ルネサンス

June 15, 2015

* ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美

またまた、ボヤボヤしていると会期が終わっちゃう! ということで行きました。開館の7〜8分前に到着したところ、少々行列ができていました。まあ、『鳥獣戯画展』に比べれば全然、ですし、『ルーヴル美術館展』に比べてもスケールが小さいです。会場も、ひどい混雑ということはなく、作品鑑賞を楽しめました(ゆったり加減は、グエルチーノ展には負けます)。

今回、興味深かったのは、「フィレンツェで花開いたルネサンス芸術を支えた商業」という観点からの展示があったことです。フィレンツェで鋳造したフィオリーナ金貨や銀貨は質が良かったことから評価が高く(フロリンという表記もあります)、フィレンツェの商業の発展に貢献したそうです。デザイン面もこだわって作られたとか。

当然ニセモノも多く作られ、これまた展示されていました。アヴィニョンの教皇庁とかアラゴン王国とか、そういうところが作っちゃうのね、というのも興味深かったです。

第二次世界大戦中にドイツも日本も偽札を作っていたというし、ゴート札の例もあるし(?)、現代でも某国が偽札を作っているとかいないとかいう話もあるので、まあ、情報戦とかそういう感じなんだろうな、と思いました。

商人たちが使っていた(富の象徴でもあった)鍵や貴重品入れなどの工芸品も、「こういう観点だからこそ選ばれたのだろうなあ」というもので、当時の人々の生活を考える(妄想する)きっかけになったりして興味深いものでした。

阿部謹也氏の著作でもよく出てきた「奢侈禁止令」はやはりあって、華美な衣装を禁じられていたのですが、それを守って質素な衣装で描かれた作品もあればそうではない作品もありました。「まあ実際は、見えないところで派手にしていたんだろうなあ」などと思ったり。これも、そういう観点の解説というのはあまり見たことがないので、面白かったです。

両替商の夫婦の絵があり、息子と「こういう絵、ルーヴル美術館展でも見たねえ」と、せっかくなのでこれまでの知識がつながるかな? という話をしました。

ボッティチェリの名前が展覧会に登場し、確かに彼の作品も多かったのですが、メインは「フィレンツェの隆盛と没落」という印象です。サヴォナローラの影響を受けたボッティチェリの画風の変化がいつも気になっているので、晩年の作品を見ると「黄昏、という感じだなあ」と思います。

「有名な作家の有名な作品が見たい!」という方には向きませんが(そういう人はこんな辺境のブログを見に来ることもないでしょうけれど)、「ボッティチェリが活躍した当時のフィレンツェについて知りたい」という方には、学ぶところのある展覧会だと思います。

uriel_archangel at 12:18 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美
 

November 18, 2014

* ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで

なんだかんだで時間がない! ということになり、週末に展覧会のはしごをすることになりました。ボッティチェリの作品が複数ありましたが、やはり「ものすごーく有名な作品」というわけではないので、思ったほどの混雑ではありませんでした。

とは言っても、好きな場所から好きなだけ作品が鑑賞できるというわけではありません。でも、後ろで右に左に頭を動かして、人の頭をよけつつ鑑賞する、というほどではありませんでした。

「ウフィツィ美術館展」とは銘打っていますが、アカデミア美術館やパラティーナ美術館などの収蔵作品もあります。これは決して「虎の威を借る狐」ではありません。アカデミア美術館やパラティーナ美術館にも、素晴らしい作品がたくさんあります。

何度もウフィツィやルーブルに行っている母は、「わざわざこんなマイナーな作品ばかりの展覧会に行く必要はない」というスタンスです。身も蓋もないというか、分かりやすい評価基準ではあります。でも、私は「どうせパッとしない作品ばかり」とは思いません。

確かに、ウフィツィやルーブルに行けば、常設展示で門外不出の名作が山のようにあります。一方で、日本で行われる展覧会に、有名な画家の代表作が来るというのは、そうそうあることではありません。

でも、このような展覧会は、きちんとしたテーマに沿って作品が選ばれ、展示されています。「有名な作品を見た!」という満足感はありませんが、体系的に学べるという利点があります。

先ほども書いたとおり、フィレンツェの複数の美術館にある作品を展示した「ウフィツィ美術館展」は、ウフィツィ美術館が所有する作品の展示にとどまらず、栄華を極めたルネサンス時代から、バロックの光と影の表現につながるマニエラ・モデルナにいたるまでの、フィレンツェの美術史を概観できる内容でした。(一文が長い……)

中世の雰囲気がまだ残るルネサンス初期から、マニエラ・モデルナの時代まで、一貫してフィレンツェに焦点を当てています。芸術家にフォーカスすると、どうしてもフィレンツェを離れてしまいますからね。

これまであまり注目していなかったけれど「いい感じの絵だなあ」と思ったのは、アンドレア・デル・サルトの自画像です。Wikipediaでも見られますよ(このページにあります)。絵はがきがあれば購入したかったのですが、マイナーすぎるのかありませんでした。残念。

いつの日かフィレンツェに行って、彼の作品をあれこれ見てみたいと思いました。

ウフィツィ美術館展のあとは、上野駅のアトレにあるつばめグリルでハンブルグステーキを楽しみました。そして、次の展覧会に向かいます。

uriel_archangel at 11:32 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで
 

June 16, 2013

* ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵「レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像」

正式な名前は“ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵「レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像」”になるのでしょうか。

そして、またやってしまいました……。
※毎月第3土・翌日曜日は家族ふれあいの日により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額
【特別展】ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵 レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像 | 東京都美術館
半額で入場できる日に、事前に買った当日券を持って行きましたとも。でも、行列に並ぶのは免れました。そして、他の美術館ではあまりしっかりとしたチェックはないのですが、中学生(入場料無料)は学生証の確認が求められるので、忘れずに携帯しましょう。

毎回恒例の音声ガイド、最初は息子が「要らない」というので最初は使っていませんでした。でも今回、東京都美術館 × 東京藝術大学  「とびらプロジェクト」というのがあり、息子はおえかきボードを持って進むことに。気に入った絵を模写してまわったのですが、最初にあった「岩窟の聖母」で、なにやら熱心に描いています。模写なのですけれど……。

というのはともかく、ボケーッと立って待っているだけというのも辛いので、私一人で音声ガイドの貸し出しに引き返し、借りてきました。時間稼ぎになるのはいいのですが、息子がさっさと進みたいところで私がガイドを聞いていて進めない……ということも、何度かありました。

息子はあちこちで絵を描いていたので、展示を見て回るのに、予想外に時間がかかりました。絵ならともかく、手稿まで熱心に描いていました。でも、こういう体験は、とてもいいと思います。フランスやイタリアの美術館にクロッキー帳と鉛筆を持って行って、気になる絵を気ままにメモというか描いていくというのも、面白そうですよね。

いちおう「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」と銘打ってはいますが、「ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵作品展」というのが本来の姿かなあ、と思います。ボッロメオ枢機卿のコレクションも興味深いですが、「レスタ冊帖」、または「携帯型美術館」と呼ばれる素描帖は、書き込みの意味は分かりませんが、絵画の技術に関する記述であろうなどと想像すると、関わってきた人々の傾けた情熱に思いが至ります。想像というより妄想かもしれませんが。

レオナルド以前、以後(にレオナルドの影響を受けた人々)の素描や絵画も紹介され、彼が与えた影響の大きさをうかがうことができますが、一番興味深いのは「アトランティコ手稿」でした。私は個人的に、この展示が展覧会の白眉と考えています。

彼が様々な分野で才能を発揮していたことが、手稿から分かります。息子は、まさか音楽まで手掛けていたということは知らなかったらしく、驚いていました。でも、つねづね「音楽と数学は関係があるんだよ」という、実は古代からの常識を主張していたので、違和感はなかったようです。おえかきボードには、熱心に手稿に描かれた設計図を書き写していたくらいです。

手稿を見られただけでも、この展覧会に来た甲斐があったと思います。

結局おえかきボードに残った絵は、洗礼者ヨハネの肖像です。これは模写というより、レオナルドの作品に影響を受けた作品でした。

原画と言えば原画

アルカイックスマイルが、いい感じです。これを、会場を出たところで(ちょっと奥まった場所)写真に撮影してもらい、額装風または羊皮紙へのスケッチ風にはがきに印刷してもらいます。さらに、机といすと色鉛筆があり、色も塗れるようになっていました。

絵はがきになりました

こんな感じになりました。本人にとっては、いい記念になったようです。

手稿をプリントしたTシャツを欲しがっていたのですが、結局買わずに出てしまいました。今度どこかで(こういうものを扱うのって、通信販売ですよね、きっと)こういうものを見かけたら、買ってあげようと思います。

すんなりいけばお昼前には美術館を出られるはずが、家を出るのが遅れ、おえかきボードに時間を取られで、会場を出たのは13時ころになりました。家に帰るまで待てないという息子の主張で、今回は美術館内のレストランで昼食を食べて帰りました。

「家族ふれあいの日」で子供連れの方が多かったのは悪いことではないのですが、絵の近く(人が歩いている場所)で座り込んでおえかきボードに絵を描いている子を、静かにしているからか保護者があまり気をかけていない、という姿が何度か見られ、ちょっと気になりました。事故があったわけではないのですが、人通りは多いし足元に注意を向ける人は少ないし、という環境なので、保護者には、普通に町を歩いているときとは違う、という意識が必要ではないかと思います。

来週の日曜日も、美術館に行きます(笑) 「気になる展覧会」もチェックして、ブログに書かなければ、です。

uriel_archangel at 23:07 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵「レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像」
 

April 06, 2013

* ラファエロ

確かに、フィレンツェのウフィツィ美術館(だけではありませんが)やパリのルーヴル美術館に行けば、彼の作品は見られます。でも、こうやって世界各地にある作品が一堂に会することは、そうないのだとか。

――これは、見に行かないわけにはいきません! そんなわけで、今回も、息子の部活の休み(平日)を使って行きました。

開館時間よりも少し遅れて入ったのですが、さほど混雑はしていませんでした。平日だったからかもしれません。今回も音声ガイドを使用しました。……が、最初に借りたガイドは、片方から音声が聞こえないというトラブルが。ヘッドフォンを交換しても状況は変わらなかったので、本体ごと交換してもらいました。テキパキ対応していただきましたよ。

ラファエロの生涯を作品でたどるという趣向で、最初は父親のジョヴァンニ・サンティの作品が紹介されています。緻密な描写や色づかいに、「なんだかフランドルの絵画(ファン・アイクの『神秘の子羊』を思い出しました)みたいだなあ」と思ったのですが、実際、フランドルの画家から影響を受ける機会があったようです。音声ガイドで聞いたので、詳細を忘れてしまったのですが……。

早くに両親を亡くしたラファエロは、父の工房を引き継いだ画家や、ウルビーノで活躍した画家に絵を学んだそうです。10代の作品もありましたが、素晴らしいものでした。確かにその後の彼の作品を思うと「古くさい」雰囲気ですが、とても上手なものでした。

ウルビーノ時代を経て、フィレンツェでダ・ヴィンチやミケランジェロといったそうそうたる芸術家たちから様々な技法を吸収し、ローマで活躍し……というところで、わずか37歳で世を去ってしまいます。でもそこで展覧会は終わらず、彼が後世に与えた影響も紹介しています。

今回の目玉「大公の聖母」も、正面からじっくり鑑賞できました。柔らかな雰囲気で、見ていてほっとするような作品です。これだけでなく、貴族や有力者が私室に飾ったのかな、と思われるような作品は、どれもそういう「部屋に飾りたくなる」優しさがあふれていました。

さほど大きな作品ではありませんが、「エゼキエルの幻視」も素晴らしかったです。神の姿はミケランジェロのように力強く描かれ、周囲の不思議な生き物たちや天使が、神秘的な雰囲気を作っていました。

ラファエロは大きな工房を持っていて、そこで彼の素描などをもとにした銅版画が作られ、広く流通していたそうです。この銅版画は、長らく画家たちの手本となったとか。そして彼の工房の運営方法は、のちにルーベンスの工房へとつながります。ちょうど前の週に、まさにそのテーマの展覧会に行ったばかりなので、そういうつながりは、たいへん興味深いものでした。

ラファエロの一番弟子で、彼の死後に残った作品を完成させたというジュリオ・ロマーノの作品もありました。「これはマニエリスムだなあ」という雰囲気で、帰宅後に調べたところ、やはりマニエリスムの画家でした。こういうところが息子にうまく説明できないので、勉強勉強、ですね。

もしもラファエロがもっと長生きしていたら、どれだけ活躍しただろう……と思います。彼の人生を見ていると、フリーランスとして生きていくうえで重要なことが学べます。

「仕事で成功するには、実力だけでなく人間関係が上手く築けるかも大切!」

これですよ、これ。いわゆる「コミュニケーション力」というものでしょうか。なんだか最後は、現実に引き戻す話になってしまいましたけれど……。実力が伯仲していたら、決めてはこれです。ラファエロのように、実力もあってコミュニケーション力も高くて、というのは無敵です。「ずるい!」と思ってしまうくらいです。

ともあれ、平日はひどい混雑ではないので、見に行くべし、です(力説)。「ぶらぶら美術・博物館」でも紹介されていました。こちらで概要が見られます。

uriel_archangel at 15:40 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ラファエロ
 

May 06, 2012

* レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想展

大型連休の最終日に、行ってきました。ダ・ヴィンチだし、連休中だし……ということで混雑を予想していましたが、「思うように作品が見られない」というレベルではありませんでした。

開館時間の10分ほど前に着いたのですが、そこで行列に並んだくらいです。館内に入れば、人は多いですが「作品より人の後ろ頭を見に行ったような状態」ということにはなりませんでした。開館を待つ列は、入場券を持っている人もいない人も一緒に並び、最後の最後で切符売り場に行く人(入場券を持っていない人)と入場できる人(入場券を持っている人)に分かれました。

私はオンラインでチケットを購入していたこともあり、すんなり入れました。オンラインでなくても、コンビニやプレイガイドなどでチケットは入手できます。会場で切符売り場に並ぶ不便を考えたら、事前にチケットを入手するのはとても大切だなあ、と思います。できれば割安で入手できる前売券、ですね。これは私の毎度の課題です……。

そして、最近はオーディオガイドも充実していますね! 以前は「お金が……」と思ってしまい、使おうとは思いませんでした。でも今は、「見どころを解説してもらえるのはありがたい」ということで、積極的に利用しています。

こうやって展覧会を見ていて思うのは、「(たとえば印象派の)有名な作家の絵が来ますよ〜。ジャジャーン!」というような展覧会は、今はほとんどないなあ、ということです。何かのテーマがあって(今回の場合は、「レオナルド・ダ・ヴィンチが同時代人やその後の人々に与えた影響」というところでしょうか)、それに沿った作品が展示されています。

「目玉」の作品以外は、特にルネサンス期だと、素人から見たら「なんだかよく知らない人」や「無名の人」の作品が多いのですが、ちゃんとストーリーというか、文脈があるなかで選ばれているので(これが、キュレーターの腕の見せ所なのでしょうね)、「ほほーう」なんて心の中で呟きながら鑑賞しています。

でも、「どう見ても画力が非常に残念な感じのする絵」があって、『なんでも鑑定団』の「非常によろしくない贋作」みたいな感じですが、「どうして同じ題材を描いているのに、ダ・ヴィンチだとこれで、この人だと『美術が不得意な中学生の写生』みたいになっちゃうのかな〜」などと思ってしまいます……(人のことは言えませんが)。

『アイルワースのモナ・リザ』は、とても不思議な雰囲気の作品でした。確かに、「とってもできのよい贋作(模写)」か「ダ・ヴィンチ本人の作品」かで意見が分かれるのは納得できます。私自身は、後者だったら面白いなあ、と思います。それにしても、もしもこれが若き日のジョコンダ夫人の肖像だとしたら、あの有名なモナ・リザは何年後のものなのかしら……? と思います。

『ほつれ髪の女』は、いかにもダ・ヴィンチが好きそうな雰囲気の女性でした。私も好きな雰囲気です(笑) 息子も、他の絵を見て「髪の毛が同じ感じで描いてある」と言っていました。春休みにルーブルで岩窟の聖母を見てきたばかりということもあり、「この絵はロンドンにある絵とあそこが違う、ここが違う」と言っていました。よく見ているなあ、と感心してしまいます(やや親ばか)。

そして、衣のひだの習作が、実に素晴らしい! 布しか描かれていないのですが、本当に、布地の質感や光沢、質量が感じられるものでした。自分がイラストを(主にノートのすみっこに)ちょこちょこと描いていた当時、衣服の表現がリアリティに欠けていたのを思い出します。私の場合、練習も足りないのですがセンスも足りないのでしょう。

気になる作品の絵葉書を購入したのですが、デューラーが描いた柳の文様も買えばよかったかな、と思っています。

とても興味深い内容の展覧会でした。やっぱり行った日に書かないと、記憶から消えてしまうことも多く、こんなに語れませんね(汗)

uriel_archangel at 23:10 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想展
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード