中世

June 23, 2013

* 貴婦人と一角獣展

やっと見に行きました。予想以上に、老若男女、さまざまな人が訪れていました。もっと早い段階の、あまりメジャーにならないうちに、じっくり見学できれば……というところです。

――とは書きましたが、じっくり鑑賞できない、というほどひどい混雑ではありません。作品の規模が大きいので、遠くから見たり、近くから見たり、じっくりと鑑賞できます。

今回も、というか今回こそ、音声ガイドを装備して鑑賞に出発! でした。図像学というか、この時期の作品を十分に理解するには、描かれているものが何を象徴するかという解説が必要だなあ、と思ったからです。

会場を入ってすぐに円形(?)の展示室があり、そこに6枚の連作タピスリー《貴婦人と一角獣》がぐるりと展示されています。音声ガイドを聞きながら何が描かれているかを理解しつつ、五感を象徴する5枚のタピスリーから、最後の《我が唯一の望み》まで見学しました。

隣の部屋では高精細のデジタル映像で、タピスリーがじっくりと見られます。作品保護のため、タピスリーの展示室はあまり明るくありません。そのぶん、この映像で詳細な描写が見られます。

さらにその後は、描かれている動物(空想の生き物含む)や植物について、当時の服飾品、身分の高い女性の描かれ方、同時代のタピスリーなど、《貴婦人と一角獣》の理解に役立つ展示を見ます。

うれしいのは、この後、もう一度《貴婦人と一角獣》の展示室に入って、作品が鑑賞できることです。中世美術をまったく知らないというわけではないので、「実在の植物が描かれているのだろうなあ」などと考えながら見ていましたが、色々な知識を入れた後で、解説なしで作品の前に立つことで、また違った自分なりの味わい方ができると思います。

音声ガイドで、最初と同じ部分の『マルテ・ラウリス・ブリッゲの手記』の朗読が最後に入っていたのも、また新たな気持ちで作品の前に立つ、という感じがしてよかったです。

いつもは「収納場所が……」「出費が痛い……」と理由をつけて購入しない図録ですが、今回はさすがに入手しました。
「一角獣」「植物と動物」「衣服と装身具」「紋章と標章」「中世における五感と第六感」「1500年頃のタピスリー芸術」というテーマにそって読み解いていきます。

出品作品および参考図版をオールカラーでお楽しみいただけます。

クリュニー中世美術館館長執筆の論文を含む、読み応えありの論文も4本掲載されています。
こういう分野の専門的な文章を読む機会というのは、なかなかありません。それと、中世のものの考え方というのは今と違うので、それを知る手がかりになれば、と思ったのです。

《貴婦人と一角獣》は、次に日本に来ることがあるかは分からないというくらい、貴重な作品です。さらに、中世ヨーロッパの美術品(工芸品)の最高傑作の1つに数えられます。私は、「これはパリのクリュニーに行かなければ見られないものだ」と思っていました。

なので、ちょっとでも中世ヨーロッパや美術に興味のある人は、見に行って損はない、という展覧会だと思います。

uriel_archangel at 16:37 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 貴婦人と一角獣展
 

July 22, 2012

* 最近くりかえし読んでいる本

時間つぶしに本を読むタイプなので、旅行に行くときは、文庫本を持って行きます。こういうときに新しい本を買うことは少なくて、「何度でも読みたい本」を持って行きます。最近のお気に入りはこれです。先週の京都旅行にも持って行きました。

中世賎民の宇宙―ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)中世賎民の宇宙―ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)
著者:阿部 謹也
販売元:筑摩書房
(2007-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『ハーメルンの笛吹き男』と『中世の星の下で』は、本当に「何度も何度も」読んだからか、最近はこの本を選びます。中世ヨーロッパ好きにとっては大変興味深い内容で、しっかり内容を頭に入れたいという思いがあるからか、「くりかえし読む本」に選んでいるのでしょう。

実はこの本は「トイレの友」にもなっているのですが、学生時代のように本を読んでいるわけではないので、まだまだ頭に入っている状態ではありません。思うと、学生時代は時間が余ると本を読むしかありませんでした。今なら、家でも旅先でもノートPCを開いてしまうでしょうし、移動中なら携帯電話をいじっていることが多いと思います。

今の生活のほうが便利だけれど、昔のほうが、確実に一生懸命知識を吸収していたのではないか……と感じます。ブログのネタがない、と、ボケーッとしている場合ではありません。反省。

本当は「この本のどこが興味深いか」を語りたいのですが、時間もないのでまたの機会に。

uriel_archangel at 23:04 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 最近くりかえし読んでいる本
 

February 26, 2012

* 女性の貧困問題は中世ドイツも同じだったらしい

昨年12月に、日経ビジネスONLINEで気になる記事を読みました。


私がこれを読んだ最初の感想は、「ずっと前に、こういう話を読んだことがある」でした。ずばり、学生時代から「旅の友」だった、阿部謹也先生の『ハーメルンの笛吹き男』です。

ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
著者:阿部 謹也
販売元:筑摩書房
(1988-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


以前書いていたブログでも、同じような箇所を紹介したことがあります(こちらです)。当時は、「女性の労働力を使いきれていないのは、中世ドイツも現代の日本も同じ」という観点でした。今回は、女性の貧困問題について、です。

(前略)戦乱があいつぎ、成人男子の多くが死亡し、人口に大きな割合を占めていた聖職者は独身であったから、結婚出来ない婦人の数は極めて大きかった。その結果未婚の母親の数も寡婦の数も想像以上にのぼっていたのである。
 彼女たちは市民権を持っていなかったから、親方になれなかったどころか組合に入ることも、徒弟になることも、賤民の職業とされていた刑吏、牢守、皮剥人などになることも出来ない。彼女たちはこれらの賤民のように職業・身分の故に賤民だったのではなく、その存在自体がすでにこの社会でポジティブな地位すらもちえないようなものなのであった。
 彼女たちが賤民に数えられるのは、まさに彼女たちが配偶者を失ったことによって身分制原理から、財産もなく、働く機会を奪われたことによって金銭の原理からはじき出されてしまったからに他ならない。(後略)(p.135)

阿部先生が社会の最下層にあった女性たちの姿を想像して書いた部分が、実に先ほどのコラムと重なるのです。もしかしたら、阿部先生が実際に見たことのあるシングルマザーの姿なのかもしれません。いつの時代も、このような女性が社会で置かれている立場は大差ないのでしょう。

 身にはボロを纏い、同年輩の女房などがそれぞれの亭主のことを自慢したり、こきおろしたりしている立ち話の横をうつむきながらも毅然としてすりぬけ、男たちの好色なまなざしにさらされながら、子供の成長だけに一生の期待をかけていた彼女たち、こうした女性たちは無限につづくように思われる、昼と夜の交代をどのような心境で受けとめていただろうか。
 日雇い労働者の妻でさえ、亭主が昼食に帰ってきた時にもってくる日給で晩飯の支度をしたのである。夫をもたない彼女たちの頭のなかにはいつも次の食事の費用をどうするかということだけしかなかっただろう。朝のスープや簡単なパン一片の、そして出来れば昼の粥の用意さえあれば、彼女たちは健康である限り満足して藁床で昼の衣服をかぶって眠りについたことだろう。そしてまた真黒になって働かなければならない朝がくる。
 だがドイツ中世都市の日常生活にはわが国の現在のように、駆けずりまわるほどの忙しい仕事があったわけではない。彼女たちは仕事がありさえすれば喜んで働いたことだろうが、実際はそれがなかなか難しかった。(後略)(pp.137-138)

そしてこの直後に、昔々にブログで紹介した引用が続きます。

今も昔も同じだ、というのは簡単です。昔から状況が変わっていないのは、とても歯がゆいです。

uriel_archangel at 23:56 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 女性の貧困問題は中世ドイツも同じだったらしい
 

November 16, 2010

* 中世ヨーロッパづくし

ふらりと立ち寄った書店で、気になる本を衝動買いしました。

パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)パリ―中世の美と出会う旅 (とんぼの本)
著者:木俣 元一
新潮社(2008-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


バウドリーノ(上)バウドリーノ(上)
著者:ウンベルト・エーコ
岩波書店(2010-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「とんぼの本」は、以前からこのお店で見かけていて、気になっていました。パリでも中世の美術をクローズアップした本はなかなかないので、思い切って購入しました。

学生時代、『薔薇の名前』を悪戦苦闘しつつ読破した私としては、ウンベルト・エーコが中世を舞台とした小説が発売されたと聞いたら、読まないわけには行きません! ということで、実は店頭で見つけて、まさに衝動買いでした。

今は仕事が忙しいので「積ん読」になってしまいますが、早くいろいろと終わらせて、読む時間を捻出したいです。

「とんぼの本」は、ぱらぱらとめくって読んでみました。写真が多くて、とてもいい感じです。

uriel_archangel at 23:59 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中世ヨーロッパづくし
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード