国際女性ビジネス会議

July 26, 2011

* 「権威も批評にさらされる社会の到来」を政府もマスコミも無視している?

――というのが、先日の国際女性ビジネス会議の分科会で感じたことです。

分科会のテーマは「ソーシャルネットワークの可能性」で、講師は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授のジョン・キム氏と、コミュニケーションディレクターのさとなおこと佐藤 尚之氏でした。

ジョン・キム氏によると、大学の授業で学生がノートPCを持ち込み、授業中に言及したデータが正しくないと、指摘されるそうです(ノートPCを持ち込む学生は、三田ではごく少数で、SFCでは過半数だそうです)。つまり、権威もその発言内容を精査され、間違いがあったら容赦なく批判される、ということでした。

これは大学の授業に限らず、役所や政府・マスコミの発表でも、同じことだと思います。インターネット、特にいつでも接続できるブロードバンドの普及により、そういうオフィシャルな発表に使われるデータや背景へのアクセスが、一般市民にも容易になりました。大手メディアに所属する記者など、特定の(特権的な?)職業に属さなくても、それなりの調査ができます。

そのため、10年ほど前のようには、「役所や政府が言っていることは正しい」「マスコミの発表はオフィシャルなもので、事実に基づく公正なものだ」という無条件での信頼は得られなくなっています。逆に、この世の中で無邪気にそのように考えている人がいるとすれば、いわゆる「情報弱者」か「自分で何も考えない人」か、というところでしょう。私は恵まれた条件にいるので気づいていないだけで、そういう人は意外と多いのかもしれませんが……。

――でも、そのことに、当事者が気づいていないのではないでしょうか。いつまで経っても、何十年も続けてきたやり方が通用すると思っているのではないか、という感じがします。

「正しい情報・必要な情報だから政府やマスコミの発表を信じる」のであって、「政府やマスコミの発表だから内容が正しい」ではない、ということを、私たちも意識しなければならない、と思いました。

uriel_archangel at 19:58 | 講演会・展覧会 | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「権威も批評にさらされる社会の到来」を政府もマスコミも無視している?
 

July 25, 2011

* 国際女性ビジネス会議で2012年版のアクションプランナーを見てきました

タイトルのとおり、国際女性ビジネス会議で、2012年版のアクションプランナーが販売されていました。いつも、クレジットカードで支払うためにサイトで購入しているので、「見るだけ」になっています……。

パッと目につく2011年版との違いは、次のとおりです。
  • 印刷されている文字が、ブルー系からグリーン系になった
  • 表示される時間が長くなった(6:00〜22:00だったかなあ)
  • プロジェクト・アット・ア・グランスが、見開き2か月になった
  • カバーに新しいラインができた(スプラッシュラインと交代)

一番うれしいのは、プロジェクト・アット・ア・グランスが、見開き3か月から2か月に変わったことです。1か月あたりに書き込める項目が増えて、ありがたいです。

私は取引先別に仕事のスケジュールを記入しているので、実は「これ以上増えると書ききれない」ギリギリの状態になってしまった月がありました(ちなみに3.11以前です。もう遠い昔のようですね……)。でも、見開き2か月になれば、そういう事態はまず回避できます。

カバーは、私が去年から気になっていた色が今年も発売されるとのことなので、「来年はこの色だなあ」と決めています。

今年使っているゴールドはゴールドで面白い感じなので、悩むところではあります。あと、2010年版のターコイズ(正式な色の名前が違うかも……)や、だいぶ前に購入したエグゼクティブラインのレッドもお気に入りです。これまで使ったカバーをきちんと管理しているとは言いがたい状態なので、なんとかしないといけませんけれど。

今月末にサイトで販売を開始するそうです。会場で見たURLがこれまでと違っているので(イー・ウーマンのショップとは違うURL)、ここから今見られるサイトへのリンクはしないでおきます。

どのタイミングで買うかは決めていませんが、楽しみにしています。

uriel_archangel at 23:43 | 時間管理 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 国際女性ビジネス会議で2012年版のアクションプランナーを見てきました
 

July 23, 2011

* 第16回国際女性ビジネス会議に参加しました #joseikaigi

第10回から参加している国際女性ビジネス会議も、今年で7回目の参加となります。どうもベテランの域に達しつつあるようです。手元に何もない状態で書いているので、とてもおおざっぱな内容になるかと思います。

今日は、夜更かしをしたにもかかわらず、寝坊することなく朝5時前に起床して、5時40分すぎに家を出ました(お化粧をしないもので、こんな時間で十分準備ができます)。1時間強で、無事会場のホテル グランパシフィック LE DAIBAに到着しました。7時開場で、開場時間前に到着できた自分にも驚きましたが、私よりも早く到着している方が何人もいらっしゃることが驚きでした。

会場にはどんどんと人が集まりますが、テーブルの数といい、昨年までよりも参加者数が少ないかな? と思いました。確かに開催時間は早くて大変ですが、参加費の面では参加しやすくなっていたので、今までためらっていた人にはチャンスだったのではないかと思います。実際のコストはそんなに変わってないかもしれませんが。プログラムはこちらです。

今回のテーマは「ボーダーを越える発想・行動 〜つながる〜」でした。前半の講演では、様々な分野の第一線で活躍している方から、経験に基づくお話をうかがうことができました。私はこういうときに、複数の話から共通するところを探すのが好きです。なんというか、「普遍的なもの」を感じ取れるような気がするからです。

そして今回、「共通しているなあ」と感じたのは、
  • 失敗を恐れていて動かないと、何も変わらない。失敗は学びの機会と考え、行動を続けよう

ということでした。おそらく、アメリカ的というか、シリコンバレー的価値観の方が多かったのかな? と思いますが。

最近、自分が「動かないと何も変わらないから、何もしないより動くほうがいい」と考えてあれこれ行動していたので、「ああ、自分の考えは間違っていなかったんだ」と、お墨付きをもらった気分です。

さとなおさんの講演では、ソーシャルメディアがいかに人と人のつながり方を変え、消費などの行動を変えるかが、分かりやすく説明されました。今までと違うことに不安を感じる人もいるかもしれませんが、私は「新しいもの好き」なので、どういうふうに変化していくのかが、楽しみでもあります。

ここからは、私がさとなおさんの講演から感じたことです。確かに、バロック時代のコーヒーハウスのように、マスメディアではなく人(自分が信頼できる人)を通じて情報がもたらされています(この記事参照)。でも当時と違うのは、広がり方が今まで以上に多彩だということです。特定のコミュニティだけでなく、その人の所属する複数のセグメントに、同時に伝達できるからです。

この後の分科会では、「ソーシャルネットワークの可能性」を選びました。趣味での交流や仕事といった、自分の身近なことから、社会や政治にいたるまで、さまざまな場面でソーシャルネットワークが変化をもたらしていることが感じられました。

なので、単に「ソーシャルネットワークを仕事でどう使えばいいか」ではなく、「ソーシャルネットワークは社会にどのように変化をもたらすか」という、マクロの観点からのお話を伺えたのが、とても参考になりました。自分がどういうふうに使うかを考えるときに、役に立つと思います。

最後のネットワーキングランチビュッフェでは、最初は睡魔と空腹でどんなことになるかと思いましたが、一応おなかに食べ物を入れたら落ち着きました。いろいろな人と名刺交換をしたり、お話できたりしました。それなりに食事も食べることができました(笑) でもやっぱり、もっと積極的にいろいろな人にお声をかければよかったです。やっぱり来年の課題ですね……。

国際女性ビジネス会議に参加するたびに書いていますが、参加するみなさんが前向きでパワフルで(私もそういうふうに思われているのでしょう)、見知らぬ同士でもすぐに仲良く話せます。そして、場所や条件は違えど頑張っている「仲間」に出会えたようで、「よーし、自分も頑張るぞ」と思えます。

今年はマッチングスポンサーというシステムがありました。通常の参加費より多い参加費を払うことで、被災地の方や女子高校生・女子大学生を招待できる、というものです。私はそういうことができる状態にはまだ至っていないので、一般参加ですが、いつかそうやってスポンサーになれたらいいな、と思いました。

そして、女子高校生や女子大学生が、そうやって参加していたのですが、みなさん若くてキラキラしていて、まぶしかったです。特に女子高校生のみなさんには、今回の国際女性ビジネス会議で学んだことを糧にして、大きく成長してほしいと思います。

私は高校時代に、周囲は大人ばかりの英会話サロンに通うことで、自分の世界が狭いことに気付きました(かと言って、ちゃんと世界を広げたかというと、『いやそれほどでも……』なのですが)。会議に参加された学生のみなさんは、自分が今いる世界がまだまだ小さいもので、もっと広い世界が広がっていることを、肌で感じられたことと思います。おそらく、講演や分科会の内容を全部理解できた、とは言えない状態の方もいらっしゃるでしょう。

これをきっかけに、ぜひとも広い視野をもって世界を眺めて、自分の夢を明確にして進んでほしいと思います。

uriel_archangel at 23:59 | 講演会・展覧会 | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 第16回国際女性ビジネス会議に参加しました #joseikaigi
 

July 16, 2011

* 新しい名刺で気持ちも新たに!

昨日の午後に、「あ、そうだ、名刺を注文しなくては」と思い出し、銀座名刺で注文しました。10年近く前になると思うのですが、Niftyserve(だったのです、当時は)の翻訳フォーラムのオフに出たときに、ほかの参加者から「ここがいいよ」と聞いて以来、デザインを変えたりしつつ使っています。とにかく、いろいろな種類のデザインや書体から選べます。

ちょっとお値段が張りますが、せっかく印刷会社に注文するし、ということで、高級感のあるコート紙も利用しています。名刺だけをみているぶんには、なんだかとても立派な人に見えます……。

今回は、
  • 銀座名刺の持っているデザインを使う表面は変更なし

  • 自作する裏面は前回から変更あり

という組み合わせでした。注文方法について問い合わせたところ、「再注文の手続き後、送られてくる控えのメールに対する返信として、裏面のデータを送付する」とのことなので、そのように作業しました。

――そうしたら、早いもので、新しい名刺がもう手元に届きました。前回は表面のデータ作成からあったので、もう少し時間がかかりました。

新しい名刺


名刺に載せる情報は少しずつ手を加えてはいますが、3年ほど、このデザインを愛用しています。時間をかけていろいろなデザインを眺めて、一番気に入ったものです。表面は、念のため文字のあるところはモザイクをかけました。ブログのURLやTwitterのIDは見えても問題ないのですが、フリーハンドで範囲指定したもので、きれいに見せられないのです。で、「いっそのこと全部隠しちゃえ!」となりました。裏面は「チラ見せ」です。

オーダーするたびに、このブルーの色合いがディスプレイで見るのとは違う感じで印刷されていて、少しギャンブル的なところがありました。でも今回は、私の好きな感じのブルーで色が出ていて、うれしいです。

いつもは100枚印刷しているのですが、今年は高校の同窓会もあるということで、思い切って倍の200枚を印刷しました。1枚あたりの価格は下がっているのですがそれなりの合計額になり、懐が少し痛みます……(汗)

毎年「もっと積極的にネットワーキングすればよかった」が反省なので、今年こそ、去年以上に多くの人に出会いたいと思います。

uriel_archangel at 16:38 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 新しい名刺で気持ちも新たに!
 

July 10, 2011

* 2011年の時間管理の現状

やっぱり『ほぼ日』は持っているだけになってしまっています。スケジュール管理に使っているのはアクションプランナーだけ、という状況なのですが、これもあまりいい使い方にはなっていません。

3月までは複数の翻訳の作業を並行して進めたりしていたので、プロジェクト・アット・ア・グランスの部分は、それなりにしっかり書いていました。ウィークリーのほうは、そんなに厳密に書いていたわけではありませんが。

そして4月以降、幸か不幸か翻訳の仕事がのんびりモードになったため、プロジェクト・アット・ア・グランスもしっかり書かなくなっていました。書かないと忘れてしまうようなイベントが、あったわけでもなかったので。

最近では、積極的に翻訳の仕事探しをして、応募したりしています。これもあって、「決まったものからどんどん書いていかないと、忘れてしまう」と思うようになりました。息子の塾も夏期講習になるので、授業のある日がイレギュラーになります。いろいろとスケジュールを調整するのにも、そういうことが把握できていないと即答できません。

そこで、子供のことや事務仕事のことも含め、細かく書くことにしました。これは、プロジェクト・アット・ア・グランスでは、たいていできています。

でも、ウィークリーのほうでも、きちんと「自分にどれだけ時間があるか」を把握するために、細かく書き込んでいったほうがいいなあ、と思っています。たとえば、美容院に13時の予約を入れた場合、「13時・美容院」だけではなく、出発時間(たとえば『12時30分出発』など)や帰宅時間(概算でよい)も含めて時間を確保する、というものです。

これは本当は、アクションプランナーを使う上では(佐々木かをりさんのおっしゃる方法をする場合は)基本的なことです。ただ、そこまでスケジュールが立て込んでいるわけではないので、私がきちんとそういう使い方をしていなかっただけです。

で、なぜこういうふうにするかというと、「自分の自由にできる時間はどれだけあるか」を知るためです。「この週はいろいろ予定が入っているのよね」と思っていても、こうやって調べてみると、意外と1つの予定あたりにかかる時間が長くなく、「ほかのことに割り当てられる時間」が多いことがあります。逆に、「そんなに忙しくない」と思っていても、予想以上に拘束時間が長く、時間に余裕がないこともあるのです。

最近の翻訳の仕事への応募がうまくいくと、複数のプロジェクトを同時進行させることになります。なので、どこにどれだけ仕事をする時間があって、トータルでどれくらいの作業時間になりそうか、というのを把握しなければならないのです。

フリーランスの場合は、どれだけ時間を活用できるかがカギになります。なので、「きちんと記入して、自分の持っている時間を把握しないとなあ」と実感しました。会社勤めの人にその必要はないかというと、やはり重要だと思います。ただ会社に行ってルーティンワークをして……ではなく、自分の価値を高めるには、スキルアップや趣味に費やす時間の確保も必要でしょうから。

まだきちんと書き切れていないスケジュールもあるので、きちんと分かるところは書いていこうと思っています。

そうそう、国際女性ビジネス会議では、2012年版のアクションプランナーが見られる(購入もできるはず)と思います。いつもイー・ウーマンのサイトから購入しているのですが、ここでは、どんな色のカバーがあるか、どこが改良されたかをチェックするのを楽しみにしています。

uriel_archangel at 23:45 | 時間管理 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2011年の時間管理の現状
 

July 09, 2011

* 国際女性ビジネス会議には名刺をお忘れなく

気が付けば7月も、七夕を過ぎていました。あれこれ忙しくしていて記憶からきれいさっぱり抜けていたのですが、

「7月23日は、国際女性ビジネス会議だ」

なのです。もちろん、今年も申し込んでいます。マッチングスポンサーになれる状態ではないので、一般参加者としてですが……。そして、第10回から参加している私は、7回目の参加になります。初心者だったはずが、気が付けば「何度も参加されているんですね〜」と感心されるレベルになっていました。

今年は節電の関係で、朝早く始まりお昼過ぎに終わるとのことですが、それでも充実した内容であることは間違いないと思っています。それにしても、朝食をどうしましょうか。いつもは9時開場なので、会場や隣のホテルで朝食を楽しんでから……というのんきなことをしていました。実はこれも、私にとって楽しみの1つでした。でも、今回は7時開場です。途中で軽食を食べて行く、というのが現実的でしょうね。

最初は「開場後に食べるかなあ」などと考えていたのですが、「いや、これはやめたほうがいい」と、すぐに方針転換しました。食べる時間がもったいないのです。

どういうこと、と思われるかもしれませんが、これは国際女性ビジネス会議を知っている人なら、「そうだよねえ」と納得してもらえると思います。

今年はどういうレイアウトか分かりませんが、午前の部は、ランチがあるため、円卓に座ります。ここで積極的に前のほうの席を取るのですが、そうやって着席したらまず何をするかというと、近くの席の人と名刺交換をするのです。

講演や分科会も非常に学ぶところの多い国際女性ビジネス会議ですが、それと同じくらいかそれ以上に、ネットワーキングも重要です。とにかくポジティブで元気な人たちばかりなので、こういう出会いがあるのも楽しみの1つです。なので、会場で朝ごはんを食べるというのは、「ネットワーキングの時間が減ってしまってもったいない!」になるわけです。

ビュッフェ形式の食事の場だけがネットワーキングの機会ではありません。分科会でも、近くの席にいる人と積極的に名刺交換します。なので、よく「名刺をたくさん持って来てください」と書いてあるのですが、本当に積極的に動くと、100枚では足りないとなる人もいるかと思います。

そこでタイトルのとおり、「名刺をお忘れなく」なのです。会社の名刺である必要はありません。せっかくたくさんの人と出会う機会ですから、会社の名刺を使わず、個人の名刺を作って持ってくる、というのもよいと思います。

私は、仕事用の名刺ではありますが、翻訳者というだけでなく、夢というか、「やりたいこと」も入れたものにしています。だから、個人の名刺も、ただ名前と連絡先だけでなく、「こういうことがしたい」というものを入れてみてはいかがでしょう。そうすると、物事がそちらの方向に動き出すのではないかと思います。

私自身は、裏面に入れたプロフィールを改訂しようか……と考えています。やっぱり1年経つと、状況が変わったこともありますが、自分のフォーカスしているものが変わってきます。でも、発注を考えると、来週半ば(と書くと長そうですが、あと4〜5日くらいでしょうか)には確定しないといけません。

私が使っているのは、銀座名刺です。いろいろなデザインから選べて、素敵な名刺が作れます。私は、表面のデザインは銀座名刺にあるものにし、裏面は自分でWordで作った原稿を使っているのですが、こういうイレギュラーな構成にも対応してもらえます。

国際女性ビジネス会議で、多くの方にお会いできることを、楽しみにしています。

uriel_archangel at 15:43 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 国際女性ビジネス会議には名刺をお忘れなく
 

May 29, 2011

* 「第16回 国際女性ビジネス会議」参加申込み始まっています

もう今年も、この季節がやってきました。

確か、第10回から参加しているので、もう7回目になります。初参加のときは幼稚園児だった息子も、今では小学6年生です。早いものです。

今年は電力不足が懸念されるので、どうするのかな、と思っていたのですが、内容を変更し、時間を短縮しての開催となりました。7時開場8時開始ということで、今までより1時間早いですよ……(汗) ですが、毎年「朝ごはんは近くで食べよう」というのを目指して、7時ころにはお台場に出没しているので、寝坊しなければ大丈夫かな、と考えています。

分科会は、今年も「これもいいな。あれも面白そう」というものばかりで、悩んでしまいます。――が、参加申込みの際の分科会アンケートは、どの分科会にどの会場を割り振るかの目安程度なので、申し込みの時から気が変わっても、もちろんどの分科会を申し込んだか忘れてしまっても大丈夫です。これは、スタッフの方から聞いた話なので間違いなし、です。

例年ですと、来年版のアクション・プランナーが先行販売されていて、実物が確認できます。手帳本体だけでなく、カバーのラインナップもある程度見られます。これも楽しみのひとつです。

あれこれ書きましたが、一番の楽しみは、前向きで元気なたくさんの人たちに出会えることです。ブログでも何度も書いていますが、翻訳も事務の仕事も、基本的にそんなに人と出会うことのない仕事です。なので、元気になれる人たちとの出会いは、本当に楽しみです。最後のビュッフェも楽しみですけれど(笑)

去年、名刺に載せる内容を思い切って変更しました。いちばんお渡しすることが多いのは国際女性ビジネス会議なのですが、そのときだけでなく、以前名刺を渡したことがある人にも、「いろいろ変えました〜」と渡していました。残り少なくなったので、発注しなければいけません。

――そして、これだけ書いておいてなんなのですが、まだ申込み手続きをしていません(汗) 今月中には手続きをしなければ、です。

uriel_archangel at 08:49 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「第16回 国際女性ビジネス会議」参加申込み始まっています
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード