クラシック音楽

May 04, 2014

* ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014に行きました

連休のイベントは、これで終了です。私の仕事が忙しいこともありますが、息子には学校の宿題をきちんとしてもらわなければなりません。

image

地下だったのと照明の関係で、ちょっと写真が暗いです……。

本当は、コンサート2つを予定でしていました。……が、仕事の進みが遅いので、泣く泣くあきらめました。1つ目のコンサートは、私と息子で行く予定でしたが、夫に行ってもらいました。ちなみにドヴォルザークの「新世界」でした。

私は2つ目のコンサートの開演直前に合流しました。息子はさすが男の子と言うか、最初の演奏会の前にケバブを食べ、終了後にフォーを食べていたそうです。これは、いちおう予想できていた展開ではあります。

そして、2つ目のコンサートです。

image

ミシェル・コルボ指揮の、モーツァルトのレクイエムです。以前から、コルボではなくガーディナー指揮の演奏ですが、モツレクをiTunesに入れていて、よく聞いています。

でも、生演奏だと、「ここはフーガなんだな」というようなことが、より伝わってくるように思います。そんなに響きのいい会場ではなかったのですが、それでもCDを聞くのとは違います。

「機会があったらモーツァルトのレクイエムを歌ってみたいなあ」という思いが強まりますね。

チケット購入のタイミングが遅く、どの公演も2階席の一番後ろでしたが、それでも素晴らしい演奏が1500円で楽しめるというのは、ありがたいことでした。

コンサート終了後は、またまた外で夕食を食べて帰宅しました。息子はここでもいろいろと食べていました。成長期ですね〜。

そして、明日からは質素な食生活です。

また来年も、ラ・フォル・ジュルネで自分たちの趣味に合いそうなコンサートを探して、行こうと思います。

uriel_archangel at 23:01 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014に行きました
 

November 04, 2011

* ブラームスの交響曲第1番

第4楽章の例のテーマ(って、知らない人にはなんだそれ、ですよね)、父がよく見るCSのゴルフ専門のチャンネルでも、番組紹介のCMで使っているのですが、最近NTTドコモのCMでも使っていますね。

この作品は、私にとって非常に思い入れのあるものなのです。

実は、初めて自分でお金を払って聴いたコンサートの曲目に、ブラームスの交響曲第1番がありました。しかも聴いた場所は、オランダはアムステルダムのコンセルトヘボウだったりします。しかも指揮者はマリス・ヤンソンス。忘れもしない2005年の話です。こういう思い出話はもう1つのブログに細々と書いていこうと思うので、ケチな私はここでは詳しくは書かないのですが(汗)

――ケチというか、ただでさえ同じことを何度も書いてしまう人間なので、そうならないようにしているわけです。

「かっこいい曲だなあ」と思いながら聞いていました。本当に、コンサートが終わってしまうのがもったいない! と思いました。そして、この曲でオーボエに惚れました。敷居の高い楽器なので、習い始めました、とか、そういうことはないのですが……。

旅行が終わってあれこれ調べたときに、「うーん、このメンバーでこの演目を東京で聴こうとしたら、ものすごいお金がかかるんだろうなあ……」と思ったものです。円安(1ユーロ=140円くらいだったのです)でしたが、5000円もかからずに聴けたわけですから。でも、「日本に来るわけないよな」ではないのは、日本の素晴らしいところだと思います。

そんなわけで、ブラームスの交響曲全集を購入したりして。コンセルトヘボウではなく、ギュンター・ヴァント指揮の北ドイツ放送交響楽団の演奏なのですが。しかも、1番しか聞いていません……。

ブラームス:交響曲全集ブラームス:交響曲全集
アーティスト:ヴァント(ギュンター)
販売元:BMGインターナショナル
(2001-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


もう1つのブログも何とかしないと〜(汗)

uriel_archangel at 23:54 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブラームスの交響曲第1番
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード