フェルメール

November 22, 2018

* フェルメール展

フェルメールの作品が、1つの展覧会でこれだけ見られることはなかなかない! ということで、行ってきました。

この展覧会は、日付と時間帯を指定したチケットで入場するシステムなのですが、入場が可能になる時間の直後は、なかなかの行列になりました(15〜20分くらい待ちました)。並んでいる間に学生の身分証明書を確認するし、入場は(おそらく)バーコードのチケットがないのでそれなりに早いし、流れ作業で音声ガイドももらえます(音声ガイドはチケットに含まれています)。外で待つ時間は発生しましたが、入ってしまえばスムーズでした。

――が! 広い会場ではないので、とにかくあちこちで混雑が発生してしまいます。フェルメールの絵画だけでなく、当時のオランダ絵画も展示しているのですが、そういうどうってことのないはずの絵(来館者が目当てにしているような絵ではないもの)でも、ぎゅうぎゅうの混雑になってしまっていました。ただ単に、狭いところが展示場所になっていて、来館者が歩くスペースが足りないから、なのです。

フェルメールの作品はさすがにそういう場所ではなく、広いスペースに全作品が展示されていました。そんなにひどい混雑ではないのですが、絵のすぐ前に立って見ようとしたら大変です。絵から1.5〜2mは離れたところから鑑賞する感じです。そんなわけで、持っていった単眼鏡が大活躍しました。

離れた場所からでも、細かい部分の描写が見られます。テーブルにかけられた布の模様(刺繍?)や、台に置かれたパンのパサパサした感じなど、しっかり確認できました。かなりの人出なので、単眼鏡や双眼鏡など、離れた場所からでも鑑賞できるよう準備をしておいたほうがいいです。

たとえば、ルーベンスの作品は、そこまで細かくチェックしなくても楽しめますが(チェックしても楽しめるとは思います)、フェルメールの作品は、そういう細かいところをじっくり見るのが興味深いのです。

グッズ売り場では、コラボのミッフィーは売り切れていて現時点では注文もできない状態なので、展示されていた中で一番好きな作品のマグネットを買いました(あれこれ貼っているので、実家の冷蔵庫がプチ展覧会会場になってきています)。

IMG_1813

この絵を所有するアムステルダムの国立美術館、また行きたいな〜。ハーグのマウリッツハイスもいいのですけれど。

uriel_archangel at 11:53 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フェルメール展
 

August 26, 2012

* ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年


息子が一番行きたがっている「元素のふしぎ」展よりも会期終了が近いので、今日はこちらに行きました。

朝9時すぎに到着したところ、行列ができていました。マウリッツハイス美術館展ほどではありませんが……。こちらは時間通りの開場です。運よく木陰にいられましたが、こういうときは並んで待つことも考えて、紫外線対策というか、暑さ対策も必要ですね。

展覧会ですが、「これは有名!」という作品がどどーんとあって、というわけではありません。フェルメールの作品も、フェルメールらしさは感じさせましたが、超メジャー、というものではありません。

ですが、興味深い内容でした。彫刻やゴブラン織りのタペストリーなど、日本に来ることが少ないものが多くありました。ティルマン・リーメンシュナイダーの彫刻は、むかーしむかし、ドイツのロマンチック街道で見て以来です(今回の出展作品とは別の、教会の祭壇です)。

レンブラントやルーベンス、ヴァン・ダイク、ボッティチェリ、ミケランジェロ、フィリッポ・リッピなど、各国の著名な画家の作品(素描もありますが)があり、確かに「学べる」という感じのラインナップです。

マウリッツハイス展を見た直後だと、「ああ、こういう夫婦で一対になる肖像画、この前も見たなあ」などと、理解も深まります。今回は静物画は多くありませんでしたが、息子は「ヴァニタス」という言葉をしっかり覚えました。

結局「これ!」というお気に入り作品があったわけではないので、図録やポストカードなどは買わずに特別展は終了。そして、常設展内の展覧会に行きました。


手のひらより小さいサイズの木版画やエングレーヴィングでした。緻密な描写が楽しめるように、拡大鏡を持って、見て歩くことができました。

木版画でこんなに細かく描写できるなんてすごいなあ、などと感心しながらの鑑賞でした。しかも、木版は金属板を使用するエングレーヴィングよりも耐久性が低いはずだから、そんなに何枚も作れないのでは? と思います。

キリストの生涯を描いた作品もあり、教会の絵やステンドグラスを見学している気分でした。そういう宗教的な題材もありますが、女性の裸体を描きたいがためのルクレツィアを主題とした作品もあり(制作者の意向か依頼主の意向かは分かりませんが……)、興味深いものでした。

こうやって常設展をぐるりと見て回ると、中世から近現代にいたるまで、まんべんなく収集されているなあ、と思いました。

ところで、ミュージアムショップで、気になる本を見つけました。

ペンブックス15 キリスト教とは何か。機\祥糧術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)ペンブックス15 キリスト教とは何か。機\祥糧術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)
販売元:阪急コミュニケーションズ
(2011-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ペンブックス16 キリスト教とは何か。供,發辰斑里蠅燭ぁ文化と歴史 (Pen BOOKS)ペンブックス16 キリスト教とは何か。供,發辰斑里蠅燭ぁ文化と歴史 (Pen BOOKS)
販売元:阪急コミュニケーションズ
(2011-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


信仰や教義についてだけでなく、美術や建築の説明もあるので、近日中に購入しようと思います。

息子の夏休みの宿題が順調に終われば、来週は「元素のふしぎ」です。

uriel_archangel at 21:36 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年
 

August 23, 2012

* マウリッツハイス美術館展


部活動で忙しい息子を私が連れ出せる機会が少ないので、今日がチャンス! と行きました。

9時30分開場とのことで、9時すぎ現地到着を目標にしていました。やっぱり人気の展覧会なので、何人もの人が会場に吸い込まれていきます……って、もう入場できるの? ということで、予想以上に早く会場に入れました。

息子は中学生なので無料、私は前売券(『ミッフィーとフェルメールさん』付き!)を持っていたので待たずに入場できます。会場内は既にそれなりの人出になっていました。でも、「絵が見られませーん」という状態ではありません。

そんなわけで、いろいろなジャンル・画家の作品を楽しみました。実は以前にハーグのマウリッツハイス美術館に行ったことがあるので(『これ見たことある!』と覚えている絵は少ないですが)、「そういえば、こんな感じの絵があったなあ」と思い出しながらの見学でした。

フェルメール、ルーベンス、レンブラント、ヴァン・ダイクなど、オランダやフランドルの有名な画家たちの作品が一堂に会しています。

ルーベンスは、『フランダースの犬』やレンブラントの生涯を見た後だと、「画家としても外交官としても活躍して名声を博したリア充だよなあ」という視点で見てしまうのですが(何か違う……)、やはり人気になるだけのことがある素晴らしい絵を描きますね。

レンブラントの作品は、晩年の新たな表現方法にチャレンジしている作品も好きですが(今回は最晩年の肖像画があります)、『シメオンの賛歌』も素晴らしかったです。光と影の対比が見事で、まるで舞台の上のようです。まさにバロックですね。

さらに嬉しいことに、フランス・ハルスの作品もありました。大学の美術史の授業で初めて知った画家ですが、ささっと描いたような筆づかいで服装(ひだやレースなど)や髪を生き生きと表現していて、やはり好きな画家の1人です。

『真珠の耳飾りの少女』は、「近くで見たい人の列(前にいられる時間は短いです)」と、「少し離れたところから時間制限がなく見たい人の場所」があり、私たちは後者を選びました。人の頭越しではありますが、「まったく見えません」という状態ではなかったです。

何しろ見るのは2度目なので、心に余裕があります。マウリッツハイス美術館では、意外と人が多くなく、近くの椅子に座ってしばらく眺めていました。

そして、楽しみだったのはカレル・ファブリティウスの『ごしきひわ』です。(画像はWikipediaから)

カレル・ファブリティウス『ごしきひわ』

マウリッツハイス美術館で見たとき、写実的でかわいらしい鳥の感じがいいな、と思いました。とても気に入ったので、(しまいこんでいるのですが)絵葉書も購入しています。

このときはよく知らなかったのですが、若くして不慮の事故で(市内の弾薬庫の火薬が爆発したそうです……)命を落とし、作品の大部分も失われてしまったそうです。この事故がなければどれだけ彼が素晴らしい作品を作り続け、それが現在も残っていたことでしょう。

自分も書きたいものは書かなければ、と思いました(って、そういう話じゃない?)。

静物画もいいのですが、風俗画も面白いです。教訓というか皮肉みたいな感じで。マウリッツハイス美術館では、そういうのも面白くて、熱心に見入っていました。

そういう状態なので、最後のショップでは絵葉書類は購入せず、「公式ガイドブック」を購入しました。図録は大きすぎるので……

マウリッツハイス美術館展: 公式ガイドブック (AERAムック)マウリッツハイス美術館展: 公式ガイドブック (AERAムック)
販売元:朝日新聞出版
(2012-06-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これでも十分楽しめました。

以前から何度も書いているのですが、そろそろ図録はCDやDVDといった形式のものにしたほうがいいのではないか、と思います。アプリみたいなものでもいいのですが。何しろ場所を取るので、収納場所に限界がある身には、「買う!」とは決めがたいのです。

私が最後にこういう図録を買ったのはブリューゲルの展覧会で、3〜4年前のことです。しかも、作品の図版よりも、ブリューゲルの作品に関する論文というか説明が目当てでした(論文集を買う感覚で購入しました)。

こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさんこどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん
販売元:美術出版社
(2012-06-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

前売券と一緒に購入したこちらは、ミッフィーの本というより美術の本でした。

会場から出てみると、大行列で入場制限もありました。サイトの混雑情報によると、やはり、朝イチで行くか、閉館間際に行くか、みたいですね。

展覧会以外の話は、別の日に書きます。



【追記】 ぶらぶら美術・博物館でも取り上げていました。概要はこちらです。

uriel_archangel at 23:49 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - マウリッツハイス美術館展
 

May 19, 2011

* フェルメール《地理学者》とオランダフランドル絵画展


会期最終週になって、ようやくBunkamura ザ・ミュージアムに行きました。平日の午前中ではありましたが、結構な人出です。展示されている作品を見たい角度から自由に見る、ということはできません。

最近は、こういう展示会で音声ガイドがあるのが一般的になりました。ベルギーやオランダの美術館では、音声ガイドのおかげで作品鑑賞の理解が深まりました。さすがにオランダ語やフランス語だけの展示では、何が何やら、ですから。ともあれ、それ以来、積極的に音声ガイドを使うようにしています。今回も音声ガイドのお世話になりました。

すべての作品に解説があるわけではありませんが、とても参考になりました。

確かにメインはフェルメールの《地理学者》です。ではそのほかの作品はおまけかというと、そんなことはありません。肖像画・風景画・静物画・風俗画など、当時のオランダやフランドルでよく描かれたジャンルの絵が、解説とともにまんべんなく見られます。

確かに大作ではないのですが、有名な画家の作品も見られます。
ルーベンス、レンブラント、フランス・ハルス、ヤン・ブリューゲル、ロイスダール……
17世紀オランダ・フランドルの絵画がこれだけまとまって見られるというのは、日本ではなかなかチャンスがあることではありません。

逆を言うと、フェルメールだけを目当てに行って後は適当に見る、というのでは、とてももったいない内容です。ぜひ、(できれば音声ガイドも使って)展示されている全作品をじっくり味わってください。東京はもう終わってしまいますが、この後豊田市美術館で開催されます。

肖像画では、フランス・ハルスの筆づかいと、生き生きとした表情が好きです。今回展示されている作品は、有名なものではありません。でも、彼の作品の特徴がよく表れていると思いました。ルーベンスもレンブラントも、「さすが」な作品です。

静物画では、実は果物の透明感にうっとり……。いくら写真が実物を忠実にうつしても、被写体が常に理想的な美しさやあり方を示しているわけではないでしょう。なので、絵画には絵画にしかできない表現や、価値があると思います。実は、描かれた果物が気に入りすぎて、最後のショップで、静物画の絵葉書をあれこれを購入してしまいました(笑)

現代の(専門知識のない)私たちには、静物画や寓意図の意味するところが、すぐにはピンときません。専門書を読んでもすぐには分からないかもしれませんが、もうちょっと踏み込んで理解できるようになりたいなあ、と思いました。

風俗画というか、当時の人々を描いた作品も興味深いです。絵を発注するのはお金持ちの市民なので、農民は嘲笑の対象になっています。ブリューゲルのように個性のある存在としては描いておらず、ステレオタイプ的でした。でも、(無教養な)市民自身も嘲笑の対象になっているのは、オランダ的なユーモアかなあ、と思います。

今回は、図録は大きい&重たいので、購入はやめました。「この時代のものなら、この展覧会の図録でなくても、解説する本はたくさんあるかな」と考えたのが理由です。気に入った絵の絵葉書を購入しました。あと、カプセルトイでマグネットにチャレンジしたら、『手紙を読む女』でした。

会場を出たときはもうお昼でした。ドゥ・マゴ・パリのテラスは明るくて雰囲気がよく、ランチをいただいたらとても気分がよさそうでした。が、予算と時間の関係で断念しました(汗) ナディッフ モダンも、眺めているだけで楽しめました。

実は視聴しそびれてしまったのですが、BS日テレの『ぶらぶら美術・博物館』で、この展覧会が紹介されていました。番組の内容紹介はこちらです。それなりに知識はあるので楽しめますが、山田五郎さんの解説を見てから行きたかったです……。

実は、静物画にオウム貝などの南洋の貝らしきものが描かれていて、「ああ、これは『ぶらぶら美術・博物館』で、レンブラントのときに山田五郎さんが言っていた貝(大航海時代に東南アジアからもたらされたもの)だなあ」と思いながら眺めていました(笑)

こうやって、点でしかなかった知識がつながって線を作るのが、あちこちから知識を仕入れたときに面白いところです。

uriel_archangel at 16:27 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フェルメール《地理学者》とオランダフランドル絵画展
 

November 19, 2008

* フェルメール展 〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜

秋深し
TBSの公式サイトはこちら。そして、東京都美術館のサイトはこちらです。

『牛乳を注ぐ女』はきっちり見逃した私。でも、今回は会場が家から近いこともあり、思い切って行ってきました。

――が、今日は行くべき日ではなかったようです。毎月第三水曜日は「シルバーデー」で、65歳以上は入場無料だったのです……。当然、かなりの混雑でした。でも、行ける日が限られていて、今日を逃すと次は会期終了直前になってしまうのです。

そんなわけで、開館15分前から並んで待っていました。列はどんどんと長くなります。でも、そうやって並んでいた甲斐あって、当日券は購入しましたが、混雑がひどくなる前に入ることができました。入場制限、というと大げさな表現ですが、数十人ずつ入場していきました。

詳しい解説が好きなので、音声ガイドを手に会場を回ります。内容は詳しくてよかったのですが、芸大の学生(かな?)の音楽は別に要らなかったかも。――と書くと誤解されそうなので補足すると、私は古楽が好きなので、古楽で十分じゃない、と思うのです。

フェルメール以外の絵も、見ていて興味深かったです。やはり私は、この時代が好きなんだなあ……と思いました。一番注目したのは、カレル・ファブリティウスです(Wikipediaの解説はこちら)。

彼の若くしての不慮の死を残念に思いつつこの文章を書いているのですが、Wikipediaのページを見て驚きました。2005年にデン・ハーグに行ったとき、マウリッツハイス美術館で見て印象に残っていた『ゴシキヒワ』の作者だと分かったからです(上記のWikipediaへのリンクで、絵が見られます)。

私自身も、マウリッツハイスで『ゴシキヒワ』の絵葉書を買った覚えがあるのですが、どこにしまいこんだやら……。
普段からこういう状況なので、絵葉書などは一切買わずに出ました。

「華やか」「派手」というものはないのですが、現実に根ざしつつ画家の表現への様々な技法が見られて、興味深い内容でした。

ただ、解説の日本語が気になりました。オリジナルが英語で、それを訳したもののようなのですが、「私に訳させろ!」と言いたくなるようなものが……。

日本語が引っかからないものと引っかかるものがあったので、最低でも2人が手がけたようです。引っかかるものは、実に「直訳」で、表現にセンスがなかったです。オリジナルが英語であることに途中まで気づかなかった私も私ですが、後半は英語の解説も読むことにしました。

それはともかく、私が会場を出るころには、入口付近で入場者を整理する人が、「走らないでお進みください」と声をかけていました……。当然、入場者は長蛇の列になっていました。

帰りがけに、上野公園で「雲ひとつない、きれいな空だなあ」と見上げたところ、下弦の月(かな?)が見えました。携帯のカメラで写るかな? と思いつつ、撮影しました。

uriel_archangel at 22:44 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フェルメール展 〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード