鳥獣戯画展

May 29, 2015

* 特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」

ようやく展覧会そのものの感想です。まず最初に、甲巻に直行です。他の絵巻物に気を取られてはいけません。甲巻の展示場所までは、ぐるぐると歩きます。待機列が作れるように、十分にスペースを取っています。なんというか、「ディズニーランドでカリブの海賊に入ったら、まだあまり並んでいる人がいなくて、室内をどーっと歩いている」という感じです。

そんなわけで、ここでの待機時間は10〜20分程度でした。巻物は見下ろす形での見学です。上の部分に、有名どころというか、注目すべき部分が拡大されて展示してあります。待っている間もそういうものを眺めて楽しめます。

職員が付きっきりで、「立ち止まらないでください」と声をかけています。少しずつでも構わないので(昔懐かしの『牛歩戦術』はいただけませんが)、ペースを守って進みましょう。

後期の展示なので、前半は写真、後半が実物でした。写真でも十分に面白さが伝わります。生き生きとした動物たちの描写を楽しみました。擬人化が素晴らしいなあ、と思います。人間のように二足歩行していても違和感がないし、表情がとても生き生きとしています。猫におびえる鼠の姿や、遊びに興じる兎や蛙の様子は、言葉がなくても十分に理解できます。

本来は丁→丙→乙→甲と見学するのですが、先に甲巻を見たので、次に丁→丙→乙と見学しました。甲巻見学の待機列は、どんどんと伸びていきます。しみじみ、「朝早く来て良かった」と思いました。

それぞれの巻は成立年代も描き手も異なりますが、甲巻の影響を恐らく受けているだろうと思われます。丁巻の、さらさらとしかも的確に人々の動きを描写した絵も、丙巻の生き生きと遊びに興じる人々や擬人化された動物の姿も、乙巻の(実在・空想上の存在含む)動物の姿も、とても魅力的です。

ひととおり「鳥獣戯画」を見たところで、第一展示室で高山寺のその他の至宝を見学しました。中興の祖である明恵上人は非常に重要な人物で、やはりゆかりの品々が多かったです。東大寺で修行(というか研究?)をしていたそうで、華厳宗に関するものも多かったです。

それと、こうしてあれこれ展覧会を見ていると蓄積されるというか、以前の国宝展にも出ていた「善財童子」に関する絵も多くありました。いろいろな人から教えを受けて成長する童子の物語は、明恵上人に重なるところがあるのでしょう。

第二展示室ですが鳥獣戯画とは直接関係がないので人出がそれほどでもなかった、国宝の「華厳宗祖師絵伝」も、登場人物の姿に明恵上人を重ねていて興味深かったです。これも気づいたら、熱心に眺めていました。

ひととおり展示を見終わったのが11時です。甲巻の鑑賞待ちの列は、第二展示室を出るほどになっていました。普段はグッズ売り場になっている2階のスペースも、待機用の列を作るばしょになっています。私が見た時点では、そこまでの列にはなっていませんでしたが……。

そんなわけで、展示会のグッズ売り場はいつもと違って1階にあります。今回は、父に頼まれたので図録を購入しました(だからあれこれ詳しく書けるのです……)。こういうものも買いましたよ。

image

鳥獣戯画の甲巻の絵をコミック風に配置したクリアファイルです。Tシャツもありました。

「早く来て良かった〜」と思いながら平成館を出たところで、ようやく池の兎や蛙に目が留まりました。

image

鼻をつまんで水に飛び込む兎がいます。ぶらぶら美術・博物館の放送(放送内容のまとめはこちら)を見ながら「昔からこうしてたんだね〜」と、家族で話したのですが、こういうちょっとした場面が印象的ですね。

image

のびのびと遊んでいる様子がいいですね。

ちなみに後ろの入館までの待機列は、これで60分ほどのようです……(汗)

uriel_archangel at 13:14 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
 

May 28, 2015

* 【序章】特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」に入るまで

毎日毎日、ワクワクするような(?)混雑状況をツイートしてくれるのがこちらです。これを見て、「週末や休日に行くものではない」と確信しました。

そんなわけで、28日(木)を決行の日と決め、計画を立てました。――と言っても、「8時前に現地に到着しよう」「飲み物を持って行こう」「帽子(陽射しを防ぐもの)を持って行こう」「時間つぶしできるものを持って行こう」程度のものです。

そんなわけで、8時少し前に博物館に到着したのですが……既に100人弱が、門の前に並んでいます(汗) 入場券を買う人と既に入場券持っている人は並ぶ場所が違いますので要チェックです。きちんと掲示されているので、それを確認してから並んでください。

長期戦を覚悟して来たという感じの方は、折りたたみ式の椅子を持参していました。我が家はそういうものを持っていないので立って待っていましたが、長時間立ちっぱなしは辛い、という人は準備したほうがいいかと思います。駅で入手したのかな? というチラシのようなものを敷いて座っている方もいました。

iPad miniは明るい屋外だと画面が見にくくなってしまうので、結局私はNexus5のKindleに入れていた本を読んでいました。本を持ってきている人は多かったです。

8時半に開門し、入場券を買う人と入場券を持っている人は別々の入口から入り、4列になって平成館へ向かいます。入場券は入口でチェックされます。普通の券を持っている人は見せればいいのですが、我が家のようにオンラインチケットを入手した場合は、上の「鳥獣戯画展」とバーコードと、どちらもきちんと見えるように提示します。

開門は8時半ですが、開館時間は基本的に9時半で変わりません。そして、平成館までへの道を走ったところでたいした差にはなりませんし、足がもつれて転んだりすると危ないので、歩けるペースで歩きましょう。

平成館のすぐ近くではなく、もっと手前でいったん停止します。「開館まで、一番近くのお手洗い(表敬館奥の資料館)はここから行けます」ということで、青い旗が立てられました。私が並んでいた場所のすぐ近くでした。

実はここで意外と大切なのは、周囲の人とある程度コミュニケーションを取っておくことです。「お連れ様がいらっしゃる場合はもちろん、そうでない場合も、周囲の方にひと声かけて、お手洗いに行ったり座れる場所で休んだりしてください」と職員のアドバイスがありました。

博物館に早くから来るような人は、「お手洗いに行くので列を離れます」程度のあいさつでもきちんと対応してくれるでしょうが、(相手との相性があり、必ずそうしろとは言えませんが)もうちょっと会話が進んだ関係だと、安心感があります。

――と、トイレに行っている間に(9時すぎくらい?)列が進んでしまっていた私は思いました(笑) 無事、ほぼいた場所に合流できました。途中で、時間つぶし用のクロスワードも配られていました。最終的に、開館前に私がいた場所は、ギリギリで日よけ用のテントの中でした。

ここで職員の方が、「9時半開館予定でしたが、ことのほか開館準備が順調に進んだため、9時20分開館といたします」とアナウンス。周囲から拍手が起こりました(笑) 確か、私も拍手したかも(笑)

そして開館です。一度に全員入れず、何人かごとに区切って入館します。私は2番目に入館できるグループでした。ここで列を待機させる職員の方が、「みなさん、せっかく朝早く来て並んでいたのですから、まず最初に、連日たいへんな行列ができる第二展示室の甲巻を見学なさってください」とアドバイス。もちろんそのつもりですとも!

そしていよいよ、建物に入りました。入場券チェックの列は進みが早くなく(あえてテキパキ作業していないのかもしれませんが)意外と待ちます。しばらく進んだところで、オンラインチケット(e-tix)はバーコード読み取りのため、他の券とは受付が異なることを発見! そこから、エスカレーターに合流せず、目の前の階段をテキパキ上ったため、同じ列にいた人より早く入れたかも、という感じです。

屋外での待ち時間は80分ほど、というところでしょうか。

――なんて、並んで建物に入るまでで1日分にしてしまいました(汗) 展示については次回。

uriel_archangel at 16:02 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【序章】特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」に入るまで
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード