お出かけ

September 19, 2015

* 池袋西武に香水を見に(嗅ぎに)行く

銀座三越に行った話の続編、というところでしょうか。今回は池袋に行く用事があったので、ついでに池袋西武に行きました。

銀座三越は中国語対応の店員さんが多く、掲示も中国語が目立って免税店みたいな雰囲気でしたが、池袋西武はそこまでではありませんでした。まあ日本人だって、海外でショッピングとなったら、その国の「一等地の一番いいお店」に行きますよね……。

ザワザワとしておらず店員さんも落ち着いて選べるので、外国人観光客でもなく東京在住の私からすると、銀座三越より池袋西武のほうが買いやすいかな? と思います。

とは言っても、そんなにじっくりあれこれ見たわけではありません。メイク用品は目立つところにあってサンプルも手に取りやすいのですが、フレグランスはそういう感じでもないのです。「試したい」と言って出してもらって結局買わない、というのに罪の意識を感じてしまうので、手を出しやすいところにサンプルがあるお店以外は立ち寄りませんでした……。

でも、店員さんとお話すると情報が手に入れやすいので、いちおう会話はしますよ〜。「まだ考え中なので」と言って、「ありがとうございました」とその場を離れます。

今回は結局2ブランドで「くんくん」してきました。あるブランドで「あなたにぴったりの香りを選びます」というチャートがあって試したところ、「普段の私なら絶対選ばない」という、ものすごーくフローラルな香水が出てきました。

でも、「キャラに合わない」とは思っても、素敵な香りには心が惑わされます……。ということで、一気に「気になる存在」になりました。フローラルだし香りは強いし、ですが、恐らく原料にいいものを使っているのでしょう、気になったり頭が痛くなったりということはありませんでした。これでお寿司屋さんに行ったら迷惑だろうな、とは思いますが。

そんなわけで、香水選びもいよいよ佳境に入りました。

uriel_archangel at 17:47 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 池袋西武に香水を見に(嗅ぎに)行く
 

September 06, 2015

* 銀座三越に香水を見に(嗅ぎに)行く

以前も書いていると思うのですが、「永遠の17歳」と思っていて、どんなに気持ちは少女のままでも、ほったらかしておくと外見の「オッサン化」が進行します。ボーイッシュとかユニセックスとか気取っていると、オバサンだかオジサンだか分からなくなります。まあ、私に化粧っ気がまったくないのも問題なわけですけれど……。

そんなわけで、意識的に女性らしさを取り込むべく努力しています。言い方を変えると「着る服が派手」になるわけですが、そうやってプラスしていかないと、オッサン化が止められないのです。

ここでさらに、最近はフレグランスも意識したほうがいいな、と思いたちました。手持ちの香水は、10年前に買ったエルメスの《ナイルの庭》です。

エルメス HERMES  ナイルの庭 50ml EDT SP fs【あす楽:エリア限 営業日 正午迄】【香水】【RCP】【02P05Sep15】
エルメス HERMES  ナイルの庭 50ml EDT SP fs【あす楽:エリア限 営業日 正午迄】【香水】【RCP】【02P05Sep15】

正確に言うとオー・ド・トワレです。10年前にヨーロッパを一人旅したときに、帰りの飛行機で記念に購入しました。JALカード利用だと、さらに割引があったのです。私にはよくあることなのですが、買った後、ほぼ手を付けずにそのままにしていました。

ともあれ、夏に購入したものなので、落ち着いていますがメインは柑橘系のさわやかな香りです。「もっとフローラルなものがあってもいいんじゃないの?」ということで、「では現地にクンクンしに行きますか」と、ちょうどそちらに用事があったこともあり、銀座三越に行きました。

――で、入ってみてびっくりです。中国語の表示が大きく出ているし、それぞれのブランドに中国語対応のスタッフがいるしで、「日本のデパートに来た」というより、「免税店に来た」感が強いです。まあ、主な購買層が中国語を話す人であれば、お店もそういうシフトにしますよね。

普段は、(銀座ではない)デパ地下でお菓子やお惣菜を買ってサッと出る、という生活を送っているので、化粧品売り場ってこういう状態なのね、というのは新鮮な発見でした。

いくつか「クンクン」してみたのですが、ピンとくる香りがありませんでした。というか、ピンときたのはまたまた柑橘系というか、夏向きのさっぱりした香りでした。後の予定が気になって、「ここのブランドに香水はあるかな」とか、そういうチェックが不十分だったこともあります。

もうちょっと仕事が落ち着いたところで、改めてあれこれ「クンクン」して、「これだ!」というものを見つけたいと思います。

uriel_archangel at 11:54 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 銀座三越に香水を見に(嗅ぎに)行く
 

August 03, 2015

* 《庭のホテル》で朝ごはん

朝早起きしてホテルに行くというのがとてもハードルが高いという、ぐーたらな毎日を送っております。でも今回は、家族が外出する用事があったので、その前に行きました。前回は2012年5月だったので(自分のブログで調べられるのは便利です)、実に3年ぶりです。ランチで利用したことは何度かあるのですが……。

今回も夏休みということでにぎわっていて、8時すぎくらいに到着したのですが、席に案内されるまで10分ほど待ちました。

image


まあ、このへんからスタートです。暖かい料理とコールドミートを同じ皿に盛っていますが、温かく見守ってください……。サラダにはハーブドレッシングを使いました。それにしても雑な盛り付けであります。

image


目玉焼きかオムレツを選べるので、オムレツをお願いしました。写真でも、ふわふわ感が伝わるでしょうか! フォークを入れたら卵液がどろーり、なんてことはありませんでした! 断面の写真を撮影すればよかった、と思ったのですが、どこまでもふわふわで、美味しいオムレツでした。

この他、写真撮影は自粛しましたが、いろいろ食べています。ラタトゥイユの隣になぜか鯖の塩焼きがあったので、せっかくなので一緒に食べてみたら、南欧気分にひたれました(笑) ラタトゥイユはオムレツに合わせても美味しいだろうな、と思います。次回やってみよう〜。

何度も書いていますが、息子はご飯とお味噌汁で洋風のおかずを食べるのが大好きなので、和洋食のビュッフェはぴったりです。今回も、きちんとご飯とお味噌汁で楽しんでいました。夫は洋食オンリーです。

image


自家製マーマレードがヨーグルトの付け合わせとして置いてあったのですが、パンでいただきました。美味しかったです。その後ヨーグルトと一緒にもいただきました。はい、どう考えても食べ過ぎです。

家族で「満腹〜」とホテルを出ました。レストランはにぎわっていて、席が空くのを待っている人が常にいる状態でした。早い時間のほうがいいのかな? 朝早くから行動しようという人も多いから、結局混雑しているのだろうとは思いますが。

帰りがけに、「お昼ごはんになるかな」とミーツポートのシェ・リュイに入ったのですが、やはりお腹がいっぱいだと、選ぼうという気持ちになりません。何も買わずにお店を出ました。

image


東京ドームシティで『進撃の巨人』の企画があるらしく、タイアップ商品の案内がありました。こういうのって、企画した人がお店に「このキャラはこれこれこういうものが好物で……」的な、「『コラボするならこの食材』リスト」を配ったりするのかな、なんて考えました。

結局この日は、朝食たっぷり食べたので、昼食は近所のコンビニで買ったヨーグルトとフルーツですませました。

uriel_archangel at 11:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 《庭のホテル》で朝ごはん
 

May 08, 2015

* 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 番外編(新宿で晩ごはん)

今回は番外編で、全然秩父とは関係ない内容です。連休の混雑の中、何時に新宿に戻れるのか……とハラハラしていましたが、運よくほぼ定刻で新宿に戻れました。夕食は新宿で台湾料理です。



偶然入ったお店、ではなく、バスツアーが新宿発着と分かったときから「ここに行こう!」と決めていました。前にも行ったことがあり、美味しかったお店なのです。前っていつかというと、学生時代だったりします。現在永遠の17歳なので、まあつい最近の話です。

以前の記憶では、薄暗くて怪しげな雰囲気のお店だったのですが、久々に行ったお店は明るくて普通の椅子とテーブルがありました。どういう意味だ、と言われそうですが、前回は店内が薄暗いだけでなく、座高の低いソファと低いテーブルだったのです。もしかしたら以前は、お酒が出るお店だったのを居抜きで使っていたのかもしれないね、と家族と話しました。

それにしても、こういう家庭的な中華料理のお店は、以前はあまりなかったのですが、最近は街のあちこちで見られますね。とは言えこちらは中華料理ではなく台湾料理なので、近所のよく行くお店とはやはり品揃えが違って興味深いです。

家族はしじみを食べるのを楽しみにしていましたが、品切れとのことでとても残念がっていました。

image

驚いたのが、メニューの写真からのイメージより(ポーションの)量が多いことです。食べかけを撮影しているので見苦しいところがありますが、食べ盛りの男の子(と言っても、運動をしているわけではないのでそれほどではありません……)がいても大丈夫な量でした。

image

麻婆豆腐も、この半分くらいの深さのお皿に入ってくるかと思いきや、このお皿になみなみと入っていました。たたききゅうりもこんなボリュームですしね。食べごたえがありました。息子は台湾料理は初めてだったのですが、カリカリの大根もちをとても気に入っていました(写真はありません……)。

image

とは言え、バス移動が多かったため、結構歩きましたがそんなに空腹というわけでもありません。最後にごはんや麺を頼むと多すぎるので、「角煮入り台湾サンド」をオーダーしました。香ばしい刻んだピーナッツがアクセントで、中に香菜が入っていて、息子は「ベトナム料理みたい」と興味深く(そして美味しく)食べていました。

最後の杏仁豆腐まで美味しくいただきました。

uriel_archangel at 11:32 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 番外編(新宿で晩ごはん)
 

May 07, 2015

* 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 後編(秩父神社・宝登山神社・長瀞)

三峯神社から山道をぐるんぐるんと下って、秩父市の市街へと向かいます。途中に一の鳥居があると聞いたのですが、どこにあるか分かりませんでした。途中で意識を失ったからかもしれません……。

ともあれ、無事に秩父市街に到着しました。秩父神社参拝と昼食です。
なんだかんだで参拝者がそれなりの行列になっていました。

image

厳かな感じの境内が、駅の結構近くにあります。有名な秩父夜祭は、この神社のお祭りだそうです。

image

権現造なので、伊勢や出雲と違い、見慣れた感じです。このあたりの神社は、日光東照宮の練習に使われたようで、左甚五郎作と言われる龍の像があったりしました。

image

おみくじは大吉です(嬉) 「現状に満足せず未来に備えることが大事」とのことなので、もっと前に! 進みますよ〜。

バタバタとお昼ごはんを食べたので、写真は撮っていません……。そして集合場所に向かうと、なんと添乗員さんが「もうすぐSLが通りますよ」とのこと。出発時間をそれに合わせてくれるとのことで、早速撮影ポイントに向かいました。

image

SLの登場を待ち構える人でいっぱいです。

image

ちょっとタイミングが遅くなりました。Nexus5に連写機能があるか、確認していません。活用できていない私。

それからまたバスでトコトコと移動して、長瀞方向に向かいます。有名な氷屋さんのかき氷に、ものすごい行列ができていました。まず宝登山神社に参拝します。
車窓から見える売店が気になりますが、ひとまず参拝です。

image

これは二の鳥居です。

image

本殿? 拝殿? の彫刻がきれいだったので、撮影しました。Facebookでも、結構な数の「いいね」をいただきました。

ひととおり見て回ったあと、売店でソフトアイスを食べてひと休みです。息子は大好きな抹茶、夫はバニラ、私はメープルです。バニラはバニラビーンズが入っていました。メープルはほんのりメープルの味が上品で、とても美味しかったです。あのあたりでメープルシロップが取れるらしく、飲みませんでしたがサイダーもありました。

添乗員さんが事前にご朱印帳を集めて、私たちの参拝中にご朱印がいただけるよう手配してくださったので、無事に秩父三社のご朱印をいただくことができました。二見興玉神社のご朱印帳が、終わりに近づいています。次はどういうものにしようかな〜、と考えています。

今回のツアーの最後は、長瀞&お土産物屋さんです。お土産物屋さんのおじさんから長瀞についての説明を受け、長瀞見学後はお土産物屋さんで(割引券をもらったので)しっかりお買い物です。

image

自生する藤が有名だそうですが、数日前の暑さですっかり花が散ってしまったそうです……。

image

素晴らしい眺めです。この岩盤は、遠く九州まで続いているのだとか。地盤がしっかりしていて地震に強いのはいいのですが、農作物を育てるのは大変だそうです。

image

川下りは人気でした。オプションツアーとして紹介されていたのですが、連休中は時間がないので実施されませんでした。もともと参加するつもりはなかったので、影響はなかったのですが。

帰り道は渋滞を覚悟していましたが、ツアーで利用するインターチェンジより北で(どこだか忘れました……)事故が発生し、そこで大渋滞になったそうです。そこより南を走っていたツアーのバスは、ほとんど渋滞に巻き込まれることなく、連休中にも関わらずほぼ定刻通りに東京に戻ることができました。

かなり駆け足のツアーでしたが、自力では行きにくい場所に行けるし、お土産もきちんと買えたしで、なかなか充実したツアーでした。また日程が合う「ここに行きたい」と思えるツアーがあったら、参加したいです。

uriel_archangel at 23:03 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 後編(秩父神社・宝登山神社・長瀞)
 

May 06, 2015

* 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 前編(三峯神社)

今年も、四季の旅のバスツアーのお世話になりました。
なんだかんだで、家族全員のスケジュールが空いている日が限られていて、その日に開催されているツアーから、一番興味深い場所を選びました。御開帳にわく信濃善光寺に行きたいなあ、と思っていたのですが、残念ながらスケジュールが合いませんでした。

家族それぞれの理由で疲れがたまっていて、バスの中でうとうとしながら移動します。ちなみに、ツアー行程表とは逆に、三峯神社からのスタートです。7時に新宿を出発して、三峯神社到着は10時くらいでした。「え、こんなところで車がすれ違うの?」というような山道を進みます。バスの運転手さんのテクニックに感心しつつ、うとうとしつつするうちに、到着しました。
車内で添乗員さんから効率よく(というか、迷わず)参拝できるルートのアドバイスがあったので、それを参考にして境内を歩きました。

image

特徴的な形をした鳥居です。鳥居にたどり着く前にお店があり、「集合前に立ち寄れるように頑張ろう」と、家族で決意を新たにしました(笑)

image

こちらは神仏習合の名残りの随身門です。歩いていると、あちこちに各地の講による石碑が設置されているのが見え、多くの人の信仰を集めていたことが分かります。

image

本殿はこちらです。階段の上にあります。

image

拝殿の賽銭箱のすぐ近くの石畳に、何年か前に赤目の龍があらわれたそうです。水をかけるとよく見えるので、桶と水がそばに置いてあります。これにちなんで作られた龍と水晶のお守りを入手しました。どこで使おうか考え中です。

興雲閣という宿泊施設を横切ってしばらく歩くと、えんむすびの木があり、そのすぐ近くにお仮屋神社があります。三峯神社はお犬さま(オオカミ)がご眷属だそうです。お犬さまはその霊力で三峯信仰の中心となり、山畑を荒らす害獣熊・猪・兎等を追い払い、家々を守護しては火防・盗賊除・諸難除の神と崇められています。とのことです。

image

そんなわけで、ペット(犬)を連れた参拝客も多かったです。

image

神社にゆかりの日本武尊の大きな像もありました。この近くには奥宮の遥拝所もあります。ちなみに奥宮まで行くには、今回のような軽装ではなく、きちんとした登山の準備が必要です。

image

遥拝所から撮影しました。こちらの方向に奥宮があるそうです。緑が深くて、どこだか分かりません……。

image

こちらも遥拝所からの撮影です。三峯神社は、こんな感じの場所にあります。

集合時間になる前に、中津川いものみそ田楽を食べました。1人1個です。本当は、おいもは1串4個なのですが、3個しかない串なので、ちょっとお安くしてもらいました。

image

検索してみたところ、中津川いもというのは、日露戦争でロシアの捕虜になった秩父出身の兵士が、美味しさに感心し、やはり寒い秩父の気候に合うだろうということで、帰国時にこっそりと持ち帰ったいもだそうです。

バスツアーで便利に行けてよかった、と思う神社でした。公共交通機関を利用する場合は、秩父まで向かう電車にしても、三峯神社に向かうバスにしても、本数が非常に限られているので、十分な準備が必要です。

そして、これはものすごーく余談なのですが、こんなツアーを見つけました。
三峯トークショーがあるそうです。恐らく、非常に興味深い内容になるかと思いますが、どういう人をターゲットにしているのかな? とも思いますが……。

三峯神社は写真がたくさんあるので、単独で1つのエントリーにしました。前後編にするか、前中後編にするかは、まだ決めていません。

uriel_archangel at 22:09 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 前編(三峯神社)
 

April 29, 2015

* 八重洲地下街でランチ&ケーキ

日本橋丸善からそう遠くないので、てくてくと八重洲地下街まで歩きました。選択肢がたくさんあるだけでなく、お財布にも優しいお店ばかりです。

息子の好きなタイ料理のサイアム オーキッドにしました(リンク先は八重洲地下街のサイトです)。


タイ料理というか、麺類好きなので、選んだのは「トムヤムヌードルチャーシューのせ」のランチセットです。

私は、最近辛い物を食べると体調が悪くなることがあるので、念のため辛くないマッサマンカレーのランチセットにしました。

image

マッサマンカレーはもちろん美味しかったのですが、スープが素朴な味で、辛いものの口直しにぴったりではないかと思います。タピオカココナッツミルクもしっかり甘くて、やはり辛いものを食べた後にぴったりだと思いました。

帰り道に家族に遠回りしてもらい、バビーズ ヤエチカで念願のケーキを購入しました。お店で食べるのもいいですが、時間があまりなかったので、夕食のデザートとなりました。

image

……デザートと言っても、さすがのアメリカンケーキですので、かなりのボリュームです。夕食で満足したところでとどめを刺す、という感じでした。左からバナナクリームパイ、キーライムパイ、バナナモカパイです。「いかにもアメリカンなケーキ」という観点から選びました(笑)

こういう典型的なアメリカンケーキを食べると、しまいこんでいる渡辺みなみさんのケーキの本から、何か作りたくなります。発掘作業が大変なので、しませんが(汗)

仕事も残っていて忙しかったのですが、充実した週末でした。もちろん、投票にも行きましたよ。

uriel_archangel at 11:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 八重洲地下街でランチ&ケーキ
 

January 02, 2015

* 浅草寺のおみくじで、初めての大吉が!

今日は浅草寺に行きました。

浅草寺のおみくじは、凶が多いというか、結構内容が厳しいと評判なので、毎年チャレンジに行きます。浅草寺のサイトにも、おみくじについて書いてありますよ。こちらです。
浅草寺のおみくじは「観音百籤(かんのんひゃくせん)」というものです。
おみくじは比叡山延暦寺の良源僧正(慈恵大師または元三大師ともいう)によって日本に広く普及されたとされ、浅草寺にも伝えられました。
「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、古来の“おみくじ”そのままです。また凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、吉に転じます。凶の出た人は観音さまのご加護を願い、境内の指定場所にこの観音百籤を結んで、ご縁つなぎをしてください。
――ということなので、どんな結果が出ても恐れることはありません。おみくじが決めるのではなく、自分の行動が決めるのです! というのは、どこの寺社でも同じことですけれどね。

昨日ほどではありませんが、そこそこ早い時間に行きました。でも、それなりに参拝者(観光客)がいました。

2015-01-02-22-26-26

やっぱり、浅草寺と言えば雷門ですね。仲見世は、まだほとんどのお店が閉まっているので、楽々歩けました。

本堂でお参りした後、本堂の脇にあるおみくじをひいたところ……。

2015-01-02-10-23-44

大吉でした(嬉) 浅草寺で大吉をひいたのは初めてです。当然ですが、大吉が出たことに慢心すると凶に転じるということで、油断せず精進いたします。

その後は浅草神社をお参りし、だんだん開店準備が進む仲見世通りで、父の好物の舟和芋ようかんあんこ玉のセットを購入しました。ここは到着した時点から営業していたので、「帰りがけに買うぞ」と楽しみにしていたのです。ついでに、私の好物もあったのでお買い上げです。

2015-01-02-14-43-08

私はすあまやぎゅうひのように、もちもちしたお菓子が好きなのです。

帰りがけにスターバックスに寄るかと思ったのですが、今度は混雑していて立ち飲みもできなそうな感じだったので、またまたおとなしく帰宅しました。

父は芋ようかんとあんこ玉をとても喜んでくれたので、よかったです。あんこ玉は甘さ控えめで食べやすく、ついつい数を食べてしまうので、かえって体に悪いかもしれません……。

uriel_archangel at 22:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 浅草寺のおみくじで、初めての大吉が!
 

October 08, 2014

* 甲府日帰り旅行その4・甲府駅周辺でお土産探し&かえりみち

疲れたー、と息子が言うので、ひとまずご希望のスターバックスでひと休みしました。バスターミナル近くの山交百貨店の1階にありました。

2014-09-15-15-38-31

私はシェイクン キャラメル カスタード & エスプレッソを頼みました。バスの時間まではまだまだあるので、次はお土産探しです。

南口からだと、JR甲府駅の駅ビルというか、甲府エクランでたいていのものは入手できます(2015年春からはセレオ甲府という名称になるそうです)。今回は利用しませんでしたが、甲府駅の北側に甲州夢小路という施設があります。次回はこちらも見てみたいなあ、と思いました。

自分たち用・家族用・職場用とあれこれ購入したのは次の通りです。全部桔梗屋でした……(汗) しかも今の世の中、たいていのものはネットでも購入できます。

甲州銘菓 桔梗信玄餅(10個入り) ☆山梨銘菓
甲州銘菓 桔梗信玄餅(10個入り) ☆山梨銘菓

甲州銘菓 【信玄桃(12個入り)】☆山梨銘菓
甲州銘菓 【信玄桃(12個入り)】☆山梨銘菓


それからまた駅ビルを出て、コンビニで飲み物などを購入したのですが、そのときにお店を見かけたこちらも購入しました。これもネットで購入できますね。

懐かしい故郷の味・甲州銘菓澤田屋の「くろ玉」8個入☆山梨銘菓
懐かしい故郷の味・甲州銘菓澤田屋の「くろ玉」8個入☆山梨銘菓

どのお土産も好評でした。

最後に(もっと明るい時間に撮影すればよかったのですが)甲斐の国と言えば! のこの方を撮影しました。

2014-10-06-10-31-46

甲府駅南口にある信玄公の像です。

バスは定時に出発したものの、連休の最終日ということで高速がかなり渋滞し、2時間ほどの予定が4時間ちかくかかりました。これはあらかじめ言われていたので、仕方がありません。高速バス停に停車しながらなので、他のルートを使うという選択肢はありません。

東京に着いてから夕食、と思っていたので、すきっ腹を抱えてバスに乗っていることに。家族3人で、「あー、甲府駅でお弁当買っておけばよかった」と思いながらのかえりみちとなりました。なんで思いつかなかったのでしょう。渋滞を甘く見ていましたね……。

八王子あたりで渋滞は解消したようで、その後はスイスイと新宿まで進めました。と言っても、新宿到着は21時ちかかったですが……。親は空腹すぎ&夜遅くてかえって食欲がなく、息子用のお弁当を新宿で購入しました。私は近所のコンビニでフルーツゼリーを買って、それで夕食にしました。

駆け足でしたが、甲府の名所・名物もそれなりに楽しめました。次回は、バスツアーで昇仙峡やフルーツ狩りが楽しめるものがいいなあ、と思います。泊まりがけもいいですね。

uriel_archangel at 11:16 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 甲府日帰り旅行その4・甲府駅周辺でお土産探し&かえりみち
 

October 01, 2014

* 甲府日帰り旅行その3・山梨ジュエリーミュージアムと日帰り温泉

お腹いっぱいになったところで、てくてくと駅から離れる方向に歩きます。まず最初に立ち寄ったのはこちらです。もう少し移動すれば、もっと大きなこの手の施設はありました。でも、時間が限られているし、ショップがメインというか、「ぜひ天然石を使ったグッズを購入してね」的な場所なので、ミュージアムの内容に当たりはずれがあります。だったら、近場で見られるところでいいかなあ、という、消極的な選択でした。

こちらは、製品を売るのが目的ではなく、山梨の宝飾産業の歴史や、デザイナーと加工業者の協働を紹介するものです。戦時中は宝飾品の生産ができず、レンズなどの研磨をしていたという話は、大変興味深かったです。

それだけでなく、土日祝日には職人さんの作業風景が見学できます。私たちはしませんでしたが、天然石の研磨や加工が体験できるプログラムもあります。ショップも売らんかなという姿勢ではないので、気楽に見学できました。

その後、ミュージアムの近くにある、日帰り温泉が利用できるホテルに行きました。歴史ある宿ということで、新しい建物ではありませんが、スタッフの対応も含め、とても雰囲気のよい場所でした。

ネットで「甲府で日帰り温泉〜」と調べたときに、一番甲府駅に近くて便利な場所だったから選んだのですが、実はこちらは源泉かけ流しなのだそうです。水温もちょうどよくて、ゆっくり温まって過ごせました。

お風呂を楽しんだ後は、ロビーにゆったり座ってひとやすみ。そのまま根っこが生えて動きたくなくなってしまいました。もしも泊まりがけだったら、そのままお部屋でお昼寝タイムになったことでしょう。

「ずっとこうして座っていたら、バスの時間までいてしまいそうだ」ということで、気合いを入れて立ち上がりました。最初に書き忘れましたが、大浴場は基本的に宿泊客向け仕様なので、貴重品(というか入浴に必要なもの以外)はロビーで預かってもらいます。預けていた荷物を受け取って、ホテルを出て再び甲府駅に向かいます。

ホテルを出たときに、ちょうどよい立地だからか、山ガール的な装備の女性グループが入れ違いで入っていきました(本格的な登山ではなくトレッキング的な)。たくさん歩いた後に温泉でぽかぽかひとやすみというのは、とても気持ちいいだろうなあと思いました。

uriel_archangel at 11:18 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 甲府日帰り旅行その3・山梨ジュエリーミュージアムと日帰り温泉
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード