ガイドブック

May 28, 2014

* 祇園祭に向けて京都研究中

先日書店で見つけて「おお!」と購入しました。



そして、去年買ったこちらもチェックしています。

おいしい京都ちび (Leaf MOOK)
リーフ・パブリケーションズ
2013-02-25


分かりやすく、食べ物のことばかり調べていますすね〜(汗) 去年の経験からすると、せっかくの宵山ですから、中心部をあちこち歩くのが楽しいのです。

どこかに行こうと思っても、バスの時間が読めません。これは体験しましたから! 電車で行ける場所ならまだしも、なのですが、よっぽど「どうしても行きたい!」という場所でない限り、移動しなくても市内に十分見どころがあるよ、となります。

――と書いたところで、グルメガイドばかり見ている理由にはなりませんけれど。でもやっぱり、旅先では美味しいものを食べたいではないですか! 早速、「このお店よさそう!」というところを見つけて、わくわくしています。予約が必要そうな感じなので、忘れないようにしないと! です。

いちおう、一般的なガイドブックも持っています。



ちょっと古いのですけれど……。以前、出雲に行ったときにガイドブックを比べて思ったのが、「昭文社は地図の分かりやすいところに縮尺を入れている」ということでした。車で移動ならともかく、徒歩のときはこれが参考になるのです。

だから距離の間隔をつかみたいときは、どれでもいいので昭文社のガイドブックがいいかなあ、と思います。とは言えカバーする範囲が広すぎるので、もしかしたら、今回の旅の目的に合う新しいガイドブックを入手するかもしれません。

大きな書店に行くと、東京でも京都のローカルなガイドを手に入れられるのが嬉しいところです。

uriel_archangel at 11:58 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭に向けて京都研究中
 

October 28, 2013

* 鎌倉に行きました・概要

台風も過ぎ、息子の部活もないのんびりした日曜日に、家族で鎌倉に行きました。今日はざっくり概要のご紹介です。
  • 自動車はないので横須賀線利用
  • ルート:鎌倉駅〜(江ノ電)〜長谷駅→長谷寺→高徳院(鎌倉大仏)→銭洗弁天→鶴岡八幡→建長寺→円覚寺→北鎌倉駅
  • 長谷駅からはぜーんぶ徒歩!
  • 天気がよくて、薄手のコートも不要でした
  • 日本のみならず世界各地の観光客がいっぱい
  • 鶴岡八幡は七五三の家族連れも多かった
  • お昼ごはんは生しらす丼♪
  • じいじのお土産は鳩サブレ
  • 暖かかったのでソフトクリームが美味しかったです
  • 観光しやすい町でした
  • 早起きした(と言っても学校の授業がある日と同じ)甲斐あって、あちこち見て回れました
  • 北鎌倉駅のホームは長かった
  • 帰りの電車で、座ったら立ちたくなくなるくらいの筋肉痛
――とまあ、こんな感じでしょうか。

これ、概要かなあ……とは思いますが。

延期しようかどうか悩んだ挙句に「行こう!」となったので、前日に慌ててガイドブックを入手しました。

鎌倉 江ノ電 (タビハナ) (タビハナ―関東)
ジェイティビィパブリッシング
2010-03-10




今回は「たびまる」が活躍しました。やはり昭文社は地図が見やすいです。夫がポケットに入れて、必要なときに取り出してチェックしていました。この本は角が丸くなっていて、そのためとても出し入れがしやすかったのだそうです。

バッグに入れていたとしても、やはり出し入れの際に角が引っかかるのは気になります。ガイドブックは持ち歩いて使うものですから、こういう使いやすい工夫がしてあるのはいいですね。

余談ですが、私と息子だけの旅行とは違って、地図を見てあちこちに行くのが得意な夫が一緒だと、道案内はお任せできるのがうれしいです。これは、息子にぜひとも身に付けてほしいスキルです。今後は、ガイドブックや地図を渡して、道案内してもらうことにします。

uriel_archangel at 16:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉に行きました・概要
 

August 19, 2013

* ガイドブックは複数入手します

出版社が同じだと、掲載されているデータがあまり変わらないことがあるので、違う会社のものを手に入れるようにしています。今回も、「もう1冊あったほうがいいかな」と思い、昨日紹介した本と一緒に購入しました。



以前、まっぷるやるるぶもチェックしたのですが、サイズが大きくなったぶんカバーする範囲が増えるという感じで、出雲に関する情報が深まる、という感じでもなかったのです。なので、ためらうことなく「ことりっぷ」です。実は初めて購入してみました。

こちらは既に入手しています。



タビハナのほうがあれこれ情報を盛り込んでいて、ことりっぷは思い切って情報を絞っている、という感じです。個人的には、「たくさんある情報から厳選する」というのが好きなので、どちらか1冊となったら、やはりタビハナのほうが好みかなあ、と思います。

ことりっぷは情報を絞っているぶん軽いので、持ち運びやすさが魅力的です。それと、私と逆で、情報が多すぎると絞りきれないというタイプの人は、これを全面的に信頼するというのも「あり」でしょう。

個人的には、昭文社のガイドブックのほうが、地図がしっかりしていると思います。前回の京都では、タビハナの地図だと「縮尺はどこに出ているの?」状態になったのです。昭文社はその点、分かりやすい場所に示されています。昭文社の地図で慣れているのかもしれませんけれど。

これは、ツアーなどで旅のスケジュールはお任せという人にはあまり関係ありません。あと、伊勢旅行のように、公共交通機関を活用する場合もそうですね。ですが、京都旅行のように街歩きをしようと思うと、縮尺はとても重要です。

まあ、こういうことをしているから、荷物が増えるとも言いますけれど……。

uriel_archangel at 17:21 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガイドブックは複数入手します
 

April 01, 2012

* 大阪・奈良の旅への準備

来週というか今週というか、ともかく4月の第1週に、家族で帰省します。本来の目的は義母に会うことです。――が、塾で忙しくて慌ただしかった数年分を取り返すがごとく、「ついでの奈良旅行」がメインになる勢いです(笑)

厳密にいうと、息子が好きな戦国武将の小西行長ゆかりの場所に行きたいというリクエストがあったため、ほとんど通りすがり的に堺市にも行きます。でも、時間がないので行ける場所はちょっとだけです……。

実際、あれこれ調べてみると、ゆかりの場所は出身地(?)の堺よりも、熊本(宇土)や岐阜のほうが多いというか、見栄えのするものがあります。本来の目的地から行ける場所が限られていたので、こういうことになりました。いつかは、ちゃんと熊本に行かなければ、ですね。

そんなわけで、奈良のガイドブックを買いました。こういうのは、実際に手に取ってみて、自分に相性の良さそうなものを探すほうがいいですね。

奈良 仏像めぐり (たびカル)奈良 仏像めぐり (たびカル)
販売元:ジェイティビィパブリッシング
(2010-04-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

手軽に読めて仏像にフォーカスしている点が、「いいかも!」と思いました。奈良・京都を網羅したものもありますが、今回は奈良しか行かないので、これでいいかなあ、と。

まっぷる歩く奈良 大和路 (まっぷる国内版)まっぷる歩く奈良 大和路 (まっぷる国内版)
販売元:昭文社
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

で、どこまで使うかは分かりませんが、食べるところやお土産などのお買い物情報も欲しいので、まっぷるも購入しました。

――と書いたところで不安になって、旅行で使う予定の(荷物用ではない)バッグにまっぷるが入るか、確かめました。無事に入るサイズだったので、ひと安心です。旅先で使うガイドブックは、内容が充実しているかどうかも大切ですが、それ以上に、簡単に持ち運べるサイズかどうかも重要です。

日本だとあまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、海外だと、いかにも〜なガイドブックを持って歩くのは、「おのぼりさんがいますよ」と言っているようなものです。ヘンなのに目をつけられないように、なるべく大きくないものを選んでいます。とは言っても、『地球の歩き方』サイズですけれど。

こうやってガイドブックを見ていると、かわいい感じのお守りもあるので「買ってみたいなあ」と思うのですが、既にイグナチオ教会付属の案内所(売店?)で購入したおメダイをつけているので、日本人らしいというか節操がなさすぎるので、考えてしまいます(苦笑)

uriel_archangel at 18:35 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪・奈良の旅への準備
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード