霧のロンドンブリッジ

September 05, 2013

* ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』

小学生のときからオールディーズが好きなのは変わりありませんが、気になる曲には変化があります。

Jo Stafford with Ray Conniff - On London Bridge


小さいときは明るく元気のいい曲が好きでした。最近は、こういう「オトナな雰囲気」のスタンダードナンバーもいいなあ、と思います。ジョー・スタッフォードの落ち着いた声がいいですね。こういう素敵な歌が似合う・歌える大人になりたいです。そこにいたるまでのハードルがとにかく高い&多いですが……。

そして最近はありがたいことに、検索するとすぐに歌詞が分かります。例えばこのサイト。よくよく聞くと、ちょっと違うところがあるのですが、まあこんな感じです。

音楽だけ聞いていると(歌詞をしっかり聞いていないと)分からないのですが、こうして歌詞を見てみると、なんと美しい! と思います。メロディーも合わせて、とてもロマンティックですよね。「運命の人と出会うって、こんな感じなのね!」と、勝手にドキドキしてしまいます(苦笑)

最後の節で、歌詞に合わせて教会の鐘を思わせる音が入っています。これもまた美しいです。素晴らしい出会いを神様に感謝したくなる気持ちは、とてもよく分かります。

ところで、大阪に住んでいるとき、家族が好きなのでABCラジオの「メモリーズ・オブ・ユー」をよく聞いていました。ちょっと調べてみたら、今も放送されているのですね。スタンダードナンバーが楽しめる番組です。こういう番組は非常に少ないので(FMではあるのかな?)、とても貴重です。

ともあれ、ある日の、この番組のテーマが「霧」でした。そこで私が「霧だったら『霧のロンドン・ブリッジ』と『霧のサンフランシスコ』でしょ」と言ったら、大当たりでした(笑) 「あれ、このテーマで放送したことなかったっけ。再放送?」と思うくらい、その日に放送する曲が分かりました。

そういう思い出もあって、とても印象深い曲です。

uriel_archangel at 15:28 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード