のぼうの城

May 12, 2013

* 忍城訪問記

――ということで、ようやく忍城のことを書きます。
てくてくと行田市駅から歩きます。「忍城址」という表示があるので、それにしたがって行けば大丈夫です。行田市役所の手前で曲がり、遊歩道「浮き城の径(うきしろのみち)」を通って、忍城にたどりつきます。遊歩道は、春は桜が咲いているのかな? という趣の、とっても雰囲気のいい道でした。桜の季節に来たかったですね。

その道を通ると御三階櫓(ごさんかいやぐら)が見えます。一般道を渡って、お城の敷地に入ります。しばらくすると、行田市郷土博物館の前におもてなし甲冑隊の方々が登場。「兜をかぶって写真を撮影しよう!」的なイベントが行われていました。我が家はもうそういうのに興味を持つ人間がいないので、その様子を横からこっそり撮影しました。

忍城全景?

本当にいい天気です。

そしてせっかくなので、行田市郷土博物館を見学しました。
古代から現代にいたる行田の歴史が分かる、なかなか興味深い展示でした。足袋作りは本当に盛んな産業だったのだなあ、と実感しました。御三階櫓には、有名な力士の足袋だったか足型だったかがあって、自分の足とサイズが比較できるようになっています。

成田氏が治めていたのは期間が短いこともあり、江戸時代に藩主だった松平家のほうが、本来は存在感があるのだろうと思います。「十万石まんじゅう」のデザインも、葵の御紋ですしね。戦国時代の忍城は、こういう天守閣があって……という姿ではなかったでしょう。でも、そういうのは気になりませんでした。

御三階櫓の一番上の階から、ぐるりと周囲の風景を撮影してみました。

やぐらからの眺め

さすが、「関東平野!」という感じですね。博物館では、古地図(江戸時代だったかな?)と現代の地図を重ねたものが売られていて、夫が購入していました。この地図が、城下町を歩くときに意外と役立ちました。

ここで演舞の時間になったので、東門(市役所側から入るときの門)に向かいました。演舞だけでなくクイズもあり、10分ほどで終了しました。長親はああいうキャラなので、子供たちから「がんばってー」という声援を受けていましたよ。連休の最中ということもあり、なかなかの人出でした。ここでも、演舞の後、一緒に写真撮影ができました。

おもてなし甲冑隊

4月に甲冑隊で新規募集があったので、しばらくしたら、もっと人数が増えて演舞のバリエーションも広がるのだろうと思います。楽しみですね。
こちらは登場するキャラクター(というか人物)の関係で、成田家の家紋をどーんと全面に出しています。

行田市、すごく頑張っているなあ、と思います。本当はこういう、「行ってみたら良さが分かる」という土地は、日本全国あちこちにあるのでしょうけれど。


【2013年5月行田にお出かけ】

uriel_archangel at 15:24 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 忍城訪問記
 

May 05, 2013

* ようやく忍城に行きました

【130512追記】忍城については、下記にもっと詳しく書きました。

息子が興味を持っていたのですが、何しろ冬は寒いし、春になっても部活が忙しかったしで、行く機会を失っていました。この連休に入ってようやく時間が取れたので、忍城……というか、忍城のある埼玉県行田市に出かけました。

取り急ぎの報告なので、いつもの箇条書きで。
  • 上野駅に向かう途中で、「朱印帳忘れた!」と気付く。
  • 予定より1本早い快速に乗れたので、行田ではなく熊谷に向かう。
  • 熊谷から秩父鉄道に……と向かったら、改札付近がすごい混雑! でも実は我が家の目指す方向とは関係なく、無事予定した電車に乗れる。
  • 観光ルート:忍城址(行田市郷土博物館&おもてなし甲冑隊)→清善寺→行田八幡神社→高源寺→前玉神社→丸墓山古墳
  • 清善寺は、途中で立ち寄ったスーパーで地元の人におすすめしてもらう。(ありがとうございました!)
  • 途中にゼリーフライ&昼食あり
  • 最後に埼玉古墳群ちかくの茂美の湯に行く。
  • お風呂に入ってさっぱりしたところで、結局徒歩で行田市駅に向かう。
  • 熊谷駅で職場用&自宅用の十万石まんじゅうを買う。
  • 19時半ころ帰宅
すごい盛りだくさんでした。夕食の準備をしていたので、それなりの時間に帰宅しなければならない、という条件があったのですが、そうでなければ、もうちょっとのんびりできたかなあ、とは思います。

旧城下町は道がくねくねしていて、いかにも「城下町!」という感じでした。でも、埼玉古墳群のほうに行くと、とにかく田んぼが広がっている、という感じでした。地名や丸墓山古墳からの眺めに、『のぼうの城』を思い出しました。

そして、何が目当てだったか分からなくなるくらい、あちこちに行ってしまいました。次回は水城公園に行って、さきたま古墳群をもっとしっかり見学して……と思っています。そして、家族にとって、茂美の湯は外せないポイントのようです(笑)


【2013年5月行田にお出かけ】

uriel_archangel at 22:25 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ようやく忍城に行きました
 

December 20, 2012

* 『のぼうの城』2回目!


まだ映画を見ていなかった息子(試験休み中)が見に行きたいというので、行ってきました。ロングランが決まっていて、大きな映画館から小さな映画館に移っていたり、1日の上映回数が減っていたり、ということはありますが、相変わらず多くの映画館で見ることができます。

そういう状態なので、今回は前回と比較すると小さな映画館でした。でも、2〜30人くらいは入っていたかな? と思います。封切から1か月半経過しているし平日だし、ということを考えると、なかなかの入り具合だと思います。

2度目なので、前回は気づかなかったところをいろいろとチェックできました。前田吟さんの戦いぶりとか、「ピエール瀧さんはどこにいたのか?」とか(笑) 泥団子を見落としましたが……。

近くの日比谷シャンテでお昼を食べた後、やはり日比谷シャンテにある八重洲ブックセンターでちょっとお買い物をしました。

『のぼうの城』オフィシャルブック『のぼうの城』オフィシャルブック
著者:著訳編者表示なし
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-10-17)
販売元:Amazon.co.jp

すみませんミーハーで……。

ところでここのお店、さすがというか、ベストセラーに宝塚関連の本も多く、特集コーナーには、上演作品の原作本もありました(ということで銀英伝ですよ……)。

息子は早速、「忍城行ってみたい!」となっています。今は寒いしブームで人も多いでしょうから、暖かくなってそういうブームも一段落したころがいいなあ、と思っています。

uriel_archangel at 23:58 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『のぼうの城』2回目!
 

November 09, 2012

* 映画『のぼうの城』の感想追加(ネタバレなし)

最初に書いた感想はこちらです。

好き勝手に書いて、語りつくしたつもりだったのに書き忘れがあったとは……状態です(汗)


《趣味に走った感想の追加》

女性陣をすっかり書き忘れていました……。と言っても、物語の関係で、本当に女性の出演者は少ないのですが。しかもここで、榮倉奈々さんではなく鈴木保奈美さんについて言及するという変化球(?)。肝の据わった女性という雰囲気が、とてもよく出ていたなあと思いました。

甲斐姫のように派手な動きはありませんが、館の裏というか、表に出ないところをきちんと統率していて、だからこそ戦となっても浮足立たなかったのかな、と思わせます。こういうのって、演技力だけでなく、年の功的な物も大きいように思います。「若い娘にはこうはできない」という感じですね。

それと、総勢20000人という圧倒的な軍勢に、(戦力としてカウントはできますが)農民も合わせてたかだか2000人程度で立ち向かった彼らが、それなりに戦果を挙げた理由も、なんとなーく考えていました。史実は分かりませんけれどね。

やはり、今回の映画においては、「大きな流れを作るのは総大将(長親)だけれど、持ち場をどう守るかは各人に委ねられていた」というのが大きいかなあ、と思いました。やっぱり総大将は、細かいところに口を出してはいけないのですよね。

「この人なら」と思う人材に任せて、上手く行かなかったらそこで責任を取る、と。だから各城門で、それぞれなりの作戦が上手く行ったのだと思います。総大将があれこれ口を出さないときちんと動かない組織はダメなんですよ、きっと。

そして、そういうときに各人をまとめるために必要なのが、総大将へのloyalty(忠誠心)なのだと思います。思い出してみると、長親の行動は、基本的に(農民も含め)全員がどういう行動をするかの流れを作るだけ、なのですよね。それを受けて何をするかは、まったく個々人に委ねられていたと思います。だからこそ、忍城方に有利に物事が進んだわけです。

で、先ほども書きましたが、これは映画を見て思ったことなので、史実ではどうだったか……までは分かりません。

――こういうことを考えるのは、自分がそういうフリーハンドを与えられる環境にいたい、という気持ちの表れかもしれません。事務仕事の職場はそれなりにフリーハンドが与えられているので、そういう意味での満足度はとても高いですよ。私一人の手では負えないな、と思ったら、上司に押し付けられるのもいいところです(笑)。

そんなわけで、想像力をふくらませて、いろいろなことを考えるきっかけにもなりました。空想・妄想の類が大好物な私は、こういう「全然違うことを考えるきっかけにする」というのは、よくあることではありますが。

uriel_archangel at 16:48 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画『のぼうの城』の感想追加(ネタバレなし)
 

November 08, 2012

* 映画『のぼうの城』の感想(ネタバレなし)


《全般的な感想》

とにかく、面白かったです。史実に基づいた物語ですが、すべてが史実のまま、ではありません。当然、映画とするにあたって脚色された箇所はあるでしょう。でも、そういうところが「作り物っぽい」とか「時代考証がなっていない」という違和感は、全然しませんでした。

余談ですが、時代考証を気にしはじめると、「時代物」というのは一切見られなくなります。「史実に基づいた創作(ファンタジー)」とある程度割り切って、細かい部分は気にせず楽しむのが一番、と思っています。そこで違和感を感じさせるかかせないかは、制作者側の腕の見せ所、でしょうね。

個人的に重視しているのは、「あれ、そこ、これまでの話と違ってない?」というような、ストーリー展開での穴みたいなものがあるかどうか、です(私、校正が好きなのですよ……)。展開に「タイミング良すぎ!」みたい感じがするところもありましたが、こういう矛盾のようなものは感じられませんでした。

田植えのシーンが、ミュージカルっぽい仕立てになっているのも感じられ、これも面白かったです。

そんなわけで、エンターテインメントとして非常に楽しめる作品でした。

ストーリーやキャラクターについては長くなってしまったので、「続きを読む」からどうぞ。

【121110追記】
長々と書いたのに「書き忘れた!」ということがあったので、こちらでさらに語っています。

続きを読む

uriel_archangel at 19:33 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画『のぼうの城』の感想(ネタバレなし)
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード