グルメ

October 30, 2015

* パリのレストラン L'Initial のご紹介

もう1か月ほど前になりますが、母がパリに行ったときに食事をしたお店がとても美味しかったそうです。そして、一緒に行ったパリ在住の母の友人に「日本語であまり紹介されていないから、ぜひとも紹介してほしい」と頼まれたそうで、私のブログに母の感想を掲載することにしました。
ノートルダム近くにお屋敷町にある、あまり派手な外見ではない、日本人2人のシェフのお店です。
ごちそうしてくださった友人は「近い将来、星を取るからね」と自信満々に言っていました。
食器もスマートで、ナイフ・フォークはクリストフル。テーブルの配置もゆったりとしていて、落ち着いて食べられました。
1人のシェフが調理が、もう1人のシェフがサービスで、息の合った連係です。お昼のメニューでしたがなかなかのもので、お腹いっぱいになりました。
鳩の肉を食べたので、それから鳩を見ると複雑な気分になりました。ぜひまた行きたいと思っています。
――そして残念なことに、写真がありません。お店のサイトはこちらです。メニューがこのページで紹介されていて、お料理の写真もありますのでぜひご覧ください。

このお店の名前で検索すると、トリップアドバイザーのページが上位に出てきます。確かに日本人の感想よりも自動翻訳の感想のほうが目立って、「んー?」という感じですが、評価が高いのは分かります。ここでも、「ミシュランの星を獲得するだろう」と書かれています。

また、母の友人から、(そのまたご友人の)サイトを紹介していただきました。こちらは写真もあり、文章も詳しいのでもっと参考になるかと思います……(でも、紹介する数が増えるのが大事です)。オープンして間もないお店なので、今後人気が出るかもしれないと考えると、パリに行く機会のある方は、今のうちに体験しておいたほうがいいかもしれません。

あー、パリに行きたいです。

uriel_archangel at 10:08 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パリのレストラン L'Initial のご紹介
 

October 23, 2015

* オイルサーディンとライ麦パン

先日、近くに行く用事があったので、ライ麦パン・ウィートパン・バゲットなどを購入しました。あまり食べたことのないパンを購入したので適量が分からず、「足りないよりは」と多めに購入しました。結果として購入しすぎで全部は食べきれず、バゲットまるまる1本分を冷凍保存しています……。

ライ麦パンとウィートパンは、サービスでお店の機械を使ってカットしてくれます。食べるのに夢中になってしまって、パンの写真が一切ないのはいつものことです(汗)

気合を入れて本格的なパン屋さんでパンを購入したときは、メインがパンという感じになります。サラダも作りますが、冷凍保存しているフランス土産のエシレバターや、チーズ、オリーブオイル+塩などなど、いろいろなものと合わせて食べまくります。

オイルサーディン缶の蓋を開け、パセリやにんにくのみじん切りを足したものをオーブントースターで焼いたものも、よく登場します。これが、ライ麦パンにとても良く合いました。気分はヨーロッパです。ライ麦パンなので、どちらかというとアルプス以北かな?

ライ麦パンはそうあちこちで売られているものではありませんが(うちの近所に北欧系のパンの店が少ないからでしょうか)、また入手できる機会があったら、オイルサーディンと合わせて楽しみたいと思います。

uriel_archangel at 11:49 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - オイルサーディンとライ麦パン
 

August 03, 2015

* 《庭のホテル》で朝ごはん

朝早起きしてホテルに行くというのがとてもハードルが高いという、ぐーたらな毎日を送っております。でも今回は、家族が外出する用事があったので、その前に行きました。前回は2012年5月だったので(自分のブログで調べられるのは便利です)、実に3年ぶりです。ランチで利用したことは何度かあるのですが……。

今回も夏休みということでにぎわっていて、8時すぎくらいに到着したのですが、席に案内されるまで10分ほど待ちました。

image


まあ、このへんからスタートです。暖かい料理とコールドミートを同じ皿に盛っていますが、温かく見守ってください……。サラダにはハーブドレッシングを使いました。それにしても雑な盛り付けであります。

image


目玉焼きかオムレツを選べるので、オムレツをお願いしました。写真でも、ふわふわ感が伝わるでしょうか! フォークを入れたら卵液がどろーり、なんてことはありませんでした! 断面の写真を撮影すればよかった、と思ったのですが、どこまでもふわふわで、美味しいオムレツでした。

この他、写真撮影は自粛しましたが、いろいろ食べています。ラタトゥイユの隣になぜか鯖の塩焼きがあったので、せっかくなので一緒に食べてみたら、南欧気分にひたれました(笑) ラタトゥイユはオムレツに合わせても美味しいだろうな、と思います。次回やってみよう〜。

何度も書いていますが、息子はご飯とお味噌汁で洋風のおかずを食べるのが大好きなので、和洋食のビュッフェはぴったりです。今回も、きちんとご飯とお味噌汁で楽しんでいました。夫は洋食オンリーです。

image


自家製マーマレードがヨーグルトの付け合わせとして置いてあったのですが、パンでいただきました。美味しかったです。その後ヨーグルトと一緒にもいただきました。はい、どう考えても食べ過ぎです。

家族で「満腹〜」とホテルを出ました。レストランはにぎわっていて、席が空くのを待っている人が常にいる状態でした。早い時間のほうがいいのかな? 朝早くから行動しようという人も多いから、結局混雑しているのだろうとは思いますが。

帰りがけに、「お昼ごはんになるかな」とミーツポートのシェ・リュイに入ったのですが、やはりお腹がいっぱいだと、選ぼうという気持ちになりません。何も買わずにお店を出ました。

image


東京ドームシティで『進撃の巨人』の企画があるらしく、タイアップ商品の案内がありました。こういうのって、企画した人がお店に「このキャラはこれこれこういうものが好物で……」的な、「『コラボするならこの食材』リスト」を配ったりするのかな、なんて考えました。

結局この日は、朝食たっぷり食べたので、昼食は近所のコンビニで買ったヨーグルトとフルーツですませました。

uriel_archangel at 11:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 《庭のホテル》で朝ごはん
 

June 28, 2015

* ハワイのお土産にリリコイバター

母には、ハワイ旅行中に知り合った、ハワイ在住の知人(仮にAさんとします)がいます。いろいろお土産をリクエストしあうので、私が母の代わりにメールを書いてやりとりしています。

そんなわけで、Aさんが私のことも気にかけてくれ、「何かリクエストがあったら遠慮なく言って下さい」という話になりました。実は特に「これ!」というものがないので、「うーん」と考えたのですが、「いい機会だから、定番中の定番のお土産をお願いしよう」と決めました。

で、いくつかリストアップして「この中から入手可能なものをお願いします」とメールしたところ、全部揃えていただきました……恐縮でございます(汗)

image

これはリリコイバターです。こちらのもののようです。詳しく知らなかったのですが、材料は「砂糖、バター(クリーム、塩)、天然色素、パッションフルーツのピューレ、全卵」ということです。

パンケーキにも合うのでしょうけれど、とりあえず今のところはトーストに塗っています。昨日は焼き加減を失敗して「焦げる寸前のキツネ色」だったのですが、今日は結構いい感じのキツネ色に焼けました。これは塗る前の写真ですが、景気よくたっぷりと塗っていただいています。

「リリコイ」は「パッションフルーツ」なので、もっと酸味が効いているのかな、と思ったのですが、それほど「酸っぱい!」というものではありませんでした。

ほかのお土産も、機会があったらご紹介します。

uriel_archangel at 13:15 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ハワイのお土産にリリコイバター
 

May 08, 2015

* 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 番外編(新宿で晩ごはん)

今回は番外編で、全然秩父とは関係ない内容です。連休の混雑の中、何時に新宿に戻れるのか……とハラハラしていましたが、運よくほぼ定刻で新宿に戻れました。夕食は新宿で台湾料理です。



偶然入ったお店、ではなく、バスツアーが新宿発着と分かったときから「ここに行こう!」と決めていました。前にも行ったことがあり、美味しかったお店なのです。前っていつかというと、学生時代だったりします。現在永遠の17歳なので、まあつい最近の話です。

以前の記憶では、薄暗くて怪しげな雰囲気のお店だったのですが、久々に行ったお店は明るくて普通の椅子とテーブルがありました。どういう意味だ、と言われそうですが、前回は店内が薄暗いだけでなく、座高の低いソファと低いテーブルだったのです。もしかしたら以前は、お酒が出るお店だったのを居抜きで使っていたのかもしれないね、と家族と話しました。

それにしても、こういう家庭的な中華料理のお店は、以前はあまりなかったのですが、最近は街のあちこちで見られますね。とは言えこちらは中華料理ではなく台湾料理なので、近所のよく行くお店とはやはり品揃えが違って興味深いです。

家族はしじみを食べるのを楽しみにしていましたが、品切れとのことでとても残念がっていました。

image

驚いたのが、メニューの写真からのイメージより(ポーションの)量が多いことです。食べかけを撮影しているので見苦しいところがありますが、食べ盛りの男の子(と言っても、運動をしているわけではないのでそれほどではありません……)がいても大丈夫な量でした。

image

麻婆豆腐も、この半分くらいの深さのお皿に入ってくるかと思いきや、このお皿になみなみと入っていました。たたききゅうりもこんなボリュームですしね。食べごたえがありました。息子は台湾料理は初めてだったのですが、カリカリの大根もちをとても気に入っていました(写真はありません……)。

image

とは言え、バス移動が多かったため、結構歩きましたがそんなに空腹というわけでもありません。最後にごはんや麺を頼むと多すぎるので、「角煮入り台湾サンド」をオーダーしました。香ばしい刻んだピーナッツがアクセントで、中に香菜が入っていて、息子は「ベトナム料理みたい」と興味深く(そして美味しく)食べていました。

最後の杏仁豆腐まで美味しくいただきました。

uriel_archangel at 11:32 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 秩父三社めぐりバスツアーに行きました 番外編(新宿で晩ごはん)
 

April 29, 2015

* 八重洲地下街でランチ&ケーキ

日本橋丸善からそう遠くないので、てくてくと八重洲地下街まで歩きました。選択肢がたくさんあるだけでなく、お財布にも優しいお店ばかりです。

息子の好きなタイ料理のサイアム オーキッドにしました(リンク先は八重洲地下街のサイトです)。


タイ料理というか、麺類好きなので、選んだのは「トムヤムヌードルチャーシューのせ」のランチセットです。

私は、最近辛い物を食べると体調が悪くなることがあるので、念のため辛くないマッサマンカレーのランチセットにしました。

image

マッサマンカレーはもちろん美味しかったのですが、スープが素朴な味で、辛いものの口直しにぴったりではないかと思います。タピオカココナッツミルクもしっかり甘くて、やはり辛いものを食べた後にぴったりだと思いました。

帰り道に家族に遠回りしてもらい、バビーズ ヤエチカで念願のケーキを購入しました。お店で食べるのもいいですが、時間があまりなかったので、夕食のデザートとなりました。

image

……デザートと言っても、さすがのアメリカンケーキですので、かなりのボリュームです。夕食で満足したところでとどめを刺す、という感じでした。左からバナナクリームパイ、キーライムパイ、バナナモカパイです。「いかにもアメリカンなケーキ」という観点から選びました(笑)

こういう典型的なアメリカンケーキを食べると、しまいこんでいる渡辺みなみさんのケーキの本から、何か作りたくなります。発掘作業が大変なので、しませんが(汗)

仕事も残っていて忙しかったのですが、充実した週末でした。もちろん、投票にも行きましたよ。

uriel_archangel at 11:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 八重洲地下街でランチ&ケーキ
 

April 19, 2015

* Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)のランチ&ブランチ

このへんに立ち寄ると行きたくなるお店なのです。……ということで、行ってきました。

今回はチキンコブサラダにしました。

2015-04-19-11-30-59


大きなお皿にサラダがたっぷり載っていて、お腹いっぱいになりました。――とは言っても、パンがこれだけだとスプレッドがたくさん楽しめないということで、家族からちょっとパンをわけてもらいました(笑)

どれもハード系のパンなのですが、材料の違いが皮のパリパリ(またはしっとり)した感じに違いを出していて、興味深かったです。

なぜ「今回は」と書いたかと言うと、昨年11月だか12月に行ったときにはブランチを頼んでいたからです。でも、ブログに書いていない……ということで、今回ご紹介します。

image


これはファーマーズブランチです。ハムやチーズ、オレンジジュース、シリアル&ヨーグルトもあるという、とても充実した内容でした。それにしても「なんじゃこりゃ」というくらい、スプレッドを取って来ていますね(汗)

とっても美味しいのですが、実は最近、パンをたくさん食べるとすぐに満腹になるようになりまして……このメニュー、パンがとても充実しているのです。ハード系のパンだけでなく、クロワッサンorパン・オ・ショコラもあるのです。

そこで、「今回はサラダにしよう」と思ったのでした。――とか書きつつ、家族からパンをもらっていますけれど。

それにしても、以前オーダーしたことのあるサラダがメニューにありませんでした。サラダの種類を減らしたのかな? という感じがします。タルティーヌなどでも、そういうものがあるかもしれません。

それでも、今度は何を食べようかな、と楽しみにできるお店です。

uriel_archangel at 17:12 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)のランチ&ブランチ
 

September 27, 2014

* ザ・ペニンシュラ東京で優雅にランチ

出光美術館に行った続きです。ランチは美術館の近所で、ということで、いろいろ調べていました。美術館の入っている帝劇ビルのお店は、悪くはないのですが、このところの食生活を考えると食べ過ぎが心配です。

まだ過渡期なのですが、1か月前に比べても、炭水化物がたくさん食べられなくなりました。というか、入るは入るのですが、お腹いっぱいになって、その後「お腹が重たい……」という状態が続くのです。3食炭水化物をきっちり食べると、その次の日も重たい感じが続きます。空腹感はあってもどこか重たいのです。

そんなわけで、ご飯や麺のボリュームがあるものは選びにくく……ふと、「そういえば、あのへんにペニンシュラなかったっけ?」と思い出し、調べてみました。記憶どおり、歩いてすぐのところにありました。さてさて、どんなお料理があるかしら? とここから調べてみました。お値段的に、お店の選択肢は1つです。近くのお店も調べたところ、魅力的なお店があれこれありました。でも、「いやいや、ここは雰囲気重視で!」ということで、振り切ってペニンシュラに向かいます。

ウェイトレスさんに「パスタランチとプレートランチがあります。どちらになさいますか?」と、「すぐこの場で決めてください」的に迫られ(笑)、シーズナルプレートなるものにしてみました。サラダにしようかなとか、フォカッチャもいいかなとか、いろいろ考えていたのですけれどね。サイトではチェックしていたのですが、こんな感じでした。

image

こういうふうに、大きなプレートに全部盛られていました。昔の私なら選ばないタイプのメニューです。

image

キノコのサラダ マンゴーとシェリー酢のドレッシング。キノコはソテーされていました。不思議な組み合わせですが、マンゴーが美味しかったです。

image

かぼちゃスープ シナモン風味。カリカリのかぼちゃチップが添えられていました。香ばしくて美味しかったです。あと、バゲットとハーブブレッド。

image

豚肩肉のロースト オレンジクリームソース。ソースやお肉の濃厚さとは対称的に、オレンジが「お口直し」的に爽やかでした。

image

洋ナシのタルト オレンジソース。タルトが意外と切り分けづらくて、食べるのに少しばかり苦労してしまいました。修行が足りません。

コーヒー・紅茶が選べるので、コーヒーをいただきました。こうやって写真を見てみると、秋らしいオレンジ色がテーマですね。

ホテルのレストランやカフェの中で唯一、庶民でも手軽に使えるお店なので、立地も地下ですし、どこを切り取っても優雅というわけではありません。私も使っているくらいですからね(苦笑) でも、お上品なポーションで美味しいお料理を楽しめました。

実は食後は、「なんか、お腹が物足りないと言っている……」状態で困っていたのですが、お店を出て歩いているうちに、「まあ、どうしようもないくらい足りないというわけでもないし、お腹が軽くなった感じもするし、いいか」と思えるようになりました。

お食事とお会計を終えてブティック(ショップ)のほうを見てみました。サイズや種類にもよりますが、ホールケーキが意外と手の届かないお値段ではなく、「クリスマスやお誕生日に、こういうところのケーキが買えたらいいなあ」と思ったり。まあ、そういうことができるのは、ダイエットが順調に進んで新型になってからですね。

一人で外出するときは、こういうランチの楽しみ方もいいなあ、と思いました。

uriel_archangel at 11:12 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ザ・ペニンシュラ東京で優雅にランチ
 

July 21, 2014

* 祇園祭の時期限定のお楽しみ♪ 膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚饅」と永楽屋の「水あずき」

今回も、祇園祭の時期限定の食べ物を楽しんでまいりました。霰天神山のすぐ近くで、大きなせいろをお店の外に出して販売しています。こちらの記事(祇園祭・宵山限定のお楽しみ「しみだれ豚饅」 京都のスタッフ取材日記 京都の観光・飲食・宿泊情報 どこいこ)が詳しく書かれていて、とても参考になります。去年は買いそびれましたが、今回はしっかり購入しました。

2014-07-16-13-43-56

写っているのは包装紙だけですが……。直径はゆうに10僂鯆兇┐泙后あんはお肉ぎっしりで、ボリュームたっぷりです。小食な人は食べきれないかもしれません。これ1個で十分お昼ごはんになります。私たちも、福寿園で抹茶タイムを過ごした後に食べたため、しっかり満腹になりました。

猫舌に加えて熱いものを持つのも苦手ということもあり、買ってすぐには食べられませんでした。ぱくぱく食べられる状態になるまでに、10分ほど持ったまま歩いていました(汗)

これは去年もいただきましたが、今年は親子でちゅるるん、です。

2014-07-16-14-12-40

永楽屋でも室町店限定だそうです。後祭では鯉山が出ていると思うのですが、その目の前にお店があります。前祭では、四条通りから入って菊水鉾と山伏山のある通り(室町通り)をさらに北上するとあります。

豚饅をなんとか食べ終えた後で、「これは外せません〜」と、ちゅるちゅるちゅるん、です。お店の人が「飲む水ようかん」と言って売っていましたが、まさにそんな感じです。

祇園祭そのもの(山鉾巡行など)の写真は、あれこれ撮っていてどれをアップすべきかまだチェックしていないので、周辺の情報ばかり紹介している感じです。

uriel_archangel at 17:43 | 日々の記録 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭の時期限定のお楽しみ♪ 膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚饅」と永楽屋の「水あずき」
 

July 19, 2014

* 京都での抹茶スイーツ三昧の記録

一日一抹茶スイーツを達成しました。ガイドブックに必ず出ている有名どころばかりです。「これは新しい!」というお店はないので、新しい情報を求めている人のご希望にはお応えできません……。
ちょうどお昼どきに喫茶コーナーに行ったので、ガラガラでした。

2014-07-16-12-45-59

息子が頼んだのは抹茶ブリュレでした。私は食べていないのですが、本人は美味しい美味しいと喜んでいました。

2014-07-16-12-47-42

私はオーソドックスな抹茶クリームパフェです。フルーツも使っていて、甘みや酸味が不思議な感じで抹茶に合っていました。水出しの煎茶も美味しかったです。
すべての山鉾の出発を見届けた後、歩くと大変なので阪急で河原町まで移動しました。四条河原町では辻回しをしていましたが、もうそういう気分ではないので、お店にまっしぐらです。さすがに有名な観光地にある有名なお店だけあって、そういう日でも行列ができていました。

2014-07-17-11-34-37

私がオーダーしたのは「都路里のされい」です。
祇園祭にちなみ、鉾と山をモチーフにした、パフェと氷のセットです。
鉾のパフェは、三種のアイス(抹茶・バニラ・玄米茶)に白小豆と抹茶のマカロンを飾り、山の抹茶氷には、甘酸っぱい甘夏みかんのわらびもちを付けました。
京の一大イベント、祇園祭を都路里でお楽しみください。
ということで、抹茶氷に入っていた白玉は作りたてがなので、早めにいただかないと固くなってしまうとのことでした。早い段階でいただきました。わらびもちはふわふわ柔らかで美味でした。パフェにのっていた白小豆は、説明をしっかり読まずに「りんごかな?」と思ったので、予想外の味にびっくりしてしまいました(汗)

本当は大きなパフェをどーんと食べたかったのですが、この後昼食が控えていたので、暑かったこともあり氷とパフェが楽しめるメニューにしました。

2014-07-19-23-21-24

息子は抹茶カステラパフェと抹茶ミルクです。さすがに育ちざかりで、こういうものを食べた後でも昼食もペロリでした。奥にあまり写ってほしくないものが写っていたので、写真デコ用のアプリで塗りつぶしました(笑)

こちらでも、水出しの煎茶が美味しかったです。
昼食後のちょうどおやつが欲しくなりそうな時間なので、大丈夫かな? と思いましたが、大混雑ということもなく、無事入れました。

2014-07-18-14-19-39

ここでは2人で、抹茶ロールケーキ&抹茶クリームティーのセットを選びました。最後にお口直しに出てくる水出しの煎茶が、またまた美味しかったです。

煎茶は、おちょこのようなガラスの器に入っていたのですが、この器のガラスがとても薄くて、唇に当たっている、という感覚があまりしませんでした。つまり繊細なもの(それなりのお値段のもの、ということになるでしょうね)を使っているということです。

最初に出てきたお水の入ったグラスがとてもきれいだったので、ケーキと一緒に撮影しました。

美味しい抹茶のお菓子を楽しんだ3日間でした。

uriel_archangel at 23:50 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都での抹茶スイーツ三昧の記録
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード