ファンタジー

February 28, 2017

* トークイベント「英国ファンタジーの魅力を巡る旅」

偶然Facebookで見かけ、興味を引く内容だったので参加しました。行ってみて、「ああ、私はファンタジーにも児童文学にも詳しくない……」と思いましたが、それでも楽しめるお話でした。

奥田実紀さんは、「赤毛のアン」の世界にあこがれ、ワーキングホリデーでカナダのプリンスエドワード島に行き、そこから彼らのルーツである英国に興味を持ったそうです。

最初に書いたとおり、今回紹介された作家の作品をあまり読んでいないのですが、それでも「なるほどー」と思うことが多かったです。

児童文学というのは、ペローやグリムの童話から始まり(これらは童話というより民話の採録ですよね)、イギリスに入って子供向けの文学として花開きました。イギリスにはケルトの伝統があり、ファンタジー文学隆盛の素地があったそうです。確かに、妖精や魔法使いが出てくるお話が身近にあれば、そういう物語を自然に作りますよね。

そして、作家が暮らした環境が、そのまま物語の舞台になっていることも多いそうです。ビアトリクス・ポターは好例ですが、物語で庭のトピアリーが出てくる作家は、自宅の庭もトピアリーが素晴らしいそうです。

日本とは自然条件や建物の作りが違うので仕方ないのですが、イギリスは18世紀・19世紀の作家が見た・過ごしたであろう建物や光景が、変わらぬまま現代も見られるというのは素晴らしいですね。

3月10日に、同じ内容の講座が池袋コミュニティカレッジでも開催されるそうです(平日午後ですが)。
せっかくなので、書籍を購入してサインもいただきました。




「赤毛のアン」が好きなので、こちらも一緒に購入しました。




あと、このときお話を聞いて「読んでみよう」と思った本がこちらです。

時の旅人 (岩波少年文庫)
アリソン アトリー
岩波書店
2000-11-17



洋書のKindle版もあったのですが、うまくブログでのリンクが作成できませんでした(Amazonへのリンクはこちら)。

「旅の本屋のまど」は旅にまつわるさまざまな本(新刊・古書とも)がそろっています。ガイドブックだけでなく、その地域が詳しく分かる本がある、という感じです。自分の家の近くにあったら行くだろうなあ、という本屋さんでした。

実は西荻窪に初めて行ったのですが、商店街がいい感じで、「家に帰る前に立ち寄りたくなる店」が多いなあ、と思いました。

uriel_archangel at 11:58 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - トークイベント「英国ファンタジーの魅力を巡る旅」
 

August 24, 2013

* 日本では昔からファンタジーが人気!

この前に放送されている「吉田類の酒場放浪記」からの流れで見ています。歴史だけでなく、江戸時代の人々の暮らしが分かり、とても興味深い番組です。今ではこちらは録画して、見逃さないようにチェックしています。

民放のBSは、他にも興味深い内容の番組が多いですね。地上波でこの時間に放送するかというと、視聴率などを考えると難しいのかな、とは思います。もったいないですけれど。

ともあれ、先日のテーマは「江戸の戯作者」でした。山東京伝や為永春水が取り上げられていました。

これを見て思ったのは、「日本人は昔からファンタジーが好きなんだなあ」ということです。「南総里見八犬伝」などもそうですが、非現実的な設定や物語を、人々はすんなり受け入れるのだなあ……と。江戸以前の御伽草子も、まさに「おとぎ話」というところがありますね。

ヨーロッパでも、そういう非現実的な物語というのはあったと思います。日本のようにそういう本が爆発的に流行した、という話を聞いていないので、知らないだけなのかもしれません。民話は口伝なので、書物という形で残っていないのかなあ、と考えています。

そういうふうに考えていくと、江戸時代の庶民の識字率の高さが、こういう戯作本の流行を生んだのでしょう。お店の景品として作った本もあったそうです。これが成立すること自体が、識字率の高さを示しているなあ、と思いました。

そんななかで初めて知ったのが、善玉悪玉の話です。今回の放送のダイジェストでも紹介されていますが、もとは山東京伝の本に出ていたキャラクターだそうです。小さな善玉悪玉たちの動きがユーモラスで(これは番組でのCGによるものですが)、とても面白いですよ。特に悪玉たちの踊りは人気だったそうです。CGはダイジェスト動画でも見られます。

悪玉の踊りがどれだけ人気だったかというと、歌舞伎に取り入れられたくらいです。「弥生の花浅草祭」(通称は『三社祭』だそうです)という演目です。検索してみたところ、ごく一部だけ映像が見られるサイトがありました。こちらです。番組でも、これが使われていたかなあ……。ダイナミックでコミカルで、この短い映像でもひきつけられますね。上演される機会があったら見てみたいなあ、と思います。

そして、さらに検索したところ、歌舞伎に関する情報のサイトでも解説がありました。私のファンタジー好きは、日本に住んでいたら当たり前の感性なのだなあ、と、安心しました。「小説を頑張って書こう!」と思います。

uriel_archangel at 15:36 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本では昔からファンタジーが人気!
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード