言え、駆け足での見学になってしまったし、中国・朝鮮半島の展示は内容変更のためお休みしていました。これは21日からの再開だそうです。そういう状態なので、確かに「また来よう」と思いました。

それと、息子にとってみんぱくと同じくらい印象的だったのが、太陽の塔でした。ものすごく大きくて、異様な雰囲気に見えたようです。確かに、すっきりした幾何学的なデザインではなくて、原始的な感じです。モノレールの駅を出てからずっと、太陽の塔を気にしながら歩いていました。

みんぱくからの帰り道は、本人のリクエストで太陽の塔のすぐ近くを通りました。その手前で撮影したのが、これです。

画像1

「後ろがどうなっているか、見たい」と言っていたのです。後ろにも太陽が描かれています。

万博記念公園から伊丹空港まではモノレールで乗り換えなしなので、快適でした。

とはいえ、昨日も今日もあちこち歩き回ったので、とても疲れました……。旅行中も少しはしていたのですが、今日はもっとしっかりストレッチをしようと思います。

uriel_archangel at 22:23 | 日々の記録 | 子どものこと
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - うちの子、太陽の塔に圧倒される
 

February 17, 2014

* 英語をカタカナ読みしない

息子は、小さいときからなぜか英語が好きだったので、ハワイに行ったときに英語学習用のPCソフトを買ってきては、与えていました。適当に面白そうなものを選んでいただけだったのですが、その中にフォニックス(Phonics)を使ったものがありました。

これのおかげで、息子は「英語をそのまま(カタカナ読みにせず)読む」という習慣がついたのだろうなあ、と思います。さらに当時は、英語の発音が「お前はアメリカ人か!」みたいなすごい発音だったのです。今はそれほどでもなくなってしまったのですが。

実は、日本で買える児童向けの英語教材を与えてみると、英語にカタカナでルビが振ってあることがほとんどです。これだと息子は、カタカナを読んでしまうのです。これはダメだ、ということで、日本の教材を与えるのはやめました。カタカナを振っていない教材(でとっつきやすいもの)というのが、ほとんどなかったのです。

面白いなあ、と思ったのは、カタカナ読みから入らなかったので、日本語の中に英語を入れるとき、普通の日本人とはちょっと違う音になるのです。例えば"stupid"は、日本人だと「ステューピッド」と読むところですが、息子は「ステューペッド」と言います。

私も音声学や音韻論のしっかりした知識があるわけではないのですが、"stupid"の"i"は、はっきりした「イ」ではなく、「エ」に近い音なのです。だから、カタカナ読みすると「ステューペッド」になるのは、ネイティブの発音からは自然なことなのですよね。

「えー、じゃあもしかして、"pen"と"pin"も、普通の日本人とは違った読みになるのかしら?」と思って、先日息子に聞いたところ、これは「ペン」と「ピン」でした。ちょっと残念。

本人は、なぜ突然こんなことを聞かれて勝手に私ががっかりしているのか、まさに「ピンとこない」感じでした(笑) でも、「"stupid"の"i"と"pin"の"i"は、完全な『イ』じゃないでしょ」と言ったら「ああ、そう言えば」という雰囲気だったので、やはり音の違いは感じているようです。

この私が、今までフォニックスのことをブログで書いていないわけがない……と思ったら、やっぱり書いていました。日付を見ると10年ちかく前なんですね〜。古いブログをblog.jpのURLにお引っ越しさせたのですが、このURLをどう活用するかが悩みです。外国語の練習用にしよう、とは思っているのですが。

今はPCだけでなく、iOSやAndroid対応のアプリで、こういうフォニックスを使った英語学習用の教材が増えているのかなあ、と思います。

――それでですね、こういう寄り道があったからかもとからの性質なのか、息子は日本語が非常に「アレレ」です。中学生になっても、話を聞いていると「てにをは」の使い方で「ん?」となってしまいます。じゃあ英語の前置詞は完璧かというと、そんなこともありません(汗)

まあ、「英語に一切触れさせなかったら日本語にアレレなところがなかった」と断言できるわけでもないので、「この子はこういう子なんだ」と割り切ることにしています。明らかに理系に進むだろうというタイプなのですが、英語にあまり苦手意識がないので、そういうところは有利になるといいなあ、と思っています。

uriel_archangel at 11:33 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 英語をカタカナ読みしない
 

February 10, 2014

* 大きくなったなあ

ブログに書いていなかったかもしれませんが、息子は日々成長しています。運動系の部活ではありませんが、やはり成長期なんだなあ、と思います。

身長も、私と同じくらいか、もしかしたら大きくなったかも? というところまできています。「ようやく?」と思う人もいるかもしれませんが、何しろ私が背が高いほうなので、普通の母親相手より、時間がかかってしまうのです。

でも、靴のサイズは、だいぶ前に私より大きくなっていました。これも、私の足が女性にしては大きいほうなので、やはり時間がかかりました。

中学生になったころは、まだ、私と息子の靴を並べると、私の靴のほうが大きかったのです。でも今では、息子の靴のほうが大きくなっています。

昔は、親子3人で移動するときは、私と夫の間に息子を座らせていました。こうすると、大人はスペースに余裕があって快適だったのです。でも今は、同じように並んで座っても、息子も場所を取るようになってしまいました。窮屈です……。

成長はうれしいのですが、小さいときのあのかわいらしさも格別なので、懐かしく思い出すのでした。

uriel_archangel at 21:53 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大きくなったなあ
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード