インソール

January 28, 2017

* インソール2枚重ね

母親が旅行のお土産で買ってきた靴は、サイズが大きいものでした(よくある話)。なので、インソールで調整することにしました。3週間ほど前に購入し、おかげで靴の中で足が動くことがなくなり、履きやすくなりました。

――と思っていました。インソールのサイズは自分でカットして調整するものなのですが、靴のサイズより小さくしすぎてしまったらしく、先週あたりから足の指がインソールの端にひっかかるらしく、痛くなりました。

インソールを買いなおしたほうがいいのかなあ、と思っていたのですが、昨晩シューズボックス(私の年代では下駄箱と言いたくなります)を見ていたら、最近履いていない靴に、ちょうどいいインソールを入れているのを見つけました。

本来の目的は土踏まずのサポートで、靴のサイズに影響を与えないものです。これも、別に土踏まずサポートが欲しくて買ったわけではなく、ジャストサイズすぎて指先部分が靴底と側面の境目に当たるため、その部分をカバーするために買ったものでした。

今回も同じような状態なので、役に立つはず! ということで、インソール2枚重ねです(もはや何がなにやら状態)。まったく靴のサイズに影響がない、というわけではありませんが、履けないほとではないし、何より足が痛くならない! ということで、快適です。

それにしても、一昨年靴の整理をしましたが、また整理が必要だな……ということに気づいたので(履いていない靴がいっぱい!)、近日中にこれを何とかします。

uriel_archangel at 11:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - インソール2枚重ね
 

November 01, 2013

* ジャケットグリッパーとインソール

――いちおう、鎌倉関連の話なのです。

何が予想外って、「上着が要らないくらいの暖かさだった」ことです。ジャケットグリッパー(ここで既に書いています)を持って行かなかったので、来ていたコートをショルダーバッグにかけたり手に持ったりして、邪魔にならないようにしていました。

コートをバッグにかけると、あまり落ちる心配はしないで済みましたが、それでもズリズリと動いてしまうので、ときどきかけ直さなければなりません。あと、手水のときに水がかからないように気を遣わなければなりません。「ジャケットグリッパーを持って来ていたら、便利だったなあ……」と、しみじみ思いました。出がけに「どうしようかな? まあ、コートはずっと着ているだろうから、いいかな」と思っただけに、後悔は大きいです。

次の日の外出も、歩いているうちに上着が要らなくなる暖かさで、「ジャケットグリッパーを持ってくればよかった……(汗)」という状態でした。

たいした荷物にならないので、ジャケットグリッパーはお出かけの必需品ですね。そういうことを実感する2日間でした。

北鎌倉の駅に着くあたりで、足に違和感がありました。帰宅後に見てみると、左足の小指の腹というか、足の裏側に水ぶくれができていました。先日買ったウォーキングシューズを履いていたのですが、ちょうど靴の底ぎりぎりのところに小指が当たっていたらしく、歩いているうちに水ぶくれができてしまったようです。不幸中の幸いというか、水ぶくれができただけで、破れるとかそういうことにはなりませんでした。

そんなわけで翌日は、またまたインソールを買いに行きました。最近こればかり買っていますね……。ぴったりサイズなので、インソールを使うとパツパツになってしまうのではないかと悩みました。そこでまたまた、「サイズにひびかない」というタイプのインソールを買ってみることにしました。さらに、かかとがややパカパカしてしまう靴用にと、かかと部分に貼るインソールも購入しました。

かかとに貼るのは、「意味なし」状態でした。かかと部分がソフトな感じの靴なので、パカパカしてしまうのは変わりません。素材が靴と違うので、ひっかかる感じがしてかえって靴擦れを作ってしまいそうです。なので、残念ながらさようならしました……。

ウォーキングシューズのインソールは、今のところ順調です。パツパツになることもありません。というか、実は履いているうちに幅に余裕が出てきたので、「インソールが入れられないくらいのジャストサイズ」というわけではありませんでした。インソールがあるおかげで、水ぶくれの原因になった箇所に指が当たらないように思います。

若くないので、「どんな靴でも歩ければいい」ではなく、「履き心地の良さ」をしっかり考えなければいけないなあ、と感じています。

uriel_archangel at 10:42 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジャケットグリッパーとインソール
 

October 09, 2013

* 自分の足のサイズがよく分からない

先日購入したインソールを使っています。最初は窮屈な感じがしたのですが、だんだん慣れてきて(私がと言うより靴が)、「ジャストサイズで履いている」感じがします。確かに「パツン」という感じはするのですが、どこも痛くなったり皮がむけたりということにはならないので、問題はないようです。

ジャストサイズと書きましたが、これは幅の話です。実は、幅の窮屈さが気にならなくなったあたりから、かかとがパカパカする感じが強くなっています。つまり、幅はともかく、長さはやはり大きめだったのです。今までは、相当幅に取られていて、かかとが余る感じがなかったのだと思います。

なぜ今回はそうなったかというと、恐らく男性用のインソールを入れたので(私のサイズは、女性用と男性用の境目なのです)、幅が広がったのだと思います。履き心地がアップした靴ですが、見た目は当初より「どてっ」「ぼたっ」とした感じになっています。おしゃれには見えなくなってしまいましたが、そもそも私の足がこういう形なので、仕方ありません。

そうすると、履き始める前にストレッチャーを入れて広げれば、女性用のシューズでも大丈夫なのかな? などというアイディアも浮かびます。何しろ、女性用のシューズは、サイズ(長さ)があっても幅が合わなくて手を出せずにいます。

もともと大きいのでなかなか選択肢がないのですが、本来のサイズと履きやすい(幅に余裕が出てくる)サイズとでは、さらに選択肢が狭まるのです。女性用の靴が手に入れやすくなると、うれしいなあ……。

uriel_archangel at 15:45 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分の足のサイズがよく分からない
 

September 22, 2013

* 「足にちょうどいい靴」を求めての外出中に靴が壊れる……

出雲や島根のことも書きたいのですが、今日はこちらを優先します。

先日書いた、長時間立っていたら足がつりそうになった靴の履き心地を向上させるため、昨日、インソールを探しに出かけました。目的はクッション性のアップです。靴がぶかぶかするというわけではないので、あまり厚みがあると、足を入れる余裕がなくなるかもしれません。

――なので、お店でインソールのサンプルを眺めては、あれでもないこれでもない、と、悩みに悩みました。とりあえず、以前購入したよかったクッション性の高いものと、クッション性を重視しつつサイズに影響を与えない形を目指したものと、2種類買ってみることにしました。

よし、決めたぞ、と思ってレジに行こうとしたところ、足の裏に違和感が。よくよく見てみると……

左足のスニーカーの底がはがれかけて、べろーん、となっているではありませんか!

実は、10年以上前に買ったスニーカーで、初めて履いてみたものでした。長持ちしないだろうなあ、とは思っていたのですが、まさか家に帰るまでもたないとは思っていませんでした。恐らく、かかとを上げてしゃがんだ体勢を取ったので、そのときに「べろーん」となってしまったのでしょう。

とりあえずレジをすませ、エスカレーターに乗りながら、「これからどうしたものか……」と思いました。こういう形になっても、意外と階段は普通に下りられます。でも、普通に歩くのはとても不便です。

足を引きずるように歩いてお店の外に出たところ、隣にABC MARTがありました。

「新しいスニーカーを探そうと思っていたところだから、買っちゃうかな」

ということで、スニーカー売場に直行です。ちょうど前回このあたりに来たとき、「どんな靴があるかなあ」と店内の様子を見ていたので、どこに何があるかが分かります。ざっと眺めた結果、New Balanceのタウンウォーキング用のシューズ(こちら)を選びました。

今思うと、緊急避難みたいなものなので、そんなにお高くないキャンバス地のスニーカーでもよかったのかな、と思います。でも、こういうタイプの靴を新しく買いたいと思っていたところだったので、ちょうどいいタイミングだった、と思うことにします。

履いていたスニーカーも、新しく買ったシューズの箱も、お店で処分していただくことにしました。ありがとうございます。予想外の出費は「イタタ……」でしたが、実際に試着して靴が選べるのはよかったです。

実は、靴を選んでいて、気が付いたことがあります。私は自分が思っていたより、足のサイズが小さかったのです。普段選ぶサイズの靴を試着したら、かかとがパカパカするのです。そこで、1サイズ小さいものを選んだところ、まさにジャストフィットでした。びっくりするくらいです。

私は幅の広い足なので、今まではそれに合わせて選んでいました。特に、大きなサイズでも女性用がある海外で買ったり買ってきてもらったりすることが多かったために、本来の足より大きいサイズの靴になっていたようです。たぶん、向こうの人は、サイズの割に幅が狭いのでしょう。今回選んだものは4Eと幅広のものなので、本来の足のサイズで選べたようです。

あまりにぴったりなので、帰り道に「今は夏だから薄手の靴下だけれど、厚地の靴下でも大丈夫だろうか……」と不安になるくらいでした。でも、帰宅後に冬に使う厚地の靴下で試してみたところ、多少は広がるのか、問題ありませんでした。ひと安心です。

――で、何が昨日のメインだったかというと、本来は新しい靴ではなくインソールです。試してみたところ、以前購入したものと同じクッション性の高いものは、足を入れると靴がパンパンになってしまうのでダメでした。別の靴での出番を待つことにします。

一方でサイズに影響しない形のもの(つま先部分が薄くなっています)は、靴がパンパンになりません。厚地の靴下でも大丈夫でした。これを使って履くことにします。実際に足を保護する効果があるかどうかは、これから分かるでしょう。

そこで気づいたのですが、やはりこの靴も、かかとで多少パカパカする感じがします。今まで気にしていなかったのですが、昨日の靴を履いた後だと、気になります。運よく、かかと部分がふわふわした作りなので、靴ずれを起こすことはありませんでした。

New Balanceのサイトを見てみたところ、オフィシャルショップではしっかりとサイズを計測して選べるようです。一度行ってみようかな、と思います。

結局は「足のサイズにぴったり合う靴を選ぶのは、とても大切だなあ」と実感する1日でした。

uriel_archangel at 15:22 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「足にちょうどいい靴」を求めての外出中に靴が壊れる……
 

February 26, 2013

* 洋服ブラシとインソール

息子が制服で遊んで帰ってくると、ズボンのすそに泥はねがあることも。そんなとき、父が自分の洋服ブラシを出して、サッサッと手入れしてくれます。

でも、自分のスーツにも使うものですから、「息子の制服用の洋服ブラシを入手するように」という話になりました。しかも天然毛指定。服を傷めず長持ちさせるためですから、大事なのは分かります。

そんなわけでお買い物に行ったのですが、用途の割に結構いいものを買ってきたようです。ウールや混紡用の硬めのものを選んだ……と思っていたのですが、帰宅後に見たらカシミアやシルク製品用の、柔らかめのものでした(汗)

実は洋服ブラシとして売られているものがこの1つしか見つかりませんでした。サンプルを見て、「これは、ウール・混紡用のサンプルと同じ!」と選んだはずなのに、こんなことに。――まあ、大は小を兼ねるというか、あれこれ使えるからいいや、と思うことにしましょうか。

我が家は夫婦でスーツを着るような仕事をしていないので(学校の制服もひどい扱いでしたから)、息子には、父からこういう服の手入れ法をしっかり聞いて、身に付けてほしいです。

そして、自分用にインソールも購入しました。今履いている靴は結構履きやすくて気に入っているのですが、中敷きがベリベリはがれてしまって、なんというかとっても悲惨な状態です。そんな靴を履いて旅行に行ってしまった私(汗)

インソールはあれこれあって、「どれにしようか」と思いました。足が大きいので、基本は男女兼用のものです。結局、クッション性を重視したものにしました。チョキチョキカットして、靴に入れてみました。

確かにいい感じです。――が、厚みがあるインソールなので、これまではあった靴の中の余裕が、まったくない状態に。朝も夕方も「パンパン」です。でも、靴ずれになりそうな感じではありません。靴の中で足がズレていたのがなくなったのは、よかったのでしょうか?

きちんとシューフィッターさんに見てもらって買った、という経験がないもので、「ジャストフィットの靴」の感覚が、実はよく分かっていません。そういうところもちゃんとしないといけないなあ、と思いました。

あと、「ちょっとの出費はケチらず、インソールを使って履き心地のいい靴にしよう」とも思います(苦笑)

uriel_archangel at 18:54 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 洋服ブラシとインソール
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード