三菱一号館美術館

June 26, 2017

* 気になる展覧会情報(20170626)

展覧会チェック、もうちょっと続くのです。
  • 東京都美術館
    • ゴッホ展 巡りゆく日本の夢(2017年10月24日〜2018年1月8日)
      ゴッホの絵だけでなく、日本の美術に影響を受けたゴッホの作品に影響を受けた日本人の作品(長いですね……)も展示するそうです。クラーナハ展もそうでしたが、作品の紹介だけにとどまらない趣向の展示が増えているのでしょうね。(展覧会のサイトを見ていて、インディペンデント・キュレーターという職業が成立するとは知りませんでした)
    • ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜(2018年1月23日〜4月1日)
      まだ特設サイトはなく、チラシにも詳しい内容がないため、ここに書いていること(タイトルと開催日程)くらいしか分からない、という状態です。このところ、ブリューゲルやボスなどのフランドル絵画が紹介されることが多く、とても嬉しいです。ブリューゲルの一族はいろいろなタイプの絵を描いていたようなので、さまざまな切り口からフランドル絵画が楽しめるかな? と思っています。

  • 三菱一号館美術館
    パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展 (2017年10月18日〜2018年1月8日)
    19世紀末パリのリトグラフやポスターが中心の展示だそうです。印刷は、それ以前も情報の拡散に大いに貢献していましたが、この時代に技術が進歩して、カラフルで大きな作品の制作が可能になったのでしょう。

  • 国立西洋美術館
    • 北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃(2017年10月26日〜2018年1月28日)
      こういう、浮世絵が西洋絵画に与えた影響が見られる展示って珍しくない? と思ったのですが、世田谷美術館で以前開催されていましたね(こういう記事を書いてました)。「みどころ」であれやこれやの絵を見ていて、「そういえばこんな感じの展示を見たなあ」と思い出しました。日本人だと表現技法になじみがありすぎてあまり気にならない部分を、きちんと体系だてて説明してもらえるのが楽しみです。
    • プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光(2018年2月24日〜5月27日)
      特設サイトはありますが、今見られるのはトップページだけですね。プラド美術館は、定期的に展覧会があるような気がします……。もうちょっと詳しい情報が出るようになったら、あれこれ勝手に語ろうかな。

  • Bunkamura ザ・ミュージアム
    神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展(2018年1月6日〜3月11日)
    まだ特設サイトはありません。こちらでもアルチンボルドの絵が紹介されますね。美術品だけでなく、さまざまなものが紹介される展覧会になりそうです。
てきぱき仕事をして、いろいろな展示会を見に行く時間の余裕を作りたいと思います。

uriel_archangel at 11:54 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会情報(20170626)
 

June 16, 2017

* 気になる展覧会情報(20170616)

前回は「書ききれない」と数を絞ったのか情報が少なかったのか、ここにきて調べたら、興味深い展覧会がたくさんあることが分かりました。だいたい、会期の終わりが近い順に並べています。
  • 江戸東京博物館
    • 発掘された日本列島2017(2017年6月3日〜7月23日)
      おそらく最近の発掘調査の成果が淡々と展示されている、という感じだろうと思いますが、こういう展示もまた面白いです。奈良の平城京跡に行ったときに、こういう感じの展示があったのを思い出しました。そのときもありましたが、「東日本大震災からの復興と埋蔵文化財の保護」というテーマの展示もあるそうです。
    • 2017年NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」特別展 戦国!井伊直虎から 直政へ(2017年7月4日〜8月6日)
      会期が短いのですよね。名前の通り、大河ドラマに関連しての展覧会です。ドラマを見ている身としては、青葉の笛を見てみたいなあ、などと思っています。昨年の真田丸とも多少重なるところもある時代ですし。

  • 東京国立博物館
    日タイ修好130周年記念特別展「タイ 〜仏の国の輝き〜」 (2017年7月4日〜8月27日)
    これは、前にあったインドの仏像展のタイバージョンかな〜、という感じです。主催が日本経済新聞だし、みうらじゅんさんといとうせいこうさんがグッズの監修をしているし。会期が近づいたら、BSジャパンで2人が出演する特集番組が放送されるかなー。というのはともかく、東南アジアの仏像を日本で見る機会はあまりないので、見に行きたいなあと思っています。

  • 国立科学博物館
    企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』−最新の生物相調査の成果−」(2017年6月13日〜9月3日)
    特別展ではなく企画展なので、パンフレットのPDFにリンクしています。DASH海岸を見ていると、東京湾や相模湾は、世界でも貴重な深海生物が見つかる場所、というのが分かります。恐らくそれ以外でも多彩な生態系なのでしょうけれど……。そんなわけで、特別展に比べると小さい展示だろうと思いますが、楽しめるだろうと思っています。

  • 国立新美術館
    国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展(2017年6月14日〜9月4日)
    ジャコメッティは、作品は見たことがありますがそんなに詳しくは知らない人物なので、これを機に知ることができたらいいなあ、と思っています。10周年記念として開催するわけですから、「これぞ」という充実した内容でしょうし。

  • 三菱一号館美術館
    レオナルド×ミケランジェロ展(2017年6月17日〜9月24日)
    実はこの美術館、気になる展覧会が多いものの、まだ行ったことがないという状態で……。今回は、概要を見ると、ダ・ヴィンチとミケランジェロの素描をメインに紹介するのかな? という感じですね。有名なあの絵が来る、という展覧会ではありませんが、楽しめると思います。
――と、こんなに書いてもまだまだ終わりません。書いているうちに、「あ、あそこの美術館チェックするの忘れた」というのも出てきましたし。まだまだ続きますよ〜。

uriel_archangel at 11:53 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会情報(20170616)
 

June 21, 2015

* 気になる展覧会情報(20150621)

あちこちの美術館に行き、チケットホルダーに入っているチケットも残り少なくなりました。そんなわけで新しい情報を仕入れました。
  • 国立科学博物館
    生命大躍進−脊椎動物のたどった道− (2015年7月7日〜10月4日)
    最近NHKを見ているとよく見かける「生命大躍進」が、特別展になるのですね〜。カンブリア紀の「バージェス頁岩動物群」の実物化石などが展示されるそうです。あの、「古代生物ぬいぐるみ」がショップで販売されるのかが気になります(笑) カンブリア紀の大爆発だけでなく、生命が大きく変化(進化)するきっかけとなったできごとが紹介されるそうです。
    監修は国立科学博物館の動物・地学・人類各研究部の研究者が担当するほか、国内外の研究者も参加する、これまでにないスケールの生命進化の歴史に関する展覧会となっています。
    とのことなので、楽しみですね。

  • 東京国立博物館
    「アート オブ ブルガリ  130年にわたるイタリアの美の至宝」(2015年9月8日〜11月29日)
    昨年、西洋美術館で開催された「橋本コレクション」でも、ブルガリの宝飾品があったように思います。創業から今までのさまざまな作品が紹介されるとのことなので、美しい宝石やデザインが楽しめればいいなあ、と思います。どういうものが展示されるかよりも、私がどのように受け取れるかのほうが問題であります(笑)

  • 三菱一号館美術館
    プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱(2015年10月10日〜2016年1月31日)
    いつも、三菱一号館美術館の展覧会は、チェックだけはしたものの行かずに終わる、ばかりです(汗)
    本展では、その偉大なコレクションの中から、スペイン3大画家ともいわれるエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤを始め、フランドルの巨匠ボスやルーベンス、「スペインのラファエロ」とも称されるムリーリョなど、ヨーロッパ史を彩った名だたる巨匠たちの作品群が一堂に会します。板絵など極めて貴重な作品の繊細で緻密な表現を当館で存分にお楽しみください。
    ということで、ヒエロニムス・ボスの絵が来るのです(ハプスブルク家の版図を考えると、スペインにあってもおかしくないわけで)。私が好きな時代・好きな画家の作品が来るのですから、今度こそ行かねば! と思います。

  • 国立西洋美術館
    黄金伝説展(2015年10月16日〜2016年1月11日)
    「えっ、『黄金伝説』ってあの『黄金伝説』?」と思ったのですが、それではありませんでした(笑) ちなみにリンク先は第1巻で、全4巻となっております(私は持ってません)。本題に戻ると、「古代地中海世界の秘宝」とあるので、エトルリアとか、そういうところのものかな? と思っています。特設サイトはありますが、まだ概要しか出ていない状態です(チラシなどはあるのかもしれませんが……)。詳しい情報を楽しみにしています。

久しぶりにあれこれ調べました。前回、「気になる展覧会」を書いたときに、Evernoteにメモ(会場、会期、特設サイトのURL)をまとめたノートを作ったので、「あれ、これは書いたっけ?」というのの確認に便利でした。

会期が終わったものや見に行ったものは情報自体を消して、ブログには書いたけれどまだ行っていない(会期前)というものは展覧会の名称に抹消線を入れ、チェックしたけれどブログに書いていないものはそのまま、というふうにしてみたら、そのときは作業に手間に感じますが、後が楽だと分かりました。

uriel_archangel at 11:59 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会情報(20150621)
 

April 08, 2014

* 気になる展覧会チェック(20140408)

あれもこれもと詰め込みすぎたなあ、とは思います。でも、「これは当分先だから、また後で書こう」と思っていると忘れたままになってしまうお年頃なのです。なので、「気になったものはとにかく書く」の方針で行きます!

情報が早いからか特設サイトなどがない展覧会もあります。でも、またこういう記事を書くときに特設サイトができていたら、情報を追加しようと思います。
  • Bunkamuraザ・ミュージアム
    • ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション (2014年4月4日〜5月25日)
      これは、見かけた展覧会のポスターの雰囲気がきれいだし私の好きなルネサンスだしで、気になっていました。当然というかなんというか、ルネサンス期の作品が多いようです。歴史ある家系なのですね〜。ボッティチェリの作品もあるそうですが、サヴォナローラの影響を受けた後のものなので、サイトを見ているとマニエリスムにつながるものを感じます。
    • Bunkamura25周年特別企画 進化するだまし絵 だまし絵 (2014年8月9日〜10月5日)
      2009年に開催された「だまし絵」の続編だそうです。前回を見ていないのが残念。アルチンボルドの作品もあるので、ルネサンスから現代まで、さまざまな作品が楽しめそうですね。これは、特設サイトが楽しみです。

  • 国立新美術館
    • イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる (2014年2月19日〜6月9日)
      リンク先はFacebookページです。最近は、特設サイトもいろいろありますね〜。先日のぶらぶら美術・博物館で紹介されていて「面白そう」と思いました。番組の概要はこちらで見られます。ちょうど先月みんぱくに行ったばかりなのですが、解説つきで見ると、いっそう奥の深さを感じます。
    • オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー (2014年7月9日〜10月20日)
      マネの《草上の朝食》が来日するそうです。《笛を吹く少年》とかカイユボットの 《床に鉋(かんな)をかける人々》とかミレーの《晩鐘》とか、有名どころの作品が紹介されていますが、これ全部来るのでしょうか。来るとしたら、なかなかすごいのですが……。と、ワクワクが続きます。楽しみです。

  • 江戸東京博物館
    大江戸と洛中 〜アジアのなかの都市景観〜 (2014年3月18日〜5月11日)
    「なんちゃって」ではありますが、いちおう卒論で都市論を取り上げた身としては、気になるテーマです。京都や江戸の都市づくりが、アジアや世界から見たときにどのような姿に見えるのか、というのは

  • サントリー美術館
    のぞいてびっくり江戸絵画−科学の眼、視覚のふしぎ− (2014年3月29日〜5月11日)
    チラシや展覧会サイトのトップページで使われている、人がたくさん集まって別の人の姿になっている絵は、「寄せ絵」と言うそうです。なんだか、アルチンボルドの絵にも通じますよね……。遠近法や透視図を用いた鳥瞰図、顕微鏡、博物学が、江戸時代の絵画にもたらした影響を見ていく展覧会、とのことです。楽しめそうな展示内容です。

  • 三菱一号館美術館
    ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900 (2014年1月30日〜5月6日)
    最後に取り上げた展覧会が、終了までの期間が一番短いものでした(汗) コラボしているとおり、ラファエル前派展と行くと、よりいっそう楽しめたのだろうなあ、と思います。ビアズリーのサロメの絵もあるみたいですね。ちょうど三菱一号館の建てられた時代とも合うようで、そういう雰囲気の中で楽しんだら格別なのだろうと思います。

全部制覇! というのはさすがに難しいかな、と思うのですが、なるべく多く見に行けるようにしたいですね。

uriel_archangel at 11:48 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会チェック(20140408)
 

March 10, 2013

* 気になる展覧会チェック(20130310)

この春は、興味深い展覧会が多いです。春に限らず、美術館などのサイトで「今後の予定」を見ると、「おおーっ」という感じです。

普段からアンテナを伸ばしていれば、いつでも「興味深い展覧会が開催されている」状態なのだろうと思います。さすがに行けても東京近県なのですが、アプリでポスターギャラリーを見ていると、「ああ、これいいなあ」という展覧会は各地にあります。
  • 東京国立博物館
    国宝 大神社展(2013年4月9日〜6月2日)
    ちょうど今年は、伊勢神宮とその別宮&熱田神宮にお参りして、息子の神社に対する興味が大きくなっているところです。私自身もヨーロッパやキリスト教に目が向いてばかりで、自分の生まれ育った日本と神道については詳しくないので、神社についてあれこれ見るには、ちょうどいいタイミングだろうと思います。

  • 21_21 DESIGN SIGHT
    「デザインあ」展(2013年2月8日〜6月2日)
    Twitterで話題になっているので、気になっています。テレビ番組を見ているわけではないのですけれど、なんだか面白そう……という好奇心です。スペシャルサイトを見てみると、「これは子供も楽しめそう!」な感じ。うちの息子も大丈夫でしょう(笑)

  • 江戸東京博物館
    2013年NHK大河ドラマ特別展 八重の桜(2013年3月12日〜5月6日)
    普段ドラマを見ない私が、珍しく毎週見ています。今のところ誰が主役って、お兄さんの山本覚馬のような気がしないでもないですが。ここで長く語るものではないので書きませんが、見ていていろいろと興味深いのです。というわけで、まあテレビに流されていると言えば流されているのでしょうかね。

  • 森アーツセンターギャラリー
    ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展(2013年3月9日〜5月19日)
    ミュシャ、人気がありますよね。私にとってミュシャと言えば、「三省堂書店でもらえるしおりのイラスト」でした。とか書くと、年齢がバレますかね。ともあれ、彼の様々な芸術活動が見られるということで、やっぱり気になります。

  • 三菱一号館美術館
    奇跡のクラーク・コレクション -ルノワールとフランス絵画の傑作-(2013年2月9日〜5月26日)
    印象派の展覧会って、こういう個人コレクションがもとになっているものが多いような気がします。印象派の時代は、アメリカが経済力をつけてきていて、ヨーロッパではなかなか評価されなかった新しい作品を積極的に評価して手に入れたからかなあ、などと考えています。――という私の妄想はいいとして、パリのオルセーやオランジュリー、マルモッタンに行けば、それこそ美術百科に出てくるような有名な作品をいくつも鑑賞できます。でも、こういうコレクションで、もしかしたら「お気に入りの1枚」になるかもしれない、今まで知らなかった作品に出会えるかもしれません。

合計で10の展覧会をチェックしましたが、このなかでいくつ行けるかな? というところです。会期がまだまだ先なのでこれは後で書こう、という展覧会もあります。

毎年「積極的に行くぞ!」と思いつつ行けていないので、楽しく頑張ります。

uriel_archangel at 15:52 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会チェック(20130310)
 

November 03, 2011

* 気になる展覧会@三菱一号館美術館、国立西洋美術館&Bunkamura ザ・ミュージアム

実は、じっくりと調べて書く時間が作れず(『ぶらぶら美術・博物館』の感想をぱったりと書かなくなったのも、これが理由です)、展覧会チェックも「電車でポスターを見る」レベルでした。今日は久々に時間ができたので、まとめて書きます。
トゥールーズ=ロートレック展三菱一号館美術館
何年か前のフランス語講座(ラジオ)で、ロートレックの手紙を取り上げたものがありました。「聞くだけ」状態だったのですが、興味深い内容でした(ということしか覚えていませんが……)。彼の人生を知ると、作品も違って見えます。会期は12月25日(日)まで。

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影国立西洋美術館
私より家族のほうが行きたがっています。やっぱり『着衣のマハ』が有名ですね〜。やはり当時の社会情勢や歴史を知ると、とても興味深いものです。会期は2012年1月29日(日)まで。

フェルメールからのラブレター展Bunkamura ザ・ミュージアム
Bunkamura ザ・ミュージアムの改修工事終了後の展覧会です。フェルメールは作品数が少ないですから、当時のオランダ絵画もいろいろと紹介されます。フェルメールだけでなく当時の絵画にとても興味があるので、どんな作品が見られるか楽しみです。会期は2011年12月23日(金・祝)〜2012年3月24日(水)です。

さて、いつ行く時間が作れるかな〜、と思っています(汗) 時間は作らなくてはいけないのですけれど……。息子の受験が終わる前に会期が終了してしまうものは、ちょっと大変かもしれません。

uriel_archangel at 23:32 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会@三菱一号館美術館、国立西洋美術館&Bunkamura ザ・ミュージアム
 

April 24, 2011

* 気になる展覧会@三菱一号館美術館、Bunkamura ザ・ミュージアム&国立西洋美術館

仕事だ地震だで、2月以降ほとんど引きこもり生活でした。これではよくない! ということで、気になる展覧会をピックアップしました。

マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展 ―華麗なる宮廷を描いた女性画家たち―三菱一号館美術館
この展覧会は全然知らなかったのですが、偶然NHKでヴィジェ・ルブランとこの展覧会を紹介する番組を見て、興味を持ちました。家からも遠くないので、見に行きたいです。

フェルメール《地理学者》とオランダフランドル絵画展Bunkamura ザ・ミュージアム
こちらは知っていたので、仕事が終わってから……とは思っていました。ようやく動けるかな? という感じになったので、行かなくては、です。渋谷は、出不精な私にはちょっと遠いのですが……(汗)

レンブラント 光の探求/闇の誘惑 —版画と絵画 天才が極めた明暗表現—国立西洋美術館
2005年のベルギー・オランダの旅で、アムステルダムでレンブラントの数々の作品を見て以来、興味を持っています。常設展では奇想の自然−レンブラント以前の北方版画が同時開催されています。


どれも気になります。ヴィジェ・ルブラン展は会期終了がGW明けすぐなので、行くならば最優先ですね。次がフェルメール、そしてレンブラント、です。

そして、過去に展覧会を紹介するときにどんな形で書いていたか調べたところで、デューラー展に行きそびれたことを知りました(涙) やっぱり、後悔しないように、「今日できることは今日する」ですね! 今回の記事とはまた別のテーマですが、こういうときに、スケジュール帳をきちんと使わなければ、と思います。

uriel_archangel at 14:27 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会@三菱一号館美術館、Bunkamura ザ・ミュージアム&国立西洋美術館
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード