ガントチャート

November 20, 2017

* 2018年のスケジュール帳

こういう時期に恒例のエントリーです。

毎年毎年、「もっと活用しないとなあ」と思いつつ、活用できずにいますが、今年もアクションプランナーにしました。



山吹色のような黄色を予想していたのですが、思った以上に落ち着いた色でした。

基本的にアクションプランナーで足りるのですが、プロジェクト・アット・ア・グランス(1か月分のスケジュール欄)が、細かい仕事が重なると記入欄がギリギリになるので、昨年から独立した手帳を使っています。



ブロックタイプ(カレンダー形式)とガントチャートが採用されているので、思ったよりページ数が多かったのですが、月単位でのスケジュールはこれ、と割り切ればいいかなあ、ということで。表紙がしっかりしているので、今年使っているプロジェクトマネージャーよりは、持ち運びに便利です(いいカバーが見つからなかったので苦労しているのですが)。

で、職場で使うスケジュール帳を、こちらにしました。





プロジェクトマネージャーのA5スリムサイズが見つからなかったのでA5サイズの商品へのリンクですが、実際は、どちらもA5スリムを購入しています。A5より使いやすかったから選んだ、というわけではなく、お店で見たときにウィークリーバーチカルとプロジェクトマネージャーがそろっているのがA5スリムだった、というのが理由です。

実は職場は、後任が決まって引き継ぎをしたらやめます、という状態なのです。ここで1年分の手帳を買うと後任が決まらないのでは、という感じがするので、思い切って、こちらは自分で書き込むタイプのスケジュール帳にしました。

来年は、ここに書いたスケジュール帳を相棒にして、頑張ります〜。

uriel_archangel at 11:52 | 時間管理 | お買い物
Permalink | Comments(0) 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2018年のスケジュール帳
 

October 19, 2015

* 職場用の2016年版スケジュール帳

「ここまであれこれこだわってどうする」という意見の人もいるかもしれませんが、私は文房具は「これは!」と思うものだけを使いたい派なので、妥協したくないのです……。

今年はハイタイドのスケジュール帳を使っていたのですが、使いにくいところがありました。私はマンスリーに大雑把なスケジュール(毎月必ず発生する作業)を記入してから、ウィークリー部分にそれをもとにした細かい作業予定を書き写していきます。

こういう作業方法なので、マンスリーとウィークリーが1冊にまとまっていると、いちいち参照するのが大変なのです。

そんなわけで、「去年と同じ、コクヨのスケジュール帳のマンスリーとウィークリー2冊使いでいいかな」という結論に、いったんは達しました。でもこれも、完璧ではありません。コクヨのマンスリーのスケジュール帳はブロックタイプで、記入する内容が卓上カレンダーとあまり変わらないため、「二度手間でしかない」と感じるのです。

ともあれ、ウィークリーはこちらに決めました。

キャンパスダイアリーA5ウィークリー ニ-C105-16■コクヨS&T■ノート型ダイアリー2016 【あす楽対応商品】
キャンパスダイアリーA5ウィークリー ニ-C105-16■コクヨS&T■ノート型ダイアリー2016 【あす楽対応商品】

そこで、ハイタイドのスケジュール帳を選んだ理由の1つでもある、「ガントチャート表記のマンスリーのスケジュール帳ってないのかな」ということで、探してみました。

――そうしたら、無事発見しました。
ダイゴー 【2016年 手帳 1月始まり】 アポイント プロジェクトダイアリーC 月間ブロック A5対応 ネイビー E1685
ダイゴー 【2016年 手帳 1月始まり】 アポイント プロジェクトダイアリーC 月間ブロック A5対応 ネイビー E1685

同じように見えますが実は種類があって、「同じ月のブロックタイプのマンスリーと同じページに表記してある」「1年分のブロックタイプが並んだ後に1年分のガントチャートが並ぶ」「同じ月のブロックタイプの次にガントチャートが並ぶ」とあります。

私はガントチャートだけまとめてみたい、というわけではないので、一番最後の、ブロックタイプとガントチャートが交互にくるバージョンにしました。

実は、これと最後まで悩みました。DISCOVER DIARY Plus 2016
DISCOVER DIARY Plus 2016ウィークリーは決まっていて、ただ単にガントチャートが必要なだけで、「Excelで作って印刷するかな〜」と思っていたくらいなので、最初はこれにしようと考えていました。

……でもこれ、そんなにお安くありません。コクヨのウィークリーと一緒に買うと、「ハイタイドが買える」というお値段になってしまうのです。しっかりした厚い紙でできていて、本当にプロジェクトマネージャーが、変更の多いスケジュールを記入するぶんには便利だと思います。

ですが、ちょこちょこと予定を記入するだけ、という私のようなタイプには、こういうのでなくてもいいかな〜、ということで、お値段重視で選びました。丈夫なものがほしいという人は、DISCOVER DIARY Plusのほうが向いています。

ともあれ、時間がかかるかと思ったスケジュール帳選びも順調に終わったので、ひと安心です。

uriel_archangel at 23:51 | お買い物 | 時間管理
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 職場用の2016年版スケジュール帳
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード