つぶやき

September 08, 2015

* 美容院に行くタイミングを逃し中

髪を適当に一つに結んだら、先日購入したバレッタでパチッと頭にとめる、というのをするようになったら、実はこれが意外と楽だということに気づきました。乾かす手間とか、そういうのは別にして、ということになりますが。

髪をきっちりまとめていると、かえって暑いとは感じないのですね〜。空気が髪の中で動くような状況だと、「暑い!」と感じるのだろうな、と思っています。もうだいぶ涼しくなってきましたが、夏の暑い時期も、「髪が長くてうっとうしい」という思いをせずにすみました。

天然パーマが幸いして、バレッタでパチッととめた髪のくるくる加減が日替わりで変化するのも面白いです。くせのないまっすぐストレートな髪にあこがれる気持ちはもちろんあるのですが、こういうときは「こういう髪質でよかったわ〜」と思います。

――で、そういうのはいいのですが、あれこれ忙しいもので、結局「美容院行かなくていいか〜」という結論に達してしまう私であります。でも、シャンプーやリンスの使用量が増えるし、乾かすのも大変なので(フェイスタオルを複数枚使うことになります)、早いうちに行っておかなければ、とも思っています。

全然関係ないのですが、昨日、残り少なくなってきたので注ぎ足そうとしたら、シャンプーのボトルに間違ってリンスを入れてしまい、泣く泣く中身を処分しました……。ちなみにこれまた余談ですが、10年ちかく、この製品セットひとすじです。

【定番セット】ルベル(LebeL)ナチュラルヘアソープ ウィズ CY(サイプレス 1600ml)&ナチュラルヘアトリートメントウィズ RP(ライスプロテイン 1600g)
【定番セット】ルベル(LebeL)ナチュラルヘアソープ ウィズ CY(サイプレス 1600ml)&ナチュラルヘアトリートメントウィズ RP(ライスプロテイン 1600g)

このお店で買っているわけではありませんが、ちょうど使っているセットだったので。さっぱりした洗い上がりが好きなので、ちょっとお高めですがサイプレスを愛用しています。ときどきマリーゴールドを使う、という感じでしょうか。

uriel_archangel at 11:54 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 美容院に行くタイミングを逃し中
 

September 05, 2015

* ザ・タイガースの『色つきの女でいてくれよ』を聞いてアイドルの高齢化を考える

このチャンネルで、穴埋め的に、昔のヒット曲と世界各地の映像を組み合わせた番組を放送していることがあります。これは、何も見るものがないときにはBGM代わりにちょうどいいです。まあ、「無理してテレビをつけっぱなしにする必要はないでしょう」という話もありますけれど……。

最近のヒット曲はほとんど分かりませんが、1980年代や1970年代は、分かる曲がほとんどです。「そんな小さいときの曲、どうして知っているの?」と家族に言われるのですが、「昔、母親がFMで放送されていた昔のヒット曲を紹介する番組をエアチェックしてカセットテープに録音していて、それを車に乗っているときにずーっと聞いていたから」という、死語満載の説明をしたところ納得してもらえました。

ある日、1982年か1983年あたりのヒット曲を聞いていたところ、ザ・タイガースの『色つきの女でいてくれよ』が流れました。この曲はヒットしていて、ザ・ベストテンでもランクインしていた記憶があるので、よく覚えています。

久しぶりにフルコーラス聞いたところ、いろいろと発見がありました。よくよく歌詞を聞いてみると、「かつてザ・タイガースに熱狂していた少女で、今は大人となった女性ファン」を狙い撃ちです。どう考えても、そういう人たちにアピールしているというのが分かります。

「いやあ、これは昔ファンだった人なら『きゃーっ♪』ってなってレコードを買っちゃうなあ」と思いました。

そして次に思ったのは、「あれ、この曲が30年くらい前っていうことは、メンバーはまだ30代じゃない?」ということです。先ほどWikipediaで調べたところ、1982年当時、ザ・タイガースのメンバーは33〜36歳でした。それで、これほど大人な雰囲気の曲を歌っていたのか〜、と思いました。

ひるがえって現代を思うと、30代は「アイドル」として立派に現役です。アイドルの寿命が長いとか、「アイドル」という存在に対する年齢制限がなくなったとか、消費の中心(ターゲット)が若者から中高年に移っているとか、いろいろ理由はあるだろうと思います。

30年違うと、いろいろ情勢が変わっているものだなあ、と実感しました。

uriel_archangel at 11:59 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ザ・タイガースの『色つきの女でいてくれよ』を聞いてアイドルの高齢化を考える
 

August 20, 2015

* 自分のやりたいことで一生懸命です

なんというか、それなりの年齢と経験を積んではいるので、「よりよい社会」「暮らしやすい世の中」についてもっと考えるべきなのかもしれません。ですが最近は、

「仕事やらなくちゃ〜」
「意地でも時間を作って小説書くぞ〜」
「来月のクレジットカードの支払いがすごいことになった〜」
「Windows8.1の勝手が分からない〜」
「展覧会行けてない〜」

みたいなことばかり考える生活です(汗)

「やりたいこと」があって、それに向けてまっすぐ進んでいるつもりなのですが、それが社会と積極的に関ってどうこうする、みたいな世界でないと、見事に精神的には内向きですね。でも本人的には、とても充実した毎日を送っているのです。

「やりたいこと」が多すぎなのだろうなあ、と思います。で、その中に、「世界の来し方行く末を考える」みたいなのが入っていない、ということで。考えていないわけではないのですが、どこかにまとめて書く時間がないのです。

まあ、たいていそういう風に思い浮かんだことというのは、独断と偏見に満ちていて毒だらけなので、そのまま表に出すと危険というのもあります。そういうものを外に出したところで、私だけでなく、誰の得にもならないですから。フッと思い浮かぶことはあっても、表に出したいという気持ちも機会もないので、自分の中にまたブクブクブクと沈めておく感じです。

そうやって自分の中で発酵させたものが(腐敗じゃありません)、かなーりマイルドな状態になって、忘れたころにどこかでぽろっと出てくるかもしれません。

そんな感じです。

uriel_archangel at 11:59 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分のやりたいことで一生懸命です
 

August 12, 2015

* 旅行に行かなかった代わりにSurfaceを買ったんだな〜

――と、いろいろ過ぎてみると思います。

旅行に行くと、それなりに使うものは使うので(何を使うかはご想像ください)、X201の調子が悪くなったときに、「よし、新しいPCを買おう」と、すぐに心を決められたかな? と思います。

まあ、不幸中の幸いという表現が合っているのかもしれませんが(それにしても、私はこの表現を使うことが多いですね)、振り返ってみると「今の私には、どこかに旅をして何かを見てくることよりも、タブレットPCが必要ということなんだな」という感じがします。

実際、iPad mini+キーボードは、便利は便利なのですが、使っているのがWindows PCだと、なかなか連携ができないのですよね。仕事に使えるものではありませんし。旅先でブログを書くとか、ちょっとしたメールを書くとか、そういう作業には実に便利なのですが、それ以上となると……なのです。

SurfaceはOSがWindowsなので、PCで使っているソフトが使えます(Windows8対応のソフトなら)。アウトラインプロセッサのNanaTerryも動かせます。MS Officeも入っているので、仕事のデータも問題なく扱えます。これはとても大きいです。

ThinkPadのXシリーズでもいいのでしょうが、「軽いに越したことはない」と考えるお年頃になったもので。それに、ディスプレイの解像度も違うのですよね(高解像度にすると差額が……という世界です)。そういう点を考慮すると、やはりSurfaceかなあ、と。

X201が持ち直したので、新しいPCを急いで考えなくても大丈夫かな、という感じになりました。そこで余裕があるうちに……とThinkPadのサイトでいろいろ構成を考えてみました。すぐに購入、ということではなくても、「私が欲しい構成のパソコンは、今だといくらくらいするのかな?」と確かめるのが好きなのです。

私は「やっぱりThinkPadはTシリーズでしょう」ということで(Xという意見もあるかと思いますが……)、持ち歩きはしないのですが、基本的にTシリーズから選んでいます(ディスプレイは14〜15インチです)。今回もそういう大画面のものをカスタマイズしていて、ふと、「あれ、光学ドライブ(DVDドライブ等)について書かれていない」と気づき、仕様表を確認しました。

そうしたら、最新のTシリーズだと、15インチでもドライブなしということが分かりました。外付けのドライブはセットだと割引価格で購入できます(Lenovoに登録している会員の場合)。確かに今はブロードバンドが一般的だから、わざわざDVD-ROMに入ったソフトをインストールしなくても、ダウンロードしてしまえばいいわけです。DVDやBlu-Rayに入った映像ではなく、ネット配信の動画を見るという人も多いのでしょうね。

いろいろと変化しているなあ、と思いました。

uriel_archangel at 11:55 | 日々の記録 | ネットやPC関連
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅行に行かなかった代わりにSurfaceを買ったんだな〜
 

August 04, 2015

* 高野山への道は遠い……

最近、立て続けにテレビで高野山を紹介する番組を見たので、家族で「行きたいねえ」と話しています。でも、パッと行ってサッと帰る、みたいなことは難しいのですよね……。

何しろ「東京から行きにくい」というのが大きいのです。きちんと調べたわけではないのですが、「高野山は和歌山だから、関空を使えばいいのかな〜?」なんて思ってしまいますが、関空からは高野山に直行できません。

いったん大阪市内(と言うか、なんば)に出て、南海高野線に乗る、ということになります。ここで、「高野山は和歌山だから、和歌山に出たらどうだろう」なんて考えてもいけません。和歌山市内から高野山への電車の接続があまりよくないので、なんばに出るより余計時間がかかる可能性があります。

関空に行ってもこういう状態なので、(JALだと)羽田からの本数が少ない関空よりは、伊丹に行って、リムジンバスでなんばに出るほうがいいのでは、という結論に達しました。なんで新幹線を考えないのだ、と思われるかもしれませんが、我が家はマイルを一生懸命ためているので、「おともでマイル」が使える飛行機(JAL)のほうが、新幹線よりお金がかからないのです……。

「夜行バスで高野山に行けないのかな」と調べたのですが、「夜行バスで高野山」というツアーは、堺東まで夜行バスで行って、そこで南海高野線に乗る、というものでした。確かに夜行バスを使ってはいますが……(汗) そうか、高野山に直行する夜行バスもないのか、と分かりました。

毎年、ぷちっと帰省ついでに関西であちこち旅行しているのですが(あちこちと言っても、姫路・大阪・奈良だけですね)、高野山は「ついで」ではなく「高野山だけ」にしないと、移動にばかり時間を使っておしまいになってしまいそうです。

でも、行ってしまえば、豪華な宿坊からリーズナブルな宿坊まで選択肢はありますし(全部宿坊ですが……)、息子は仏教美術にも歴史にも興味があるので、楽しく滞在できそうなのですよね。

「難しいなあ」などと考えず、「ひしめく困難を乗り越えて(笑)行くぞ〜」と、前向きに検討したいと思います。――とか書くと「やる気ないだろ」と思われそうですが、「行くぞ!」というアンテナはしっかり伸ばして、情報をキャッチしていこうと思います。

uriel_archangel at 14:16 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 高野山への道は遠い……
 

July 18, 2015

* 旅に出ない夏……

去年・一昨年と息子を連れて祇園祭を見に行っていたのですが、今年は息子が「高校生になるし、部活を優先させたい」と言うので、日程が決まっている祇園祭は見送ることにしました。部活の日程を見て、タイミングが合ったらどこかに行こう、という程度でした。

――でも、蓋を開けてみたら。

部活のスケジュールが決まらないのみならず、息子が扁桃腺を腫らして2〜3日熱が下がらず、家でゴロゴロするという結果に(汗) 私に似て丈夫な子なので、まさに「鬼のかくらん」というやつです。本人は寝たり起きたりで「うーん」となっていました。私は、

「お母さんが扁桃腺を腫らしたときは、2〜3日は水を飲むのも辛くて、連日病院に抗生物質の注射と脱水症状を防ぐための点滴に通って、それでも1週間くらい寝込んでいたんだから、それに比べたら楽だよ〜」

と言うイヤな親でした……。ちなみに当時(息子が生まれる前)、扁桃腺の腫れから回復した後に謎のじんましんが出て、今度はじんましんの薬をマンガみたいな大きな注射(+点滴と同じ針)で打つという踏んだり蹴ったりな状態でした。

息子は、若いからかそこまでしつこいものでなかったからか、とりあえず回復しています。高熱が出ていた間は食欲がなかったので、今まで「パツッ」と着ていたジーンズのウエストに余裕ができて、「ベルトをしないとかなりかっこ悪い」感じです。

こんな状態で夏休みに突入してしまったので、まあ今年の夏はおとなしく過ごしますか、という感じです。本当は、祇園祭をパスする代わりに出雲と松江に行きたかったのですが、仕方ないです。

そして、脳内でぼんやり考えていた旅行がなくなったので、浮いたお金であれやこれやに手を出している私です……。

uriel_archangel at 11:48 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅に出ない夏……
 

July 09, 2015

* 雨の日用自転車かごカバーが欲しいなあ

最近、東京では雨が多いです。以前も書きましたが、自転車に乗って使えるポンチョが大活躍です。

そこで、タイトルに書いたように、「自転車用かごカバー」が欲しいなあ、と思うようになりました。かごカバーと言うと大げさですが、要は、屋根の付いていない自転車置き場に自転車を置いた場合、かご自体が水に濡れ、雨が降っていなくても、かごに入れるだけで荷物が濡れてしまう、という事態になるのです。

「自転車用かごカバー」というと大がかりな感じですが、かご全体を覆う常置型のカバーではなく、雨が降っているときや雨上がりに、荷物をまとめて入れられる防水タイプのショッピングバッグ的なものです。これなら、かごが濡れていても荷物が濡れることはありません。

「自転車用」と言ってしまうと探しにくいので、そこそこのサイズで防水加工がしっかりしてある、自転車のかごにぴったりサイズのショッピングバッグを探してみようと思います。

uriel_archangel at 11:52 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 雨の日用自転車かごカバーが欲しいなあ
 

July 07, 2015

* モノに囲まれているのに、少ないモノで生活しているわたくし

今朝のNHKのニュースで、「ミニマリスト」という表現で、「モノを持たない生活をする人」を紹介していました。

その人を見ていたら、自分も似たようなものだな、と思いました。

確かに、我が家にモノはたくさんあります。でも、その中で使っているモノはどれくらいあるのだろう? と考えてみると、実際に使っているモノは非常に少ないのです。「モノの稼働率が低い」というか、「死蔵しているモノ」ばかりが家にあるのです。

結局、モノに囲まれて生活しているにもかかわらず、そのモノのなかで活用していると言えるモノはきわめて少ない、というのが、私の現状です。

確かに、持っているけれど使っていないモノを処分することに対して「もったいない」という気持ちが先に立つお年頃です。永遠の17歳なんですけどね(←しつこい)。

でも最近になってようやく、「使わないモノを持ち続けて、『本当に使いたいモノ』を使う機会を逃しているほうが、人生にとってもったいないことだ!」と考えられるようになりました。場所もふさぎますし。

そんなわけで、洋服についてはある程度「これはもういいや!」という判断ができるようになりました。それでも、まだまだ「持っているモノがフル回転している」感じではないので、まだまだ処分できるとは思います。目立たない場所で死蔵しているモノもありますし……。

本当は、最近あれこれ買う機会が増えてきた雑誌も、定期的にチェックして、「これは要らない」というものは処分しなければならないのですよね。自分の今までの行動パターンを考えると、基本的に「何度も読み返す」モノは少ないです。

一度は「これはまだ手元に置いておきたいな」と思っても、間を空けて再度チェックすると、「要らないなあ」となるものが多いです。特に雑誌は、ある程度時間が経つと情報が古くなるので、手元に置いておく必要性が少なくなります。私が一番手を付けない書籍についても、頻繁でなくても、そういう選別が必要なのでしょうね。

こうやって、要らないモノ、使わないモノに囲まれて生活している現状をなんとかしたいと思ってはいるのですが、なかなか実行に移さないのが問題なのです。はい。

uriel_archangel at 11:45 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - モノに囲まれているのに、少ないモノで生活しているわたくし
 

July 04, 2015

* 使っている朱肉に納得できない!

選んで買ったのは私なんですけれど。「安かろう悪かろう」を地で行ってしまった感じです。

職場でたまーに朱肉を使うので、某通販(と言うのかな?)で購入しました。朱肉というより、印鑑用スタンプ台という感じです。最初は問題なく使っていたのですが、最近になって「なんだこれ?」という状態になっています。

まず、インクが薄く、1日くらいでにじむようになりました。でも、色が薄くなっているという感じでもありません。そもそもそんなに出番がないので、2〜30回使ったところでそんな状態になるというのもおかしいです。使わないからそうなる、というものでもないでしょうし。

さらにこの何か月かは、インクの色が変わってきました。なんだか黒ずんでいるのです。「これじゃあ血の色だ」と思ってしまいます(汗) そして、相変わらずにじみます。もうこうなると、

こんなのを使って押印するのはいやだ〜!

という気分です。押印するたびに気分が↓になります、本当に。私が持っている携帯用印鑑ケースについている朱肉(これまたスタンプ台のようなものですが)のほうが、よっぽどきれいな色で、はっきりと押印できます。

印鑑ケース イノス-S (INOS-S) 直径12ミリまで収納 魅せる印鑑ケース 条件付【送料無料】
印鑑ケース イノス-S (INOS-S) 直径12ミリまで収納 魅せる印鑑ケース 条件付【送料無料】

ちなみに、私が使っているのはこちらです。あまりコンパクトではないのですが、ペンケースが大きいので問題なく収納できます。

そんなわけで、今度はきちんと自分の目で見て、納得できるものを選ぼうと思います。

そう言えば、銀行印用の印鑑ケースの朱肉(スタンプ)がボロボロになっているので(安いものを使っていたので……)、これを機に新しいものを探そうかなあ。

uriel_archangel at 11:47 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 使っている朱肉に納得できない!
 

June 27, 2015

* 好きなものに囲まれて暮らしたい!

――というのが最近の思いなのですが、実際は「とりあえず買ったもの」や「しまいっぱなしの出番がないもの」に囲まれて暮らしております。

「気に入っていないし、積極的に着たいわけでもない」という服を、先日思い切っていくつか処分しました。少し前まで、そういう状態でも「明らかにボロボロ」というものでないと「処分しよう」と思ず、結果として衣装ケースの中に死蔵していました。

最近は「好きでもないものを持っていても場所をふさぐだけだから、処分する!」と思い切って判断できるようになりました(ようやく……)。永遠の17歳ですが(しつこい)、祖母も母も、ものをやたらと処分しないタイプだったので(なまじ場所があるからため込めてしまう、というのもあります)、「まだ使えるのに捨てる」ということには罪悪感があるのです。

でも、「使えるけど『これがいい!』と思えないものは手放して、持っていて満足できるものだけにしよう」という気持ちはあるので、少しずつですが実行しています。「これがいい」というものがあれば、たくさん持っていなくても満足度が高いですよね。

小さいところでは、お箸を新しくしました。もともと実家で使っている四角い箸が、ものがつかみやすくて気に入っているのですが、同じようなものを探しても見つかりません。そんなわけで思い切って、2月に京都を1人で旅したときに(ブログに書いていないのですが……)購入しました。

みやび箸
みやび箸

「私の好きな四角い箸は、よく分からずに使っていたけれど竹の箸かな?」ということで、こちらのお店で選びました。もうちょっと太いもので良かったのですが、ショップではたくさん種類がなかったので、予算や形が一番合うものにしました。今度はオンラインショップであれこれ見てみようかと思います。

とりあえず「自分で納得して選んだお箸」なので、たいへん満足しています。先端が細身で四角いので、つかみやすいです(柔らかいうどんが切れそうな勢いですが……)

実はそういう、「頻繁に使うものだけれど納得していない」ものがまだあります。それは、カトラリー(スプーンやフォーク、ナイフ等)です。食べることばっかりですね。それこそ、「とりあえず手近で安価に手に入るものを買ってきて使っている」なので、使うたびに「あーあ」という気分になります。

家族には、「私は、これはイヤだ! カトラリーセットを買うから!」と宣言しつつまだ買っていないのですけれど、こちらも安易に納得せず、じっくり選びたいと思います。

まあ、あれこれ買う前に「ここを長らくチェックしていないということは、使わないものしかないんだよな〜」というエリアのお掃除をすると、だいぶ「好きなものだけに囲まれている」感が増すことは分かっています。でも、そこはそれ(どれ?)ということで、ちびちび処分しつつ好きなものをせっせと手に入れる、という生活を続けようと思います。

uriel_archangel at 11:53 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 好きなものに囲まれて暮らしたい!
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード