電子書籍

November 07, 2014

* 電子書籍のいいところと紙の本のいいところ

よく考えたら今回のKindle版で、私が手に入れた『ハーメルンの笛吹き男』は3冊目になります。



これは文庫版です。初めて購入したのは、もう四半世紀近く前のことです。当然ですがインターネットはおろかパソコン通信も一般的なものではなかったので、町の書店で購入しました。

観光旅行だけでなく、語学学校への短期留学時に持って行っては時間があれば読み、さらに週末に寮からどこかに旅行に行くときも荷物に入れ……という状態だったので、購入してから10年くらい経つと、あちこち「お疲れ」が目立つようになりました。これは『中世の星の下で』も同じ状態です。

表紙がこれ以上傷むのは避けたいので、文具店で売られているブックカバーを購入しました。ちょっと探してみると、同じタイプのものがきちんとAmazonで探し出せますね。それにしても、この製品はロングセラーです。



決して薄くはない本なので、こういうタイプのカバーではギリギリ収まるという感じです。これで安心……とは思ったものの、やはり古い本を雑に扱うのは気になるようになりました。

まだまだ日本に電子書籍というもののない時代です。そんなわけで、2冊目を購入しましたよ(笑) 2冊目を持ち歩くため、カバーは新しい本に使うことにしました。しばらく古い本はカバーなしにしていたのですが、やはりたまーに読む程度でも、表紙が傷むのが気になります。

そんなわけで、新しいカバーを使うことにしました。このときカバーに使ったのは、さかのぼること○年前、初めてAmazon.co.jpでお買い物をしたときにおまけで付いてきたカバーの用紙です。これが結構厚手の紙で、本というか表紙の保護にぴったりだな、と思ったのです。

これでまた何年か過ごしていて、今回のKindle版です。これでしばらくは――AmazonのKindleのサービスが続くかぎり――表紙が傷むとか、そういうことを気にせずに、お気に入りの本の読書が楽しめます。

ここで、数日Kindle版を眺めていて気づいたことがあります。紙の本だと、「ぱらぱらとめくって気になったところを読む」というのができます。これは何度も読んでいる本で、だいたいどこらへんに何が書いてあるかが分かっているからできる方法だとは思います。

でもKindleだと、そういう「パッと目についたところを読む」というのは難しいです。ランダムにページを開くというのはできるのですが、それが「気になったところ」かどうかというと、内容を見てページをめくる手を止める、という作業ではありませんので、そうとは言い切れません。

まあ、それぞれに長所や短所はありますが、Kindle版は何より「かさばらない」「いつでも持ち歩ける」というのが最大の利点なです。先日も移動中の地下鉄の中で読んでいたのですが、Nexus5を使ったので、混雑した電車の中でも、片手で持ってページもめくれるのがとても便利でした。

また改めて読み込んで、この年齢(と経験)ならではの発見をしたいと思います。

uriel_archangel at 11:41 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 電子書籍のいいところと紙の本のいいところ
 

November 04, 2014

* 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男』Kindle化されていたとは!

マメにチェックしなくてはいけませんね。早速購入しましたよ。



しかもKindleになったのは1年以上前でしたか……。ともあれ、これで長年の「旅の友」といつも一緒にいられます。iPad miniだと文庫よりも字が大きくなるので、そこはありがたいですね。

ちょうど先日、この本を久しぶりに本棚から取り出して読んでいたところでした。学生時代から、旅行の時には必ずカバンに入れて持って行って、移動中や時間が余ったときに読んでいました。何度も何度も読み返したい本です。私の(脳内にとどまってなかなか表に出てこない)物語世界にも、大きく影響を与えています。

ちょっと話が外れますが、今のダイエットが順調なのは、参考にしているダイエット本をKindleで買っていて、いつでもどこでも読んでモチベーションの維持につなげていられるからだと思います。好きな本や常に手元に置いておきたい本が電子書籍としてタブレットやスマートフォンに入れておけると、とても便利なのだなあ、と、しみじみ思います。

そんなわけで、このあたりも私の「旅の友」なので、Kindle化希望です……。







uriel_archangel at 11:25 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男』Kindle化されていたとは!
 

August 09, 2014

* 電子書籍は気楽に購入できます

それが「いいね!」と思えるときも「困ったな」と思えるときもあるわけですが。

今まで、iPod touchにはAmazon.comのアカウントと紐付けしたKindleを、Nexus5にはAmazon.co.jpと紐付けしたKindleをインストールしていました。ここで、息子にiPod touchを譲ってiPad miniにしたときに、以前の問題が再発しました。

――私のAmazon.comのアカウントが行方不明なのです。ログインしようとすると、「そんなメールアドレス知らない」と言われてしまいます。これはKindleアプリだけでなく、PCからブラウザでアクセスしても言われてしまいます。半年くらい前に既にこんな状態になっていて、Amazon.comのカスタマーサービスにメールを送ったところ、「このメールアドレスで作成したアカウントは確かにあるが、こちらの権限でパスワードのリセットはできない」と言われました。

でも、私が「じゃあパスワードリセットして」と手続しようとすると、「そんなメールアドレス知らない」と言われてしまうのです。アカウントはあるのに、誰も何もできないのです。どうしようもありません。まあ、版権切れの本ばかりダウンロードしていて、有料の本は1冊きり、しかも2ドル程度のものだったので、あきらめることにしました。メールアドレスはほかにもあるので、Amazon.comのアドレスは後で新しく作ることにします。

結局、iPad miniでもNexus5でも、KindleにはAmazon.co.jpのアカウントを紐づけすることにしました。調べてみると、洋書もかなり入手できるし、購入金額も為替レートがどうとか計算しないでいいしで、楽なのです。

そこで早速、この本を購入しました。

Er ist wieder da: Der Roman
Timur Vermes
Bastei Entertainment
2012-09-21


日本語訳もあります。

帰って来たヒトラー上
ティムール・ヴェルメシュ
河出書房新社
2014-03-28


帰って来たヒトラー下
ティムール・ヴェルメシュ
河出書房新社
2014-03-28


なぜドイツ語版を購入したか、なぜKindle版にしたかと申しますと、「一番安かったから」です。はい。学生時代に、当時流行していた『ソフィーの世界』のペーパーバック(英語)が大学の売店で1500円くらいで購入できたので、「上下巻のハードカバーの日本語訳読むより安い」と入手して、何か月も書けて読んでいたときから、ものの考え方があまり変わっていません……。

Kindle版は物理的な収納場所を気にせずにすむのはいいのですが、本当に1クリックで購入できてしまうので、ホイホイ購入していると「チリも積もれば……」になってしまいます。「積読」も目に見えないので、ますます「ホイホイ購入」に拍車がかかるわけです。

今回購入した本も、しっかり読んでいこうと思います。

uriel_archangel at 11:36 | ネットやPC関連 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 電子書籍は気楽に購入できます
 

April 30, 2014

* Kindle Paperwhite買っちゃおうかな〜

――というか、もともと1つはKindle本体が必要だな〜、と思っていたのです。

なぜかというと、無意味と言われたら否定できないのですが、Amazon.co.jpとAmazon.comのアカウントを統合していないのに加えて、Amazon.deのアカウントも持っているからです。「やっぱりドイツ語の本が読みたいよね!」ということで、Amazon.comよりもドイツ語の選択肢が多いAmazon.deで電子書籍を購入したいなあ、と思っているのです。

今はiPod touchのKindleアプリにAmazon.comのアカウント、Nexus5のKindleアプリにAmazon.co.jpのアカウントを紐づけしています。今の計画だと、iPod touchは息子に譲ってiPad miniかAirにするか、と考えているので、ここはまあiOSデバイス、としておきます。

Amazon.deからはKindleが買えないので(ドイツからのアクセスでないと、Amazon.comで買ってね、と言われます)、電子書籍を購入したら、アプリを使うしかありません。コミックを買うかもしれないAmazon.co.jpはカラーで見たいしなあ、と思うと(Kindle Fireは大きそうだし……)、妥当なのはAmazon.comでKindle Paperwhiteを購入して、Amazon.deの電子書籍をiOSデバイスに入れたKindleアプリで読む、かなあ。

ここまであれこれやったら、「ちゃんと本買って読めよ!」というところなのですが、そこがその(むにゃむにゃ)。

そんなことを考えているうちに、「そういえば、フランス語を頑張ったら、『今度はAmazon.frで電子書籍を!』とか言い出しそうだな」という気分がしてきました。そういう状態になったら、Amazon.co.jpのアカウントでKindle本体をゲットすればいいかなあ、という絵に描いた餅プランはできました。

そもそも今の私は、Amazon.frのサイトを見ても、よく分からないのですよ……。各国のサイトと作りは共通なので、ユーザー登録などをしたり、本を買ったりはできるでしょう。でも、こういうことをいろいろ考えるのは、サイトに書いてあることが分かるようになってからにしようと思います。はい。

uriel_archangel at 11:37 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Kindle Paperwhite買っちゃおうかな〜
 

March 27, 2014

* 新年度のNHK語学番組のテキストはFujisan.co.jpにしました

個人的に、テキストの印刷もできるというのが大きかったです。どこのサービスでも、万が一サービス終了となったらテキストが見られなくなってしまいます。でも、恐らくそういう事態になってしまうよりも、紙のテキストを購入して「置き場がない!」と処分するタイミングのほうが早いのではないかと思います。

そもそもユーザーとしての登録もしていなかったので、そこからスタートです。こういう作業はPCで行いました。ビューアーアプリは、iPod touchにもNexus5にもインストールしました。当然ながらNexus5のほうがディスプレイが大きいので見やすいです。

もちろん、どちらでもページのズームはできますが、ページ全体を表示したときに見やすいのは、やはりNexus5です。iPod touchは輝度を落とした(記憶がある)ので、Nexus5のほうが全体的に明るいのも、印象の良さに貢献しているかもしれません。

話がそれてしまうのですが、iPod touchの輝度を落としたのには理由があります。夜中、目を覚ました時に(暗い場所で)時計代わりに見ようとすると、あまりにまぶしくて変に目が冴えてしまうからです。こういうときはNexus5には手が伸びないので、そういうことを気にしていませんでした。もしかしたら、Nexus5はあまりはっきりした色の壁紙ではなく、iPod touchの壁紙が鮮やかな色だった時期があるので、気になったのかもしれません。

ともあれ、これでテキストの物理的な収納スペースを気にせずすむようになりました。書き込みができないのは残念ですが、その分ちゃんとノート作りに精が出る……かなあ、と。気持ちを入れ替えて、4月から頑張ります。

uriel_archangel at 11:58 | ネットやPC関連 | 学び
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 新年度のNHK語学番組のテキストはFujisan.co.jpにしました
 

March 20, 2014

* NHK語学番組の電子版テキスト、どこで買う?

Kindleで決まりでしょう、と思っていたのですが、ちょっと気になることが出てきました。NHKのテキストは複数のプラットフォームで扱われているのですが、それぞれに特徴があります。これは、次のページで一覧で見られます。Kindleのネックは、「印刷できない」ということです。「物理的なスペースがない」というのとは矛盾するのですが、あれこれテキストに書き込んでいくのも、好きな勉強法なのですよね。

印刷することを考えると、Fujisan.co.jp、雑誌オンライン+BOOKS、電子書籍パピレスが選択肢になります。上記のNHK出版のページにもありますが、テキストを見るのに使う予定のデバイス(Nexus5かiPod touch)でどのように見えるかも重要になります。

定期購読をすると1か月あたりのテキストの単価がさらに下がるようですが、途中で投げ出すことに定評のある私としては、かなり勇気のいる選択です。何しろ4種類購入しているもので、割引があると言っても、いっぺんに買うとそれなりの出費になるのです……。

もしかしたら、電子テキストでも使い勝手が悪くないかもしれないので(手書きで書き込みはできないにしても、ラインやマーカーをひいたりできるかもしれません)、やはり候補になるショップで「おためし版」を入手してみるのが大切だなあ、と思います。

uriel_archangel at 23:43 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NHK語学番組の電子版テキスト、どこで買う?
 

February 11, 2013

* iPod touchにKindleアプリを入れました

Amazon.comにもAmazon.co.jpにもアカウントを持っているので(電子書籍を購入したことはありませんが)、「Kindle2台持ち?」とかなんとか、いろいろと考えました。

結論として、iPod touchにKindleアプリを入れ、これでAmazon.comで入手した本を読むことにしました。Amazon.co.jpの本はKindleを使おうかと。って、Kindle本体を手に入れるのはいつになるのでしょう、という感じです。

移動中や出先などでの隙間時間を利用した読書で、洋書を読む時間を作ろうというもくろみです。

ちなみにAmazon.deの電子書籍ストアに行ってみたところ、「うちではあなたに本(電子書籍)は売れないので、Amazon.comに行ってください」的な表示が出ました。ちなみにAmazon.co.jpでも、ある程度のドイツ語書籍は扱っているようです。ちゃんと調べてはいないのですが。

それにしても、この円安のご時世、Amazon.comで購入しても、そんなに「安く買えた〜」という感じの金額ではないのが残念です。Amazon.co.jpと価格差が開かないようにしているのかもしれませんけれど。

何を読もうか考えた結果、著作権freeになっている作品を選びました。

オスカー・ワイルドです。他にも何冊か入れてみたのですが、今読んでいるのはこちら、ということで。まだ半分も進んでいません。

上記はAmazon.co.jpへのリンクです。そう、こちらでも無料で入手できるのです……。.comと.co.jpと、アカウントを分ける理由はあるのか、という感じですが、まあ「Kindleアプリに入っている本を洋書だけにする」というのには役立つかと思います。

せっかくなので、.comでドイツ語の本も探してみようかな〜。

こうやって洋書を読んでいると、「辞書アプリを入れていたほうがいいのか」など、いろいろと考えることが増えます。それにしても、こういうデバイスに電子辞書を入れておくと、海外旅行に紙の辞書や単体の電子辞書を持って行く必要もなく、便利な世の中になりましたね。

uriel_archangel at 16:21 | 日々の記録 | ネットやPC関連
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - iPod touchにKindleアプリを入れました
 

February 22, 2011

* iPhoneは気になるけれど……

「どこでも翻訳」を実現するのに一番いい組み合わせは、Windowsサブノート+WiMAXの組み合わせだなあ、という結論が私の中で出たことは、つい先日書きました。

でもやっぱり、煩悩の塊なので、iPhoneも気になるのですよね〜。iPod touch + WiMAXという組み合わせもあります。便利という声もありつつ、「iPhoneのほうが安いしつながる」という声もあるようです。まあ、ルーターとiPod touchを持つというのは、普通に考えたらかさばりますよね……。

仕事のために(確実に連絡を取れる状況にするために)携帯を複数所有している人にお会いしたことがあります。私はそこまでする必要はないか、とは思います。それを口実にiPhoneを購入するにしても、ソフトバンクはドコモに比べると電波が……という声もあり、2台目にする大義名分にはなりにくいかな、と思います。

やっぱり、私のiPhoneの認識が、「あったらとても世の中が面白くなりそうなガジェット」で止まってしまうのですよね。

そんなときに、ふと目に留まったのがこのニュースです。

ドコモの夏モデル20機種、すべてSIMフリーに
NTTドコモは、他の通信会社で使えないように携帯電話に制限をかける「SIM(シム)ロック」を解除できる機能を、6月から順次発売する「夏モデル」約20機種すべてに導入する方針を固めた。国内の携帯大手3社でSIMフリー対応の携帯電話を発売するのは初めて。
(中略)SIMフリーの流れをつくり、ソフトバンクモバイルが販売する米アップルの「iPhone」のロック解除を促す狙いもある。

これでSIMフリーが進んで、各社がスマートフォン対応のパケットパック料金を下げてくれるとありがたいのですけれど。明らかに「とらぬ狸のなんとやら」ではありますが。

でも、ソフトバンクはSIMフリーに対応する気はないとか。

日本国内に、海外のSIMフリーのiPhoneを持ち込むのは、別に問題ではないのでしょうか? もしも法律か何かに違反しているわけでなければ、SIMフリーiPhoneの並行輸入業者、みたいなのが登場してもおかしくないですよね。

まあ、結局のところ、iPhoneは「あったらうれしいけれど、なくても不便ではない」ものであることは変わらないので、さらに様子見ですね。

uriel_archangel at 09:01 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - iPhoneは気になるけれど……
 

February 10, 2011

* 電子書籍が読みたい!

iPhoneやiPadが気になる理由の1つに、

「電子書籍が読める」

というのもあります。

昨年末からちまちまと不要品を処分しています。まだ本丸に手を付けていないのですが、かなりゴミが出ました。まあ、これまで何年もかけてゴミをためこんでいた、ということですね……。

そして、当然ながら、持ち物を極力減らす努力をしたほうがよいだろう、という結論に達しました。そこで思いついたのが、

「電子書籍にすれば、本の数を減らせる。収納スペースを気にしなくてもいい!」

ということでした。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

特に洋書(ペーパーバック)は、軽くても場所を取るため、あまり持ち歩かなくなります。そのため、せっかく読みたい本があっても、移動時間や出先でちょこっと、というのがやりにくくなります。そうすると、結局積読になってしまうわけです。

今、気になっているのは、「すき間時間に洋書が読みたい」という私の希望に一番合っている、AmazonのKindleです。これがあれば、場所を取らずに本が買えるし、いつでも読めるんだよなあ……と、妄想はふくらみます。

でも、「収納スペースを気にしなくていい」ためにあれこれ買い込んでしまって、物理的には見えないけれどKindleの中で積読の山ができている、というのは避けたいところです。

uriel_archangel at 08:54 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 電子書籍が読みたい!
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード