第25回英日・日英翻訳国際会議

May 31, 2014

* IJET-25の名刺サイズ広告を申し込みました

とりあえず、何か世界が広がるきっかけになるかもしれないので、申し込みました。参加者全員に配る名刺は、1000円では印刷できません。参加申し込み時に広告枠を購入しなかったので、入金はこれからですけれど。じっくり考えようと思っていたら、期限の5月末になってしまい、慌てて考えました。と言っても2〜3日がかりです。

とりあえず、入れてみたい情報を英語や日本語で全部並べたところ、非常に無難な感じになりました。なんというか、無味乾燥で特徴がありません。

そこで、英語の情報は最低限にして、日本語の情報を増やしてみました。字数制限、というのはないのですが、あまり文字を入れすぎると小さくなってしまうので、「短い字数でどれだけ情報を効率的に入れられるか」がポイントになります。そこで、自分はどういう翻訳者だろうと考えたときに、「ここはアピールしたい!」ということを入れてみました。

英語の情報を最低限にしたとは言っても、そこそこの文字数になっています。ちょっと字が小さくなるのではないかと思います。まあこれは補足情報みたいなもので、読みたい人が頑張って読んでくれればいいや、と開き直ることにしました。

他の人がどういう文面にしているか分からない状態なので、他とのバランスが気になります。そういう意識がある自分は、しみじみ日本人だなあ、と実感します。こういうときは、周囲に馴染んで埋没してしまうよりも、多少は目立つほうが名刺としての効果があるのだ、と開き直って、当日を待つことにします。

――と、名刺サイズ広告が一段落したところで、実際の名刺の文面を、現状に合うものにしなければいけません。きちんと自分で期限を切って考えなければ、です。

uriel_archangel at 11:50 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - IJET-25の名刺サイズ広告を申し込みました
 

May 19, 2014

* IJET-25/第25回英日・日英翻訳国際会議に参加します

Twitterでは書いていましたが、ブログで書くのを忘れていました……。6月5日締切なのですが、定員まで残り50名ほどだそうなので(5月19日時点での情報です)、それ以前に申込みができなくなる可能性があります。早期申込み割引が利くうちに、ということで、先月には申し込んでいました。

スケジュールもだいぶ分かるようになりました。気になるセッションがいろいろあります。途中でセッションを移動するのも構わないということなので、時間割を気にせず、参加スケジュールを検討してみようと思います。

そして、19日(木)・20日(金)にも、SIG(分科会)の勉強会やミーティングが行われるそうです。スケジュールはこちらです。今のところこちらへの参加は予定していないのですが、参加する方は、ものすごく「濃い」何日かを過ごすことになりそうですね。

せっかくの機会なので、今度こそ名刺を新しく作ろうと思っています。結局のところ、今までは手持ちのもので足りていました。でも、もうちょっと内容を見直したいかなあ、というところがありまして。……って、以前も書いているかと思いますが。内容をどうするか、何枚発注するかも考えどころです。

そういう悩みを多少でも軽くするのが、参加者全員に配布されるという名刺サイズ広告です。また申し込んでいないのですが、確かに効率的ですよね〜。ニッチなところに住んでいる人間なので、「何をどういうふうに書けばいいのか」というのに悩んでいます。

「トンチンカンなことを書いて周囲から浮いた揚句に何の効果もない」という最悪のパターンを考えてしまうのが、私の良くないところです。『ちりとてちん』の若狭を笑えません。今月末がリミットなので、申し込むなら掲載する内容をテキパキ考える必要があります。

自分が積極的に参加を検討していなかったのですっかり忘れていましたが、前夜祭もあります。これは、IJET-25の本会議に参加しない人も申し込めるそうです。いろいろ頭が落ち着いてきたので、こちらの検討も始めようかと思います。

――というわけで、こういうイベントに関しては毎回のように書いていますが、参加者の皆さまとは、会場でお会いできることを楽しみにしています。

uriel_archangel at 17:31 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - IJET-25/第25回英日・日英翻訳国際会議に参加します
 

March 29, 2014

* 東京でIJET-25/第25回英日・日英翻訳国際会議が開催されます

日程は6月21日(土)・22日(日)です。日本での開催は隔年で、しかも東京が会場になるのは初めてなのだそうです。だとしたら、行かなくては、ですよね〜。……とか書いておいて、まだ申し込んでいないのですが(汗)
テーマは「Paving the Way Forward: 翻訳・通訳がはぐくむ未来」。翻訳・通訳を取り巻く環境が激変している今、翻訳者・通訳者とクライアントの双方にとって実りある未来を築き、社会に貢献するために私たちはどうすべきなのか。参加者全員で議論を交わし、東京の地から未来へ向けてメッセージを発信します。第25回という節目にふさわしい規模で開かれるIJET、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
基調講演は、4月からのNHK連続テレビ小説(いわゆる朝ドラ)「花子とアン」のモデルとなった翻訳家村岡花子の孫で、ドラマの原案となった『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』の著者の村岡恵理さんです。(なんだか、丁寧に紹介を書いたら長くなってしまいました……)

詳しい時間や会場は未定(未発表)ですが、いくつもあるセッションの内容は魅力的なものが多く、どのジャンルの翻訳者が参加しても、有益な情報が手に入るのではないかと思います。まだきちんと申し込んでいない身で言うのもあれですが、「これは気になる!」ですよね。

参加費にはネットワーキングディナーも含まれていて、まさに! 「翻訳・通訳」をキーワードとしていろいろな人や組織と出会える、貴重な2日間になるでしょう。

――とか自分で書いていて、まるで宣伝のようだと思いました。学割もありますし(ネットワーキングディナーの参加費は含まれていません)、こういう仕事に現在関わっている人だけでなく、興味がある人も、参加して損はないでしょう。

仕事が落ち着いたら、申し込みます。

uriel_archangel at 11:29 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京でIJET-25/第25回英日・日英翻訳国際会議が開催されます
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード