東京

September 24, 2015

* 半世紀前の日本橋のデパートの話(by父)

私の父は、身びいきかもしれませんが、とっても洋服選びのセンスがいいです。旅行のお土産として洋服を頼みたい場合は、母より父のほうが見る目があるので、父に頼んだほうが素敵な服を選んでくれます。

子供の時はあまり気にしていなかったのですが、大人になってあれこれ話を聞いたり考えたりしていて、理由が分かりました。

父が通っていた都立高校(今は閉校してしまいました)が、日本橋の近くにあったのです。そこで毎日のように、日本橋や銀座のデパートに行っては、ショーウィンドーや品ぞろえを見ていたそうなのです。父はその経験で、洋服選びの目を養ったのだろうと思います。

以前テレビで、やなせたかしさんが、今の千葉大学にあたる学校で工業デザインを学んだときに、「毎日銀座に行って勉強しろ」と先生に言われた、という話をしていました。わざわざ銀座に繰り出さなくてもそういうものを見られる環境にあることのアドバンテージは、とても大きいだろうと思います。特に、半世紀も前の話となれば、なおさらです。

父によると、「三越はお年寄り向けの品ぞろえで、白木屋は田舎のデパートという風情だった」とのことで、一番父の感性に合っていたのは高島屋だったそうです。今は、都内のデパートならどこに行っても大きな差はありませんが、半世紀も前となると、同じ都内でも、日本橋や銀座にあるデパートと、それ以外のデパートは、雲泥の差だったそうです。

まあ、上野や池袋、新宿、渋谷は、まだまだ闇市の雰囲気が色濃く残っていただろうと思います。今の私が見ても、「太陽にほえろ」で出てくる新宿は雑多な雰囲気の町です。もっと昔は、もっと雑多な感じだったでしょう。そして、都内でもこの差なのですから、東京と地方の差は、もっともっと大きかっただろうと思います。

そういう感じなので、大学生となった父は、専門書を買うときには、わざわざ日本橋丸善に出向いていたそうです。気持ちは分かりますが、いちいちおしゃれですね……。

洋服のセンスに限らず、若いときに「いいもの」を見るって大事なんだなあ、と思います。それを考えると、私も息子も、洋服のセンスは「残念」というところでしょうか(汗)

uriel_archangel at 11:51 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 半世紀前の日本橋のデパートの話(by父)
 

August 03, 2015

* 《庭のホテル》で朝ごはん

朝早起きしてホテルに行くというのがとてもハードルが高いという、ぐーたらな毎日を送っております。でも今回は、家族が外出する用事があったので、その前に行きました。前回は2012年5月だったので(自分のブログで調べられるのは便利です)、実に3年ぶりです。ランチで利用したことは何度かあるのですが……。

今回も夏休みということでにぎわっていて、8時すぎくらいに到着したのですが、席に案内されるまで10分ほど待ちました。

image


まあ、このへんからスタートです。暖かい料理とコールドミートを同じ皿に盛っていますが、温かく見守ってください……。サラダにはハーブドレッシングを使いました。それにしても雑な盛り付けであります。

image


目玉焼きかオムレツを選べるので、オムレツをお願いしました。写真でも、ふわふわ感が伝わるでしょうか! フォークを入れたら卵液がどろーり、なんてことはありませんでした! 断面の写真を撮影すればよかった、と思ったのですが、どこまでもふわふわで、美味しいオムレツでした。

この他、写真撮影は自粛しましたが、いろいろ食べています。ラタトゥイユの隣になぜか鯖の塩焼きがあったので、せっかくなので一緒に食べてみたら、南欧気分にひたれました(笑) ラタトゥイユはオムレツに合わせても美味しいだろうな、と思います。次回やってみよう〜。

何度も書いていますが、息子はご飯とお味噌汁で洋風のおかずを食べるのが大好きなので、和洋食のビュッフェはぴったりです。今回も、きちんとご飯とお味噌汁で楽しんでいました。夫は洋食オンリーです。

image


自家製マーマレードがヨーグルトの付け合わせとして置いてあったのですが、パンでいただきました。美味しかったです。その後ヨーグルトと一緒にもいただきました。はい、どう考えても食べ過ぎです。

家族で「満腹〜」とホテルを出ました。レストランはにぎわっていて、席が空くのを待っている人が常にいる状態でした。早い時間のほうがいいのかな? 朝早くから行動しようという人も多いから、結局混雑しているのだろうとは思いますが。

帰りがけに、「お昼ごはんになるかな」とミーツポートのシェ・リュイに入ったのですが、やはりお腹がいっぱいだと、選ぼうという気持ちになりません。何も買わずにお店を出ました。

image


東京ドームシティで『進撃の巨人』の企画があるらしく、タイアップ商品の案内がありました。こういうのって、企画した人がお店に「このキャラはこれこれこういうものが好物で……」的な、「『コラボするならこの食材』リスト」を配ったりするのかな、なんて考えました。

結局この日は、朝食たっぷり食べたので、昼食は近所のコンビニで買ったヨーグルトとフルーツですませました。

uriel_archangel at 11:57 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 《庭のホテル》で朝ごはん
 

April 29, 2015

* 八重洲地下街でランチ&ケーキ

日本橋丸善からそう遠くないので、てくてくと八重洲地下街まで歩きました。選択肢がたくさんあるだけでなく、お財布にも優しいお店ばかりです。

息子の好きなタイ料理のサイアム オーキッドにしました(リンク先は八重洲地下街のサイトです)。


タイ料理というか、麺類好きなので、選んだのは「トムヤムヌードルチャーシューのせ」のランチセットです。

私は、最近辛い物を食べると体調が悪くなることがあるので、念のため辛くないマッサマンカレーのランチセットにしました。

image

マッサマンカレーはもちろん美味しかったのですが、スープが素朴な味で、辛いものの口直しにぴったりではないかと思います。タピオカココナッツミルクもしっかり甘くて、やはり辛いものを食べた後にぴったりだと思いました。

帰り道に家族に遠回りしてもらい、バビーズ ヤエチカで念願のケーキを購入しました。お店で食べるのもいいですが、時間があまりなかったので、夕食のデザートとなりました。

image

……デザートと言っても、さすがのアメリカンケーキですので、かなりのボリュームです。夕食で満足したところでとどめを刺す、という感じでした。左からバナナクリームパイ、キーライムパイ、バナナモカパイです。「いかにもアメリカンなケーキ」という観点から選びました(笑)

こういう典型的なアメリカンケーキを食べると、しまいこんでいる渡辺みなみさんのケーキの本から、何か作りたくなります。発掘作業が大変なので、しませんが(汗)

仕事も残っていて忙しかったのですが、充実した週末でした。もちろん、投票にも行きましたよ。

uriel_archangel at 11:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 八重洲地下街でランチ&ケーキ
 

April 19, 2015

* Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)のランチ&ブランチ

このへんに立ち寄ると行きたくなるお店なのです。……ということで、行ってきました。

今回はチキンコブサラダにしました。

2015-04-19-11-30-59


大きなお皿にサラダがたっぷり載っていて、お腹いっぱいになりました。――とは言っても、パンがこれだけだとスプレッドがたくさん楽しめないということで、家族からちょっとパンをわけてもらいました(笑)

どれもハード系のパンなのですが、材料の違いが皮のパリパリ(またはしっとり)した感じに違いを出していて、興味深かったです。

なぜ「今回は」と書いたかと言うと、昨年11月だか12月に行ったときにはブランチを頼んでいたからです。でも、ブログに書いていない……ということで、今回ご紹介します。

image


これはファーマーズブランチです。ハムやチーズ、オレンジジュース、シリアル&ヨーグルトもあるという、とても充実した内容でした。それにしても「なんじゃこりゃ」というくらい、スプレッドを取って来ていますね(汗)

とっても美味しいのですが、実は最近、パンをたくさん食べるとすぐに満腹になるようになりまして……このメニュー、パンがとても充実しているのです。ハード系のパンだけでなく、クロワッサンorパン・オ・ショコラもあるのです。

そこで、「今回はサラダにしよう」と思ったのでした。――とか書きつつ、家族からパンをもらっていますけれど。

それにしても、以前オーダーしたことのあるサラダがメニューにありませんでした。サラダの種類を減らしたのかな? という感じがします。タルティーヌなどでも、そういうものがあるかもしれません。

それでも、今度は何を食べようかな、と楽しみにできるお店です。

uriel_archangel at 17:12 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)のランチ&ブランチ
 

April 09, 2013

* 東京十社巡りその1+α

伊勢・名古屋旅行でご朱印帳に目覚めた息子と一緒に、神社めぐりをしています。とは言っても、勉強だ部活だで忙しかったので、そんなにしょっちゅう行けたわけではありません。

そんなわけで、旅行の後に東京で行った神社のご朱印を紹介します。息子があれこれ調べて、「東京十社というのがある」ということが分かったので、まずはそこから攻める(?)ことにしました。

ご朱印帳

最初に行ったのは、エル・グレコ展の後てくてく歩いて……なので、湯島天神でした。実は後で気づいたのですが、湯島天神は東京十社ではありません(汗) 次に根津神社に行ったときに、「あれ、湯島ではこの印がなかったね」ということで、気づいたのでした。

さらにその次に行った白山神社は、人手不足ということで、持参した朱印帳に書いてもらうのではなく、半紙に書いてあるものに日付を入れてもらっていただく、というスタイルでした。神社によっていろいろなのね、ということで。

その後、Bunkamura ザ・ミュージアムのルーベンス展を見に行ったついでに(このパターンばっかりですね)、日枝神社と赤坂氷川神社にお参りしました。

息子はあちこちで(伊勢でも……)、手に持っていた朱印帳をぽろりと落としていたので、「使わないときはカバンにしまったほうがいいよ」と話していました。運よく、せっかくの朱印帳を汚してしまうということはなかったのですが。一度、本当にびっくりするくらい「バサッ」と落としたことがあったので、本人も懲りているようです。

そしてたまに、集めたご朱印を「ニヤニヤ」と見ています。私も一緒に集めていますが、「何がそんなに面白いんだろう……」という感じです。息子に頼まれて、こんな本も買いました。

決定版 御朱印入門決定版 御朱印入門 [単行本]
著者:淡交社編集局
出版:淡交社
(2008-12-08)


御朱印ブック御朱印ブック [単行本(ソフトカバー)]
著者:八木 透
出版:日本文芸社
(2010-12-11)


これまた熱心に読んでいます。

本人的には、きちんとけじめをつけるために、お寺でいただくご朱印と神社でいただくご朱印は、別々の帳面で集めたいそうです。

uriel_archangel at 18:58 | 日々の記録 | 子どものこと
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京十社巡りその1+α
 

December 15, 2012

* ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション


今日は六本木ヒルズに行きました。お昼に食べようと買ったジョエル・ロブションのパンをご紹介します。パンを買うのが、六本木ヒルズに行ったメインの目的ではなかったのですが(笑) そちらに関しては、後日ご紹介しますね。

ミートパイその1

ミートパイです。その日の食事を考えると、サンドウィッチは多すぎるかな? ということで選びました。

ミートパイその2

半分に切ってみると、こんな感じです。フィリングが美味でした〜。

ファーブルトンその1

これはファーブルトンで、ブルターニュ地方の郷土菓子です。上にのっているのはプルーンだと思います。

ファーブルトンその2

もちもちとした食感が面白いです。カヌレもこんな感じのような……。

クイニーアマン

クイニーアマンです。周囲のカラメルはパリパリしているし、バターの塩気と甘みが美しく融合していて(笑)美味しかったのですが、思っていたのとは違いました。それがちょっと残念です。

私は藤野真紀子さんの本で読んだレシピが印象に残っていて、バタやー砂糖がたっぷり入った生地をくるりと丸めたものを輪切りにして焼いたたものが食べたいのです。断面が年輪状になるタイプです。これは、四角く切った生地を丸い枠にはめた、という感じの形です。

私があまり出歩かないからか、まだそういうタイプのクイニーアマンに出会っていません。記憶を美化しているのかもしれませんが、一番最初にセブンイレブンで発売したクイニーアマンが、そういう感じだった印象があります。息子が生まれる前に旅行で行ったブルターニュで、「本場の味」を食べてみればよかったなあ、と思っています。

そんなわけで、世の中的にはどうでもいい、私の「理想のクイニーアマン探しの旅」は続きます。

uriel_archangel at 17:28 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション
 

October 28, 2012

* Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)

テラス席で食べようかどうしようか、と悩んだのですが、結局空腹とパンを抱えて帰ってきました。

Le Pain Quotidien

今回購入したパンの全体像(?)です。お腹が減っていると、たくさん買ってしまいます(苦笑)

では、それぞれの感想です。

カボチャのデニッシュ

カボチャのデニッシュは、カボチャがふんわりと柔らかだったのが印象的でした。ゴロゴロのカボチャを乗せているのではなくて、マッシュしたものを使っているのかな? と思うくらいです。それとも、普段食べているカボチャがアレなんでしょうか……。

クロワッサンダマンド

クロワッサンダマンドです。サクサクでした。メゾンカイザーのぺたんこのクロワッサンダマンドも好きなのですが、オーソドックスなこういうスタイルもいいですね。

バナナチョコマフィン

バナナチョコマフィンです。バナナはゴロッと入っていなかったので、ペースト状になっているのかな? チョコレートがたっぷりでした。

――というわけで、どれも美味しかったです。今度こそ店内でお食事を、と思っていますが、実現はいつになるやら、です。特に朝食が気になります。

uriel_archangel at 16:41 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)
 

May 14, 2012

* ル・パン・コティディアン “Le Pain Quotidien”

何度か前を通って気になっていたお店だったので、思い切って寄り道しました。以前はこのスペース、東京プリンスホテルのレストランだった記憶があるのですが、いつの間にかこういうお店になっていたのですね。

お店は入ったところがベーカリー(フランス語で言うところのブーランジェリー、ヴィエノワズリー、ケーキも扱っているのでパティスリー?)になっています。瓶入りのジャムやはちみつ、アーティチョークやオリーブのペースト、ティーセット(陶器)なども売られています。

お店にはパンを焼くときに使うかごがあり、左手奥はオーブンが並ぶ作業場になっていました。右に進むと食事のできるテーブルがあります。今回は買っただけなので、イートインスペースはほとんどチェックしていません。

バゲットだけでなく、クロワッサンなどもありました。お財布の中身も関係しているので、ちまちまとお買い物です。

アップルシナモンマフィン

アップルシナモンマフィンです。スパイスがしっかり効いていて、美味しかったです。他にも、ブルーベリーやパンプキンのマフィンがありました。パンプキンのマフィンも、しっかりスパイスが効いていそうでした。

チョコチップクッキーその1

チョコチップクッキーです。あまりに大きいので、「これはネタになる!」と思って買いました(笑) こういう大きさなので、チョコチップもとても大きく、美味しかったです。厚みはあまりないので、パリッとした歯ごたえです。

チョコチップクッキーその2

我が家にはタバコはないので、100円玉を比較のために並べてみました。500円玉が財布に入っていなかったのです……。クッキーというより、チヂミやお好み焼きレベルのサイズです。

オーガニック小麦のウォールナッツパン

「オーガニック小麦のウォールナッツパン」は母に渡したのですが、母は「レーズン+くるみ」が好きなので(フランス語で言うところのパン・オ・ノワ・レザン)、くるみだけ、というのは物足りなかったようです。でも、レーズン入りのパン、というのが見当たらなくて……。五穀パンには、もしかしたら入っていたのかもしれません。

バゲットはいいお値段なので、我が家の普段使いには向きません(断言)。でも、ときどきこうやって行って、気になるパンを買うのもいいかもしれません。バゲット類を少しずつ詰合せて販売していたので、そういうのを買って食べ比べるのも面白いのではないかと思います。

しっかり、試食(ペーストとマカロン)はいただいて帰りました。

時間とお財布に余裕があったら、お店でいろいろといただいてみたいものです。

uriel_archangel at 09:26 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ル・パン・コティディアン “Le Pain Quotidien”
 

May 08, 2012

* 大型連休中に《庭のホテル》で朝ごはん(追記あり)

何度か書いていますが、ホテルで朝ごはんを食べるのが好きです。ディナーは敷居が高いし、ランチはそうそう行けるものでもないですし。朝ごはんはとてもリーズナブルです。それでも、そんなにしょっちゅう行けるものではないですが(予算だけでなく、時間の問題もあります)。

というわけで、連休中はこのホテルに行きました。
以前に国際女性ビジネス会議でこちらの社長さんにお会いして以来、「素敵なホテルだなあ」と気になっていたのですが、受験生を抱える余裕のない身ではそれどころではなく、そのまま、になっていたのです。

そこで今回、行ってみることにしました。サイトで調べたところ、
「流(りゅう)」の朝食はブッフェスタイルです。発酵バターを使用した焼き立てのパン。サラダ&ハーブバーには、約20種類もの瑞々しいオーガニックの野菜とフレッシュハーブが並びます。薫り高いオリーブオイルで作られた自家製ドレッシングと共にどうぞ。卵料理はスクランブルエッグ・プレーンオムレツ・目玉焼きなどお客様のお好みに調理し、テーブルまでお運びします。
です。期待しないわけにはいきません。

ホテルは、「こんなところにあったんだ〜」という感じで、まさに「隠れ家的」です。普通のオフィスしかないと思っていた一角に、ホテルはありました。ロビーは天井が高く、豪華ではありませんがとてもよい雰囲気です。ちょうど朝ごはんどきということで、10分ほどロビーで待ちます。

そして、本題の朝ごはんです!

庭のホテルで朝ごはん

――すみません、食べるのに夢中で最初に食べたサラダとオムレツを撮り忘れました(汗)

野菜はいろいろな種類が選べました。せっかくなのでハーブのドレッシングを選びましたが、美味でした。写真にもありますが、スクランブルドエッグはビュッフェで選べます。目玉焼きとオムレツ(プレーンのみ)は頼むと焼いて持って来てもらえます。オムレツはケチャップでいただきました。

ソーセージは3種類ありました。一番奥に見えるのがチョリソーで、後から辛さがじわじわ〜と襲ってきます。ハッシュドポテトがとても「カリカリ」としていて美味しかったです。肉は、この他にベーコンがありました。スープはミネストローネでした。

パンは、食パン・バゲット・クロワッサン・ペストリー各種がありました。ジャムは3種類ほど。バゲットは皮がパリパリ・カリカリで、クロワッサンはバターの風味がたっぷりで、とにかく美味でした。

あとは、フルーツが何種類かと、ヨーグルトもありました。ジュースはオレンジ・アップル・グレープフルーツです。

和朝食を「縁」で出しているので、和食はないかなあ、と思っていたのですが、ご飯・お味噌汁・和食のおかずもひととおりありました。こちらは見ただけなのですが、美味しそうでした。ご飯大好きな息子は、こういう朝食では、ご飯・お味噌汁・サラダ・ソーセージを食べるのが定番なのですが、必要なものが全部揃っていて、大満足でした。

決して店内が広いわけではありませんが、周囲の物音やおしゃべりが気になるということもなく、やはり天井が高くてゆとりがある感じで、落ち着いた雰囲気で食事ができました。レストランに限らず、ホテルのスタッフの方々の対応もとてもよかったです。

家からも行きやすい場所なので、「また来ようね」と家族で話しました。

――とあれこれ書いていて、まだ奈良旅行の記録を終わらせていないことを思いだしました(汗) あちらも何とかしなければ、です。


【追記】
この記事を書いた後に分かったこと:
  • スクランブルエッグがビュッフェ台にあったのは、混雑していたためです。通常は、卵料理(スクランブルエッグ・オムレツ・目玉焼き)はリクエストに基づき調理します。
  • 「縁(ゆくり)」の和定食の朝食は、土日祝日のみの提供です。


uriel_archangel at 10:49 | 日々の記録 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大型連休中に《庭のホテル》で朝ごはん(追記あり)
 

May 20, 2011

* 目立たないバリアフリー

インターホン1


東京メトロの駅に、このようなよびだし用インターホンがあります(都営線にあるかどうかは、未確認です)。最初は「ふーん」と思っただけだったのですが、よくよく見てみると、「きちんとできているなあ」と感心してしまいます。

上の写真で写っているのは、(ある程度の教育を受けた)日本人用です。

インターホン3


そしてこちらは、インターホンの下に書いてある文章です。漢字を使わずに書かれています。まだ難しい文章が理解できない子どもや、日本語が堪能ではない外国人を対象にしています。上の文章では「不審なものを発見したとき」となっていますが、下では「ふしんなものをみつけたとき」となっています。

外国人向けと聞くと、英語やハングル・中国語での表記を考えてしまいますが、思い切ってひらがなだけの日本語で書くというのも、いいアイディアだなあと思います。これなら子どもでも分かるし、説明だけでこのインターホンが「耳なし芳一」状態になることもありません。

英語・ハングル・中国語以外の言語が母語の人(で、この3か国語が理解できない人)でも、日本語の基礎を身につけていれば、ここに書かれていることがまったく分からない、ということはないでしょう。

ただルビをふるように日本語をひらがなで書くのではなく、「発見したとき→みつけたとき」と、分かりやすい日本語に書き直しているところが、評価が高いです。もうちょっと言葉の書き換えができるのでは……と思わなくもないですが。

インターホン2


私が一番「うまくできたなあ」と思うのが、この部分です。よびだしボタンの色の説明は、やさしい(この場合は『易しい』ですね)日本語だけですが、よびだしボタンの上と下で、日本語の表現を変えています。「お申し出ください」を「おはなしください」としています。これは、「おもうしでください」と書いても、すぐに意味は分からないですよね。

ただ、出だしの「いないばあい」は、「へんじがないばあい」としたほうが分かりやすいのでは……とも思います。

こうやって、「いろいろな人に対応できるように、うまく書いているなあ」と感心しながら書いていてふと思ったのですが、これは「バリアフリー」というより「子ども用」かな? 低い位置に書いてあるのは、対象は小学校低学年だからかもしれません。ただ、分かりやすい日本語にしたら、結果として読める人が増えた(→日本語があまり流暢でない人)、という感じですね。

どういう意図でこのような表示にしたのかは、もしかしたら東京メトロのサイトなどに書いてあるのかもしれませんが、未確認です。でも、こうして、理解できる人が増えるように工夫してほしいなあ、と思います。

uriel_archangel at 20:03 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 目立たないバリアフリー
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード