学び

November 27, 2014

* 教習所日記その03

なるべく進めるところまで進んでおこうということで、出勤日でない平日は、できるだけ学科や技能を入れるに限ります。

そんなわけで、技能2時間・学科1時間をこなしてきました〜。

最初はどうなるかと思った運転ですが、まあ何とかなるものですね。最初はハンドルを握る手にも力が入りましたが、今ではもっと軽く持てるようになりました。ハンドルの回し方も、チマチマではなくなりました。相変わらず、クリープ現象を使ってのノロノロ運転というか、徐行状態ですけれど。

ポールを立ててその間を通る、というのもやりました。「ひえー」と思いましたが、意外と左右に余裕があるものです。「これじゃぶつかるから」と止められたのは1度だけでした。

コースをぐるぐる回るだけでなく、右に曲がったり左に曲がったりもしました。これはまあ、次回への導入、という感じです。

左を警戒しすぎて右に寄り気味になるため、左に寄せるというのがなかなか難しいです。補助ブレーキがついているのだから、思い切って寄せてしまえばいいのですけれどね。「あそこに寄せなきゃ」と思って意識を集中しすぎると、ものすごーくギリギリまで近づいてしまいます。この感覚が、まだつかめないです。

まったく問題なくすべてが順調、というわけではありませんが、初回の「この先どうなるんだろう」という絶望感のようなものはなくなりました。やっぱり、慣れるって大事です。

学科は、「この部分テストに出ますよ〜」的に教えてくれる人だったので、テスト対策という意味で分かりやすかったです。ふと周囲を見まわすと、本当に学生ばかりです。冷静に考えると、みんな私よりも息子に年齢が近いのですよね。

本当に、自分の子供くらいの年齢の人たちと一緒にやっているのだなあ、と思いました。でも、技能はともかく学科では負けてられません! と、ここで生来の負けず嫌いが出てまいりましたよ。

【仮免まで残り:学科7時間・技能9時間】

uriel_archangel at 11:20 | 日々の記録 | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 教習所日記その03
 

November 25, 2014

* 教習所日記その02

職場に行かねばならないため、朝イチの技能を予約していました。どれくらい早いかというと、息子よりも早く家を出るくらいです。それくらい早いからか、それとも世の中の流れとは反対方向だからか、電車は思ったほどの混雑ではなく、無事時間通りに教習所に到着しました。

最初はブレーキやアクセルの位置、ハンドブレーキ、シフトレバーの動かし方、エンジンの入れ方・切り方、ワイパーやウィンカーなどの位置を教わり、いざ走行!

……と言いたいところですが、アクセルを踏む余裕はほとんどなく、クリープ現象で車を進める感じでした。カーブを曲がるだけでもドキドキものです。どのタイミングでハンドルを切ればいいのか、見当がつきません。

どれくらいドキドキだったかというと、間違えてアクセルを踏んでしまったくらいです(汗) ――が、もともとたいしたスピードが出ていなかったのでブレーキもぐっと踏む必要がなく、結果として間違えて踏んだアクセルも、ちょっと踏んだ程度で済みました。

コースでは、対向車が気になって内回りだと内側に寄り、外回りだと大きく回ってしまいます。自分が車の中心に座っているわけではないので、自分が感じる位置と車両の位置の違いが、まだ頭に入りません……。

これで本当に運転できるようになるのだろうか、と不安に思いながら1時間が終わりました。教官がきちんと論理的に説明できる人で、いろいろ教えてもらえたのはよかったです。

帰り際に、次の時間の路上教習に向かう車が出発する姿が見えました。ヨレヨレに走っていた身からは想像もつかない状態です。「本当に、こうやって出られるようになるのかな?」と心配になりながら、事務所に向かいました。

まあ、終わったあと冷静に考えて、「今のうちにいろいろ失敗して恥かいて、先に進んだときにちゃんとできればいいんだな」という気分になりました。

【仮免まで残り:学科8時間・技能11時間】

uriel_archangel at 11:25 | 学び | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 教習所日記その02
 

November 22, 2014

* 教習所日記その01

2ケタで終わるよな〜、と思いながら番号を振ってみました。話すと長くなるのでバッサリ削ると、一念発起して「普通自動車免許を取ろう!」と思いたったのです。AT限定ですけど。思いたった経緯については、改めて書こうと思います。

ともあれ、時差はありますが、教習所でのことを書いていきます。

初日は、適性検査と学科2時間でした。「乗りますか?」と聞かれたのですが、「いきなりはちょっと……」ということで、学科にしました。

適性検査は、知能テスト的な問題やあまり難しくない計算問題などでした。周囲の大学生らしい若者たちに負けないスピードで、テキパキ処理しましたよ〜。基本的に問題なしでした。ただし、神経質でないのはいいのですが、おおらかすぎるのが問題のようで、「細やかな気配りをしましょう」状態です(笑)

検査の後の授業は、「運転者としての心構え」的な内容のようです。――が、教官の雑談が、授業の3/4を占めていたでしょうか。学生時代ならともかく、この年齢になると「ちょっと! お金払ってるんだから、ちゃんと授業やってよ!」と思ってしまいます。

まあ、ちょうどいいので、時間割表とスケジュール帳とにらめっこしつつ、今後の受講予定を組んでいました。最初は年内に仮免が取れればいいか、と思っていたのですが、プロジェクト・アット・ア・グランスにあれこれ書き込んでいるうちに、もうちょっと短くできるかな? という感じになりました。

2〜3月は学生が増えるらしく、予約が取りにくいそうです。なので、混雑してしまう前にあれこれこなしてみようと思ったのです。

そんなこんなで1時間目の授業は終了しました。授業ではなでるように扱った程度ですが重要なところらしいので、自分で勉強しなければいけません。

次の時間は、きちんとした授業でした。いちおうテキストの余白にあれこれ書き込みましたが、何しろ初回なのとまだ自動車に乗っていなくて話が分からないのとで、分かりにくいところがありました。教習所のコースをぐるぐる走るだけでも、学科の前に技能をやったほうがいいのかもしれませんね。

帰りがけにドキドキの技能を初予約して、この日は用事があったので、次の目的地へと向かいました。

スケジュールを組み立てた甲斐があって、来年の予定も早い段階で検討しなければならない、ということが分かりました。「来年のスケジュール帳、早く買わなくちゃ」という結論にも達しました。

【仮免まで残り:学科8時間・技能12時間】

uriel_archangel at 11:53 | 学び | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 教習所日記その01
 

October 13, 2014

* NHK語学番組も1年の後半に入りました

1日にまとめて1週間分を聞くなんていう無茶をやったりもしましたが、無事遅れを取り戻して後半に入っています。やはりノートにまとめる時間が取れず、聞くだけになってしまってはいますが……。

仕事が忙しくても、すき間時間を使って勉強のための時間(と言っても『聞くだけ』ではありますが)を確保するというのが、このところの目標です。こういうときは、電子テキストにしたのがとても便利です。

紙のテキストは持ち歩くのにかさばってしまいますが、電子テキストなら、アプリを入れたデバイスを持っていれば大丈夫です。どの講座を聞こうかと悩まなくてもいいのです。気になった内容を書きこんだりはできませんが、手軽さには代えられません。

そういう状態なので、特に知識が少ないフランス語では、たくさんのことは覚えられていません。以前のようにサクサク進まないので、私のように「聞いているだけ」人間にはちょうどいい感じです。それに、少しずつしか進まなくても、何もしないのとは全然違います。

そうやって自分を励まして、まさに亀の歩みですが、コツコツと積み重ねていこうと思います。

uriel_archangel at 11:21 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NHK語学番組も1年の後半に入りました
 

August 25, 2014

* フランス語の発音って難しい……

まとめノート作りはすっかり止まってしまいましたが、そこで聞くことそのものまでやめてしまう必要はない、と踏ん張って、NHKの語学講座を聞くのは続けています。

今までと進度が変わっていて、入門編はあまりたくさんのことを学びません。なので、必死でノートを作らなくても頭になんとか残るのです。

――と言うと奇妙かもしれませんが、これまでのように「今日は動詞○○の活用を覚えましょう」「今日は過去形の作り方を覚えましょう」というスタイルではなく、「レストランで注文できるようになりましょう」とか、「『これは日本語でどういう意味ですか?』と尋ねられるようになりましょう」というテーマで構成されています。

なので、1人称・2人称(敬称・親称)・3人称の単数・複数で、それぞれこういうふうに活用して……という話にならず、自分が話せる・聞いて分かるための活用だけを、スキットに出てくるフレーズで学ぶ、という感じです。

「これは○月の△課でも出てきた表現ですね」ということがあり、以前も書きましたが、忘れかけた(というか短期間でもすっかり忘れた)ころにそうやって思い出させてくれて、記憶力にすっかり自信がなくなった身としては、たいへん助かります。

そうやってのんびり進んでいるぶん、さらに会話というか発音練習を重視しているぶん、今まで以上に発音が気になります。子音よりも母音が難しいです。最近、英語やドイツ語でも会話(発音)していないこともあって、「甘い! 私の発音は甘い!」と思うのです。

例えば今月号に出てくるフレーズで、こういうものがあります。

A: Vous venez d'où?
B: Je viens du Japon. Et vous, vous venez de quel pays?

ここで、vousとd'oùの母音が[u]で、duの母音は[y]になります。これは、カタカナを振るとどちらも「ウ」なのですが、どちらも日本語の「ウ」よりも深い音(唇を突き出す音)です。[u]も[y]も、日本語を話すときよりもかなり唇や頬に力が入る感じです。

これが、ちゃんとできません……。母音をしっかり出すぞ、と思うと、お手本をリピートするときに口の動きが大混乱です。お手本は気にせず、自分にちょうどいいスピードで発音練習すればいいのかもしれませんけれど。英語やドイツ語でこういうことにならないのは、それだけ勉強した時間が長いからでしょうね。

知らなかった言葉を学ぶのは楽しいのですが、難しいこともいろいろです。

ちなみに先ほどのフランス語は、こういう意味になります。
A: あなたはどこから来ましたか?
B: 私は日本から来ました。それで、あなたはどこの国から来ましたか?

uriel_archangel at 11:56 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フランス語の発音って難しい……
 

August 13, 2014

* 仕事が忙しいのを言い訳にNHK語学番組を聞くのをサボらない

――というのをモットーに、今週は過ごしています。ちょうど時間に余裕があったので、「1日で1週間分を聞く」というような無茶をして、なんとか遅れを取り戻せました。このときに大変だった記憶が鮮明なので、今なら「あれをしなくてはいけなくなるようなことは、もうやめよう」という気持ちが強いので、やっていけます。

ちょうど今は、大きなものではありませんが翻訳の仕事があるので、「仕事やブログの更新の前に、外国語学習!」ということで頑張っています。ついつい、ダラダラとTwitterやFacebookの書き込みを追いかけて過ごしてしまう時間を、こういうことに回せばいいわけです。はい。

それなりに真面目に(当社比、ですね)聞いていると、「あれ、この表現、ちょっと前にも出てきたなあ」と気付くことがあります。

もっと若くて記憶力に自信がある時期だったら、「これ、ちょっと前にも出たよね。もっと新しいフレーズとか単語を出してよ!」と思ったでしょう。でも、物覚えに自信がなくなりつつある現在では、「こうやって何度も繰り返し出してくれると、それだけ覚える機会が増えてありがたい」という気分になります。

最近は「記憶力勝負!」みたいな試験を受けていません。でも例えば、この年齢でそれなりに物事を覚えるという対策が必要な試験を受けるとなったら、これだけ記憶力に自信がなくなった自分はどうすればいいのだろう、と思います。

若いときはやみくもに頭に詰め込んでいましたが、これがきちんと整理整頓してファイリングする、みたいな感じになるのかな? まあ、やってみなければ分からないかな〜。

――と、意味深に書いただけで終わるかも(汗)

uriel_archangel at 23:20 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 仕事が忙しいのを言い訳にNHK語学番組を聞くのをサボらない
 

August 05, 2014

* 語学学習は積み重ねが大切

ようやく、ためこんでいたNHK語学番組を解消しました。何日分もまとめて聞いていると、「あーあ、こんなふうにまとまった時間を作って、苦労して聞かなければならないなら、毎日毎日、きちんと聞く時間を作ってコツコツ聞いていくほうが楽だ」という気分になります。

それに、ためこまないにしても、例えば1週間分の放送を1日でまとめて聞く、という方法では、せっかく覚えた単語や文法が、次の週の放送を聞く段階ではかなり抜け落ちてしまいます。

なので、週5日の放送だったら5日間かけて、週3日の放送だったら1日おき(なるべく1週間に均等に分散させる)と、勉強する時間を固めないようにしたほうがいいと思います。

それにしても、ちょっと間が空いてしまったからか、せっかくできるようになっていたオーバーラッピングなどが、口の動きがモタついてしまい、「アワワ……」となってしまいます。これを克服するのが、当面の目標です。

uriel_archangel at 21:33 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 語学学習は積み重ねが大切
 

May 18, 2014

* NHK語学番組での独習は今が正念場!

――と、肝に銘じております。

先月下旬からあれこれ忙しくなって、コツコツ続けていたNHK語学番組を使っての学習が、非常におろそかになっています。コツコツ続けていたと言っても、せいぜい3週分くらいなんですけれど(汗)

ともあれ、遅れを取り戻さなければなりません。仕事がちょっと一段落したのをいいことに、一生懸命聞いて、なんとか追いつきました(嬉) 連休で再放送週があったのが幸いでした。

……でも、頑張って聞きはしましたが、ノートが進んでいません(大汗) ここで挫折してしまうとノート作りが中断してしまいそうなので、なんとしても続けなければ、と思っています。中断してしまうまでの勉強方法を100%とすると、全部を続けるのは難しいので、追いつくまではある程度の妥協というか、取捨選択は必要かなあ、と思います。

以前も書きましたが、私は昔から、単語やフレーズを調べたりしても、それを使って復習する、ということをほとんどしないタイプなのです。なんというか、以前に調べたことを忘れて、懲りずに何度も何度も同じ単語を調べて、ようやく身に付ける、という感じなので。

この年齢になると、学生の時のように、単語帳を使って覚える、という気力がなくなっているように思います。

Podcastを登録しているDeutsche Welleは、とりあえず聞いてはいました。でも、仕事がようやく一段落して、寝る前にちょっと聞こう、と思って聞いていると、面白いくらい「寝落ち」しています。

3分くらいの短いプログラムも最後まで聞いた覚えがないくらいですから、まさに絵にかいたような「バタンキュー」なのです。一応、未聴マーク(と呼ぶかどうかは知りませんが)は外れてはいますが、この状態なので、聞いたうちに入っておりません……。

最後まで聞いたものもあります。当然ながら「聞いただけ」状態ですが、「何もしないよりはまし」と自分に言い聞かせています。

ここで投げ出すのは簡単ですが、NHKやDeutsche Welleを使っての勉強というのは、一番時間の制限のない方法です。課題の提出期限もないし、空いた時間に自分のペースで進められます。

こういう勉強が続けられないなら、スクールなどに通学して勉強するなんて到底無理です。自分の目標を考えると、「今の勉強が続けられなくてどうする!」なのです。

そんなわけで、あきらめずにコツコツ努力しようと思います。

uriel_archangel at 16:24 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NHK語学番組での独習は今が正念場!
 

April 26, 2014

* 早速勉強方法の見直し

時間とノートの無駄遣いはやめましょう。……ということなのです。

Fujisan.co.jpでテキストを購入しているので、印刷ができます。それをいいことに、あれこれ印刷してノートにぺたぺたと貼っています。そうしたら、ノートの数は増えるし切り貼りもそれなりの手間だし、さらには「冷静に考えると、これって貼っておしまい状態じゃない?」という感じがしてきました。

以前だと、「とりあえず決めたことはしばらく続けよう」と思っていたのですが、幸か不幸か忙しくなってきたので、自分会議の結果「無駄なことはやめて時間を節約しよう」となりました。

ドイツ語講座応用編は、とても素晴らしい内容なのですが、「答えを書く」という作業をせずに頭の中だけで処理しようとしているため、復習しようと思ったら、iPod touchやNexus5のアプリでテキストを見ればいいわけです。ノートを使う必要がありません。テキストに載っていない解説で「これをメモしておきたい!」ということがあったとしても、一生ものというわけでもありません。

そんなわけで、ノートはヤメヤメ、です。

フランス語講座応用編は、文法の解説を理解したり自分で和訳を考えたりできるレベルに達していないので、これまた印刷したものをノートにぺたぺた貼っているだけ、になっていました。

これまた、ノートはヤメヤメ、です。

Deutsche Welleの各プログラムも、ノートをいちいち別にしていると数が増えて大変なので、1冊にまとめてしまえ、ということになりました。そもそも、別にしなきゃいけないくらいの作業量でもありませんし。

――というわけで、ノートを作るのは、フランス語講座入門編・実践ビジネス英語・攻略!英語リスニング・Deutsche Welleです。これでもまだ多いですけれどね。ノートを作ることに決めた講座は、どれもテキストに出てきた単語や表現を書きとめるのに使っています。

これも、いっそのことExcelか何かで表を作って書いていけばいいのですが、こういう作業は手書きのほうが早いのですよね……。PCがなくても、スマートフォンなどで単語・フレーズリストのようなものは更新できるでしょうが、作業スピードが「手書き>PC>>>>スマートフォン」という状態なのです。だったら手書きのほうが作業時間は短いです。

ここでiPad Airかminiとキーボードを入手すれば、また変わるかもしれませんけれど。ますますiPadが欲しくなってきましたよ……。

ともあれ、そうやって書いたノートも、フランス語講座入門編はともかく、後でしっかり見直す感じでもありません。使用済みノートが増えてきたら処分、になるでしょうね。これからもいろいろと工夫して、長続きする方法を探っていこうと思います。

uriel_archangel at 12:58 | 学び | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 早速勉強方法の見直し
 

April 22, 2014

* 目先のことにとらわれず、ゴールを考える

NHK語学番組は、頑張って聞いています。先週後半から仕事でばたばたしていたため、最低限の「聞く」はしましたが、ノート作りが不十分です。今週はまだ聞いていません……。

こういう年齢なので、テキストを見ながら音読しても、すんなりとは頭に入りません。何度も同じ言葉の意味を調べてしまうというのも、最近になって始まったことではありません。

まだまだ勉強だなあ、と思います。いちおう、私なりに目指しているところはあるのですが、そう簡単に到達できるものではないと実感します。

ますます、きちんと勉強しなくては、と思います。どの講座でも、できていないことがたくさんあって、「今まで以上にきちんと勉強しないといけないなあ」という気分になります。

とは言っても、基本的なことかもしれませんが、今ラジオの講座を聞いてあれこれやっているのは、私が目指す目的地というか、ゴールがあるからです。ゴールを目指す方法を考えたときに、「NHKの講座を使って、できるところまでやってみよう」と思ったから、聞いているのです。

今は自分の能力の衰えぶりや、学習内容の難しさにびっくりしていて、自分でも勉強をすることにこだわりすぎているように思います。

確かに、テキストの内容が効率よく頭に入れば、会話などでとても役立ちます。かと言って、そういうことばかりしていると、肝心のゴールとは違う方向に進んでしまいそうです。

「完璧に頭に入れる」ということにこだわりすぎず、「先に進んで、何度同じ言葉を調べることになっても、マイペースで繰り返せばいい」と考えて、何よりゴールがどこにあるのかを意識して、取り組んでいこうと思います。



uriel_archangel at 22:32 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 目先のことにとらわれず、ゴールを考える
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード