文房具

May 17, 2014

* やっぱり使いやすい消しゴムはこれ!

濃い芯(B)を使っているからか、消しゴムに当たりはずれがあります。現在ちょっと浮気をしていますが、やっぱりこれでしょ! という結論に達しました。

《メール便対応》 トンボ鉛筆 消しゴム モノライト PE-LT ◇TOMBOW MONO LIGHT
《メール便対応》 トンボ鉛筆 消しゴム モノライト PE-LT ◇TOMBOW MONO LIGHT

トンボのモノライトです。モノライトのいいところは、「力を入れてゴシゴシ消さなくていい」点(ノートやプリントを破らずに済みます)と、「消しゴムの汚れが紙に移らない」点です。ライトでないモノだと、消しゴムにくっついた黒いカス(芯が粉末状になったもの、でしょうか)が、紙に移ってしまうのです。これは、現在浮気中のステッドラーでも同じです。

高校生のときに、マークシート式の試験を受けるにあたり、この「消しゴムの汚れが紙に移る」がとても気になりました。消しカスがあまり出ないとかまとまるとか、そういうことよりも、「きれいに消せるか」のほうが、私には重要でした。

あと、「軽さ」を売りにしている者だと、力を入れてゴシゴシしすぎて、紙が破れるだけでなく消しゴムがボロッと崩れることもあったのです(汗) いろいろダメージが大きいので、これも避けたい、と思ったのでした。

そこで、そうならない消しゴムを求めて調べたところ、いいものに出会った……というわけです。実はこの条件を満たす消しゴムは、もう1種類あります。

ぺんてる マークシート消しゴム ZEM10
ぺんてる マークシート消しゴム ZEM10

今は他のメーカーからも発売されていますが、昔はマークシート向けの消しゴムと言ったらこれでした。これも力を入れずに軽く消せて、汚れが紙に移りません。受験生のときは、モノライトとマークシート消しゴムと、合わせて3〜4個持っていました。大学を卒業するまでに使い切れないくらいでした……。

事務仕事をするようになってから消しゴムを使う頻度が増えたので、最近になって再び、こういう消しゴムが気になっています。私にとっては、ステッドラーよりも優秀な消しゴムです。今使っているのは息子に押し付けて、またこういうのに戻ろうか、と考え中です。

ちなみに息子はそこまでこだわりがないので、「別にどれでもいい」という感じのようです。本人には言いませんが、「甘い甘い!」と思ってしまいます。

uriel_archangel at 15:48 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - やっぱり使いやすい消しゴムはこれ!
 

March 07, 2014

* 書くことで「思い」をはっきりさせる

私は「意思の力」が現実に影響すると考えています。――とか書くと意味不明ですが、

「『私はこう行動したい』『こういう状況になってほしい』という気持ちが、現実をその方向へ動かす」

というところでしょうか。もっと分かりやすくすると、「今日は楽しい一日にするぞー!」と思うと、楽しい一日になる、ということです。

そんなわけで、いろいろなことが起きても、基本は楽観的に過ごすようにしています。ちょっと心配なことがあっても、「大丈夫大丈夫、明日になったらちゃんと物事が動き出すから」と気持ちを切り替える、という感じです。実際、上手いこと物事も切り替わっていました。

でも最近、そういう気持ちが欠けているかも、という感じがするようになりました。なんというか、自分の気持ちがふわふわとしている感じで、あれこれ上手く切り替わっていかないように思います。

こういうときにどうするかというと、私は書いてはっきりさせるタイプです。頭の中でぼんやり考えているだけだとはっきりしない(させなくても問題にならない)のですが、ペンを動かすのであれキーボードを叩くのであれ、はっきりしていないと文章として表現できません。

この前の測量野帳、もう1冊買っておけばよかったなあ、と思いました。でも、文房具好きの私ですから、買ってみたものの使っていないノートがたくさんあります。

ミニノート

去年、「おくすり手帳」をどうするか考えていたときに買ったものですが、ご多聞に漏れず「出番なし」のまま来ていました。書いてある通り、A6サイズで幅は測量野帳より長く、高さ(縦というか)は低い、という感じです。厚みは測量野帳のほうがあるかなあ(自分で触ってみた印象です)。

――で、これでどうするの、と思われる人もいるかと思います。ここにひたすら、「自分がしたいこと」「こういう状況になってほしいと思うこと」を書いていくことにします。端的に言うと「妄想ノート」ですね(苦笑) ここはアファメーション的に、「今現在こういう状況である」という文体で書くことにします。

モヤモヤしていたものがはっきりするだけでなく、さらに具体的になるので、「書く」という行為は個人的にはお勧めです。

uriel_archangel at 11:38 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 書くことで「思い」をはっきりさせる
 

March 02, 2014

* 測量野帳をスリムに感じる理由

お店で見ているときは「やっぱり測量野帳はスリムだなあ」と思っていました。でも、帰宅して比べてみると、そんなに劇的にスリムというわけではありませんでした(汗) ノート部分の厚さも、表紙の厚さも、大きく違うという感じはしません。

ではなぜ、スリムに感じるのか。これは製本の違いからくるのだなあ、と思いました。

pickmeカバーノート


写真は製品紹介ページからお借りしました。
最初に買った旅行用ノートは、背表紙もきちんとあって、しっかりとした作りです。一方で測量野帳は、こんな感じです。

測量野帳


写真はこちらのページからお借りしました。
一番大きな違いは、背表紙が角ばっていないところです。製本に詳しくないので、名称が分からないのですが……。ともあれ、その結果、背表紙部分がやや丸みを帯びています。

小さいことですが、これが「スリムに感じる」ところかなあ、と思います。しっかりした作りというのは、逆を言うと、荷物があれこれ入ったバッグや(私はそのようには使いませんが)ポケットから出し入れするときに、どこかに引っかかるということです。

私のように、バッグに荷物をあれこれ詰め込んでしまうタイプには、出したりしまったりがスムーズにできる測量野帳のほうが向いている、ということだろうなあと思います。


uriel_archangel at 11:44 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 測量野帳をスリムに感じる理由
 

February 28, 2014

* 我慢できずに測量野帳を買いました

先日購入した旅行用ノート、まだまだページがあるのですが、「もっと薄いものがいいなあ」と感じるようになりました。やっぱり、バッグにすっきりおさまるタイプがいいのです。

そして、先日受けた健康診断で、自分の各種データと直面しました。「やっぱりダイエットだよねえ」ということで、まだ食事の記録をしっかりつけてみようと思いました。ここで、ついつい「年間ウィークリータイプの手帳を……」などとやってしまうと、また持ち歩きが面倒になって、何もしなくなってしまいます。

そんなわけで、2冊購入しました。

trystrams フィールドノートLimitedColor レッド スケッチ40枚 コクヨ[THF-KN06R]
trystrams フィールドノートLimitedColor レッド スケッチ40枚 コクヨ[THF-KN06R]

とうとう、めぐりめぐって測量野帳にたどりついたというか、戻ってきたというか。ベーシックなグリーンもありましたが、限定版でカラフルな表紙のものがあったので、そちらにしました。お値段が違うのですが、明るい色のものを持っていたいなあ、と思ったのです。

この赤い表紙は、旅行用ノートにします。

trystrams フィールドノートLimitedColor イエロー スケッチ40枚 コクヨ[THF-KN06Y]
trystrams フィールドノートLimitedColor イエロー スケッチ40枚 コクヨ[THF-KN06Y]

食事の記録は、この黄色い表紙です。昔の私なら、今回選ばなかったブルーやベージュを選んだだろうなあと思います。変われば変わるものです。

今までの旅行用ノートに比べると、表紙が薄いので全体の厚みが薄くなっています。出先でもバッグから出し入れしやすそうです。そういう携帯性も考えられたデザインなのでしょうね。「数量限定発売」とのことなので、気になる方は要チェックです。

uriel_archangel at 11:41 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 我慢できずに測量野帳を買いました
 

January 26, 2014

* まだまだ元気なペンを大事に使っています

事務仕事で、太いペンで大きな字をしっかりと書く必要があるため、サインペンを使っています。これが「最近、書き味が悪くなってきたなあ」と感じるようになったので、新しいペンを準備していました。

でも、なかなか切り替えられません。

なぜかと言うと、古いペンを使っているうちに、特定の向きで持つと、まだまだしっかりした字が書けることが分かったからです。不思議なことに、書きやすい持ち方をすると、ペンが手にしっくりなじむ感じがします。なので、すぐに「あ、この角度でいいんだ」と分かります。

そんなわけで、新しいペンは出番がないまま、半年ちかく経過しています。

そうこうしているうちに、書き味がいいように持っていても、インクののりが悪い紙があることが分かりました。念のため新しいペンもペンケースに入れることにしたのですが、見た目だけでは、新しいものか古いものかが、すぐには分かりません。

そこで、古いペンに目印として、事務所に置いていたマスキングテープ(仮止めに便利なのです)をぐるぐる巻きました。それと、せっかくなので、「この部分が見えるように持つと、しっかりした字が書ける」の目印になるシールを貼ることにしました。

……結果、こんな感じになりました。

画像1

この先どれくらい使えるかは分からないのですが、大事に使っていこうと思います。

uriel_archangel at 11:38 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - まだまだ元気なペンを大事に使っています
 

November 29, 2013

* 手紙を書く機会は減ったけれどレターセット好き

こうして、誰が読むとも分からない文章を書くのが好きな人間ですから、読む相手が分かっている手紙を書くのは、もちろん嫌いではありません。でも最近は、十分に時間が取れないので書かずにいます。

問題は、書き始めるとダラダラ長くなってしまうことです。続きはまた後で、とか思っていると2か月くらい経ってしまい、「こりゃ駄目だ」になったことが何度もあります(汗) 仲の良い相手には、あれもこれも知らせたいと思ってしまって、便箋5枚分くらい、平気で書いてしまうのですよね。電子メールだと、書いた後でばっさり編集もできますが、紙に書くとそうはいかないのが難しいところです。

手紙を書くのが好きだったので、とにかくレターセットにも凝っていました。今も、10年以上前に購入して使いきれなかったおしゃれな(と思う)デザインのレターセットが、荷物の中に埋もれています。特によく使うデザインやサイズのものを、ちょっと気を利かせた場所に片付けると「見つからない!」になってしまう、というのを、今までに何度やらかしたことか。

そしてその都度「新しいの買わなきゃ」となり、新しいものを買って1〜2度使ったところで、行方不明にしたレターセットがきれいな状態で発掘される、というのの繰り返しです。「書くときはたくさん書くから」と、ついつい枚数の多い便箋を買ってしまうので、とにかく在庫が減りません。

これは、近所の文具店の品ぞろえがいいのがいけないのです。――と、他人に責任を押し付けておきます(笑)

学生時代は、柄が主張するようなデザインのものをよく使っていましたが、さすがにこの年齢になると、そういうものを使っていると「年甲斐もなく」と言われそうなので、控えめなデザインのものにシフトしていきます。

「自分の年齢を考えろ」という声が頭に響くのもありますが、別に「このデザインは泣く泣くあきらめる」ということもないので、趣味が変わってきているのでしょうね。

これからも私は、使いきれない量のレターセットを買っていくのだろうなあ、と思っています。

uriel_archangel at 11:02 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 手紙を書く機会は減ったけれどレターセット好き
 

October 25, 2013

* 「図表罫」のノートを買ってみる

「これを買うぞ!」と思って文具店に行ったわけではないのですが、買って帰ってきました。

学習罫キャンパスノート〈図表罫〉30枚セミB5桃6mm コクヨ[ノ-F3BK-P]
学習罫キャンパスノート〈図表罫〉30枚セミB5桃6mm コクヨ[ノ-F3BK-P]

以前も書きましたが、私はB罫(幅6弌砲好きなのです。図表罫についての詳しい解説はこちらのページにあります。このページは図表罫のみの説明です。ラジオで聞いているフランス語のまとめノートに使おうと思って購入しました。

外国語の勉強に使うなら、図表罫ではなく文章罫じゃない? という意見もあるかもしれませんが……。実は、動詞の活用などを書くのに表を使いたいと思っていて、そういうのに便利なノートを買おうと思っていたのでした。本当は実際に使ってみてからブログに書こうと思っていたのですが、バタバタしていてなかなか着手できずにいます。

そんなわけで、使い心地は後日の報告になります。

ちなみに、こういう図表を書くのに便利な罫は、ナカバヤシでも扱っています。スイング・ロジカルノートです。

表の書きやすいノートは、最初はナカバヤシしか知りませんでした。でも、お店に行ったらコクヨのものもあって、「どちらがいいかな」と考えた結果、コクヨにしました。ピンク色の表紙がよかった、というのが大きな理由です。あれこれある中から選べるというのは、とても楽しいことですね。

uriel_archangel at 21:11 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「図表罫」のノートを買ってみる
 

July 07, 2013

* 国立科学博物館限定バージョン「科博フィールドノート」

携帯に便利なノートをあれこれ調べた結果、オーソドックスなコクヨの測量野帳にたどりついた(というか帰ってきたというか)わけですが……。このノートに、実は国立科学博物館の限定バージョンというのがあったのです。(写真はミュージアムショップのサイトからお借りしました)

測量野帳かはくバージョン

市販品とは異なり、オレンジ色の表紙に科学博物館のロゴとマークが入っています。派手な色合いではないので、年齢・性別関係なく、誰が持っても違和感がないと思います。ノートの罫線は、スケッチブック(3mm方眼)になっていました。これまた、さまざまな用途で役に立ちますね。

科学博物館に行かなくても、先ほどのサイトで通信販売しているで、入手が可能です。送料・代引手数料がかかるので、そのあたりを天秤にかける必要がありますけれど……。

先日、科学博物館のミュージアムショップで見かけて「おお!」と思っていたのに、ブログに書くのを忘れていました。特別展「深海」に行く予定なので、このときに買ってみてもいいかなあ、と思っています。とは言え、デビューするのは、今使っている旅行用ノートを使いきってから、になります。

uriel_archangel at 15:34 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 国立科学博物館限定バージョン「科博フィールドノート」
 

June 07, 2013

* ハリナックスを使っています

使っていると言っても、自宅ではなく職場ですが。

コクヨS&T <ハリナックス>ハンディタイプ8枚とじ緑【あす楽対応_関東・関西】関連ワード【KOKUYO、S&T、文房具、文具、事務用品】
コクヨS&T <ハリナックス>ハンディタイプ8枚とじ緑【あす楽対応_関東・関西】関連ワード【KOKUYO、S&T、文房具、文具、事務用品】

上司が使うつもりで購入したのですが、結局一番使っているのは私、という感じです。

販売されているもので、一番とじられる枚数が多いものにしたのですが、それでも8枚です。ちょっと枚数の多い書類となると、あっという間にとじられなくなります。ちなみに、とじられるかどうかは、重ねた紙が差し込めるかどうかで判断できます。

私が重宝しているのは、パイプファイルにファイリングするときです。何枚かの書類をひとまとめにするときは、今までは普通のステープラーを使っていました。でもこれは、どの書類も同じ箇所で留めていると、その部分が厚くなってしまうのです。それを避けるために、平らに針をとめるステープラーを使っていましたが、それでもやはり厚みが出てしまいました。

ハリナックスだと、金属の針と違って紙なので、複数の書類を同じ箇所を留めても、ひどく厚くなりません。いくら平らに針をとめても、ステープラーは一定の厚みを作ってしまいますが、紙を束ねて留めるタイプだと、この厚みにある程度融通が利くというか、多少の変化があるからかなあ、と思います。

ステープラーと違って、まとめた書類をバラしてまたとめて……というのはしづらいのですが、「もうこれで確定」というような感じであれば、ハリナックスを使うほうが、厚みも出ないしいいなあ、と思います。

あと、地味だけれど便利なのが、そのままシュレッダーにかけられるところです。今はシュレッダーにかける前に、いちいち書類に針が残ってないか、確認しなければなりません。結構あるのですよね〜。誰が悪い、とは言いませんが(笑) でもハリナックスでとめていれば、そのままシュレッダーにかけても問題ありません。

そんなわけで、枚数が多い場合はステープラーを使いますが、そうでないものはハリナックスを使っています。ただし、先ほども書いたとおり「バラしてまたとめる」というのがしにくいので、「これで決まり。これ以上動かない」というものだけに使うようにしています。

自宅で使うようになるのは、もうちょっと先でしょうね。これは、普通のステープラーの2個分くらい、場所を取るのです……。

uriel_archangel at 23:27 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ハリナックスを使っています
 

April 24, 2013

* ステッドラーのテキストサーファー ゲル

何日か前に購入していたのですが、あまり使う機会がありませんでした。
以前から存在は知っていたのですが、「どんなもんだろう」と思っていたのです。今ある蛍光ペンで十分満足しているし、ということで、しばらく買わずにいました。

でも、通常の蛍光ペンのペン先だと、向きに気をつかわなければなりません。これだとそういうのを気にせずに使えるかな、ということで、思い切って購入してみました。

――という金額でもないのですけれどね。

テキストサーファーゲル1

こんな感じです。まあ、こうしてみると普通の「いかにも外国メーカーのペン」です。

テキストサーファーゲル2

キャップを外すとこんな感じ。ペンの部分はドーム型になっています。まだまだそこまで使っていないのですが、ペンの後ろの部分をひねると、ゲルがにょきっと出てくる形です。インクの残りが分かりやすいのも便利ですね。

書き味は、「つるつるのクレヨン」という感じです。普通の蛍光ペンだと「しっかり紙に押し付けて書く」という感じですが、テキストサーファーゲルは、あまり力を入れずにつるんと書けます。確かに、いろいろなところで指摘されているように、「あれ、何これ?」という感じで面白いです。ペン先の向きも気にせずに使えます。

これを使ってみてよかった理由の1つに、ペンに書いてあって知ったのですが「INKJET SAFE」というのがあります。インクジェットで印刷したものに蛍光ペンを使うと文字がにじんでしまうのですが、これだとそういう心配がありません。

サイトの説明によると「普通紙用」ということで、感熱紙やノンカーボン紙には不適、とのことです。

蛍光ペンで文字を書くこともあるのですが、そのときにも便利だなあ、と思います。コピーしても写らないかどうかはまだ確かめていないのですが、あれこれ便利に使えそうです。

uriel_archangel at 22:53 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ステッドラーのテキストサーファー ゲル
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード