サントリー美術館

November 05, 2018

* 京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙

以前から、ポスターなどで使われている如意輪観音のお姿が気になっていました。「来週末で終わるということは、確実に時間が取れる今がチャンス!」ということで、行ってまいりました。

平日ということもあって、ひどい混雑ではありませんでした。訪問者の平均年齢は高い感じです(私は若いほう)。会場に入ってすぐに、如意輪観音がいらっしゃいました。実は絵葉書を購入したのですが、絵葉書では白地にぽんと観音さまが浮いているような感じで、いかにも「絵葉書」という印象になってしまっています。ポスターや展示と同じ、黒い背景がいいなあ、などとぜいたくなことを思ってしまいました。

醍醐寺の歴史から始まるので、平安時代の像や絵などが展示されています。真言密教のお寺なので、不動明王の像や絵がいくつか見られます。どれもすごい迫力だなあ、と感心しました。当たり前のように重要文化財や国宝とされているものが多く展示されています。

五大明王像は圧巻! という感じでした。大威徳明王が乗っている水牛が、なんとなくかわいいお顔でしたけれど。国宝の薬師如来はとても大きくて、威厳が感じられました。

また、醍醐寺が宗教的にも政治的にも重要な寺院であったことを示す展示もありました。開祖が天皇家にゆかりのある人物であり、修験道だけでなく空海に近い人物から真言密教を教えられたということで、これは自然な流れだったようです。足利尊氏が懇意であった座主賢俊の四十九日に奉納したという理趣経もありました。達筆というわけではありませんが、丁寧に書かれた文字が印象に残りました。

そして、戦乱で荒廃した醍醐寺の再興に尽力した義演を支援したのが、豊臣秀吉でした。最後は、当時描かれた「いかにも安土桃山」という障壁画と、醍醐の花見で出席者が詠んだ和歌を清書した短冊などでした。江戸時代に描かれた《松桜幔幕図屏風》は、秀吉の生前に行われた醍醐の花見の華やかさを思わせるものでした。こちらの記事の最後のほうで紹介されています。

――ということで、醍醐寺の歴史は真言密教とも政治とも深くかかわってきたのだなあ、と感じさせるものでした。展示品リストには、九州国立博物館でのみ展示、というのが多くあったので、来年開催される九州での展示は、さらにパワーアップしていると思います。如意輪観音像が気になった方は、行ってみるといいのでは、と思います。

今回はせっかく東京ミッドタウンに行ったので、虎屋茶寮であんみつと抹茶グラッセのセットをいただきました。

IMG_20181102_125021

さらにせっかくなので、季節の栗あんみつにしました。

IMG_20181102_125031

上にのっているのは栗のアイスかな、と思ったのですが、なんと栗のペーストでした。優雅な時間を過ごして帰宅しました。

uriel_archangel at 11:50 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙
 

November 19, 2014

* 高野山開創1200年記念 高野山の名宝

NAVITIMEで調べたところ、これが一番早いというので、上野からトコトコと日比谷線で六本木まで移動しました。こちらは、ウフィツィ美術館展よりも混雑した感じがしました。会場の規模の違いもあるのかもしれませんが。

高野山は、大阪に住んでいるときにドライブで行ったことがあるのですが、本当に車で行っただけで終わってしまった過去があります。もったいないことをしました。

空海は、24歳で唐に留学しており、入定は62歳とのことです。恐らく30年少しの年月でこれだけのことをなしたわけですから、帰国してからは精力的に活動を続けたのだなあ、と思います。陳腐な感想ですが「すごいなあ」としか言いようがありません。

運慶や快慶の作品は、木のはずなのに流れるような衣の表現に躍動感があって、映像をストップしてそのワンシーンを見ているような感じがしました。一方で孔雀明王像はそういう動きは少なかったですが、孔雀にかけられた布が、とても柔らかそうに見えました(もちろん、本当は木なんですよ)。

そう言えば息子は、入場の際に子供限定のプレゼントがありました。しっかり見ていないのですが、恐らく八大童子のカードです。仏像に興味のある息子はとても喜んでいました。

機会があれば、また高野山に行ってみたいものです。そう言えば、東国三社めぐりのツアーをしていた会社が、「高野山と春日大社をめぐるバスツアー」を実施しているのですよね〜。往復夜行ですが……。

まあ、これはハードそうなので、自分たちで企画して行ければ最高ですね。

そして展示を見た後は、京はやしやで抹茶スイーツを楽しみました。私は特製あんみつを選びました。

2014-11-16-14-35-02

「黒みつはお好みで」とのことでしたが、遠慮せずぜーんぶかけていただきましたよ。実は私、寒天特有の匂いが苦手なのですが、お店で食べると気になりませんね。あれって鮮度の問題なのでしょうか?

ともあれ、白玉もわらびもちも抹茶ババロアも抹茶アイスも、とても美味しかったです。添えられた茶葉の佃煮も、お口直しにぴったりでした。

uriel_archangel at 11:18 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 高野山開創1200年記念 高野山の名宝
 

November 09, 2014

* 気になる展覧会チェック(20141109)

忙しい日々に流されず、こういうチェックもしなければ、なのです。以前も書きましたが、気になる展覧会を自分でまとめておくと、チェックが便利なのです。

今回は、まさに開催中のものと、会期がだいぶ先のものです。
  • サントリー美術館
    高野山開創1200年記念 高野山の名宝 (2014年10月11日〜12月7日)
    息子がネットや電車の吊り広告で情報を手に入れたらしく、「行きたい!」と言っています。国宝の《八大童子像》が見たいのだそうです。我が息子ながら渋い趣味です。確かに、高野山は簡単に行ける場所ではありませんから、これはチャンスですね。大阪に住んでいた時はドライブで行ったこともありますが(どこを見学した、ということもなく……)。

  • Bunkamuraザ・ミュージアム
    ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美(2015年3月21日〜6月28日)
    これは以前も書いていますが、その後特設サイトができてURLが分かったので、改めて書いておきます

  • 国立新美術館
    マグリット展 (2015年3月25日〜6月29日)
    これはチューリヒ美術館展に行ったときにチラシを見つけました。実は公式な情報はまだチラシしかなく、この「マグリット展」のリンク先は、国立新美術館のサイトの「今後の企画展」ページです……。今回のチューリヒ美術館展にも作品がありましたが、ブリュッセルの王立美術館にもたくさんの作品が所蔵されており、じっくり鑑賞しました。チラシを見たところ、《白紙委任状》も出展されるようで楽しみです(もうだいぶ前のことになりますが、『パタリロ!』で使われていたのですよね〜)。

よく考えると「マグリット展」は「ルーヴル美術館展 」と、一部会期が重なっているのですね。この時期の国立新美術館は、すごいことになりそうです。と、勝手に考えています。

そして、気になる展覧会チェックは次回に続きます。

uriel_archangel at 11:07 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会チェック(20141109)
 

May 13, 2014

* のぞいてびっくり江戸絵画−科学の眼、視覚のふしぎ−

一生懸命書いてほぼ完成していた文章が、ブラウザのクラッシュで消えてしまい、愕然としています……(涙) 気を取り直して書いていますが、当初よりあっさりした文章になっていると思います。iPod touchに入れているミュージアムカフェのアプリに、展覧会のポスターギャラリーがあります。そこで、気になるものを選んでもらいました。科学好きで美術も好きだと、こういうテーマは気になるのでしょう。

サントリー美術館入口

開館前の撮影なので薄暗いです。ものすごーく有名な作品が見られる、というものでもないので、開館を待っている人はいましたが、そんなにたくさんではありませんでした。ちなみに美術館とミッドタウンはオープンの時間が違うので、通常とは少し違うルートで入ります。これはサイトできちんと説明されているので、その説明通りに歩いたら、迷わずたどり着けました。

展示内容は、とても興味深いものでした。日本にもさまざまな西洋画の技法が伝わっていて、腐食銅版画(エッチング、ですよね?)も行われていたのです。司馬江漢や亜欧堂田善の作品は、西洋の画家による作品に決して見劣りしません。

遠近法や腐食銅版画などの技法だけでなく、望遠鏡(天体観測)・顕微鏡・博物学といった最新の技術を、積極的に取り入れたり身に付けたりしようという姿は、画家というだけでなく、当時の最先端の技術を身に付けた知識人でもあるなあ、と思いました。これは、ヨーロッパの印刷業者に感じるものと似ていますね。

個人的には、眼鏡絵が不思議でした。恐らくレンズの端で歪んで見えるのをうまく使っているのだと思いますが、レンズを通して見ると、不思議と立体感が得られます。そして、人々が見世物小屋で凹面鏡や凸面鏡に映る自分の姿を楽しむようすを描いた絵が、とてもかわいらしくて印象的でした。

そして、展覧会のポスターにも使われている「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ 」が見られました。「これ、見たことある!」という作品の実物を見られるのは、とてもうれしいものです。

展覧会のあとは、息子が実はこちらを一番楽しみにしていたのではないか? という、これです。


抹茶! 和スイーツ!

息子は、抹茶パフェに抹茶ミルクという抹茶尽くしで、私はミッドタウン限定というのにひかれてほうじ茶パフェです。ほうじ茶パフェは、フルーツとの組み合わせが新鮮でした。美味しかったです。息子も、とても喜んで食べていましたが、この組み合わせなので、少しばかりお腹を冷やしたようです……。

これからは、ミッドタウンの近くに来ることがあったら(というのは、国立新美術館のことなのですが)、「京はやしやに行きたい」と言われるかな〜、と思いながら帰宅しました。

uriel_archangel at 11:10 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - のぞいてびっくり江戸絵画−科学の眼、視覚のふしぎ−
 

April 08, 2014

* 気になる展覧会チェック(20140408)

あれもこれもと詰め込みすぎたなあ、とは思います。でも、「これは当分先だから、また後で書こう」と思っていると忘れたままになってしまうお年頃なのです。なので、「気になったものはとにかく書く」の方針で行きます!

情報が早いからか特設サイトなどがない展覧会もあります。でも、またこういう記事を書くときに特設サイトができていたら、情報を追加しようと思います。
  • Bunkamuraザ・ミュージアム
    • ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション (2014年4月4日〜5月25日)
      これは、見かけた展覧会のポスターの雰囲気がきれいだし私の好きなルネサンスだしで、気になっていました。当然というかなんというか、ルネサンス期の作品が多いようです。歴史ある家系なのですね〜。ボッティチェリの作品もあるそうですが、サヴォナローラの影響を受けた後のものなので、サイトを見ているとマニエリスムにつながるものを感じます。
    • Bunkamura25周年特別企画 進化するだまし絵 だまし絵 (2014年8月9日〜10月5日)
      2009年に開催された「だまし絵」の続編だそうです。前回を見ていないのが残念。アルチンボルドの作品もあるので、ルネサンスから現代まで、さまざまな作品が楽しめそうですね。これは、特設サイトが楽しみです。

  • 国立新美術館
    • イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる (2014年2月19日〜6月9日)
      リンク先はFacebookページです。最近は、特設サイトもいろいろありますね〜。先日のぶらぶら美術・博物館で紹介されていて「面白そう」と思いました。番組の概要はこちらで見られます。ちょうど先月みんぱくに行ったばかりなのですが、解説つきで見ると、いっそう奥の深さを感じます。
    • オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー (2014年7月9日〜10月20日)
      マネの《草上の朝食》が来日するそうです。《笛を吹く少年》とかカイユボットの 《床に鉋(かんな)をかける人々》とかミレーの《晩鐘》とか、有名どころの作品が紹介されていますが、これ全部来るのでしょうか。来るとしたら、なかなかすごいのですが……。と、ワクワクが続きます。楽しみです。

  • 江戸東京博物館
    大江戸と洛中 〜アジアのなかの都市景観〜 (2014年3月18日〜5月11日)
    「なんちゃって」ではありますが、いちおう卒論で都市論を取り上げた身としては、気になるテーマです。京都や江戸の都市づくりが、アジアや世界から見たときにどのような姿に見えるのか、というのは

  • サントリー美術館
    のぞいてびっくり江戸絵画−科学の眼、視覚のふしぎ− (2014年3月29日〜5月11日)
    チラシや展覧会サイトのトップページで使われている、人がたくさん集まって別の人の姿になっている絵は、「寄せ絵」と言うそうです。なんだか、アルチンボルドの絵にも通じますよね……。遠近法や透視図を用いた鳥瞰図、顕微鏡、博物学が、江戸時代の絵画にもたらした影響を見ていく展覧会、とのことです。楽しめそうな展示内容です。

  • 三菱一号館美術館
    ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900 (2014年1月30日〜5月6日)
    最後に取り上げた展覧会が、終了までの期間が一番短いものでした(汗) コラボしているとおり、ラファエル前派展と行くと、よりいっそう楽しめたのだろうなあ、と思います。ビアズリーのサロメの絵もあるみたいですね。ちょうど三菱一号館の建てられた時代とも合うようで、そういう雰囲気の中で楽しんだら格別なのだろうと思います。

全部制覇! というのはさすがに難しいかな、と思うのですが、なるべく多く見に行けるようにしたいですね。

uriel_archangel at 11:48 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会チェック(20140408)
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード