ドイツ語

June 17, 2011

* 接してきた時間の差が、外国語運用能力の差になる

――というのが、ン十年外国語を勉強したり、仕事で使ったりしてきた感想です。

ドイツ語の翻訳者は、特に映像翻訳の分野では少ないからか、ドイツ語の翻訳をしています、というのは覚えてもらいやすいです。ドイツ語でお声をかけていただける可能性は高いのですが、そもそもドイツ語翻訳の案件は少ないので、折を見て「英語の翻訳もしています」とお知らせ……というか、PRしています。

仕事で関わった人でなくても、「英語とドイツ語、どちらが得意ですか?」と尋ねられることがあります。これが、私にとっては結構難しい質問です。

時間をかけて作業する翻訳に関して言えば、どちらも似たり寄ったりです。辞書が充実しているのは英語ですが、ドイツ語は英独・独英辞典を使ったり、ネット検索を駆使したりすれば、調べものはなんとかなります。ネット検索を駆使するのは、英語でも同じですが。

今書いたのはどちらかというと「読む」の領域ですが、「聞く」の場合でも、やはりいい勝負です。ただ、辞書なしで分かる単語は英語のほうが多いので、一度だけ聞いた場合の理解度は、英語のほうが深いかなあ、と思います。辞書を使わずに流し読みした場合も、結局は英語が有利でしょうか。

これが、「書く」「話す」というアクティブな分野になると、今は圧倒的に英語が有利です。学生時代、週に6〜7コマドイツ語の授業があった時代は、ドイツ語が有利でした。英語を書く(話す)つもりでドイツ語を書い(話し)たりしてしまったこともあります。

そして今では、英語・ドイツ語とも、書く・話す機会はほとんどありません。こうなると、なんだかんだで中学の時からずっと続けている英語のほうが、パッと出てきます。Twitterで外国語をつぶやく用のアカウントを作っているのですが、英語はそんなに頭をひねらなくても書けます。でもドイツ語は、結構考えないと書けません。

あちこちで書いているのですが、英語は、高校時代から合計で5年ほど英会話サロンに通ったので、そこでかなり鍛えられました。今思い出しても、「学校で文法をきちんと勉強する」と「会話の練習をする」が同時にできたのは、英語に限らずほかの外国語を学ぶときのヒントというか、「こういうふうに身につければ上達する」という自信につながっています。

さらに書くと、「学び」とは少し違うのですが、年齢を重ねてオバさんの図々しさが身に着いたのか、語学運用能力は学生時代より落ちていますが、文法のミスなど気にせず、「通じればいい」と話せるようになりました(笑)

uriel_archangel at 23:58 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 接してきた時間の差が、外国語運用能力の差になる
 

January 28, 2011

* 「ゲルマン魂」って何だろう

サッカーの番組などを見ていると、「ゲルマン魂」という表現が、よく使われます。

実は私は、これは日本人の造語だと思っていました。ドイツ人が、こんな日本人的な、「物理的に足りないところは気合でカバーする」みたいな発想をするわけがない、と思っていたのです。

そういう考えは、のちのち、仕事で第二次世界大戦に関する映像を見て、「そうでもないのか」と変化していくわけですが。――まあ、戦時下というのは特殊な状態ではあるので、「どう考えてもマトモじゃない」発想に行き着くものではあります。

ともあれ、「ゲルマン魂」ってドイツ語で何て言うんだろう、たぶんドイツ語にはないんじゃないか、と思っていた私は、数年前、「これか!」という言葉に行き当たりました。

別に、私が「このドイツ語を、日本語で『ゲルマン魂』って言うんだ!」と気づいたわけではありません。あるサッカードイツ代表に関する番組を見ていたら、そこで「ゲルマン魂」という字幕が出てきたのです。

そのドイツ語というのは、
"deutscher Geist"
でした。

今になって初めて、英訳を考えてみました。"German spirit"なので、やっぱり「ゲルマン魂」なのだろうか、と思うのです。でも、私は"deutscher Geist"というドイツ語を見たときに、「ゲルマン魂」という日本語が浮かびません。

ぱっと思いつくのは、「ドイツ的精神」でした。「ゲルマン魂」という、キリスト教伝来以前のような匂いのする表現ではなく、「ドイツ的な合理主義」とか、そういうイメージです。高校の倫理の授業で、真面目にドイツ哲学に関する先生のお話をうかがっていたからでしょうか……。

でも、「ゲルマン魂」という言葉のほうがしっくりくるシチュエーションで、「ドイツ的精神」というのもちょっと違いますよね。

翻訳では、「これが絶対的な正解」というのはありませんが、表現の引き出しを増やさなければ、と思いました。今は、"deutscher Geist"という訳語の候補に、「ゲルマン魂」が挙げられるようになりました。

uriel_archangel at 23:56 | 学び 
Permalink 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「ゲルマン魂」って何だろう
 

October 07, 2010

* 素敵な本屋さん

翻訳の仕事で、久しぶりに、出先での作業がありました。長時間の作業であれば、出先での作業用のノートPCを持って行きます。でも、それほど大掛かりな作業でもないので、小さな独和辞典を持って行こうと思いました。

……が、独和辞典が見当たりません(汗)

というわけで、思い切って新しい辞書を買うことにしました。同じような理由で、6年くらい前に新しい辞書を買ったのですが、行方不明になってしまっています。

そこで、出先での作業に行く前に、職場の近くに新しく開店した本屋さんに行きました(出先には、職場から直行したのです)。この本屋さんになかったら、思い切って遠出して、大きな書店で探そうと思っていました。

この本屋さん、見れば見るほど、素敵な品揃えです。

そんなにお店の面積は広くないのですが、人文科学・社会科学・自然科学の専門書が、あれこれ棚に並んでいます。文庫や新書も、エンタテインメントというより、学術系のものが目立ちます。雑誌やムックも、お店の「こだわり」が感じられるものでした。

いわゆる「実用書」や漫画は、かなり隅っこに小さく追いやられています。なんというか、インテリ向けな本ばかりが目立っています。

仕事の合間とか、この後で用事があるという時間制限がなければ、かなり長居して、あれこれ購入してしまいそうです。ある意味危険地帯ですね。

そして、私が探していた辞書も、無事購入できました。

デイリーコンサイス独和・和独辞典デイリーコンサイス独和・和独辞典
三省堂(2009-04)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


学生時代に、「この辞書はとても便利だから」と人に薦められて購入したところ、本当に使いやすいものでした。独和辞典しかなかったのですが、今は和独もついて、かなり便利になりました。

当時は、大きな辞書では対応していなかった新語もかなり入っていました。歴史や法律などに関する専門的な文章を読む場合は、大きな辞書が必要でしたが、そうでなければ『デイリーコンサイス』で十分でした。

今なら、電子辞書を購入すればいいのだろうと思います。でも、「英語もドイツ語も守備範囲」という身には、ドイツ語対応の電子辞書の英語コンテンツに不満があるのです。かと言って、英語が充実した辞書に追加するドイツ語辞書も今ひとつだし。

――ということで、結局使い慣れた電子辞書を入れたノートPCが一番いいかな、という結論に達しています。あとは、インターネットにつなげられる環境があれば、かなりの内容を検索できますし。

昔は、汎用性があって串刺し検索(複数の辞書の内容を一度に検索)できるということで、EPWING版の辞書を熱心に探していました。今は、そういうのってどうなっているのかな? やっぱり電子辞書がメインなのかな? などと、あれこれ考えるのでした。

uriel_archangel at 22:27 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 素敵な本屋さん
 

November 04, 2008

* ドイツのオンライン書店

以前、一度だけbol.deを利用したことがあります。配送も早いし(UPSだったのです)、送料も妥当だったので、「また使おう」と思っていました。

でも、気づいたらヨーロッパ内にしか配送しなくなっていました。そこで消極的な選択として、ドイツ語の書籍を入手したいときは、Amazon.deを使っています。

品揃えに不満はないのですが、Amazon.comと同様、「商品代金+商品ごとの手数料+送料」というシステムで、買えば買うほど送料がばかにならなくなってしまいます。特にこのところユーロが割高だったので、なおさら手を出しにくいものになっていました。

自慢になりませんが、長らくAmazon.deでは買い物をしていません。

一方、まったく音沙汰のなかったbol.deから、この数ヶ月ほどDMが送られてきています。そこで、ヘルプをじっくり読んでみたところ……
ヨーロッパ+USAが、配送対象になっています。
早くJapanも配送対象に復活させてほしいです。ネックは送料かな?

まあ、ユーロがかなり下がったので、bol.deは無理でも、Amazon.deで何か買おうかな? という気分にはなりますね。

uriel_archangel at 23:16 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ドイツのオンライン書店
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード