音楽

April 20, 2017

* 鏡リュウジ『占星術の文化誌』原書房、2017年 と関連イベントに参加して

このようなイベントの存在を知り、「ぜひともお話を聞きたい」と、先週行ってきました。実は最近めっきり夜に弱いもので、お話を聞いているのはともかく、その後帰宅するのがなかなか辛かったです。下北沢駅は、ホームから出口が遠いので、到着もぎりぎりになりました。ともあれ、会場となった書店で書籍も購入しました。

占星術の文化誌
鏡リュウジ
原書房
2017-03-22


このエントリーは、イベントでうかがった話と書籍に書いてあること、自分が他の本で読んでいた知識が入り乱れた内容になります。

占星術というと、現在のような「○○座(□月□日〜△月△日生まれ)の人は……」というものを想像しますが、これは比較的新しいものだそうです。

何が重視されるかというと、ホロスコープ、惑星の配置です。これは複雑な計算などが必要なので、誰にでも分かるものではありません。現代ではコンピュータが気軽に利用でき、私のような一般人でも無料で見ることができます(素人に解読はできませんが)。私が子供のころは、500円分くらいの切手を「マイバースデイ」編集部に送って、作ってもらった記憶があります(経験者は語る/笑)。

そういう、惑星の動きが人間に影響を与えるという考え方は、当時の文学作品や絵画にも描かれています。そういう作品ではありませんが、「惑星の子供たち」という絵もさかんに描かれたそうです。

――というところで、これまでに読んだ本を思い出しました。



この本の、まさにタイトルとなった「中世の星の下で」という文章で、「惑星の子供たち」を説明しているのです。ここでも、
中世の人びとの日常生活は今日よりもはるかに密接に星辰の世界とかかわっていた。(中略)地上の出来事や人間の運命は天体の運行によって規定されるものと考えられとりわけ獣帯、十二宮と遊星の動きが注目されていた。しかし遊星の動きのほうが獣帯よりも強力であり、人びとは常に七つの遊星の動きに注目を払っていた。当時の医学はまさに遊星の動きと密接な関連をもっていたからである。
とあります。占星術と聞いたときに、なんでこの文章を思い出さないんだ、私、と、勝手に落ち込みました。

ちょっと話が脱線しますが、「中世の星の下で」で紹介されている絵は、ヴォルフェッグ家に伝わるハウスブーフという書物のものです。ドイツ語版のWikipediaにHausbuch (Schloss Wolfegg)という項目があり、惑星の子供たちの絵も紹介されているので、ドイツ語が理解できなくても、どのような感じの絵か分かるかと思います。

中世ヨーロッパでは、人々は小宇宙(ミクロコスモス)であり、人々を取り巻く大宇宙(マクロコスモス)の影響を避けられない、という考えでもありました。これは、



に書かれていました。だとしたら、惑星がどこにあるかが人々に影響を与えると考えるのも道理です(こちらは現在、どこにしまいこんだか分からない状態になっているため、文章の引用ができません……)。こうして見てみると、近代化というのは、周囲を取り巻く大宇宙から、物理的にも心理的にも人間を切り離すことだなあ、と思います。

また、鏡リュウジさんの本では、ホルストの『組曲 惑星』から、占星術と音楽のかかわりについて説明しています。ピュタゴラスからケプラーが紹介されていますが、ここでルネサンス・バロック音楽が好きな私は、アタナシウス・キルヒャーも思い出しました。彼らの時代は、宇宙の秩序を音楽で表現しようとしていたのですね。

あれこれ書いていることが本を読んだ感想ではなくなっていますが、こういうふうにこれまでに得たいろいろな知識が結びつく、とても興味深い本でした。ヨーロッパの文学や芸術の鑑賞に占星術の知識があると余計楽しめるというのは当然ですが(古代ギリシャ・ローマ神話、聖書と同じです)、歴史の理解も深まるなあ、と思いました。

uriel_archangel at 12:59 | 学び | 講演会・展覧会
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鏡リュウジ『占星術の文化誌』原書房、2017年 と関連イベントに参加して
 

September 05, 2013

* ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』

小学生のときからオールディーズが好きなのは変わりありませんが、気になる曲には変化があります。

Jo Stafford with Ray Conniff - On London Bridge


小さいときは明るく元気のいい曲が好きでした。最近は、こういう「オトナな雰囲気」のスタンダードナンバーもいいなあ、と思います。ジョー・スタッフォードの落ち着いた声がいいですね。こういう素敵な歌が似合う・歌える大人になりたいです。そこにいたるまでのハードルがとにかく高い&多いですが……。

そして最近はありがたいことに、検索するとすぐに歌詞が分かります。例えばこのサイト。よくよく聞くと、ちょっと違うところがあるのですが、まあこんな感じです。

音楽だけ聞いていると(歌詞をしっかり聞いていないと)分からないのですが、こうして歌詞を見てみると、なんと美しい! と思います。メロディーも合わせて、とてもロマンティックですよね。「運命の人と出会うって、こんな感じなのね!」と、勝手にドキドキしてしまいます(苦笑)

最後の節で、歌詞に合わせて教会の鐘を思わせる音が入っています。これもまた美しいです。素晴らしい出会いを神様に感謝したくなる気持ちは、とてもよく分かります。

ところで、大阪に住んでいるとき、家族が好きなのでABCラジオの「メモリーズ・オブ・ユー」をよく聞いていました。ちょっと調べてみたら、今も放送されているのですね。スタンダードナンバーが楽しめる番組です。こういう番組は非常に少ないので(FMではあるのかな?)、とても貴重です。

ともあれ、ある日の、この番組のテーマが「霧」でした。そこで私が「霧だったら『霧のロンドン・ブリッジ』と『霧のサンフランシスコ』でしょ」と言ったら、大当たりでした(笑) 「あれ、このテーマで放送したことなかったっけ。再放送?」と思うくらい、その日に放送する曲が分かりました。

そういう思い出もあって、とても印象深い曲です。

uriel_archangel at 15:28 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』
 

August 15, 2013

* The Diamondsの"Little Darlin'"

子供のときに、母がFMでエアチェックした(死語ですな……)オールディーズを聞いていたので、1950〜60年代に流行した曲が好きです。日本人のカバーはほとんど聞いていませんけれど。昔はレコードやカセットが高価だったので(もちろんCDも高価でしたよ)、いろいろなアーティストの曲が聞きたいときは、こういうFM番組が頼りでした。

大学生のとき、何枚組か忘れましたが、オールディーズのボックスセットが大学の売店で売られていました。「これは買わねば!」と購入し、あれこれ聞きました。「曲は知っているけれど誰が歌っているかはよく分からない」という状態は大きく変わっていませんが、多少は知識が増えたかな、と思います。

今は、ときどき無性に聞きたくなって、YouTubeで探してみたりします。昔は、オールディーズが好きと言っても周囲に仲間はまずいないので、孤独な趣味でした。でも今は、こうやってちょっと検索すると、そのころの音楽が好きな人って意外といるんだなあ、と思います。

私の中で、「いかにもオールディーズ」の代表曲と言えるのが(あ、もちろん、他にもありますよ!)、ザ・ダイアモンズの『リトル・ダーリン』です。


動画のタイトルにも入っていますが、1957年のヒット曲だそうです。『アメリカン・グラフィティ』の世界ですね。

関連動画を見て、びっくりしました。


ザ・ダイアモンズについて調べてみると(と言って、読んだのは英語版のWikipediaなのですが)、メンバーに変更がありつつ現在も活動を続けているそうです。で、この動画は、1957年当時の4人が歌っているのです。しかも2004年に!

小ネタも昔のままで(2つの動画を連続して見ると面白いです)、「あらー、衰えちゃったのね」ということもなく、素晴らしい歌声を披露していました。私は何度も何度もオリジナルのほうを聞いているので、「これは口パクじゃない!」と分かります。

今は既にお二人が亡くなられていて、このハーモニーはもう聞けないのです……。

やっぱり歌は呼吸法につながるので、健康にいいのかもしれませんね。――って、変な結論ですよね(汗)

uriel_archangel at 15:43 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - The Diamondsの"Little Darlin'"
 

April 11, 2013

* 音楽の歴史 Historia de la Musica - Lecciones Ilustradas

忙しいときに最初に見たので、どこで最初に知ったのか、記憶にありません……。TwitterだったかFacebookだったか。ともあれ、とても面白い(興味深い、と言う意味です)動画です。

今検索してみたところ、投稿日時が古いのはこちらなのですが、有名なのは下記の動画です。



音楽の歴史がバランスよく……というか、正直古楽に結構な比重を置いて、紹介されているように思います。普通はもっとあっさり流されそうなのですが。

J.S.バッハやヘンデル、ヴィヴァルディ、モンテヴェルディは基本として、ジョスカン・デ・プレやバード、シュッツ、ビクトリアの名前も出ています。なんというか、「通だな」という感じです。これを作った人が古楽が好きなのか、スペイン人なのでスペインの黄金世紀を重視したのかは謎ですが。

これは、お絵かきと音楽が好きな息子も気に入るはず、ということで見せたところ、やっぱり「すごーい」となっていました。毎日毎日、私のiPod touchでチェックしています。

――と、それはいいのですが、映像に出ていた「カストラート」の説明をすることに(汗) 「これどういう意味?」と聞かれたので、辞書で該当する場所を教えてあげただけです。まあ、もう中学生なのでいいのですけれど。

描かれたJ.S.バッハの大きさに彼が音楽に与えた影響力の大きさを思ったり、ロマン派以降になると書ききれないくらい人がいるのねと思ったりと、考えるところがいろいろあって面白いです。

ところで、テレマンのところで使われている曲は、どういう曲なのでしょう。ターフェルムジークだろうとは思うのですが、その中のどれかが、まだ分からずにいます。

なんだかんだで飽きないので、私も毎日のように見ている動画です。

uriel_archangel at 18:07 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 音楽の歴史 Historia de la Musica - Lecciones Ilustradas
 

February 09, 2012

* ヘレン・シャピロ『悲しき片思い』(Helen Shapiro "You Don't Know")

オールディーズが好きなもので、一つ気になった曲があると、ついでにあれこれと調べてしまい、時間を忘れてしまうこともあります(汗)

オールディーズを特集した番組やCDで、必ずと言っていいほど収録されている曲があります。その一つが、ヘレン・シャピロの『悲しき片思い』です。



YouTubeにいくつか動画があがっているのですが、一番再生回数の多いものを選びました。どの動画だったか忘れたのですが、動画に関するコメントに、ヘレン・シャピロのデビューは14歳(!)だったと書いてありました。

つまりこの歌声も映像も、少なくとも10代当時のものなのです! すごい才能ですよね〜。

実はこうやって映像を探していて、「なんだか昔聴いていたのと声が違うから、後年の録音かもしれない」というものがいくつかありました。本当は『子供じゃないの』のほうがいいなあ、と思っていたのですが、こちらはオリジナルのものがなかなか探せませんでした。そんなわけで、「これはオリジナルの録音だろう」というものがよく見つかる『悲しき片思い』にしました。

ヘレン・シャピロは、今も現役で活躍されているようです。



衣装の雰囲気から、最近の映像、というわけではないようですが……。

何度も何度も聴いていたからか、母がFMでエアチェックしたテープに入っている順番で曲を覚えています。なので、この曲を聴くと、次に浮かぶ曲はデル・シャノンの『悲しき街角』だったりします。当時は、日本語タイトルに『悲しき』という言葉を使うのが流行ったのですよね。

こうやって思い出していると、「そういえばこの曲は最近聴いていないなあ」というのがどんどん出てきて、収拾がつかなくなってしまいます。今日はこれくらいにしておきます(笑)

uriel_archangel at 18:56 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヘレン・シャピロ『悲しき片思い』(Helen Shapiro "You Don't Know")
 

January 26, 2012

* “To Know Him Is To Love Him” 『会ったとたんに一目ぼれ』

先日、昼食に入ったお店で、延々とオールディーズを流していました。だいたいの曲は知っていたのですが、タイトルが思い出せない曲がありました。母も曲は覚えているのですが、タイトルやグループ名が思い出せません。

でも、聞き取った最初の歌詞で検索したら、すぐに分かりました。

テディ・ベアーズの、“To Know Him Is To Love Him”です。日本語のタイトルは『会ったとたんに一目ぼれ』です。



歌詞やこの曲のバックグラウンドについては、次のサイトが参考になりました。

若くて初々しい感じで、「こういう雰囲気、いいなあ。分かるなあ」と思ってしまいます。創作心をくすぐられます。

Amy Winehouseもこの曲を歌っていました。なんだか雰囲気が違って、興味深いですね。



uriel_archangel at 22:10 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - “To Know Him Is To Love Him” 『会ったとたんに一目ぼれ』
 

December 16, 2011

* ビリー・ヴォーン楽団『峠の幌馬車』

Billy Vaughn & His Orchestra - Wheels



テレビ番組で使っていた音楽で、「曲を知っているのにタイトルは知らない」状態でした。でも、メロディーは聞いたことがあるからオールディーズに違いない! ということで、母に鼻歌を聞かせたら、すぐに判明しました(笑)

ビリー・ヴォーン楽団は、有名な曲を他にもいろいろと演奏していました。『浪路はるかに』("Sail Along Silver Moon")もそうでした。



でも、YouTubeの中をふらふらとさまよってしまって大変なので、これくらいにしておきます(このブログを書くまでにも、十分あちこちしているので)。

uriel_archangel at 20:20 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ビリー・ヴォーン楽団『峠の幌馬車』
 

October 23, 2011

* ジョン・ダウランドの"Sir Henry Umpton's Funerall"

今日も久々に、お気に入りの古楽の曲のご紹介です。



ジョン・ダウランドの曲集『ラクリメ あるいは7つの涙』に収録されている、"Sir Henry Umpton's Funerall"です。

もの悲しいけれど素敵な曲だなあと思っていて、昔から好きでした。でも、楽譜(タブ譜しか見られません……)を見て愕然としました。伴奏のリュートはすごく難しいのです。セーハという、複数の弦をおさえるところがいっぱいあります。これは、この曲だけに限った話ではないのですが……。

"Funerall"は「葬送」とでも訳せばいいのでしょうか。宗教曲ではないので「レクイエム」ではありませんが、亡くなった人を悼む音楽です。クラシックでも"tombeau"(墓)というタイトルがつく曲がありますが、それと同じです。

ここからは豆知識ですが、この曲集は楽譜に楽器の指定があるわけではないので、音程がクリアできればどの楽器でも大丈夫です。ヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)でもリコーダーでも。伴奏も、リュートだけでなくチェンバロやオルガンという可能性もあります。

伴奏以外の楽器を同じ種類の楽器のみにすると「ホールコンソート」、様々な楽器を組み合わせて演奏すると「ブロークンコンソート」になります。

uriel_archangel at 23:22 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジョン・ダウランドの"Sir Henry Umpton's Funerall"
 

October 17, 2011

* 『汚れなき悪戯』 "Marcelino Pan y Vino"

今日は、ふとこの映画のことを思い出しました。ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、Wikipediaallcinemaのページをご紹介します。

この映画は、『マルセリーノの歌(La Cancion de Marcelino)』で有名ですね。ということで、音楽は聞けないものかとYouTubeで探したのですが、主題歌だけ、というのはありませんでした。でも運よく、冒頭にこの曲がある動画を見つけたので、ご紹介します。



ストーリーは、各種の解説にあるように、「奇蹟の物語」です。子供のときはよく分からず見ていたのですが、大人になって見てみると、教会の壁に描かれたり、伝承として後世に伝わったりしている奇蹟を、そのまま映像化したなあ、という感じです。

そういうふうに見ると、とても分かりやすいです。奇蹟を目撃して驚く修道士たちの姿は、たとえばアッシジの聖フランチェスコに聖痕があらわれたとか、誰かが亡くなった時にマリア様が天から迎えに来たとか、そういう奇蹟を見て驚く人々を描く宗教画そのもの、という感じです。

確かに、見ていると涙が出る映画ではありますが、いろいろな知識を得た今では、そういう「様式美」もあわせて楽しむ映画だと思うようになりました。

今回こうして検索してみて、古い映画だからか、YouTubeなどの動画投稿サイトに全編アップされていることも分かりました……。

マザコンの息子が見たらボロ泣きして、キリスト教への信仰が深まりそうです(もともと、いわゆるプロテスタント系ですが、教会の幼稚園に通っていたこともあり、関心は高いのです)。

余談ですが、私がこの曲を知ったのは、母がエアチェックした(古いですね〜)、NHK-FMで放送していたオールディーズ特集のテープです。なので、「映画音楽」というよりは、私の中では「オールディーズ」なのでした。

リメイク版もありますが、私にとっては、このモノクロ映画が『汚れなき悪戯』です。――リメイク版は、『マルセリーノ・パーネ・ヴィーノ』という表記でしたが。

実はこの映像探しに結構時間をかけてしまったので、今日はおとなしく仕事に戻ります……。

uriel_archangel at 23:53 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『汚れなき悪戯』 "Marcelino Pan y Vino"
 

September 30, 2011

* タイトルが分からなかった曲のタイトルが分かるうれしさ!

昨日、息子が「この曲知ってる?」と歌った曲は、聞いたことはありますがタイトルが分かりません。

でも、どう聞いてもマリアッチが演奏していそうなメキシコ風の曲です。夫が知っているだろうと思い、帰宅した夫に聞いてみました。あっさり判明(笑)

"Mexican Hat Dance"という曲でした。



カートゥーン・ネットワークを見ていると、古いアニメなんかでこういう曲が使われているのですよね。

それにしても、この動画では入っていませんが、これにインスパイアされて「アホの坂田のテーマ」ができたとしか思われない部分がありますね……。

あと、『トムとジェリー』や『バッグス・バニー・ショー』が好きな息子に、この曲を教えてあげました。



パット・ブーンの『スピーディー・ゴンザレス』です(笑)

私は、パット・ブーンと言ったら、『砂に書いたラブレター』や『アイル・ビー・ホーム』なのですけれどね(これはまた機会があったら語りたいところです)。

uriel_archangel at 21:13 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - タイトルが分からなかった曲のタイトルが分かるうれしさ!
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード