親ばか

September 02, 2015

* PCのパズルゲームで覚えた日本地図

我が家では、息子が幼稚園に入る前から、私が使っていた古いパソコンをおもちゃ代わりにしていました。とは言っても、「ゲーム」ではなく「エデュテインメント」で遊ばせるとか、それなりに考えてはいました。

――で、日本のソフトではなくアメリカのソフトばかり使って遊んでいたので、「英語の発音はすごいけれど、この子ろくすっぽ日本語をしゃべらない!」となったので、何か日本語のものも〜、と、ひらがなを勉強するソフトなどを、あわてて探しました。

そういうなかに、ダウンロードして遊ぶ日本地図のパズルゲームがありました。バラバラになった都道府県をはめていく、というシンプルなものです。違うとはまらないというかハネ飛ばされるので、正しいものを選ばなければなりません。

このゲーム、最初は自分で遊ばず、大人(私)にやらせたので、大変でした。形だけでは「えー、これ、何県?」となってしまう場所は、この年になっても結構あるのですよ……。やはり西日本はなじみがなく、覚えにくかったですあと、県全体の形をしっかり見ていないということで、東日本では山梨県が「これ、どこ?」でした(汗)

息子は場所を把握すると、自分でスイスイと遊ぶようになりました。これで遊んでいたのは幼稚園のころの、せいぜい1年もなかった期間だと思うのですが、これが地理の勉強に効いています。「三つ子の魂百まで」を地で行っていて、今でもクイズ番組で都道府県を当てる、というゲームがあったら、形を見たら「○○県」と即答できます。

それどころか、徐々に描かれていく県境からどこの都道府県か当てる、というゲームが『ミラクル9』であったのですが、これまた私たちから見て「え、なんでそこで分かるの」というところでバンバン正解を出していました。

まあこれは、そういうゲームで遊んでいれば誰でもできるようになるというものではなく、息子の空間把握能力が高いというのも大きな理由なのだろうと思います(数学でも幾何分野が得意)。もう少し大きくなったところで都道府県のパズル(公文かどこかが出しているもの)も買ったのですが、これよりも、最初に遊んだソフトのゲームのほうが大きかったと思います。

ちなみに私は、息子と一緒に遊んでいたおかげで、以前よりは都道府県が分かるようになりましたが、そこまで詳しくはなれませんでした。

こういうゲームは、今はパソコンよりアプリですよね。というわけで、iOSのアプリを調べたら、無料のものが何種類かありました。Androidアプリでもあるだろうと思います。

そんなわけで、誰もがみんな楽しめるかは分かりませんが、こういう勉強方法もありますよ、ということで。

uriel_archangel at 11:51 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PCのパズルゲームで覚えた日本地図
 

April 14, 2014

* 今年は息子にもNHK語学番組を聞かせています

前回……というのは中学1年生のときなのですが、このときは見事に失敗しました。今回は、もっとしっかりチェックしようと思います。で、選んだのはこちらの講座です。どの講座がいいのか考えたのですが、学校での授業の進度や本人の能力(とか書くと、急に偉そうに聞こえますね)から考えると、「基礎英語3」だと物足りないかなあ、と思うのです。そんなわけで「ラジオ英会話」にしてみました。

テキスト(こちらは紙のテキストです)を渡しただけでなく、「日曜日に、ちゃんと放送内容を聞いているかテストするからね〜」と予告しました。音声データも準備しています。詳しくは書かないのですが、"CaptureStream"を使っています。

「テストするからね〜」と予告したものですから、私もテキストの内容をチェックしてみました。すごい盛りだくさんです。実際に放送をきちんと聞いていないので、「え、15分でこれだけやっちゃうの?」という感じです。これまた、本気でしっかり取り組めば、ものすごーく身に付くだろうなあと思います。

まあ、若いときはそういうことに気づかず、テキトーにやってしまうものなのですよね。テストと言っても、各曜日の「重要表現(という名称だったか記憶にありません……)」が言えるか、程度のチェックです。その程度でも頭に入っていてくれれば、何もしないよりまし、と思っています。

諸般の事情で、このところ、小学生のときから通っている英会話スクールに行く日数を少なくせざる状態になっています。そこで、「ラジオ講座+親のフォロー」という、恐らく息子はそんなのを望んでいないだろうなあ、という方法で(本人は遊びに行く感覚で通っていますから)、スクールに通う日数が減った分を補うことにしました。

息子は馬鹿正直なので、寝そべったりしながら聞いてはいますが、様子をうかがっていると、発音練習はしっかり声を出してやっています。これまた、上達に重要なポイントです。我ながら親ばかだとは思いますが、今年度の目標に向けて努力してほしいなあ、と思います。

uriel_archangel at 15:35 | 子どものこと | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今年は息子にもNHK語学番組を聞かせています
 

July 16, 2013

* 京都市内中心部を歩いた数学好きの感想

京都から無事帰宅し、洗濯物を干しました。室内干しなので、いつやるかと言ったら、今なのです(笑)

息子は、京都の街は碁盤の目のようになっているのは歴史で学んで知っていました。でも実際、地図を手にあちこち歩いて、

「道が分かりやすい」

というのを実感したようです。

どの道とどの道が交差する場所かが分かれば、周囲の様子が分からなくても、目的地に行けます。

東京に戻って家族とこの話をしていたとき、息子が

「通りと通りが交差するところ、っていうのが、座標みたいなんだ」

と言っていました。数学が全く不得意で、学んだことを忘れる一方の私には、

「ああ、そういう発想もあるのか」

と、とても新鮮でした。

来年以降も、この時期に京都に行くのを楽しみにしているので、いろいろ(笑)頑張ります。

uriel_archangel at 23:08 | 日々の記録 | 子どものこと
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 京都市内中心部を歩いた数学好きの感想
 

June 27, 2013

* もうすぐ私より背が高くなるかな?

――という感じに、ようやくなってきました。今ごろ? と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私の身長が170僂舛いことが原因で、息子はそんなに小柄というわけではありません。

靴(革靴)のサイズは、とっくに私より大きくなっています。ちょっとだけ、ですが。そして最近になって、身長が伸びるなあ、と思ってみていたら、あと少しかな? という感じになりました。以前は、まさに「ちょこん」という感じで椅子に座っていたのですが、最近は体も大きくなり、本人にそんなつもりはないのですが、なんだか偉そうに見えます。

そして変声期らしく、声がちょっとガラガラしています。こうして身長は伸びているのに体重はほとんど増えていないので、見た目がたいぶほっそりしてきました。体重は私を超さなくて結構です(笑)

小さい時と違って、旅行の荷物を自分で持てるようになったから楽だわー、なんて思っていたのですが、気が付くと自分より大きくなりそうというのは、なんだか不思議な感じです。

成長期の子供を見ていると違和感を感じるのは、もともと親とは別の独立した存在ではありますが、巣立つ準備をしているのが感じられて、「自分の手を必要とする者」という感じが薄くなるからかなあ、と思います。

……まあ実際は、そうやって成長しても、親の手を離れるとは限らないのですけれど。

かわいいままだと手離せないので、だんだん子供らしいかわいさを失って、「かわいくないヤツ」になるのだろうなあ、と思います。なんて書きましたが、姿かたちが変わっても、まだ心の面で「かわいくない」という感じではないので、「さっさと出て行け〜」とはならないのが、また複雑なところです。

うーん、書いているうちに、ちゃんと手離せるのか、巣立っていくのか、心配になってきましたよ。何年かしたら、「このヤロー、出て行け〜!」みたいになるかもしれないですけれどね。(とは書いたものの、そうならなさそうなタイプなのですよ)

uriel_archangel at 16:17 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - もうすぐ私より背が高くなるかな?
 

May 19, 2013

* 自分の子供に違和感……

息子は最近、身長が伸びています。ぐんぐん伸びて、私より大きくなりました……という状態には、残念ながらまだ至っていませんけれど。

そこで気になるようになったのが、
「背伸びしてる?」
という感じです。

なんだか、つま先立ちをして歩いているように見えるのです。どうしてだろうとしばらく考えて、理由が分かりました。

「自分の予想より腰の位置が高いから」

なのです。つまり、「息子は思ったより足が長かった」という話です。――とか書くと、親ばかで終わってしまいますね。

実は、息子の歩き方があまり美しくないというのも、その違和感の原因にあると思います。普通に歩いていても、重心がつま先にあるような感じがするから、「つま先立ちなのかな?」というふうに見えてしまうのです。

自分のことは棚に上げて、ウォーキングのレッスンを受けさせたいなあ、とは思っております。はい。

uriel_archangel at 15:37 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分の子供に違和感……
 

December 08, 2012

* なんだかスリムになりましたよ

――息子が(苦笑)

身長が伸びる時期なのか、本人の節制が効果を発揮しているのかは分かりませんが、身長は伸びていますが体重が減っているので(数圈法△腹がポコンとしていたのがおさまって、顔もぽちゃぽちゃしていたのが細くなっています。

節制というのは、無理してガマンしている、というわけではありません。もともとお菓子をムシャムシャと食べる子ではないのですが(親に似ていません)、「夜遅くにお菓子を食べるのはよくないよ」と言っていて、最近は食事以外で食べるのはほとんど果物です。少し前は梨と柿、今の時期だとりんごですね。みかんもありますが……。

そういえば、以前はよく食べていたアイスクリームを、あまり欲しがらなくなりました。寒いから興味がないのか、ダイエットのためなのかは分かりませんが。

さらに、症状は軽かったのですが、12月に入ってすぐからウイルス性の胃腸炎になってしまい、食欲のあまりない状態が続いていました。これも、体重の維持に貢献しています。

いや偉いねえ、と、こんな時間にチョコレートを食べながら感心する私(ダメすぎ……)。

ともあれ、制服採寸のときは受験直後の運動不足で、「このまま行ったら、最後はどれくらいのサイズの服になるんだろう……?」と思うくらいのお腹でした。「ウエストがきつい」で制服買い替えとか、あるかも、と心配になるほどです。

でも最近は、上下ともウエストに余裕が出ています。これなら当分、問題なく着られるだろうなあ、という状態です。

金銭的な負担という面でも、実に親孝行な息子です(笑)

uriel_archangel at 23:23 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - なんだかスリムになりましたよ
 

August 12, 2012

* 片付けという名のゴミ整理

……の、週末でした。

きちんと整理をしていないもので、息子が幼稚園の年長のときにお泊まりの宿から送ってきたはがきとか、小さい時の写真とか、いろいろ出てきます。

親ばかなので、「今でもかわいい〜」とか言っていますが、当然ながら、小さい時のほうが、断然かわいいです! こういう「幼児」の感じが、なつかしいです。マイペースな子だったので大変なこともあったはずだけれど、そういうのを忘れてしまって、「かわいい」だけが記憶に残っているのですよね。

――と書いたところで、いろいろ「それなりに大変だったな」ということも、思い出してきましたが(苦笑)。

幼稚園のおたよりも出てきて、「幼稚園、いろいろあって結構忙しかったなあ」というのも思い出しました。バザーなんかが大変だったのは覚えていたのですが、細々としたことで、保護者には出番があったのです。そういうことも忘れていました。

今、「話が通じなくて大変!」という子育て真っ最中の方には申し訳ない……と思うのですが、後から振り返って、「あのころはかわいかったなあ」と思い出しています。

ただ、うちの息子は、男の子でもとってもおとなしい子だったので、私の「大変!」は、もっと大変な人からしたら「たいしたことないよ」かもしれませんけれど。

uriel_archangel at 23:56 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 片付けという名のゴミ整理
 

May 04, 2012

* 連鶴を作りました

息子は小さいときから折り紙が好きです。

最近はそのブームも一段落していたのですが、ネットで「難しい折り紙」を検索して「連鶴」を知り、すっかり夢中になっています。先日は池袋で、念願の連鶴の本を見つけました。

一枚の紙で折る 京連鶴一枚の紙で折る 京連鶴
著者:富田 瑞穂
販売元:PHP研究所
(2008-05-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

でも、普通の紙をチョキチョキと切って作業するので、セロテープでべたべたになってしまうのですよね。

そうこうするうちに、家族が部屋の片づけをしていたら、以前仕事で使っていたA1サイズのトレーシングペーパーが、たくさん出てきました。

実はトレーシングペーパーって、折り紙に向いているのです。私の兄が小さい折り鶴作りを熱心にしていた時期があって、そのときに一番作りやすいと言っていたのが、トレーシングペーパーだったのです。薄くて破れにくく、しっかり折り目も付きます。

今思い出すと、父宛てに来る「こんなマンション買いませんか」「いい車ありますよ」なDMに、よく使われていました。そういうDMを見つけると、兄はチョキチョキと使いやすいサイズに切っていたものです。そして考えてみると、バブルの当時は、そんなふうに紙に凝るほどお金があったんですね。

ともあれ、息子が手に入れたトレーシングペーパーで作った連鶴がこれです。

連鶴

ボールペンでしっかり線を引いていたので、しっかり黒い線が入っていますね。頭がどちらに来るかのチェックも入れているので、そのマークもしっかり入っています。

もっと大きな作品を上手に作ったら、またご紹介します。

uriel_archangel at 20:31 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 連鶴を作りました
 

January 03, 2012

* 書道は奥が深いですね

今日は、小学校の宿題の書き初めを手伝いました。

初めてお習字に取り組んだ3年生のときは、つきっきりで「汚さないように!」とチェックが必要でした。今は、私が最初に、畳の上に新聞を敷くなどの準備をしておけば、放っておいても大丈夫です。でも、もともと几帳面にできる子なので、部屋を汚すということはありませんでしたが。

親ばかですが、技術も、かなり上達したと思います。3年生の時は、そもそもお習字の経験が少なく、正直なところ、「うーむ、これでいいのだろうか(汗)」でした。いちおう近所のお習字教室に4年ほど通った身としては、気になるところが多かったのです。

でも、「こうしたほうが上手に書けるよ」というアドバイスをしているときに、「『ああ、これで終わりだ〜』と思って適当にはらうと、その気持ちが出て、はらいが『へろへろ〜』になるから、最後まで気を抜いたらダメだよ」という話が、本人の印象に残ったようです。

以降は、学校の授業でも、お習字に興味を持って取り組んでいます。もともと興味はあったのだろうと思いますが、「上手に書く方法」を掴んだ感じです。

4年生以降は、親の私も、練習用の半紙を準備したりして(学校からもらう用紙だけでは足りないので……)、慣れてきたのもあります。明らかに親ばかですが、かなり上手に書けるようになりました。もちろん、きちんと習っている人に比べたらまだまだ、ですが。

今回も、最初に半紙1枚に1文字書く練習をして、納得のいかない字は半紙に何度も(小さく、ですが)書いて筆の動きを練習して、大きな紙に書きました。

2012年の書き初め


名前の部分は秘密です(笑) 親ばかですが、お習字教室未経験なりに、上手に書けていると思います。たぶん、小学生当時の私は、もっと下手だったと思います……。

今回私がアドバイスしたのは、「の」を書くときの筆の動きと、「実」の右はらいの方法です。どちらも共通するのは、「線が動くのに合わせて筆をぐるぐる動かさない(筆の向きは変えない)」でした。

「の」で上に動かすときは、「線をしっかり書く」ではなく、「フッと力を抜いて上に動かせば書ける」というのと、「実」の右はらいも、「変に筆を動かさずに、自然に力を抜いてそのまま紙から離せばきれいに書ける」というのは、本人の予想外だったようです(そういう指導があるとは思うのですが)。

こうやって書いていて思うのですが、鉛筆と違って、書くときに「力を抜く」というのがあるのは、普段しないだけに難しいですよね。

息子はお習字は習ったことがないので、学校の授業で「上手く書けない」「よく分からない」から「嫌い」にならず、よかったなあ、と思っています。中学でも(おそらく高校では選択しないでしょう……)、この調子で頑張ってほしいです。

uriel_archangel at 23:56 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 書道は奥が深いですね
 

November 14, 2011

* 「まどさん」

――というのは、息子が学校で自由帳にさらさらっと描いた絵です。
友達に見せたら笑ってくれた、と言っていました。

まどさん


こういうのを思いつくセンスが、私にもほしいです……。

私もとても気に入ったので、記念撮影しました(笑)

uriel_archangel at 23:40 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「まどさん」
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード