抜釘

April 14, 2013

* 骨折して固定して抜釘したその後

抜釘を決心した理由は複数ありますが、「このままでは指輪が入らない!」というのもありました。何しろ左手の薬指です。結婚指輪は、(骨折した)バスケットボールの大会前にはずしてしまっていました。ここでもしもきちんとはずしていなかったら、切断しなければならなかったと思います。

それはともかく、先日「そういえば……」としまいこんでいた結婚指輪を取り出して、指にはめてみました。正確に言うと、はめようとしてみました。

――入りませんでした(汗)

骨折した部分の関節が、以前より太くなっています。ここでどうしてもつかえてしまうのです。ここを通るサイズの指輪だと、根本ではかなりゆるくなってしまい、万が一の時に危ないです。事故の原因になってしまうかもしれません。指輪は、右手の薬指なら問題なく入ります。でも、今まで「あるのが当たり前」ではなかった指なので、かなり違和感があります。

……ということで、あきらめることにしました。

指輪が入らなくなってしまったのは残念ですが、それ以外はおおむね順調です。曲げるのは、他の指とそん色なく曲げられます。ピンと伸ばそうとすると、まっすぐにはなるのですが、反るまでは伸ばせません。これは抜釘前から変わっていません。

作業療法士の先生は、「完全に骨折前と同じ状態、というわけにはいかないです」というご意見で、私も「あきらめなければならないところはあるかなあ」と思っています。でもそれ以外は、本当に変な痛みなどもなく、手術の痕も最初の手術のときより大きくならず、「後遺症」のようなものは見られません。

どうしても、学生時代の古傷と同様、寒いときは「ちょっと痛いかな……」とはなります。でもこれも、去年に比べればかなり楽になりました。去年は普通の手袋をしていたのですが、今年はiPod touchを使うようになったので、指先が開いているタイプのものを愛用しています(もとから持っていたものです)。

あとは、これまでボルトが気になってできなかった、「手を組む」が普通にできるようになりました。こういう手術が気軽にできる時代でなかったら、ズレた状態で骨がくっついてしまって、うまく動かなくなったり痛くなったり、大変だったろうと思います。

医学の進歩に関しては、長生きすればするほど恩恵も大きい、というものかもしれませんね。

uriel_archangel at 23:03 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 骨折して固定して抜釘したその後
 

March 16, 2013

* 抜糸しました!

2011年12月に骨折して以来、病院通いが続いていました。最初は毎週、次に1週間おき、次に月1回、その後は2〜3か月に1回、というペースになりました。

抜釘のための検査などで、1月末からは久々の1週間おきの通院になりましたが……。

こんなに長い期間、定期的に(まじめに)通院するのは初めてでした。大きな病院なので、レントゲンに時間がかかったり、なかなか診察で呼ばれなかったりと、いろいろありました。

でも今週、無事に抜糸が終わりました。見たところ、今まで(最初の手術の後と比べて)傷口に変化はないようです。

骨折後のアフターフォローはここまでで、これ以降は自分でリハビリに努めます。――とは言っても、骨折の手術直後の「どんなに頑張っても曲がらない!」という状態ではないし、一度通ってきた道なので、回復も早いでしょう。骨折前と同じ状態になるかというのは、「?」ですけれど……。

というわけで、こんな状態です。

病院の予約票

今まではここに必ず、次回の診察予約が入っていました。でももう、「次回の予約」はありません。定期的な通院は終了です。1年3か月ほど通ったわけです。

データはすべて残っているので、何か問題があったらいつでもご相談ください、とのことでした。

学生時代だったら、ここまでひどい骨折をせず、手術の必要もなく、2か月くらいですっかり治っていたことでしょう。それを思うと、長かったです……(汗)

ともあれ、病院の皆さんには大いに感謝しています。ありがとうございました!

uriel_archangel at 15:32 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 抜糸しました!
 

March 11, 2013

* 抜釘の手術終了、あとは抜糸!

もう今週は抜糸なのですが、抜釘(ボルトを外す手術)をしました。

遅刻したわけではないのですが、「今日手術ですけれど、忘れていませんよね」という確認のお電話をいただき、焦って病院に向かったため、しっかり血圧が上がってしまいました(汗) でも一時的なものなので、そのまま手術です。

ボルトを入れるときの印象だと、追加で麻酔を打って、時間もかかって……だったのですが、外すのはあっという間でした。ものの30分くらいで終わってしまい、「あら、ウトウトする間もなかったわ」という感じです。そういうわけで、手術にかかる費用も、入れるときの1/3ほどでした。

先生によると、「見つからないと探さなくてはいけないので、最初の手術よりも大きく切る可能性もあります」とのことでした。でも、手術から約1週間後の診察で見たところ、大きくはありませんでした。先生も、「前回と同じ大きさで大丈夫でした」とおっしゃっていました。

リスクの説明ということで、手術に関する説明を見ると、いわば「最悪の可能性」があれこれ書いてあります。組織の壊死だとか、神経の障害だとか。読んでいると、手術をしたくなくなるくらいです。でも、やっぱりボルトが入っていると不便だな、というわけで、手術の同意書に署名しました。

最初は隣の小指もまとめて包帯でぐるぐる巻きにされたため、PC入力で苦労しました。お箸が使えないとか洗髪できないとかは、十分想定していたのですが。今は、包帯は外れましたが抜糸はしていない状態です。

ばんそうこうをしているので完全に動きが自由になるわけではありませんが、骨に問題はないのでPC入力は可能です。お箸も持てるようになりました。最初の手術の後は、指が思うように動かず苦労したので、今のうちにできる範囲で指を曲げたり伸ばしたりしています。

洗髪は週2〜3回のペースで美容院に通っています。こんなに暑くなるとは思っていなかったので、「もうちょっと気温が低いと、毎日シャンプーできない身には楽なんだけどなあ」と思っています。

抜糸したら通院から卒業とのことなので(指のリハビリは自力で頑張るという意味でもあります)、長く通った場所だけに「ちょっとさみしい」という感じもします(笑) まあ、そう遠くない場所なので、何かのついでに地下のコンビニに行くかもしれませんけれど。

uriel_archangel at 16:11 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 抜釘の手術終了、あとは抜糸!
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード