京都

July 28, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・日和神楽)

もう2週間近く前のことになりましたが、まだまだ写真がありますので、コツコツと書いていきます。

宵山の夜には、日和神楽が行われます。検索したところ、どのサイトも同じような情報が出ていたので、ざっと検索上位を見たところで一番情報が多かったページを紹介します。旅行前にあちこちサイトを見ていたところ、この時間がまちまちで、22時や23時と書いてあるところが多かったです。

ですが、夕方に見てまわったどこかの鉾で、「日和神楽 20時30分出発」という貼紙があるのを見ました。これで22時というのはないなあ、と思い、21時ころには四条御旅所にいるようにしよう、と思いながら夕食に出かけました。

夕食の後、歩行者天国のものすごい人ごみに驚きながら歩きました。あまりに歩きにくいので、しばらく裏道を歩きました。そこで四条寺町にある御旅所の場所を確認し、新京極通りや寺町通りをちょこちょこ歩いていたら、21時になりました。

御旅所のあたりに人が集まりはじめ、見物客が邪魔にならないようにロープを持つ係の姿が見えます。そうこうするうちに、それぞれの鉾や山から人がお囃子がやってきました。先ほどのリンク先のページにあるように、お旅所では、宮司さんから鉾町の町衆と囃子方が御祓いを受け、お囃子を奉納します。

2014-07-16-21-41-36

綾傘鉾の人たちは、棒ふり囃子を披露しました。あの棒をものすごい勢いで回しながらコントロールするってすごいなあ、と感心してしまいます。YouTubeで「綾傘鉾 棒振り」で検索すると、宵山や山鉾巡行などでの棒振りの様子が見られます。

2014-07-16-21-49-02

次は船鉾でした。

2014-07-16-22-03-23

こちらは月鉾です。

御旅所を挟んで左右にお社があり、山鉾ごとにどちらに参拝するか決まっているかは分かりませんが、左右交互にお囃子が奉納されました。

2014-07-16-22-08-53

四条傘鉾です。

2014-07-16-22-12-14

鶏鉾です。

2014-07-16-22-16-16

放下鉾です。

2014-07-16-22-22-44

菊水鉾です。提灯の文字は見えませんが、浴衣の菊の花模様で判断できます。

2014-07-16-22-30-47

岩戸山です。前祭の山でお囃子があるのはここだけ、ということかな?

2014-07-16-22-38-48

函谷鉾です。ほかの鉾は鉦などを釣った車(のようなもの?)はお社と平行でしたが、ここは垂直に設置していました。

先ほどのページによると、長刀鉾だけは八坂神社にお祓いとお囃子の奉納に行きます。とのことです。実は息子がここで体力の限界に達してしまい、ホテルに戻りました。なので、長刀鉾の車は見たのですが、どこで奉納したかまでは分かりません。

――ということで、ようやく宵山の写真を紹介し終えました。山鉾巡行の写真もあれこれあるので、どういう感じでブログに載せていこうか考え中です。1つのエントリーにつき山や鉾を1〜2つ紹介する、という感じでしょうか。

uriel_archangel at 14:41 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・日和神楽)
 

July 25, 2014

* 2014年京都の祇園祭(前祭・宵山)

東京も先週はそんなに暑くなかったようですが、今週は暑いですね。京都では暑い中あちこち歩き回りましたが、今はそんな気力がありません……。旅行の時は特別なのでしょう。

今回は、ご朱印を集めるぞ! というのはなかったので、山や鉾を尋ねて回る、というのはなく、のんびりと町を歩きました。

2014-07-16-14-37-01

蟷螂山のからくりを撮影しました。これではありませんが、からくりの蟷螂がひいてくれるおみくじがあり、行列ができていました。YouTubeにも映像があります。


おみくじはひきませんでしたが、見ていて飽きないですね。

そして、重要文化財のタピスリーが見られるので、函谷鉾に行きました。ここは女性でも上がれますが、長刀鉾など、女人禁制のところもあります。

2014-07-16-14-56-16

鉾の上から東側を撮影。

2014-07-16-14-57-18

これは西側です。

ここでホテルにチェックインできる時間になったので、部屋に入ってひと休みの後、夕方再度外に出たところ……

2014-07-16-17-49-15

灯りがともされ、鉾だけでなく町の雰囲気が変わりつつありました。長刀鉾では、祇園囃子の練習をしています。「お祭り!」という雰囲気が強くなりますね。

2014-07-16-17-57-08

四条通りは歩行者天国になっています。信号の表示によると、四条新町のあたりですね。

2014-07-25-08-40-49

町を歩く人の顔が写りまくりなので、こんな加工をしました。手前にあるのは月鉾です。

夕食後にまたまた町を歩いたのですが、烏丸通りは露店が立ち並んで歩行者天国になり、さらにものすごい人出になっていました。歩くだけでも大変でした……。

2014-07-16-20-56-37

ボケていますが長刀鉾です。あちこちで、翌日の山鉾巡行に向けての練習に力が入っていました。

2014-07-16-20-56-55

長刀鉾の向こうの函谷鉾も入れようと撮影したのですが、そちらよりも人の波のすごさを感じさせる写真になりました。

暑いし人出がすごくて思うように歩けないしで大変でした。東京の日常生活でこのタイミングで外出しろ、と言われたら、とてもではありませんが無理です。やはり非日常だからできるのでしょうね。

ところで、街中でうちわを配っていて、今回はご朱印は集めませんでしたがうちわは何種類か入手しました。そこで一番役立ったのは、KBS京都が配っていたこのうちわです。

2014-07-16-18-14-39

山や鉾の位置が出ています。これを手に歩いていれば、いちいち地図をチェックする必要がありません。実に便利でした。

uriel_archangel at 11:48 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年京都の祇園祭(前祭・宵山)
 

July 21, 2014

* 祇園祭の時期限定のお楽しみ♪ 膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚饅」と永楽屋の「水あずき」

今回も、祇園祭の時期限定の食べ物を楽しんでまいりました。霰天神山のすぐ近くで、大きなせいろをお店の外に出して販売しています。こちらの記事(祇園祭・宵山限定のお楽しみ「しみだれ豚饅」 京都のスタッフ取材日記 京都の観光・飲食・宿泊情報 どこいこ)が詳しく書かれていて、とても参考になります。去年は買いそびれましたが、今回はしっかり購入しました。

2014-07-16-13-43-56

写っているのは包装紙だけですが……。直径はゆうに10僂鯆兇┐泙后あんはお肉ぎっしりで、ボリュームたっぷりです。小食な人は食べきれないかもしれません。これ1個で十分お昼ごはんになります。私たちも、福寿園で抹茶タイムを過ごした後に食べたため、しっかり満腹になりました。

猫舌に加えて熱いものを持つのも苦手ということもあり、買ってすぐには食べられませんでした。ぱくぱく食べられる状態になるまでに、10分ほど持ったまま歩いていました(汗)

これは去年もいただきましたが、今年は親子でちゅるるん、です。

2014-07-16-14-12-40

永楽屋でも室町店限定だそうです。後祭では鯉山が出ていると思うのですが、その目の前にお店があります。前祭では、四条通りから入って菊水鉾と山伏山のある通り(室町通り)をさらに北上するとあります。

豚饅をなんとか食べ終えた後で、「これは外せません〜」と、ちゅるちゅるちゅるん、です。お店の人が「飲む水ようかん」と言って売っていましたが、まさにそんな感じです。

祇園祭そのもの(山鉾巡行など)の写真は、あれこれ撮っていてどれをアップすべきかまだチェックしていないので、周辺の情報ばかり紹介している感じです。

uriel_archangel at 17:43 | 日々の記録 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭の時期限定のお楽しみ♪ 膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚饅」と永楽屋の「水あずき」
 

July 19, 2014

* 京都での抹茶スイーツ三昧の記録

一日一抹茶スイーツを達成しました。ガイドブックに必ず出ている有名どころばかりです。「これは新しい!」というお店はないので、新しい情報を求めている人のご希望にはお応えできません……。
ちょうどお昼どきに喫茶コーナーに行ったので、ガラガラでした。

2014-07-16-12-45-59

息子が頼んだのは抹茶ブリュレでした。私は食べていないのですが、本人は美味しい美味しいと喜んでいました。

2014-07-16-12-47-42

私はオーソドックスな抹茶クリームパフェです。フルーツも使っていて、甘みや酸味が不思議な感じで抹茶に合っていました。水出しの煎茶も美味しかったです。
すべての山鉾の出発を見届けた後、歩くと大変なので阪急で河原町まで移動しました。四条河原町では辻回しをしていましたが、もうそういう気分ではないので、お店にまっしぐらです。さすがに有名な観光地にある有名なお店だけあって、そういう日でも行列ができていました。

2014-07-17-11-34-37

私がオーダーしたのは「都路里のされい」です。
祇園祭にちなみ、鉾と山をモチーフにした、パフェと氷のセットです。
鉾のパフェは、三種のアイス(抹茶・バニラ・玄米茶)に白小豆と抹茶のマカロンを飾り、山の抹茶氷には、甘酸っぱい甘夏みかんのわらびもちを付けました。
京の一大イベント、祇園祭を都路里でお楽しみください。
ということで、抹茶氷に入っていた白玉は作りたてがなので、早めにいただかないと固くなってしまうとのことでした。早い段階でいただきました。わらびもちはふわふわ柔らかで美味でした。パフェにのっていた白小豆は、説明をしっかり読まずに「りんごかな?」と思ったので、予想外の味にびっくりしてしまいました(汗)

本当は大きなパフェをどーんと食べたかったのですが、この後昼食が控えていたので、暑かったこともあり氷とパフェが楽しめるメニューにしました。

2014-07-19-23-21-24

息子は抹茶カステラパフェと抹茶ミルクです。さすがに育ちざかりで、こういうものを食べた後でも昼食もペロリでした。奥にあまり写ってほしくないものが写っていたので、写真デコ用のアプリで塗りつぶしました(笑)

こちらでも、水出しの煎茶が美味しかったです。
昼食後のちょうどおやつが欲しくなりそうな時間なので、大丈夫かな? と思いましたが、大混雑ということもなく、無事入れました。

2014-07-18-14-19-39

ここでは2人で、抹茶ロールケーキ&抹茶クリームティーのセットを選びました。最後にお口直しに出てくる水出しの煎茶が、またまた美味しかったです。

煎茶は、おちょこのようなガラスの器に入っていたのですが、この器のガラスがとても薄くて、唇に当たっている、という感覚があまりしませんでした。つまり繊細なもの(それなりのお値段のもの、ということになるでしょうね)を使っているということです。

最初に出てきたお水の入ったグラスがとてもきれいだったので、ケーキと一緒に撮影しました。

美味しい抹茶のお菓子を楽しんだ3日間でした。

uriel_archangel at 23:50 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都での抹茶スイーツ三昧の記録
 

July 18, 2014

* 祇園祭の京都を楽しんできました

残念ながら旅は非日常で、ずっと続けているわけにもいかないので帰ってきました。洗濯機が勝手に洗濯してくれて私は干すだけというのは、大変ありがたいことです(笑)

初日2日目と慌ただしく過ごしたので、最終日はのんびり……とやっていたら、最後でバタバタになってしまいました(汗) 朝食の後、ゆっくりチェックアウトしたら京都駅キャリーサービスの締め切りを過ぎてしまい、結局自力で荷物を運びました。

と言っても烏丸御池駅のコインロッカーに預けたので、ずっと持ち歩くことにはなりませんでした。

そして、国際マンガミュージアム→ランチ→おやつと過ごし、烏丸御池から再度地下鉄に乗って京都駅に向かいました。連日朝から夜まで外出続きで疲れたので、帰りは乗るだけで目的地(空港)にたどり着けるリムジンバスにしました。息子が部活仲間へのお土産のお菓子を選ぶのに、寺町通りや新京極通りに行くよりも、駅のほうが効率がいいというのもあります。

烏丸御池から京都駅に行き、バスに乗るまではやはりバタバタとしていて、家族へのお土産(息子が選ぶのとは違う、ちょっとお高級なもの)を買う余裕がありませんでした。結局伊丹空港で、京都は全然関係ないもの(でも美味しいのですよ〜)を購入しました。

夫にはこれです。

2014-07-18-21-11-52

京都とは関係ないですが、関西に行ったときの定番ではありますね。

ここでまたまた時間がかかってしまい、保安検査を通過したのが出発時間の20分前というありさまでした。でも、運良く飛行機の搭乗時間が予定より遅れたので、置いてきぼりになることはありませんでした。なんというか、危機一髪です。

祇園祭だけでなく京都そのものも、まだまだ「これが見たかった」「ここに行けなかった(主に食べ物関係)」ということばかりです。なので、また行くぞ〜、と思っています。頑張って働きますよ〜。

2014-07-18-14-54-09

これは完全におまけですが、京都駅に向かう途中、烏丸御池駅の近くのコンビニで、まゆまろが一日店長をしていました。

uriel_archangel at 23:58 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭の京都を楽しんできました
 

July 17, 2014

* 山鉾巡行は運良くしっかり見られました

朝食を前日に買っておいたコンビニのおにぎりで済ませた甲斐がありました(笑) 8時前に四条烏丸に到着し、そのまま待ちました。

2014-07-17-08-43-28

こんな写真が撮影できました。お稚児さんの舞が見られない場所でしたが……。次回はくじ改めと舞が見られる場所にしたいです。

そして、結局すべての山や鉾が出発するのを見届けたので、3時間ほど同じ場所に立ちっぱなしという、なかなかの苦行になりました。この後おやつ休憩&昼食でゆっくり過ごし、さらにホテルに戻ってゴロゴロと過ごしたので、夕方には元気復活! です。

気づいたのですが、宵山で人出がすごいとか、交通規制があって思う方向に進めないとか、そういうことがなければ、街を歩くのはさほどたいへんなことではありません。

2014-07-17-18-50-17

先ほどの長刀鉾も、夕方にはこんな状態でした。こうして縄だけを使って、鉾の本体だけでなく、満員電車状態で乗った人を支えるわけですからすごいです。いかにも「祭りの後」という風情ですが、まだ完全に片付けたわけではないので、警備員さんが配置されています。山や鉾の維持は、本当に大変なことだと思います。

でも結局、夕食を食べるお店をウロウロと探し、その後も御旅所付近で頑張っていたこともあり、またまた疲労困憊でホテルに戻りました。

今回の旅行では、連日、お風呂でふくらはぎや足の裏をマッサージしています。寝るときにはストレッチもしています。これが効いているのか、足がひどく疲れた、という感じにはなりません。今日はiPad miniを抱えていた時間が長かったので、腕もマッサージしました。

早いもので、とうとう明日が最終日です。のんびり過ごす予定ですが、欲張ってあれこれ詰め込んでしまいそうな気もします……。

uriel_archangel at 23:22 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 山鉾巡行は運良くしっかり見られました
 

July 16, 2014

* 去年よりは少ないですが、かなりの人出です

去年は、昼間でも人波をかきわけて歩くという感じでしたが、今年はそれほどまでの混雑ではありません。とは言っても、もともと東京に住んでいても、わざわざ人だらけの場所には行かない性分なので(そういう場所に行くのは展覧会くらいです……)、「うわあ、大変だあ」と思います。

今年は御朱印集めをするわけでもないので、のんびり歩けました。全部見られなくてもいいや、という感じです。

宵山の日中しか知らなかった私は、夕方に再度街に出てびっくりです。歩行者天国はできているし、歩行者専用道路になっても一方通行などの規制はあるしで、すごいことになっていました。しかも、お囃子の練習が最高潮で、昼間に聞いたスピーカー越しのBGMとは違います。

そんな気分で撮影した写真です。

2014-07-16-20-56-37

ブレてますが長刀鉾です。息子は、お囃子の人たちが座る位置にびっくりしていました。確かに、高い場所が苦手な人間からすれば、「落ちちゃうかも!」です。

2014-07-16-20-56-48

四条通りはこんな感じになっていました。灯りがともって、たくさんの人が歩いていて、「お祭りだなあ」という感じです。

結局今日もあちこち動いたので、私より若いのに気力に欠ける(?)息子は、既に疲れています。明日無事に山鉾巡行を楽しめるかが心配です。

そして私はというと、これから洗濯して寝ます。あれこれ洗うには洗面台が小さいなあと思ったのですが、よく考えたらバスタブという、大きなシンク(?)がありました。なので、活用しています(笑)

uriel_archangel at 23:38 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 去年よりは少ないですが、かなりの人出です
 

July 15, 2014

* 旅の荷物を足したり引いたり

もっと早くブログを書こうと思っていたのですが、旅の支度をしているうちに、こんな時間になりました。

2泊だからというだけではなく、暑さ対策で着替えが必要なので、荷物が予想以上に大きいです……。最初は目につく限りの着替えをぽいぽいと入れていったところ、オーガナイザーもぱんぱん、バッグもパンパンという状態になってしまいました。

これはさすがに、ということで、もう一度しっかり吟味して荷物を入れ直したところ、当初よりは余裕のある状態になりました。服の枚数を減らすのはもちろん、生地の厚さも比較て選びました。あと、たたみ方も変えて、あまり服がコロコロした状態にならないようにもしました。

あまり荷物が多くない段階で、くるくる巻いて収納というのをすると、きちっと固まった服が、かえって場所を取るように思います。個人的には、こういう段階だと、普通にたたんでおいて、「かさばっているように見えるけれど、実はまだ余裕がある」という状態のほうが便利です。きっちりぎゅうぎゅうに詰めるのは、旅先から帰るときのほうがいいですね、

そういえばパッキングは、先日購入したオーガナイザーで十分でした。もっと大きいサイズにしてしまうと、普段使っている旅行用のバッグに入りません(汗) あのサイズは、かなり収納力のあるトランク用かなあ、と思います。今回購入したもので、私の場合は足りるようです。

そんなヒマはあるのか? という話もありますが、ホテルの部屋で洗濯できるように、道具もあれこれバッグに入れています。残念ながらホテルにコインランドリーがないので、こういうことになりました。着替えが減らせても、洗濯用の荷物を増えてしまうわけですが、汚れた服を何日もそのままにしておくとか、帰ったら大量に洗濯する、というのがイヤなのですよね……。

着替えも念のため準備して、さらに冷房対策のはおりものを、なんてやっていると、ホテルに置いておく荷物だけでなく、街歩き用の荷物も、あっという間に増えます。今回は「荷物を小さくするぞ計画」はちょっとお休みします。まあ、どちらの荷物も、かさばってはいますが重さはないのですけれど。

こうやって書いているうちに、「宵山の山鉾の位置がわかる地図を準備していない」ということに気づいたので、これから地図を探して印刷して、それから寝ます。

明日は無事、早起きできますように〜。

uriel_archangel at 22:25 | 日々の記録 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅の荷物を足したり引いたり
 

July 12, 2014

* 祇園祭山鉾ご集印帳のコンプリートは来年以降のようです

昨年、必死で宵山(正確には宵々山?)の京都の町を歩き回り、山鉾でご朱印を集めました。そのときのことはこちらに書いてあります。足が棒になるほど歩き回ったのですが、1か所だけご朱印をいただけなかったところがありました。

ここは休み山という、山を消失してしまったけれど、懸装品などを飾る居祭で参加しているというところでした。そういう状態なので、ご朱印をいただける(誰かがいる)のが帰る日(16日の宵山)の夕方以降だったのです。ここはまたの機会にしよう、ということで帰宅しました。

で、「今年こそはご朱印をいただいて、ご集印帳をコンプリートさせるぞ!」と思っていたのですが……復活に向けて動いているのはよい知らせなのですが、復帰すると後祭に参加ということで、今年から居祭も後祭の日程(7月22・23日)で参加になるのです……(汗)

今年はさすがに、日帰りでも京都をもう一度往復する余裕はありません! ということで、コンプリートは来年以降、ということになりました。後祭も見学しなさい、という思し召しなのね、と思うことにします。

来年以降は、京都観光をするのは、もっと人も少なくてお値段もお安めの冬にしようと思っていました。でも、またこの厳しい季節にうかがわなければならないようです。

uriel_archangel at 11:42 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭山鉾ご集印帳のコンプリートは来年以降のようです
 

July 11, 2014

* 祇園祭のアプリがあった!

旅の情報収集で、ネットであれこれ調べていると、思いもかけない情報に出会います。iPad miniで祇園祭について検索していたところ、普段(PCで検索しているとき)は上位に来ないサイトがあったので、見てみました。見てみると、写真も多いしいろいろな説明もあって、ためになる感じです。コンパクトにまとまっているので、実際に町を歩きながら見ても、時間をかけずにポイントがつかめるというか。こういう京都の文化などを紹介するサイトは他にもありますが、このサイトも悪くないのでは、と思います。

――で、ここは何が違うかというと、祇園祭を楽しむためのアプリがあることです。このように書いてあります。
ハイライトである山鉾巡行の前夜祭にあたる『宵山』では各町に山や鉾が立ち並び、一部の山鉾に登れたり、粽(ちまき)や護符が売られたり、多くの夜店が並ぶなど、祇園祭のうちでも山鉾巡行に次ぐ賑わいを見せます。

このアプリではそんな『宵山』を楽しむために、山鉾の場所やグッズ販売の情報などをお伝えします。
山鉾巡りの強い味方です!
――というわけで、私たちにぴったりではないですか! しかも、iOS版というかiPhone/iPod touch版と、Android版があります。

去年の経験からすると、紙の地図のほうがサッと確認できて便利です。でも、山や鉾の説明まで紙のものを持っていると、荷物になります。見ながら歩くかどうかも分かりませんし。なので、こうやってアプリがあると、そういう解説のチェックはやりやすいですね。

Webサイトを見るというのもひとつの方法ですが、たとえ街中でも、データのダウンロードがスムーズにできるとは限りません。アプリなら、GPSで現在地の確認となると分かりませんが、解説や地図だけのチェックであれば、ダウンロードしてあるデータを呼び出すだけなので、待ち時間というのは発生しないかなあ、と思います。

実際にダウンロードして使ったわけではないので、まだなんとも言えませんけれど。

そして、iPad miniでは使えないこともなさそうですがiPad用として出ていないことを考えると、Nexus5にインストールするのがいいかなあ、と思います。

uriel_archangel at 16:02 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祇園祭のアプリがあった!
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード