バレッタ

September 30, 2015

* 日替わりヘアースタイル

7月に思い切ってAlexanrdre de Parisでバレッタを購入して以来、毎日愛用しています。ゴムで1つにまとめてバレッタで適当に頭に留める「なんちゃってアップ」が、夏はとても過ごしやすかったのです。今も楽なので続けていて、以前も書きましたが「あ〜、いつ美容院に行こうかな」状態になり果てております……。

バレッタでどこにどういうふうに留めるかというのは完全に日替わりなので、毎日見た目がちょっと違います。髪を留める位置だけでなく、髪の状態も日替わりなので、いろいろバリエーションがあるのではないかと思っています。

基本的にドライヤーできちんと乾かさないので、天然パーマがくるくるしています。髪が長いので「ウエーブ」どまりではありますが、この具合が日によって違うのです。結んだ部分全体が同じように「くるりん」となって、なんちゃってアップのときに髪の毛がきれいにまとまっているのですが、ときどき他と違うウエーブが付いている部分があり、頭のてっぺんあたりで「ぴょこん」とハネていることもあります。

ちょっとした「ぴょこん」であれば、頭のてっぺんにかわいい紅葉の葉が付いている感じ、と思い込めなくもありません。

――今日は久々に、「なんちゃってアップ」はせず、バレッタで髪を1つにまとめました。なぜかというと、出がけに慌てて作業した「なんちゃってアップ」が、鏡で確認したらひどいことになっていたからです。

前日にいつもと違うシャンプーを使ったからか髪の毛のまとまりが悪く、なんちゃってアップをすると、髪の毛が噴水みたいに後頭部で「ぼわ〜」となっていたのです。ちょっと「ぴょこん」としたところがある程度なら「紅葉」ですが、全体的に「ぼわ〜」となっていると、「ヤツデ」です(汗)

「これはダメだ」ということで、面白くはないですが無難な髪型に直して出かけました。今まで使っていたバレッタだと「この髪を全部留められるとは思えない……」と思ってしまうのですが、Alexandre de Parisのバレッタは心配ご無用です。

今日は首に近い低い位置で留めたのですが、もっと高い位置でもできるかもしれません。本当は、Alexandre de Parisにはポニーテール用のバレッタがあるのですけれど、いろいろ試してみようと思います。

uriel_archangel at 20:34 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日替わりヘアースタイル
 

August 06, 2015

* Alexandre de Parisのバレッタ その4

5種類購入しましたが、1つは同じデザインの色違いなので、今回で最後の紹介になります。6cmサイズのバレッタです。比較に……と思って、これまで紹介したもの(10cmサイズは除く)と並べてみました。

2015-07-27-06-32-17


ここで、あれっ? と気づいたのです。

2015-07-27-06-32-41


本体のサイズは違いますが、金具のサイズは同じでした。

というわけで、存在感のある8cm幅広サイズも、今回のスリムな6cmサイズも、「髪を留める」という性能に差はありません。そんなわけで、6cmサイズのバレッタも、髪の毛をきっちりまとめてくれました。6cmサイズは現状だと使えないかな、と思っていたのでびっくりです。

どれを使っても性能は変わらないということで、洋服や気分に合わせて選ぶ楽しみが広がりました。またセールの時期になったらいろいろ見てみようかな、と思います。「150ユーロ以上の購入で送料無料」が、期間限定でないといいのですが。

uriel_archangel at 11:59 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Alexandre de Parisのバレッタ その4
 

August 02, 2015

* Alexandre de Parisのバレッタ その3

――というわけで、3種類目です。今度は8cmサイズです。これも、幅の広いものと狭いものと2種類あったのですが、幅の広いもののほうにしてみました。

2015-07-27-06-29-34


最初に使ったもの(6cmサイズ)と比較すると、こんな感じですね。またまたべっ甲風でございます。幅が広いということもあって、8cmサイズは、「ひと回り大きい」ように見えます。

今回も、しっかりと髪を留めてくれました。ただし幅のあるデザインなので、「なんちゃってアップ」にするときに、あまり頭の高い位置で留めると、正面から見えてしまいそうな感じがします。気のせいかもしれませんけれど。

そんなわけで、意識して低い位置に留めるようにしています。そんな状態でも、ボリュームのある髪をきちんと留めてくれます。

どのサイズのバレッタも、今のような使い方(結んだ髪を後頭部にまとめて留める)ではなくても使いどころがあるので、美容院に行ったら行ったで、また楽しく使えそうです。

こういう髪型にしていると、暑いなかでも比較的楽に過ごせていいのですが、どのタイミングで美容院に行こうか考えてしまいます。ここで短くすると、シャンプーのときの扱いは楽なのですが、「首が暑い!」になってしまうので。9月に入って、残暑が厳しくなくなったころ、ですかねえ。

uriel_archangel at 15:10 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Alexandre de Parisのバレッタ その3
 

July 30, 2015

* Alexandre de Parisのバレッタ その2

ということで(?)、今度は10cmのものに挑戦です。10cmは、細いものと太いものと2種類ありました。細いものはきゃしゃそうだったので、太いものを選びました。

2015-07-25-20-52-18


上のべっ甲風のものです。テーブルの色と非常に似ていて、区別がつきにくいですが……。おしゃれな感じがしていいのですが、実は使うのにちょっと苦労しました。

10cmのものは、6cmや8cmのものと比べると、髪を留める金具そのものが細いのです。

2015-07-25-20-52-59


金具の部分を比べてみました。細いものを選ばなかったのには、「金具が細いだろうなあ」という予想があったからなのですが、結局同じ金具ということですね。留める部分の幅が1cmもないので、見えない状態で留めるのは結構大変です(苦笑) 何度も空振りしました……。

そんな状態ですが幅があるので、しっかり髪をまとめてくれます。留められれば後は問題なし、です。実は5つ購入したうちの1つは、これと同じサイズの黒です。色以外の使い心地は同じなので、ブログに書くのは割愛します。

uriel_archangel at 11:54 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Alexandre de Parisのバレッタ その2
 

July 28, 2015

* Alexandre de Parisのバレッタ その1

ということでタイトルのとおりなのですが、今回購入したのはバレッタです。5個で150ユーロ超えなのですから、きっちり働いてもらわなければなりません。

最初に使用したのはこちらです。

2015-07-25-08-46-36


派手ではないですがかわいくて、写真を見て「おおー!」と思いました。シーズンものだったのでセールになっていました。シンプルなものばかりを買う予定でしたが、予定変更です。

現在の私の髪型は、後ろの下のほうでゴムで1つに束ねて、それを頭の上にもっていってバレッタで留める、という「アップのつもり」です。私はとびきり髪の量が多くて太いというわけではないのですが(でも少なくも細くもない)、天然パーマでウェーブがかかっているので、ボリュームがあります。

なので、きゃしゃなバレッタ(または安物のバレッタ)では金具が壊れてしまいそうで、「ちゃんとしたのが欲しい!」と思ったのが、今回のお買い物チャレンジのきっかけでもあります。

使ってみてどうだったかというと、しっかり髪を留めてくれました。後ろなので自分では確認できませんが、「さりげなくおしゃれ」している感じで満足度も高いです。

確かこれは、8cmというサイズ表示だったかな……(今、オンラインショップを調べたところ、どうも売り切れたようで見つかりませんでした)。ちなみに、バレッタには6cm・8cm・10cm・QUEUE DE CHEVALと表示されています。cmは本体サイズのようです。
【追記】よくよく調べたら、これは6cmでした。

QUEUE DE CHEVALは、オンライン翻訳で調べたところ「ポニーテール」でした。写真を見比べると、他のものに比べるとカーブが大きくついているので、たくさんの髪をまとめられる、ということでしょう。

こんな調子で、使ったバレッタを順次紹介していきます。

uriel_archangel at 11:59 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Alexandre de Parisのバレッタ その1
 

July 26, 2015

* Alexandre de Parisを本家オンラインショップで買う

素敵なバレッタを探していたら、いっそのこと「Alexandre de Parisがいいなあ」という結論に達しました。楽天で探してみましたが、欲しい品物が確実にあるわけでもないので、「いっそのこと本家から買っちゃいましょう」ということになりました。8月4日までセール中です。リンクはフランス語ですが、英語サイトでおおまかなところはカバーできます。製品の詳細などはフランス語のみですが……。

実は上のほうに、「150ユーロ以上のお買い上げで送料無料」とあったので、「フランス国内か、せいぜいEU域内だけでの話でしょ」と思っていたのですが、気になるものをポンポン放り込んで調べてみたら、日本への発送も送料無料でした(嬉)

しかも調べてみると、150ユーロ以下だと、送料で40ユーロくらい追加されてしまうのです。これなら頑張って150ユーロに持って行ったほうがいいわ、ということで、力いっぱい購入しました。と言っても、検索すると出てくるような華やかなバレッタではなく、普段使いのベーシックなものばかりです。

150ユーロ以上なら送料無料だ〜、と張り切って気になるものをカートに放り込んでいたら、今度は「こんなに買うか、私……」という金額になったので、ギリギリ150ユーロを超えるところで収めました。お会計はクレジットカードを使いました。

発送はLa Posteとのことなので、郵便ですね。お買い上げの後に来るメールで、「このリンク先から追跡できます」とあるので、追跡していた結果がこちらです。

BlogPaint


フランス語ばっかりですよ〜。うっすら分かるような感じもしますが、細かいところは分かりません。でも大丈夫です。右のほうにいくつか国旗が並んでいるので、そこでイギリス国旗をクリックすると、英語表示になります。追跡用のコードを入力すると、英語で配達状況が分かります。

BlogPaint


英語も分からないという人は、ブラウザの翻訳機能を使って下さい……。

で、ご覧いただければお分かりのとおり、最初は不在時の配達で、手元に届くまでにもう少し日数がかかりました。購入してから1週間強で届きました。すっごい偏見のカタマリですが、あのフランスでこんなに迅速に手続きが進むんだ、という思いがします。

ここできちんと書いておきますと、きっちり関税と消費税が課税されました。関税手数料200円、関税600円、消費税1000円の、トータル1800円です。配達に来た人に支払っておしまい、です。

以前Land's Endを購入したときは、配送専門の会社が関税までカバーしていましたが(Land's Endへの支払いに既に関税が含まれていました)、今回はそこまでではないようです。でも、きちんとInvoiceも入っていて税関で手続きができたので、楽でした。返品となると、ややこしいかもしれません。

どんなのかな〜、と、箱を開けてびっくりです。

2015-07-24-19-55-36


うわー、1つ1つ箱に入っているんだ! バレッタがプチプチにくるんであるのを想像していたので、ちょっとびっくりしました。でもお値段を考えたら、箱に入っていてもおかしくありませんね。

2015-07-24-19-56-15


この箱、自分のアクセサリーを入れるのに使えそうな素敵な箱です。どんなバレッタかは、ちびちびご紹介します(ケチ)。

uriel_archangel at 11:51 | お買い物 | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Alexandre de Parisを本家オンラインショップで買う
 

July 19, 2015

* 思い出付きのバレッタ

先日、「昔お気に入りだったバレッタと同じようなテイストのものはないかな」と思い、あれこれ検索してみました。楽天では見つかりませんでした。

image


どういうテイストかというと、こういう感じのものです。出したまましばらくほったらかしていたからホコリをかぶっていたので(汗)、洗って乾かしました。デザインは好きなのですが、今のバレッタの使い方には向いていないかな、という感じです。

最近は髪が伸びてきて、美容院に行きたいなあと思っても行けていません。そこで暑さ対策で、久しぶりに、後ろで結んだのを無理やり頭のてっぺんでバレッタでおさえて、なんちゃってアップにしています。これは金具部分がきゃしゃなので、そういう使い方は(壊れそうで)できない感じです。

実はこれ、ドイツに短期留学をしたときに、帰国間際に「記念に!」と購入したものです(私の記憶が間違っていなければ)。看板にはBijouxと書いてあって、宝石店というほど高級ではないのですが、おしゃれなアクセサリーを売っているお店でした。

確か、それまでに何度かのぞいていて、気になっていたから、最後に「ええい!」と買ったのではないか、と。当時は円高だったので学生でもホイホイと購入できたのですが、今考えると4000円くらいの感覚でとらえたほうがいい金額だったのではないかと思います。ちなみにユーロではなくドイツマルクですよ。永遠の17歳なんですけどね。

そんなわけで、「なければないでもいいや」という気分で、こういう感じのものを、気長に探していこうと思います。

uriel_archangel at 18:00 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 思い出付きのバレッタ
 

July 14, 2015

* 新しいバレッタが買いたいな〜

学生時代からバレッタを愛用しています。ゴムで留めるのですが、その上からバレッタをつけるのが好きです。学生時代は、クッキーに樹脂を浸透させたようなものとか、いろいろ面白いデザインのものを使っていました。

当時に比べると、最近はショップであまりバレッタを見かけません。あまり流行らないのかな? 大きめのサイズのものを使っているのですが、見かけるのは小ぶりなものが多いです。あと、大きいサイズだと、パーティー用かな? というような華やかなものが多く、雑な服装で過ごすことが多い私には合わない、という感じなのです。

そうこうしているうちに、長年使ってきたバレッタが、金具の部分がかなり古くなってきました。「さすがに買い替えるか……」という気分になっています。そんなわけでネットで調べてみました。うれしいことに、結構種類がありますね。

エレガントなシンプルバレッタ/ヘアアクセサリー H-604
エレガントなシンプルバレッタ/ヘアアクセサリー H-604

普段使うのは、こんな感じでいいかも。

べっ甲風スクエアバレッタ/シンプル/マーブル/ヘアアクセサリー H-683
べっ甲風スクエアバレッタ/シンプル/マーブル/ヘアアクセサリー H-683

これとか。

そして、あれこれ見ているうちに、「昔お気に入りだったバレッタと同じようなテイストのものが欲しいな」という気持ちになりました。この年齢になると、あまり「かわいい」を前面に出したものを使おうという気にはならないのですが、時間をかけて「これが使いたい!」と思えるものを探そうと思います。

uriel_archangel at 11:51 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 新しいバレッタが買いたいな〜
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード