無線LAN

April 02, 2013

* 無線LAN環境があってこそのiPod touch

自宅が無線LAN環境でないと、iPod touchを持っている面白みは、半減どころか激減するなあ、と思います。仕事以外でPCを使っていたことの大部分は、iPod touchでできてしまうからです。

メールチェックはもちろん、mixiやFacebook、Twitterも見られます。PCからは見られても、i-modeでは閲覧に制限のあったサイトも、iPod touchなら大丈夫です。ネットサーフィンも、safariでそこそこできます。フィーチャーフォン(ガラケー)で感じていたストレスは、かなりなくなりました。

確かに小さなディスプレイなので、ネットサーフィンにもそれなりの限界はあります。でも、旅先での使いやすさを重視してiPod touchを選んだので、そこは割り切らなければなりません。iPadやiPad miniも併用できれば完璧だなあ、とは思いますけれどね。

フリック入力も仕組みが理解できたので、かなり慣れました。今では、携帯電話の数字キーを使っての入力よりも、こちらのほうが速いです。この入力なら指も疲れないし、一石二鳥です。なので、SNSへの投稿は、今では携帯は使っていません。

そういう感じでたいがいのことはiPod touchできますが、文字入力はキーボードを使ったほうが断然早いです。見渡せる文章の範囲も広いので、ざっと読み直したりするのもPCのほうが便利です。なので、このブログのように長文を書きたい! というときは、iPod touchではなくPCを使います。ブログにリンクを貼るのも、PCのほうが分かりやすいのですよね。

逆を言うと、このブログはもう更新したし、今すぐしなければならない仕事はない、という状態なら、わざわざPCを立ち上げる必要がありません。今までは必ずと言っていいほど、夜にPCを起動していたのですが、iPod touchだけですんでしまう日もあります。これも、自宅なら無線LANで常にネットに接続されている状態だからですね。

KindleアプリはAmazon.comのデータと連動させているので、無料でDLできる著作権切れの作品がいくつか入っています。バスや電車の中など、今までなら手持ちぶさたについついiアプリのゲームをしていたような時間も、洋書を読むようになりました。今は英語ばかりなのですが、ドイツ語の本も入れようとは思っています。積読が増えそうですけれど(汗)

こういう状態で、iPod touchは、自宅でも外出先でも活躍していて、とても便利に使っています。

uriel_archangel at 22:48 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 無線LAN環境があってこそのiPod touch
 

September 08, 2011

* 光回線のLANとWiMAXを併用しています

使った日だけ支払うコースへの契約変更も考えたUQ WiMAXですが、結局惰性でそのままの契約にしています。まだ「外ほん」(自宅外で翻訳の作業するのをこう呼ぶみたいです)の機会がなく、自宅外ではほとんど使っていないのですが、それなりに出番はあります。

光回線がなぜか不調のときに(モデムを再起動したりすれば、たいていは元通りになりますが)、ネットに接続する第2の手段として便利です。障害情報を見に行けるというだけではありません。

最近の翻訳の仕事はネットに接続できないと本当に困るのです。データのやりとりは当然ですが、調べものもネットでだいたい済ませられますし、Oxfordのオンラインの独英・英独辞書を使っています。取引先によっては、クラウド上のデータを直接翻訳するところもあります。

――ということで、「PCを持っていること」だけでなく、「ネットに接続できること」がとても重要なのです(クラウド上で翻訳をする場合は、PCでなくiPadでも大丈夫、ということになります)。

あと、役に立つのは、大容量のデータ(動画)をダウンロードするときです。これはもちろん、仕事で見る映像です。光回線より、「調子の良い」WiMAXのほうが、ダウンロードできるスピードが速いです。1GBだと、光+無線LANの場合、「2時間」などと言われてしまうのですが、WiMAXでダウンロードしたところ、30分程度で終わりました。

これは偶然、無線LANか光回線の調子が悪く、仕方なしにWiMAXを使っていて発見しました。そこで最近は、大きなデータをダウンロードするときは、WiMAXを使うようにしています。

……でも相変わらず、急につながらなくなる時があるのですよね。こういうときは、(LANにトラブルがなければ)LANに戻ります。WiMAXがつながらなくなるのは一時的なもののようですし、勝手にAccess ConnectionsがWiMAXにつなげるときもあるくらいなので、「使えない」というほどではないです。

WiMAXは、結局、モデム(というのかな?)内蔵のPCを使っているので、私のような十分な知識のない人間には、トラブルがあった場合にその詳細がほとんど分かりません。WiMAX接続ができていてもネットにつながらない、というのは相変わらず発生しています。

こういう状態なので、WiMAXは、便利なことはありますが、WiMAXだけしか使わないというのは、リスクが高いように思います。WiMAXをメインにしていても、緊急時に接続できる方法(携帯経由の接続や、電源+Wi-Fiが使える近所の24時間営業のカフェやレストラン)を準備しておいたほうがいいと思います。

これは、趣味だけでなく仕事でもPCを使う人の場合であって(フリーランスや自営業など)、自宅では趣味だけでしかネットそうでなければ「なんだ、つながらないな〜」で終わるとは思います。

私の場合は、LANがメインでWiMAXがサブ、というところのようです。もっと外で活動するつもりでしたが、アテが外れて家にこもっているもので(汗)

uriel_archangel at 22:39 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 光回線のLANとWiMAXを併用しています
 

May 24, 2011

* テレビをたたく感覚でPCやモデムを再起動する

正直なところ、どういうカラクリでPCがインターネットにつながっているのか、分かりません。まあ、本当に詳しく理解している人は、ごく少数でしょうけれど……。

先日、ようやく無線LANにつながるようになったので、最近、WiMAXは使っていません。でも、何かの拍子にWiMAXにつながっていることがあります。自分でもどういう設定にしているのか分からないのですが、無線LANがつながらないと、Access Connectionsが自動でWiMAX接続を選択するのです。

先ほども、そういう状態になりました。こういうときは、たいてい、「もう一度無線LANにつながってね」とやってみると、無事接続します。でも今回は、無線LANにつながってくれませんでした。古典的な「LANのモデムを再起動させる」もやってみたのですが、解決しません。再起動と書くと偉そうですが、実質は「コンセントからプラグを引っこ抜いてまた差し込む」です。

ということで、これはPC側の問題のようです。

Access Connectionsでは診断ができるので見てみると、「無線がオフです」と表示されています。修復を試みたのですが、うまく行きません……。どうも、以前にWiMAXで「ええーっ?」となった状態が、今度は無線LANで起きているようです。

まあ、WiMAXでも接続できるのですが、ここはハッキリさせておきたいです。というときに、何をするかというと……

PCの再起動。

結局、知識もないので、これしかできないのです。万が一本格的にダメだったら、果たして私はこのPCからモデムを取り出して、新しいものに交換できるのか? などと、悩みは尽きません。WiMAXもあるし、ということで、現実的にはあんまり悩んでいませんが。

で、再起動したところ、問題なく無線LANに接続できました。WiMAXだけでなく、無線LANのほうもご機嫌ななめになるということが分かりました。

自分であれこれやっていて思ったのが、タイトルのことです。PCやモデムの再起動って、結局、昔テレビの映りが悪いときにたたいて直したのと、大差ないのですよね。中の仕組みは分からないけれど、とりあえず動くようにはなりますから。

それにしても、こういうときに「ネットワーク管理者に問い合わせてください」みたいなメッセージが出ると、微妙な気分になります。自宅で自分で構築しているので、「ネットワーク管理者」は自分なのです。職場だったら丸投げできる相手がいるのですが、自宅では、自分でなんとかするしかありません。

このメッセージを見るたびに、「いやあ、そういう人がいたら、私が問い合わせたいくらいです」と言いたくなります(苦笑)

uriel_archangel at 12:56 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - テレビをたたく感覚でPCやモデムを再起動する
 

May 13, 2011

* 無線LANにようやく、でもあっさりつながりました

――というタイトルでおしまいにしたいくらいですが。自分のためのメモとして書きます。

先ほど、WiMAXのアクセスポイントが見つかりませんでした。検索しても見つかりません。でも、こうやってブログは更新したいし……というわけで、無線LANの接続に再チャレンジすることにしました。

そうしたら、冷静に調べているうちに、「あれ、ここを変えればいいのかな?」というのが分かりました。

Access Connections→プロファイルの編集→ワイヤレス設定→ワイヤレスセキュリティの種別で「セキュリティの設定」を選択し、WEPのセキュリティーキーを、64ビットから128ビットにするだけでした……。これで、ワイヤレスネットワークのセキュリティーキーで、26桁が選べるようになったのです。

「これだけのために」ですが、自宅の無線LANにつながらなかったのです。今では、アンテナを5本も立てて、バリバリとインターネットに接続できています。「分からない!」とバタバタしていたのはなんだったんでしょう、というところです。

WiMAXはもともと1 Dayコースで使う予定だったので、契約の変更をしようと思います。今は年間パスポートの契約なので、変更には違約金がかかります。でも、それを払っても、契約を変更するほうが安いです。

uriel_archangel at 09:45 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 無線LANにようやく、でもあっさりつながりました
 

March 26, 2011

* 無線LANとWiMAXの状況

先日、どんなに設定を頑張っても、新しいPCが我が家の無線LANルーターにつながらなかったときに、ルーターのファームウェアのアップデートをしました。これが、よい結果をもたらしています。

何かというと、これまでは、起動したときに無線LANにつなげられなくなることが、数日に1回はあったのです。原始的に、ルーターを強制的に再起動させるとつながるようになるので、いつもそれで対処していました。要は、ルーターのコンセントを一度引っこ抜くわけです。

でも、ファームウェアのアップデート以降、そういう状態になっていません。起動してすぐに接続していないときがあっても、すぐに再接続できます。すったもんだで大変でしたが、あの作業をしておいてよかったのね、と思っています。レベルの低い話ですけれど。

そして、UQ WiMAXです。毎日起動させているわけではありませんし、しかも家でしか使っていませんが、問題なく接続できます。起動してすぐに接続状態になることもありますが、そうでない場合は、Access ConnectionでWiMAXへの「接続」を支持すれば、すぐにつながります。こういう接続までのステップの少なさも、WiMAXの魅力だなあ、と思います。

ThinkPadの設定も、ひととおり終わりました。X201は、OpenOfficeをインストールしています。これからは、とりあえず動かしつつ、必要なソフトを追加していく方法がいいのかなあ、と思っています。今は、インターネットに常時接続できるので、ソフトのインストールも容易になりましたね……。

辞書ソフトの閲覧は、DDWinが上手く動かせなかったので、Logophileにしてみました。シェアウェアなので、まだ試用版ですが、時期が来たら支払いをしようと思っています。1人で使う分には何台にインストールしても同じなので、T501のほうもLogophileにしています。

マウスを接続せず、タッチパッドやトラックポイントを使っていますが、複雑な作業をしていないからか、マウスなしでもそれなりに動かせています。

落ち着いて新しいPCを使うようになるのは、4月に入ってからかなあ、という感じです。

uriel_archangel at 23:56 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 無線LANとWiMAXの状況
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード