ゴッホ

December 16, 2016

* ゴッホとゴーギャン展

会期終了間際になって、ようやく行ける余裕ができました。平日だからそんなに混雑していないだろうとたかをくくっていたのですが、ゴッホの人気ってすごいですね……。

展示はその名のとおり、ゴッホとゴーギャンの関係に焦点を当てたものです。それぞれの画風に影響を与えた画家や交流のあった画家の作品もありましたが、濃厚にゴッホとゴーギャンの作品が紹介されている、という感じです。

そして、そうやって紹介されるとなおさら2人の違いが明らかになるという感じで、「これは、共同生活は成立しないんじゃないかな〜」という雰囲気が漂います。ゴッホは彼なりにゴーギャンを迎えようとしていたし、ゴーギャンもゴッホのことを理解していたようですが、それでもダメだったのです。

それにしても、こうやってゴッホの人生について知れば知るほど、「テオがすごいよなあ」と思います。お兄さんを献身的に支えて、生前はほとんど売れなかったという彼の絵を、画商として購入していたわけですから。

ゴッホの共同生活の夢はかないませんでしたが、ゴーギャンは彼なりにゴッホを気遣ってはいたようです。ゴーギャンがタヒチで描いたひまわりの絵が、ゴッホを思った作品と考えると、わずか2か月ではありますが、共同生活は大きく影響していたんだなあ、と思います。

ゴッホは共同生活後の絵で、彼独特のうねった感じや色彩、輪郭に濃い色を使う手法が出てきます。やっぱり病気の影響なのかなあ。

ゴッホが共同生活を始める前に描いた花咲くアーモンドの枝の絵が気に入ったので、これが使われたマルチケースを購入しました。彼は他にもアーモンドの花を描いているので、恐らく浮世絵の梅や桜に近かったのかな〜、と思います。ゴーギャンの描いたひまわりの絵も気に入ったので、これはマグネットを購入しました。

絵葉書を買ってもしまいこむだけなので、こういうときは、役に立つものや目に付くところに置けるものを選ぶことにしました。

uriel_archangel at 11:42 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ゴッホとゴーギャン展
 

August 07, 2014

* ゴッホの《花咲くアーモンドの枝》 Vincent van Gogh "Almond Blossom"

1139px-Vincent_van_Gogh_-_Almond_blossom_-_Google_Art_Project

ゴッホ美術館で所蔵している作品です。ゴッホ美術館のサイトでの解説はこちら(英語です)。Wikipediaの英語版でもこのページに解説があります。

2005年なので、もう10年近く前のことになりますが、一人でドイツからベルギー・オランダと3週間ほどかけて旅をしました。ベルギーにたっぷり滞在したため、オランダはハーグとアムステルダムだけになり、かなり駆け足の観光になりました。

アムステルダムでは、ゴッホ美術館も見学しました。古い話ですが、オランダで入った美術館では一番行列がすごかったので、あらかじめチケットを入手しておくといいです。確か観光案内所で購入できました。私は事前に購入していたので、ひどく待たずに入れました。

ともあれ、美術館ではゴッホの作品をいろいろと見たのですが、一番印象に残っているのが、この作品です。しまいこんだままにしているのですが、気に入ったのでこの作品の栞を購入したほどでした。

もっと青がきれいな色だったような気もするのですが、記憶違いかな? というくらい、ネットで検索して見られる画像は、くすんだ青に見えます。

あちこちのサイトで書かれていますが、アーモンドの枝ぶりや花の雰囲気といい、背景が青一色で陰影をつけていないところといい、ゴッホは浮世絵からインスピレーションを得て描いたのだろうなあ、と思います。アーモンドの花は、彼にとってあこがれの国日本で咲く、梅や桜の花を思わせるものなのでしょう。

彼と同じVincentという名が付けられた甥(テオの息子)の誕生を祝うにふさわしい、明るい雰囲気の絵です。死の半年前の作品ということで、かなり精神的に厳しい状態にあったのではないかと思うのですが、それを感じさせません。

以来、ゴッホと聞くと、このアーモンドの絵を思い浮かべるようになりました。

何年か前に、国立新美術館に展覧会を見に行ったとき、美術館に、この絵と非常に似た絵(青い背景に白い梅か桜の花が咲いている)を使ったポスターがありました。「あれ?」と思って近づいてみると、ゴッホの絵ではなく、日本画の展覧会のポスターでした。

日本で伝統的な色の組み合わせなのか、私が見たポスターに使われた絵の作者がゴッホの絵を知っていてこの組み合わせにしたのか、興味深いなあ、と思いました。

こうして書いていると、「またアムステルダムに行って、あの作品が見たいなあ」と思います。

最後になりましたが、パブリックドメインの画像を使用したのでattributeを記載します。
"Vincent van Gogh - Almond blossom - Google Art Project" by Vincent van Gogh - dAFXSL9sZ1ulDw at Google Cultural Institute, zoom level maximum. Licensed under Public domain via Wikimedia Commons.

uriel_archangel at 21:53 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ゴッホの《花咲くアーモンドの枝》 Vincent van Gogh "Almond Blossom"
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード