キャンパスノート

May 03, 2011

* スマートノート生活4日目

キャンパスノート6号40枚 ノ-4Bキャンパスノート6号40枚 ノ-4B
販売元:コクヨS&T

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


……ということで、4月30日からつけ始めたスマートノートは、今日で4日目です。昨日が3日目。ということで、三日坊主になるかどうかの境目は、今日です。

書くこと自体は苦にならないのですが、幸か不幸か、左側に何も書いていなくてもあまり気にならないのですよね(汗) 「ノートに書くことを5つ考える」というのに、気を使いすぎているのかもしれません。

こんなに些細なことを書いていいのかな、とか、これを書くと2点ばっかりになっちゃうな、とか、そういうことを考えてしまうのです。書くことがないわけではないのですが、ノートとの付き合い方を模索中、というところです。

ページの始まりを月曜日にしたいので、3日目で新しいページを使ったりと、実に自由に使っています。――が、左は真っ白。アタマの自由度を、もっと上げていこうと思います。さて、この先どうなるでしょう。

それにしても、多くの人にとってはどうでもいいところで、感心していることがあります。

それは、ノートの紙の質が昔と違うなあ、ということです。昔は、ノートの紙はもうちょっとざらざらした感じでした。でも今は、ひっかかりが感じられません。かと言って薄いツルツルな紙、というのではなく、それなりの厚みも感じます。ボールペンで書いていても、サラサラと気持ちよく書けます。

こういうノートがコンビニで200円も出さずに簡単に買えるというのは、やはり日本は先進国ということなんだなあ、と実感します。

uriel_archangel at 15:08 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スマートノート生活4日目
 

April 30, 2011

* スマートノート用のノートを手に入れる――まずは形から

スマートノートの第一歩は、ノートから……ということで、このノートを購入しました。

キャンパスノート6号40枚 ノ-4Bキャンパスノート6号40枚 ノ-4B
販売元:コクヨS&T

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


文具店は遠くはありませんが、ノート1冊のために行くのも面倒だったので、もっと近くにあるコンビニで入手しました。最近は罫線にドットが入ったタイプが人気ですが、このタイプのものなら、ちょっとしたコンビニや文具売り場を併設した書店などで、すぐに手に入ります。

私は「ノートはB罫!」派なので(C罫は学生時代に見たことがないです)、コクヨのキャンパスノートだと青系の色です。ノートを買うようになったころ(小学生か中学生か……)は、罫線の太さにまで意識が向いていなかったのではないかと思います。好きな色で選んだら、ちょうど使いやすいB罫だったのではないかな〜。

なぜB罫が好きかというと、私は通っていたお習字教室の影響で、「枠いっぱいに字を書く」という癖があります。A罫だと大きな字だらけになってしまうのです。しかも、本当にお習字を習っていたのか? という字なので、大きく書かれた自分の字は見たくありませんでした。B罫に書くのがちょうどよかったです。
これを見た感じだと、私が知っている――というか、私にとってのキャンパスノートは2代目です。PCもワープロもデスクトップしかなかった時代、ものを書くのはルーズリーフやノートでしたから、今以上に文具店をのぞいては、お気に入りのデザインのものを探していました。

「いいなあ」と思うようなデザインのノートがあっても、そういうものは時が経つとモデルチェンジで消えてしまいます。結局長続きするのは、こういうオーソドックスなデザインなんですよね。

でも昨日は、別のことに熱中していて、何も書いていません。あわてて買わなくてもよかったのかな? という感じですが、今日から書きます。とか書いていると、ダイエットみたいですけれどね(苦笑)

ノートを語ると長くなってしまうのですが、実は普段はリングノートが好きなのです。未使用のリングノートは、手元にありました。未使用というのは正確ではないのですが、途中で「こういう使い方はやめよう」ということで、それまで書いていた部分をビリビリと外したものです。

別にどんなノートでもいい、ということなので、それを使うことも考えました。でも、リングノートだと、左側が白紙でも苦にならないのです。それに、表紙がしっかりした紙で、全体的に重く、持ち運びには不便です。真ん中にリングが入ると、そこで物理的に制限が出てしまい、見開きのノートをB4サイズの紙のように考えるのは難しくなります。これでは長続きしないなと思い、最初のスマートノートとして使うのはやめました。

ノートを買ったことだけで記事にしてしまおうという厚かましい魂胆ですが、ひとまずは「買ったよ!」報告です。

uriel_archangel at 15:58 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スマートノート用のノートを手に入れる――まずは形から
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード