京都

November 03, 2018

* 本能寺刀剣展 2018秋

この記事を書いている時点で、刀剣展についての情報はこちらのページに掲載されています。

この展覧会は、Twitterで「勉強になる」とTLに流れてきました。宿からも行きやすい場所にあったこrもあり、せっかくなので朝いちばんに行ってみました。もちろん参拝もして

本能寺の大賓殿宝物館での展示でした。最初に入るフロアが刀剣展で、本能寺と縁のある刀剣が展示されていました。森蘭丸の大太刀と伝わる刀もありました。「こんな刀があったのか」と印象に残ったのは、織田信長が命じて磨り上げ、南蛮風の拵えにしたという太刀でした。

由緒ある太刀を無銘にすることに信長の意図があったようです。そこで磨り上げた人物が、目立たないところ(鍔の裏だったか)に、今は無銘であるが、だれそれが磨り上げ、これこれこういう太刀である、とこっそり刻んでいます。依頼主(信長)の意図を無視する行為ですから、命がけだったようです。

「京のかたな展」で仕入れた情報によると、磨り上げて本来の銘を失った場合は、磨り上げた人物が先ほど上の段落で書いたような由緒を銘にします。後世の鑑定というか、判断されたものは朱銘にするそうです。先ほどの刀はそれができなかったもの、ということです。

このように歴史的な刀もあれば、現代の刀工が手がけた刀も展示されていました。

そして、次のフロアは「日本刀が学べる展」ということで、刀ができるまでを詳しく説明しています。玉鋼を鍛える方法など、模型か実物かは分からないのですが、見て分かる資料とともに段階を追って展示しています。また、さまざまな時代を代表する刀剣の等身大の模型も展示されていて(自由に触っていいそうです)、時代とともに変化する様子を知ることができます。

さらに、三日月宗近や五虎退などの押形とともに、刀剣鑑賞で必要となる用語の解説もありました。とても分かりやすかったです(と言いつつ写真を撮らなかったので紹介できないのですけれど)。

こういう感じなので、スケジュールに余裕があるなら、本能寺刀剣展を見てから京のかたな展に行くと、より理解が深まるのではないかと思います(個人の感想です)。

ところで、ちょうど私が行った日から、森蘭丸の大太刀の押形が押印される期間限定の御朱印が始まっていました。

IMG_20181027_095124

運がよかったです。

uriel_archangel at 11:56 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 本能寺刀剣展 2018秋
 

June 11, 2015

* 気になる講演会(プロジェクト京都2015 | 日本翻訳者協会)

10月3日(土)に開催されます。
丸一日のワークショップと対話型セッションをご用意しています。
さらに、プロジェクト京都2015の後は、JAT30周年記念祝賀パーティーも行われるそうなので、充実した1日が過ごせそうですね。

私も「これは参加してみたいかも!」と思い、どこに宿泊すればいいかな、というところまで調べましたよ。

でも、よくよくスケジュールを調べたら、この日は息子の学校関係で外せないイベントがありました(汗) 残念ながら、この日の参加は難しい状態です……。

この時期の京都は、観光シーズンということもあって宿の予約がしにくいそうなので、興味のある方は、今のうちに宿泊場所の確保をしたほうがいいと思います(東京から日帰りでの参加も可能だとは思いますが)。

uriel_archangel at 13:01 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる講演会(プロジェクト京都2015 | 日本翻訳者協会)
 

April 25, 2015

* 『“ツウ”好みの京都本』最新版を入手しました



先月、偶然入った書店で見かけていたのですが、「確かこれ、持ってるよなあ」と判断し、購入は見送りました。でも、帰りがけにぱらりとページをめくってみたら、新しい版だったのです……。

京阪神エルマガジン社のムックなので、オリジナルの記事ばかりというわけではなく、SAVVYなどでの京都特集の「まとめ」という感じですが、ローカルな地域情報誌を頻繁に買えない身にはありがたいです。最新号であればAmazonで入手できるのですが、そんなにマメにチェックする人間ではないというのが問題です(汗)

春は京都観光に絶好のシーズンということもあって、OZマガジンのムックでも京都特集が出ています。



そして、Hanakoでもこういうのが出ていたなあ、コンビニのラックで見たぞ、と思っていたら、やっぱりありました。



『“ツウ”好みの京都本』は普通の雑誌サイズですが、OZマガジンとHanakoのムックはハンディサイズなので、お好みで、というところでしょうか。

次にいつ京都に行くかは全然考えていないのですが、「食べ物がおいしい」「ショッピングも楽しめる」という場所は、具体的な予定がなくても、「ここに行って、あそこでご飯食べて……」と計画というか、妄想するだけでも楽しいですね。

uriel_archangel at 12:21 | お買い物 | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『“ツウ”好みの京都本』最新版を入手しました
 

October 20, 2014

* 京都情報、結構集まったかも

京都の研究に精が出ます。――と言っても、気分転換にぱらぱらとめくっている程度ですが。



発売日に入手していたのですが、ブログに書くのが遅くなりました。そして、普通のものを購入した後で、今回もミニサイズのものがあることを知りました。



前号の銀座特集は、ミニサイズを購入しました。こちらのほうが、保存も持ち歩きもしやすいので、気に入っています。近所のコンビニでは、こちらを扱っていなかったので仕方ありません。ちなみにお値段は同じです。

そして内容ですが……「なんだか、今までに買った雑誌やムックの特集で見たことがあるお店が多いな〜」というのが正直な感想です。ぱらぱらとめくっていてもちろん楽しかったですが、「おお、これは行ってみたい!」というような情報にあふれていたかというと、「いやそれほどでも」というところでしょうか。

どうしてそうなったかというと、単に私があちこちで情報収集しているからだと思います。そして、話題になるお店や商品にも限りがありますから、「雑誌の特集に出てきそうな情報は、だいたいチェックできた」という感じだと思います。

これは、中学生や高校生の頃、中世ヨーロッパに関する本をあらかた読みつくして、三省堂やリブロに行っては「新しい情報はそんなにないな」と思っていた当時に似ています(笑)

――というのはともかく、京都については、これだけで分かった気になってはいけないのです。「観光客として必要な情報は手に入った」とは思いますが、「もうこれでカンペキ!」ということはありません。

行ってみなければ、本当に自分がいいと思えるか分からないこともありますし、紹介されているお店が絶対に外れなし、とは限りませんからね〜。私は、「だってこういうのって、大人の事情とかあるでしょう」と考える大人であります。

「やっぱりガイドブックよりも地元の人の情報だよね」というのも、あるではないですか。かと言って、自分が地元のことをどれだけよく知っているかというと、「いやそれほどでも」ではありますが。

でもまあ、「まだまだだよなあ」と思いつつも、「ここのごはん(またはお菓子)、食べてみたい〜」というお店が目白押し状態です。東京のグルメ情報を見ても、そんな気分にはならないのですけれど。これが旅の魔力というものでしょうか。

こんな感じで、気分転換というか現実逃避を兼ねた、脳内京都ツアーは続きます。

uriel_archangel at 11:31 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都情報、結構集まったかも
 

October 10, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その5/鶏鉾・木賊山・四条傘鉾・蟷螂山)

ただただ「写真を並べる」状態になっているような……。そして今は、当時の暑さがなつかしいくらいの秋です(また体験したいかというと、それは別問題です)。

2014-07-17-09-47-07

鶏鉾がやってきますよ〜。

2014-07-17-09-47-49

鉾の真木の高さが感じられるかな? という写真です。

2014-07-17-09-48-10

私は怖がりなので、屋根の上に乗るなんてできません……。そもそも、鉾を組む技術や曳き手など、関わる人々との信頼関係が不可欠ですね。

2014-07-17-09-50-45

木賊山は「とくさやま」と読みます。

2014-07-17-09-51-17

シャッターチャンスがこの位置だったようです。どの山も鉾も、「動く美術館」にふさわしく飾り立てられています。

2014-07-17-09-56-55

次は四条傘鉾です。

2014-07-17-09-57-24

実物を見る機会がなかったのですが、「子供棒振り踊り」を踊る子供たちがいますね。

2014-07-17-09-57-27

先ほどの写真とあまり違いがありませんが、子供たちが持つ棒の位置が変わっていることにお気づきでしょうか……。

2014-07-17-09-57-47

鉾本体はこんな感じです。

2014-07-17-09-58-01

鉾の後ろにも、棒振り踊りをする子供たちがいました。

2014-07-17-09-58-18

そして蟷螂山(とうろうやま)です。

2014-07-17-09-58-49

この大きなかまきり、動いています。この後の斧や羽にご注目ください〜。

2014-07-17-09-58-53

結構大きく動くので、人気があるのも分かります。YouTubeなどで検索すれば、動画が見られるのではないかと思います。勇ましい感じです。

2014-07-17-09-58-55

私たちも含め、沿道の見物客から「おおー」と歓声が上がりました。

山鉾巡行の写真の紹介も、あと2回です。お付き合いください。

uriel_archangel at 11:49 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その5/鶏鉾・木賊山・四条傘鉾・蟷螂山)
 

October 05, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その4/菊水鉾・太子山・霰天神山・油天神山)

山鉾巡行の写真は、まだまだ続きます。iPad miniからアップロードするときに、サムネイルが小さいので「これで正しいのかな?」と不安になってしまいます。

2014-07-17-09-27-59

幟が見えにくいですが「菊水鉾」です。

2014-07-17-09-29-20

もっと遠くから撮影しているのですが、写真だらけになってしまうのでここからスタートです。

2014-07-17-09-29-25

こうして見ると、迫力が感じられる高さです。

2014-07-17-09-29-31

鉾の中はやはり、満員電車を思い出すような混雑です。

2014-07-17-09-36-38

次は太子山です。

2014-07-17-09-37-58

霰天神山が、北側から進みます。

2014-07-17-09-38-44

山をみんなで持ち上げて、角を曲がっているところです。

2014-07-17-09-42-19

次は油天神山です。よくよく見ると、天神さまが2連続です。

2014-07-17-09-42-36

これでようやく、巡行も半分ほど終わりました。暑いし立ちっぱなしだしで、よく最後まで頑張ったなあ、と感心してしまいます。

まだ朝早いからと油断せず、水分補給と暑さへの対策はしっかりして、見物に行きましょう。

uriel_archangel at 11:34 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その4/菊水鉾・太子山・霰天神山・油天神山)
 

October 03, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その3/函谷鉾・山伏山・綾傘鉾・伯牙山)

そして函谷鉾です。

2014-07-17-09-08-06

余談ですがここで頭が写っている人たちは、入ってはいけないところに入ってきた外国人観光客の皆さんです。以前も書きましたが、お祭りは地域の人々のためのものであって見世物ではないので、控えめに見学しましょう。

2014-07-17-09-08-18

真木(よくよく調べたら、こういう名称なのですね)は、周りのビルにも負けないくらいの高さです。鉾が動くたびに左右に揺れて、見ているだけでドキドキします。

2014-07-17-09-08-29

長刀鉾のときはあまりに正面だったので気づかなかったのですが、本当にたくさんの人が鉾を曳いています。

2014-07-17-09-09-05

この鉾のお稚児さんは人形です。

2014-07-17-09-10-24

烏丸通の北側から、山伏山の登場です。そうそう、書き忘れていましたが、四条通は通行止めになりますが、南北を走る烏丸通は通行可能です。とは言え、車線の制限があったりして、いつもよりは不便なこと間違いなし、ですが。

2014-07-17-09-10-43

かつぎあげられて、道を曲がります。

2014-07-17-09-16-33

次は綾傘鉾です。

2014-07-17-09-16-56

小さなお子さんも装束を着て歩いていて(お稚児さんとか、そんな感じでしょうか)、華やかな行列、という感じです。

2014-07-17-09-17-14

この、赤いのをかぶった人たちが、棒振り踊りを披露するようです。スタート地点にいたために、歩いて通過されてしまいました……。前日の日和神楽で見ていてよかったです。

2014-07-17-09-17-50

で、こちらが本体というか、綾傘鉾です。昔の祇園祭を描いた屏風絵に、こんな感じのものがありました(確か、テレビ番組で見たのかな?)

2014-07-17-09-23-07

のぼりがちょうど見えない位置になっていますが、伯牙山です。

2014-07-17-09-23-15

ちょうど四条通と烏丸通の交差点なので、私たちのいた場所が、保昌山の方々の待機場所になりました。そんなわけで、ここからしばらく、前に保昌山の方々が写っています。

まだまだ写真は続きますので、お付き合いください。

uriel_archangel at 11:46 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その3/函谷鉾・山伏山・綾傘鉾・伯牙山)
 

September 29, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その2/長刀鉾・占出山・芦刈山・孟宗山)

なんと、今年の祇園祭のことを書くのは、ほぼ2か月ぶりでした……。甲府のことを書いていて、「そう言えば京都のことがほったらかしだ」と気づいたのであります。

2014-07-17-09-00-15

長刀鉾は前回たっぷり紹介しましたので、今回はこの写真で。いよいよ山鉾巡行のスタートです。

2014-07-17-09-01-24

既に烏丸通で待機していた占出山が進んできました。

2014-07-17-09-02-03

若者たちが動かしていましたが、烏丸通から四条通に曲がる様子を見ていると、とても重たそうです。

2014-07-17-09-03-26

烏丸通では4番目の孟宗山が待機しています。その前を進むのは芦刈山です。

2014-07-17-09-03-30

山でも鉾でも、移動するときはギシギシとものすごい音がします。特に鉾は背が高く、飾りというか、そういう長いものがゆらゆらと揺れるので、「こんなに大きなものが動くのかあ」と感心してしまいます。

2014-07-17-09-04-39

そして孟宗山。

2014-07-17-09-05-37

先ほどの占出山では撮影できませんでしたが、四条通に曲がるために、なんと「よいしょ」と山を持ち上げて動かすのです。車輪の構造が曲がれないものだから、ということではありますが。この写真でも、山が浮いているはずなのです。

2014-07-17-09-05-40

――で、曲がり終えたところで着地。

こうやって1つのエントリーで4つ紹介していっても、巡行したのは23基なので、あと5回かかるという状態です。まだまだ終わりませんね……。

uriel_archangel at 11:42 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その2/長刀鉾・占出山・芦刈山・孟宗山)
 

September 20, 2014

* 京都ひとり旅の研究中

あまり大きくない書店に行った後に大きな書店に行ったのですが、結局最初に行った書店にあったものしか、「これ!」というものが見つかりませんでした。ちょっと残念です。



前に買ったムックでも紹介されているお店もありますが、こちらは「おひとりさま」向けなので、まさに今回のようなひとり旅にはぴったりです。

普通のガイドブックはどれを見てもかわりばえがしないので、サイズや行きたい場所が掲載されているかで判断することになります。個人的には、JTBパブリッシングのものより昭文社のほうが地図が分かりやすいかなあ、と思います。

さらに、どういう情報が知りたいって、先ほども書いたように観光についての情報は他のガイドブックで十分まかなえるので、「美味しいものが食べたい!」という情報なのです。

この本はそういうところを分かっていらっしゃるので、「ひとりで楽しめるお店」をしっかりたくさん紹介しています。いやー、何日泊まってもまわりきれませんよ! というくらい、気になるお店がいっぱいです。

有名な神社仏閣めぐりではない、町歩きの楽しみ方を紹介してくれているのもありがたいです。しっかり研究しようと思います。

ここで困るのは、「どのホテルにしようかなあ」ということです。まだ決まっていないのです。部屋の条件だけでなく立地も違うのですが、どちらも周囲のお店が充実していて、魅力的なのですよね。まあ、年末くらいには決心できるかなあ。

uriel_archangel at 22:03 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都ひとり旅の研究中
 

July 29, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その1/長刀鉾が出発するまで)

いろいろ見逃してはならない、ということで、朝8時前には四条烏丸の交差点におりました。朝食をレストランで食べる時間もないかもしれない、ということで、前日のうちにコンビニで買っておいたおにぎりをもぐもぐ。

ここで改めてホテルのサイトを確認したところ、お部屋の備品にポットがあったことが分かりました。机の下の棚にあったのかもしれません。きちんと探さなかったので、ないのだと思っていました。あるなら、お味噌汁やスープが飲めたのに……。

――というのはともかく、警備担当の警察官の皆さんと一緒に四条烏丸にご出勤状態でした(笑) そういう状態だったので、まだまだ山鉾巡行が行われる雰囲気ではありませんでしたが、だんだん準備が整います。

2014-07-17-08-06-24

ちょっと分かりにくいのですが、この信号は、山や鉾が進むときに邪魔にならないように、くるりと回転して歩道の上にあります。

BlogPaint

実は長刀鉾は、四条烏丸よりも東にあるのです。

2014-07-17-08-26-06

そこで、長刀鉾は後ろに引かれ、ここからスタートします。

2014-07-17-08-27-26

――と思ったら、梯子というか階段というかが設置されました。つっかえ棒もありますが、人も支えています。

これは完全に余談ですが、この前の頭は外国人観光客で、「入ってはいけない」という場所に入ってしばらく占拠して写真を撮影していました。こういうときは、変に英語を使って丁寧に説明するよりも、日本語で「ここから移動しなさい」と命令するのが効きますね。実際、ベテランの警察官がそうやってどかせていました。

京都や日本だけのことに限りませんが、こういう行事は見世物のためにしていることではないので、こちらもそういう「見学させてもらっている立場だ」とわきまえることが大切だと思います。

ともあれ、山鉾巡行の準備は進みます。

2014-07-17-08-31-14

ぞろぞろと、お囃子方の人々が乗りこみます。確かに、スタートまでは後ろ向きに進むというのもありますから、最初からあまりたくさんの人数が乗りこんでいると大変だなあ、と思いました。そうこうするうちに、「なんだか満員電車みたい……」という人数が、鉾の中に入っていきました。

2014-07-17-08-41-38

禿役の子供たちも乗りこみます。

2014-07-17-08-42-47

お稚児さんが乗りこみます。お稚児さんは地面を歩いてはいけないので、こうやって担がれているのですね。お稚児さんも大変だと思いますが、担ぎ手も誇らしい仕事ですが責任重大です。

2014-07-17-08-43-17

しかもこうして、途中でぐるりと回って、お披露目というか、お稚児さんの姿を見せてもらいました。

2014-07-17-08-43-28

個人的には、この写真は「朝早くから待っていた甲斐があった!」というものでした。

ここからようやく、山鉾巡行が始まります。こんな調子で撮影しているので、23の山鉾の写真を全部ブログに載せるまで、何回に分けたらいいのやら、という感じです。

uriel_archangel at 11:35 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・山鉾巡行その1/長刀鉾が出発するまで)
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード