日記

November 03, 2015

* あまり文化的でない秋

どうも毎年、秋になると仕事だの家のことだのでバタバタしてしまい、美術館めぐりから足が遠のいています。今ごろ気づきましたよ、はい。

……で、新しい年を迎えて反省して、春・夏はあちこちの美術館に行きます。この数年はこういうループです。

今年も例外ではなく、最後に展覧会に行ったのは7月です。いかーん。

行こうかなと思っていた展覧会をことごとく逃しているので、展覧会情報をチェックするのも「ああ、あの展覧会終わっちゃったのね」と認識させられる機会となるので、気が滅入りそうで向かい合えません。大げさかもしれませんけれどね。

せっかくの「文化の日」も、整体に行って帰りがけにお気に入りのパン屋さんで美味しいパンを買っておしまい、みたいな過ごし方になってしまいました。

収穫だったのは、Crocsのサンダルはリベットが壊れたら交換できないので買い換えるしかない(か、ストラップなしで使い続ける)、というのを店舗で直接確認できたことでしょうか。(父のサンダルを息子が借りて合宿に行ったら、リベット部分を壊してしまったのです)

それと、そういう情報収集でCrocsのサイトを見たら、女性用でも28cmまで展開しているものがあると分かったのも良かったです。私の足はそこまで大きくないですが、「大きなサイズも充実!」とか言っておいて25cmまでしかないってどういうことよ、という状況から比べると、とても素晴らしいです。

レインシューズをチェックしてみようかな、という気分になりました。

uriel_archangel at 22:07 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - あまり文化的でない秋
 

November 02, 2015

* 疲れがどっと出ました

昨日までの仕事で頑張ったので、その反動が来ています……。しかもそれに職場の月末月初がからんで、いつも以上に数字とにらめっこして、正確さが要求される仕事に取り組んでいました。そういう作業も、無事に今日一段落です。

そうしたら、やはり疲れがどっと出ています。この、「あー終わった」という安心感は、妙に硬くなっていた体を、文字通りゆるめますね。「仕事のヤマを越えたら、あれをして、これをして……」と思っていたのですが、今日はそれどころではありません。

運よく、明日は息子の部活もなくのんびりできるので、目覚ましをかけずに眠れます。ささやかな喜びです。こうやって考えると、休みの日には必ず練習や試合があるという硬式野球部部員の保護者って、本当にすごいなあと思います。

uriel_archangel at 20:34 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 疲れがどっと出ました
 

October 27, 2015

* ジャケットグリッパーが活躍しています

以前も書きましたけれど、今年も出番の多い季節になりました。

ALIFE アリフ ジャケットグリッパー ポップ sncf-104(su0a104)
ALIFE アリフ ジャケットグリッパー ポップ sncf-104(su0a104)

ジャケットグリッパーというのはこういうものです。このショップで購入したというわけではなく、写真を紹介するためのリンクです。

最近は、春らしい時期や秋らしい時期が短くて、あっという間に半袖とか、しっかりした上着が必要とか、そういう状態になることが多かったように思います。そういうときは、ジャケットグリッパーの出番があまりありません。

でも今は、日中は暖かいけれど朝早い時間や日が暮れてからは肌寒い、ということが多く、上着の扱いに困ることが多いのではないでしょうか。

これがあると、上着で手がふさがるということもないし、バッグに入れたら変にふくらんでしまった、ということもないしで、実に便利です。滑り止めがついているので、上着があっさり落ちる、ということはありません。

――が、まったく落ちてこないわけではないので、油断して注意を払わずにいると、「気づいたらジャケットがない!」という事態になる可能性はゼロではありません。滑りやすい素材のときは、ときどき「大丈夫かな?」と確認したほうがいいです。

ないと困る、というものではありませんが、あると実に便利に感じる道具です。

uriel_archangel at 23:19 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジャケットグリッパーが活躍しています
 

October 21, 2015

* 腕時計を見るのが好き

父の友人が眼鏡と時計を扱うお店を経営していて、小さいときは、よくそのお家に遊びに行っていました。眼鏡も長らくそちらで調整してもらっていました。

――で、遊びに行くと、お家というかお店でお話をしていたので、ショーケースの中の時計をじーっと見ていました。男性用から女性用、子供用、いろいろとありました。眼鏡もいろいろとありましたが、時計のほうが眺めていて面白かったです。

そういう子供のときの記憶は影響が大きいのか、今も時計が好きです。と言っても、腕時計をする生活ではなくなったので(携帯電話やスマホで済ませてしまう)、「店頭で見ているだけ」です。

今に始まったことではないのですが、男性用の時計が好きなのですよね〜。女性用のものは私にはきゃしゃすぎるのではないか、と思ってしまいます。かと言って男性用も大きすぎるかなあ、とは思うのですが。そして、デジタル表示よりアナログ表示です。

いろいろ見ていると「自分にはこういうところにこだわりがある」というのが分かり、それも面白いです。文字盤にあまりに凝ったデザインがされていると、「かえって野暮」と思ってしまうのです。表記はローマ数字でも算用数字でも、オーソドックスなものが好きです。

そして先日は、あれこれ見ているうちに「もしかして私、クロノメーターが好きなのかな?」と分かりました。文字盤に小さい針がついているタイプです。デジタル時計でもストップウォッチ機能は使いこなせていなかったので、クロノメーターを買ったところで、そういう小さな針が単なる飾りになるのは、目に見えているのですけれど(汗)

そうやって「いいなあ」と思ったものはたいてい20万円くらいするもので、「飾りとして持つには高すぎる……」と思われるようなものばかりでした。大英博物館展で見たアストロラーベの復刻版のほうが安いですね。

恐らく時計が必要になるのは資格試験とかそういう限られた場面なので、いっそのこと、素敵なデザインの懐中時計があれば……と思っています。でも、懐中時計って意外と種類がないのです。そして20万円ではありませんが、「いいなあ」と思えるデザインのものは、やはりそれなりのお値段です。

ナースウォッチも見てみようかな、というところです。

uriel_archangel at 11:58 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 腕時計を見るのが好き
 

October 15, 2015

* 暗い雲の向こうで太陽が輝いている

昨日の朝、空を見たらこんな感じでした。

image


雲の合間から明るい光が神秘的な雰囲気で差し込んでいます。光の角度から、「ああ、太陽はあのあたりにあるのだな」というのが分かりました。そんなわけで、時間がないというのに思わず撮影してしまいました。それなりに撮影できていますが、やはり自分の目で見たときのほうが、光の感じがきれいだったなあ、と思います。

そして実際に外に出てみて驚いたのですが、このときの天気は「曇り」で、太陽の姿も光も見えません。ああやって空を見ていなかったら、太陽が雲の向こうで明るく輝いていることは、想像もつかないでしょう。

ここで突然話が飛躍しますが、人生もこういう状態なのだなあ、と思いました。

不思議なもので、私だけかもしれませんが、「今は見えないけれど、雲の向こうでは太陽が輝いているんだよ」と思うと、「ああ、この曇り空がすべてではないんだな」という気分になります。逆境というか、自分にとってよくない状態にあっても、世の中すべてがそういう状況ではないのです。

さらに言えばそういう状態は一時的なもので、雲が払われればすぐそこに明るい太陽がある、と考えると、「太陽は意外と近くにあるんだ。じゃあ、姿を見せるまで頑張ろう」と思えます。

ただ単に楽観的ということかもしれませんが、「今は見えないけれど、太陽はすぐ近くで輝いている」と思って、あれこれ取り組んでいこうという思いを強くしました。

uriel_archangel at 23:53 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 暗い雲の向こうで太陽が輝いている
 

October 07, 2015

* 1文字読み飛ばしてびっくり

実家の台所には、いろいろなものが置いてあります。中には友人知人からもらったものもあるので、「あれ、こんなの買う人だったっけ?」と首をかしげることもあります。

で、見慣れないものは、通りすがりにちらっとラベルを見て、「ああ、こういうものか」と判断するのですが、先日はびっくりしました。

小さなビンに、

「ハブ醤油」

というラベルが! えっ、泡盛とかに漬けるならともかく、ハブを醤油に漬けるの!?

……と思ってよくよく見たら、

「ハーブ醤油」

でした、という小噺です。

たぶん、「ハーブ」と「醤油」という言葉の組み合わせが意外すぎて、勝手に「ハーブ」を読み替えたのかな〜、ということで納得することにします。

湯布院長寿畑 ハーブ醤油(180mL)【湯布院長寿畑】
湯布院長寿畑 ハーブ醤油(180mL)【湯布院長寿畑】

調べたら、ネットでも販売されていました(まだ使っていないので、どういう味かは分かりません)。パッと見、間違えやすいと思いませんか? ――と、強引に同意を求めておしまいにします。

uriel_archangel at 11:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 1文字読み飛ばしてびっくり
 

September 30, 2015

* 日替わりヘアースタイル

7月に思い切ってAlexanrdre de Parisでバレッタを購入して以来、毎日愛用しています。ゴムで1つにまとめてバレッタで適当に頭に留める「なんちゃってアップ」が、夏はとても過ごしやすかったのです。今も楽なので続けていて、以前も書きましたが「あ〜、いつ美容院に行こうかな」状態になり果てております……。

バレッタでどこにどういうふうに留めるかというのは完全に日替わりなので、毎日見た目がちょっと違います。髪を留める位置だけでなく、髪の状態も日替わりなので、いろいろバリエーションがあるのではないかと思っています。

基本的にドライヤーできちんと乾かさないので、天然パーマがくるくるしています。髪が長いので「ウエーブ」どまりではありますが、この具合が日によって違うのです。結んだ部分全体が同じように「くるりん」となって、なんちゃってアップのときに髪の毛がきれいにまとまっているのですが、ときどき他と違うウエーブが付いている部分があり、頭のてっぺんあたりで「ぴょこん」とハネていることもあります。

ちょっとした「ぴょこん」であれば、頭のてっぺんにかわいい紅葉の葉が付いている感じ、と思い込めなくもありません。

――今日は久々に、「なんちゃってアップ」はせず、バレッタで髪を1つにまとめました。なぜかというと、出がけに慌てて作業した「なんちゃってアップ」が、鏡で確認したらひどいことになっていたからです。

前日にいつもと違うシャンプーを使ったからか髪の毛のまとまりが悪く、なんちゃってアップをすると、髪の毛が噴水みたいに後頭部で「ぼわ〜」となっていたのです。ちょっと「ぴょこん」としたところがある程度なら「紅葉」ですが、全体的に「ぼわ〜」となっていると、「ヤツデ」です(汗)

「これはダメだ」ということで、面白くはないですが無難な髪型に直して出かけました。今まで使っていたバレッタだと「この髪を全部留められるとは思えない……」と思ってしまうのですが、Alexandre de Parisのバレッタは心配ご無用です。

今日は首に近い低い位置で留めたのですが、もっと高い位置でもできるかもしれません。本当は、Alexandre de Parisにはポニーテール用のバレッタがあるのですけれど、いろいろ試してみようと思います。

uriel_archangel at 20:34 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日替わりヘアースタイル
 

September 28, 2015

* 「いいこと」の種をまく

「情けは人のためならず」ではありませんが、人間の言動は、忘れたころに本人に戻って来るんだよなあ、というのを感じる出来事が続きました。誰かにキツい言葉を投げかけていたら、後で同じような言葉を投げつけられます(投げかけた相手から来るとは限らない)。誰かに無意味に厳しい姿勢を取っていたら、自分も誰かにそういう態度を取られるのです(これまた、厳しい姿勢で接した相手からとは限らない)。

本人に意識がなくても、他人を傷つける言動をすると、報いというか結果というか、そういうものが来るんだなあ、と思います。だとすると、こういう表現を好まない人もいるかもしれませんが、「波風を立てないようにする」というのは結構大切です。

なんだか後ろ向き・消極的に聞こえますが、私自身は「自分が使われたくない言葉を人に対して使わない」「自分がされたくないことを人にはしない」を心がけています。

「ちょっと待て それはやっても いいことか」

の世界に近いですね……。そうすると、基本的に世の中に対してROMな人間になります(汗) このスタンスは精神的ひきこもりを助長しているわけですが、誰かを不快な気分にするよりはいいでしょう、と開き直っています。

――で、その代わり、「いいこと」は実行しようと思っています。具体的に何かというと、誰かのサポート(困っている人に「役立つかも」な情報を提供する、レベルですが)、という程度ですけれど。

「いいこと」の種をまいたら、自分にその果実がもたらされる……という期待はしないことにします。かと言って好き勝手に、本能の赴くままの言動を重ねて「いやなこと」の種をまいたとします。それが勝手に育ったら、本来関係のないはずの人でも、大きくなった「いやなこと」が目にとまるとイヤな気分になると思うのです。当事者はなおさらです。

でも、「いいこと」の種から芽が出て育ったら、それは関係ない人が見ても「いい気分」というか、少なくとも心が乱されるようなことはありません。まあそうやって、自分の周囲にはせめて「いいこと」の種をまいて、「いやなこと」の種から自分の身を守ろうというライフハック(?)ではありますが。

そんなわけで、地道に「いいこと」の種をまいていこうと考えています。

uriel_archangel at 11:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「いいこと」の種をまく
 

September 16, 2015

* 気になる古書店

職場の近くに古書店があり、昼食を買いに出かけるときなど、お店の前を通りかかります。お店の中に入ったことはないのですが、私の興味のある分野を専門に扱っているところなので、店頭に並んでいる書籍は非常に興味深いものばかりです。まあ、「お好きな方」の目を引くものを選んで並べている、というのもあるでしょう。

そして、長らく前を通りかかっているうちに、気づいたことがあります。当然ですが、店頭に並んでいるものは人目に付くし関心の高い人が多いということで、入れ替えが早いのです。つまりは、気になる書籍が出ていたら、その場で「買った!」としないと、翌日にはもうなくなっている可能性があります。

先日も、「いいな〜」と思うものがあり、初めて手に取ってぱらぱらとめくってみました「でもまあ、初版しか出ないような専門書じゃないし、この場ですぐに買ったほうがいいかというとそうでもないから、今回は見送ろう」と判断して、結局購入しませんでした。最近、置き場所に困っている、というのもあります……。

そうしたら、翌日にはもう店頭からなくなっていました。そんなにメジャーなものではありませんが、写真が多くて人目に付くし、私のようにこの古書店に興味を持つ人なら好きな人は少なくなさそうなので、引き取り手がすぐに現れたのだろうなあ、と考えています。

でもまあ、「くやしい!」と思うほどでもなかったので、「これでいいのだ」という感じです。また興味深いものが出てくるといいなあ、と思っています。

uriel_archangel at 21:51 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる古書店
 

August 20, 2015

* 自分のやりたいことで一生懸命です

なんというか、それなりの年齢と経験を積んではいるので、「よりよい社会」「暮らしやすい世の中」についてもっと考えるべきなのかもしれません。ですが最近は、

「仕事やらなくちゃ〜」
「意地でも時間を作って小説書くぞ〜」
「来月のクレジットカードの支払いがすごいことになった〜」
「Windows8.1の勝手が分からない〜」
「展覧会行けてない〜」

みたいなことばかり考える生活です(汗)

「やりたいこと」があって、それに向けてまっすぐ進んでいるつもりなのですが、それが社会と積極的に関ってどうこうする、みたいな世界でないと、見事に精神的には内向きですね。でも本人的には、とても充実した毎日を送っているのです。

「やりたいこと」が多すぎなのだろうなあ、と思います。で、その中に、「世界の来し方行く末を考える」みたいなのが入っていない、ということで。考えていないわけではないのですが、どこかにまとめて書く時間がないのです。

まあ、たいていそういう風に思い浮かんだことというのは、独断と偏見に満ちていて毒だらけなので、そのまま表に出すと危険というのもあります。そういうものを外に出したところで、私だけでなく、誰の得にもならないですから。フッと思い浮かぶことはあっても、表に出したいという気持ちも機会もないので、自分の中にまたブクブクブクと沈めておく感じです。

そうやって自分の中で発酵させたものが(腐敗じゃありません)、かなーりマイルドな状態になって、忘れたころにどこかでぽろっと出てくるかもしれません。

そんな感じです。

uriel_archangel at 11:59 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分のやりたいことで一生懸命です
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード