鎌倉

June 13, 2015

* 『ぶらぶら美術・博物館』を見て、鎌倉に行きたくなる

映画『海街Diary』の舞台になっているからか、ちょうどあじさいの時期ということもあって、毎日のようテレビ番組で鎌倉が紹介されていますね。

映画がらみの鎌倉紹介が多い中、違った切り口で鎌倉を紹介していたのが、この番組でした。後半の鏑木清方記念館訪問が番組のメインだったのでしょうが、前半の東慶寺(江戸幕府公認の縁切寺)が、大変興味深い内容でした。放送内容の概要はこちらで見られます。

お寺自体は関東大震災での被害が大きく、新たに建て直されたため、当時の面影があるわけではありませんが、縁切りに関する史料が非常に充実していました。それこそ、博物館などでの「江戸時代の離縁」というテーマでの特別展を見ているような雰囲気になりました。

ついで、という感じではありますが、コンビニの雑誌コーナーで見かけて、思わず手を伸ばしてしまいましたのでご紹介します。



こちらはある意味、「Hanakoらしいなあ」という切り口であります(笑) こういうところで1日のんびり過ごせたらいいだろうなあ、とは思います。

でも、うちの近所でも、週末は「下町めぐり」の観光客でにぎわっているのですから、もっとメジャーな観光地である鎌倉は、もっとすごい人出で、のんびり過ごす、というわけにはいかないのでしょうね。

そして、こちらの記事によると、東慶寺は西田幾多郎や小林秀雄の墓所があるとのこと(ちょっと調べたら、他にもたくさんの著名な文化人の墓所がありました)。雑誌で紹介されるような素敵なお店の訪問もいいですが、こういうところでじっくりと歴史に触れるという鎌倉での体験も、良いものですね。

uriel_archangel at 09:17 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ぶらぶら美術・博物館』を見て、鎌倉に行きたくなる
 

November 06, 2013

* 鎌倉:建長寺と円覚寺

鶴岡八幡宮を参拝しても、まだまだ時間に余裕があります。ここで、小町通りや若宮大路でのんびり、ではなく、「せっかく鎌倉に来たから!」ということで、鎌倉時代を代表する寺院である、建長寺と円覚寺に行ってみることにしました。今までよりも人は減りましたが、それでもそれなりの見学者はいます。

鶴岡八幡宮から近いのは、こちらでした。くまなく見学するほどの時間はないので(疲れているし……)、三門・仏殿・法堂を見学しました。

建長寺

立派な門でした。この額は、とても大きいのだろうなあ、と思ったり。こちらでもご朱印をいただきました。そして、自動販売機コーナーでひと休み。

隣の鎌倉学園で、部活に励んでいるらしい生徒たちの声が聞こえました。青春青春。

それから、次の目的地に向かいます。北鎌倉駅のすぐそばでした。残念ながら、歴史の教科書などに出てくる有名な舎利殿は、見学できません。佛日庵までは歩いていきましたが、それ以上先に進む気力がありませんでした……。ご朱印は、もちろんいただきました。

そして、北鎌倉駅から電車に乗って、一路東京へ帰りました。北鎌倉駅付近は、お土産を買えるような場所はあまりないので、ここに来るまでに買い物は済ませたほうが確実です。余談ですが、北鎌倉駅はとてもローカルな雰囲気の駅ですが、15両編成の電車が停まったりするので、ホームがとにかく長かったです。そのギャップも面白かったです。

どこも、「ばたばた」という感じの見学になってしまったかなあ、とは思います。

uriel_archangel at 11:30 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉:建長寺と円覚寺
 

November 05, 2013

* 鎌倉:銭洗弁天と鶴岡八幡宮

由比ヶ浜あたりまで来たところで、さてこれからどうするか……となったときに、目の前の看板に銭洗弁天(弁財天?)への距離を示す看板が出てきました。

前日のバタバタ予習で、「ここはちょっと遠いかな〜」という場所だと認識していましたが、ここまで来たら行けるかも? 正午くらいで、まだまだ時間もたっぷりあるしね、ということで、「銭洗弁天も行っちゃおう」ということになりました。
  • 銭洗弁財天宇賀福神社(Wikipediaの解説はこちら
実は鎌倉駅から遠くて「行きにくい」という感じのする場所ですが、それなりに人出が多かったです。やはりご利益を求めて参拝する人が多いのでしょう。こちらでもご朱印をいただいたのですが、一番待ち時間が長かったです。

家族はお札を洗っていたのですが、私は「銭」ということで500円玉を洗いました。洗ったお金は使わないでしまっておくこと、ではなく、よく考えて有益な使い方をしましょう、的な言葉が書いてあった覚えがあるのですが、とりあえずバッグインバッグのファスナー付きのポケットにしまっています。

ここからてくてく歩いて、「鎌倉と言えば」な場所にたどり着きました。ここまでくると、とにかくすごい人出! 車で来たら大変! という状態でした。観光客もいれば、七五三の親子連れもいる、結婚式も挙げていると、「全部のせ」的な賑わいでした。

富岡八幡宮

「八」が鳩をかたどっています。これが、鳩サブレーのもとになっているのですよね。そして、こちらでもご朱印をいただきました。

――で、ここまで来たところでまだまだ時間がある、ということで、北鎌倉方面に向かいました。歴史の教科書に出てくる有名どころは見ておかねば、です。

uriel_archangel at 10:32 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉:銭洗弁天と鶴岡八幡宮
 

November 03, 2013

* 鎌倉:長谷寺と高徳院

最初は、写真をあれこれ撮影していたのです。

ガイドブックを参考に、「まず江ノ電で長谷まで行って、そこから由比ヶ浜を目指す」というルートを取ることにしました。

最初に訪れたのは、長谷寺です。到着直後、息子が小さなきれいな色の蝶を見つけました。写真を撮影しそびれたのですが……。歓迎してくれたのかな? と思います。

長谷寺1

かわいいお地蔵さんがいらっしゃったので、撮影しました。良縁地蔵だそうです。地蔵堂・観音堂・弁天窟を参拝し、観音堂でご朱印をいただきました。見晴台から、写真を撮影。

長谷寺2

とてもいい天気でした。

長谷寺3

弁天窟の近くにいらっしゃる、和み地蔵さんです。

ここからてくてく歩いて、大仏で有名な高徳院に向かいます。長谷寺でも参拝客は多かったのですが、時間が経つにつれ、どんどん人が増えてきました。

入ってしばらく歩くと、「どーん!」と迎えてくださいます。

鎌倉大仏1

外国人の観光客も多かったです。大仏様の胎内も見学しました。入ってすぐは目が慣れず、階段を上るのも恐る恐るでした。でも、中にいるうちに目が慣れてきて、出るとき(階段を下るとき)は平気でした。上り下りが逆だと、もっと苦労しただろうと思います。

そしてここでも、ご朱印をいただきました。待っている間に、後ろから大仏様を見た息子がひとこと。

「ゲームで遊んでるおじさんみたい」

鎌倉大仏2

確かに、猫背になっているのが、その雰囲気を醸し出しています……。『聖☆お兄さん』を読んでいるので、そういうノリで考えつくのですよねえ。大仏殿の中だと、こういう姿勢にならないと、参拝者からお顔が見えないからだろう、という家族の推論でした。

この後、とっても早い昼食を食べ、由比ヶ浜というか、鎌倉駅の方向に歩いて行きました。

uriel_archangel at 10:22 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉:長谷寺と高徳院
 

October 31, 2013

* 鎌倉で生しらす丼!

実は「見学! 見学!」というプランだったため、「鎌倉でこれを食べました!」的なものは、あまりありません。

早めにお昼を食べたほうが混まないだろう、ということで、高徳院を出たところで昼食を食べてしまいました。11時くらいで、お店の開店直後でした。

生しらす丼

台風が来ていて海が荒れていたため船が出せなかったとのことで、1週間ぶりの生しらす入荷です、と言っていました。

生しらす丼に、玉こんにゃく・おつけもの・お味噌汁がついています。生しらす丼は、醤油に柚子胡椒をといたものをかけていただきます。柚子胡椒かおろししょうがとのことでしたが、お店の人のおすすめは柚子胡椒でした。生しらすの味を楽しんでから、卵(黄身だけ)を混ぜて味の変化を楽しみます。

生しらす、美味しかったです。生臭いとかそういうことは全然なく、するすると食べられました。卵を混ぜるとするする感倍増です。

家族みんなで、ぺろりと食べてしまいました。お店の名前を全然チェックしていなかったので、今になって調べたところ……でした。なんてハワイアンな名前。確かにお店のBGMはハワイアンで、内装も南国の雰囲気でした。食べログの口コミを見ると、ソフトクリームも美味しいようです。今度はそちらも試してみたいと思います。

この後、暑かったので小町通りでソフトクリームを買いましたが、あれは上野の科学博物館の近くに出ている屋台(と言うのかな?)と同じ、スジャータのものでした。貼り紙や機械を見ていると、分かります(笑) それと歩き疲れたので、途中の建長寺の休憩所で、ジュースを買ってひと息ついたくらいです。暖かかったので、そこだけでなく自販機でジュースを買いました。

本当は、ソーセージとビールで1000円、なんて貼り紙を見て「いいなあ」とは思ったのですが、とにかくすごい人出なので、「まあいいや」になっていました。北鎌倉のほうに行くと落ち着いた感じだったので、そこでお店に入る、というのは「あり」だったかもしれません。

次回は、もっと余裕を持って見て回ったほうがいいでしょうね。

uriel_archangel at 17:35 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉で生しらす丼!
 

October 28, 2013

* 鎌倉に行きました・概要

台風も過ぎ、息子の部活もないのんびりした日曜日に、家族で鎌倉に行きました。今日はざっくり概要のご紹介です。
  • 自動車はないので横須賀線利用
  • ルート:鎌倉駅〜(江ノ電)〜長谷駅→長谷寺→高徳院(鎌倉大仏)→銭洗弁天→鶴岡八幡→建長寺→円覚寺→北鎌倉駅
  • 長谷駅からはぜーんぶ徒歩!
  • 天気がよくて、薄手のコートも不要でした
  • 日本のみならず世界各地の観光客がいっぱい
  • 鶴岡八幡は七五三の家族連れも多かった
  • お昼ごはんは生しらす丼♪
  • じいじのお土産は鳩サブレ
  • 暖かかったのでソフトクリームが美味しかったです
  • 観光しやすい町でした
  • 早起きした(と言っても学校の授業がある日と同じ)甲斐あって、あちこち見て回れました
  • 北鎌倉駅のホームは長かった
  • 帰りの電車で、座ったら立ちたくなくなるくらいの筋肉痛
――とまあ、こんな感じでしょうか。

これ、概要かなあ……とは思いますが。

延期しようかどうか悩んだ挙句に「行こう!」となったので、前日に慌ててガイドブックを入手しました。

鎌倉 江ノ電 (タビハナ) (タビハナ―関東)
ジェイティビィパブリッシング
2010-03-10




今回は「たびまる」が活躍しました。やはり昭文社は地図が見やすいです。夫がポケットに入れて、必要なときに取り出してチェックしていました。この本は角が丸くなっていて、そのためとても出し入れがしやすかったのだそうです。

バッグに入れていたとしても、やはり出し入れの際に角が引っかかるのは気になります。ガイドブックは持ち歩いて使うものですから、こういう使いやすい工夫がしてあるのはいいですね。

余談ですが、私と息子だけの旅行とは違って、地図を見てあちこちに行くのが得意な夫が一緒だと、道案内はお任せできるのがうれしいです。これは、息子にぜひとも身に付けてほしいスキルです。今後は、ガイドブックや地図を渡して、道案内してもらうことにします。

uriel_archangel at 16:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鎌倉に行きました・概要
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード