Amazon

August 17, 2015

* ようやくDAYFILER DF-X9001を起動しました

DAYFILERというのは、セイコーインスツル(SII)の電子辞書です。本体をPCに接続して、PCから検索できるPASORAMAというのがあり、翻訳者にとってありがたい存在でした。なぜ過去形かと言いますと、2015年3月末をもって、SIIが電子辞書から撤退してしまったからです。

「翻訳者にとってありがたい存在」とは書いたものの、私自身は、今まで集めてきたCD-ROM版の電子辞書のデータをPCに入れ、複数の辞書を一括で検索できるソフトを使って検索する、というのでやってきたので、使ったことがありませんでした。

ただ、今はこういう手法が流行りなのでしょうが、例えば研究社は、月額の使用料でオンライン辞書を使用できるようにするシステムを採用しています(KOD)。三省堂もオンライン辞書がありますね。

確かに常に最新のデータを検索できるというのはオンライン辞書の利点ですが、一括検索はできず、出版社ごとに検索する必要があります。今後も一括で検索したい、と思うのであれば、電子辞書を視野に入れる必要があります。そんなわけで、PASORAMAがあるDAYFILERは有力な候補でした。ドイツ語の辞書が弱いのは弱点でしたが、iOS版の独和大辞典を入手したので、そこは問題なし、だったのです。

2014年の後半には、「SIIが撤退する」という情報が出て、「今のうちに買わなくては」という状態になったのですが(おそらく翻訳者界隈のみの現象でしょうけれど)、当時の私には先立つものがなく(汗) 気づいたら、最上位機種は手に入らない状態になっていました。というか、買えるは買えるのですが、法外な価格が付いていたのです。

ちなみに最上位機種というのはこちらです。英語のプロフェッショナル向けということで、特に英英辞典が充実しています。



これは製品の写真を載せたいがためのリンクなので、ここから買え、という話ではありません。

で、ようやく購入したのがこちらです。こちらはエンジニア/ビジネスパーソン向けということで、英英辞典は比較すると弱いですが、ビジネス関係の辞書や理工系の辞書は充実しているので、「ベストではないけれど、これが最善だなあ」ということで購入しました。

これも、参考のための画像を貼りたいためのリンクなので、購入は推奨しません。

メールを調べたら、4月に購入していました。当時はなぜか、台数限定の割引セールがときどきあり、それを利用して購入しました。そして、実は「どうしてもこれを使わないと!」という事態にならなかったので、Amazonの箱から出してはいましたが、製品の箱に入れっぱなしにしていまして(汗)

Surface3のセットアップに合わせて箱から出したのですが、初日は充電して終わりました。そして翌日に作業したところ、日時や時間の設定をすれば、すぐに使えました。PASORAMAを使おうと思わなければ、という話です。

――ということで、やっと電源を入れて使える状態にしましたが、PASORAMAを使えるようにしていません(汗) これはまた、時間に余裕があるときに、ということで。Surface3で上手く使えればいいなあ、とは思うのですが……

いつになるのやら、です。

uriel_archangel at 11:46 | 仕事 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ようやくDAYFILER DF-X9001を起動しました
 

April 25, 2014

* 気が付けば「図書館で借りる」より「Amazonマーケットプレイスで購入」

まあ、お金はかかりますが、返却期限がないので自分のペースで読めて気が楽です。送料はかかりますが、絶版になっている書籍の場合は、自分で古書店に行って探す手間や交通費などを考えても、「高い買い物だわー」なんてことにはならないと思います。

そして、古書店をはしごして探して……とする必要もなく、検索して何度かクリックすれば、お目当ての本が手に入るのです。私は特に「手元に本を置いておきたいタイプ」なので、図書館で借りて読むよりも、ついついマーケットプレイスを選んでしまいます。

何年か前にもこのブログで書いた記憶があるのですが、興味があったにも関わらず、購入せずにいるうちに絶版になってしまった、という本がありました。これもネットで探して購入できたので、とても嬉しかったです。「気になる本はそのときに買っておかないと後悔する!」という教訓にはなりました。このときは、運よくマーケットプレイスで見つかりましたが、自分の欲しい本が常にあるとは限りませんからね。

フランス芸術紀行
饗庭 孝男
日本放送出版協会
2004-11


ちなみにこのとき私が買ったのは、この本です。フランスのロマネスクの教会や美術に興味のある方におすすめです。冷静に考えれば、私が興味を持つ本って、いかに素晴らしい内容でもたくさん売れる本ではないので(増刷しなさそう……)、「出たらすぐ買え」なのですよね。

とは言え、以前から書いているように、私は今でも本屋さんに行くのが好きですよ。ネットで目的の本をピッと買う「最短距離」も悪くないのですが、本屋さんでの「偶然の出会い」も楽しいです。

uriel_archangel at 11:50 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気が付けば「図書館で借りる」より「Amazonマーケットプレイスで購入」
 

February 25, 2014

* 日本からAmazon.deの電子書籍は買えるのかな?

こう見えてというか当然というか、Amazon.de(ドイツのAmazonですよ〜)から本を買ったことがあります。なので、アカウントは作っています。

Amazon.comでもドイツ語の書籍は扱っていますが、やはり種類が豊富なのはドイツのAmazonですよね、ということで、収納スペースの節約というだけでなく、「ドイツ語の本は電子書籍にしたほうが、持ち歩きやすいし読む機会も増えるよね〜」と思いました。

でも以前、かなり本気で「ドイツからKindle本体って買えるのかな?」と試してみたところ、「Kindleは、あなたの場合はAmazon.comで買ってね」と見事にハネられました。まあ、Amazon.co.jpでも入手できる時期ではありましたが。

日本でKindleをAmazon.deのアカウントに対応させた、という話が見つからないので(だいぶ前に調べたところで情報収集が止まっているのですが)、私が頭の中で「これならできるかなあ」と思っていることがあります。

要は、タブレットやスマートフォンのKindleアプリとドイツのAmazonのアカウントを関連させる、という方法です。とは言っても、私はiPod touchのKindleアプリはAmazon.comアカウント、Nexus5のKindleアプリはAmazon.co.jpと紐づけています。Amazon.deに対応するには、もう1つ、Kindle本体かKindleアプリが搭載できるものが必要になります。

予算の面から考えると、一番負担が少ないのはKindle本体を入手してAmazon.co.jpに対応させ、Nexus5のKindleアプリをAmazon.deに関連させる方法です。

まあ、Nexus5が意外とバッテリーを消費するので、先日のような長距離移動中に本が読みたい、というときにKindleアプリを使いにくい、という状態なのも事実です。なので、この方法は私にはメリットがあるかなあ、と思っています。

――などといろいろ書きましたが、「机上の空論」というか「私の頭の中の妄想」状態なので、これが成功するかどうかは分かりません。これまた、チャレンジしたらその結果をブログに書こうと思います。

uriel_archangel at 11:15 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本からAmazon.deの電子書籍は買えるのかな?
 

April 08, 2013

* 今さらながら"The Elements of Style"

たぶん、高校の英語のグラマーの授業で、「英文の書き方」みたいな話はあったと思うのです。でも、細かいところがきちんと分かっていないことを、この年齢になって痛感しています。普段から言っているとおり、私は英語圏に住んでいた経験も留学経験もないので、どうしてもそういうところは甘くなってしまいます。

そしてさらに、こういう年齢になると、「しっかりした書き方ができないと、『あらまあ、この人の書く文章と言ったら……!』みたいな扱いを受けそう」という考え方をするようになり、「基本はおさえておこう」という気分になりました。

こういうときの基本は、"The Chicago Manual of Style"なのです。

The Chicago Manual of StyleThe Chicago Manual of Style [ハードカバー]
出版:Univ of Chicago Pr (T)
(2010-08)

これを持ち歩いてすき間時間に読む、というわけにもいきません。Kindle版があればなあ、と思うのですが。そこで目をつけたのは、もっと薄くて読みやすい本です。

The Elements of Style, Fourth EditionThe Elements of Style, Fourth Edition [ペーパーバック]
著者:William Strunk Jr.
出版:Longman
(2000-01-15)

……と、ページを表示させてびっくり。Amazonさんに、「あなた、2002年にこれ買ってますよ」と言われてしまいました(汗) あわてて、このテの本が並んでいる(だけの)本棚を見てみたところ、確かに持っています。恐らくNiftyの翻訳フォーラムや翻訳関係のムックなどで紹介されていて、ええい、と買ったのでしょう。

でも、いちいち細かいですが、やっぱりペーパーバックとは言っても、場所は取ります。こうなったら、残るのはこれです。

THE ELEMENTS OF STYLE (UPDATED 2011 EDITION)THE ELEMENTS OF STYLE (UPDATED 2011 EDITION) [Kindle版]
著者:William Strunk
出版:The Elements of Style Press
(2011-06-27)

いろいろなeditionがあるので、どれが一番いいかは分からないのですが、Amazon.comで一番評価が高かったものを選びました(確か)。ここで紹介しているのはAmazon.co.jpのサイトのものですが、私自身は、iPod touchのKindleにAmazon.comのアカウントを設定しているので、そちらで購入しました。

今の為替レートだと、Amazon.co.jpのほうが多少安く手に入るかもしれません。でも、1 clickで手続きできるし、送料もなにも関係ありません。「洋書はiPod touchに入れて、積極的に読む」ということで、このようにしました。

――というか、そもそもまだAmazon.co.jp用のKindleは手に入れていないのですけれどね。

そんなわけで、本当に少しずつですが、読んでいます。簡潔な文章でビシビシと書いているので、分かりやすいです。早速「あれ、そういうルールだったっけ?」ということもあり、たいへん勉強になっています。

これで、いつ書くか分からない外国語のブログも、きちんとした体裁で書けるぞ〜、と思っています。

実はこの「正しい文章の書き方」、ドイツ語のほうも、きちんと理解しているわけではないのですよね。ドイツ語と英語とでは違うところもあるので、この年齢になってちゃんとできるのかな? と思うところもあります。でも、頑張りますよ〜。

uriel_archangel at 16:12 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今さらながら"The Elements of Style"
 

February 11, 2013

* iPod touchにKindleアプリを入れました

Amazon.comにもAmazon.co.jpにもアカウントを持っているので(電子書籍を購入したことはありませんが)、「Kindle2台持ち?」とかなんとか、いろいろと考えました。

結論として、iPod touchにKindleアプリを入れ、これでAmazon.comで入手した本を読むことにしました。Amazon.co.jpの本はKindleを使おうかと。って、Kindle本体を手に入れるのはいつになるのでしょう、という感じです。

移動中や出先などでの隙間時間を利用した読書で、洋書を読む時間を作ろうというもくろみです。

ちなみにAmazon.deの電子書籍ストアに行ってみたところ、「うちではあなたに本(電子書籍)は売れないので、Amazon.comに行ってください」的な表示が出ました。ちなみにAmazon.co.jpでも、ある程度のドイツ語書籍は扱っているようです。ちゃんと調べてはいないのですが。

それにしても、この円安のご時世、Amazon.comで購入しても、そんなに「安く買えた〜」という感じの金額ではないのが残念です。Amazon.co.jpと価格差が開かないようにしているのかもしれませんけれど。

何を読もうか考えた結果、著作権freeになっている作品を選びました。

オスカー・ワイルドです。他にも何冊か入れてみたのですが、今読んでいるのはこちら、ということで。まだ半分も進んでいません。

上記はAmazon.co.jpへのリンクです。そう、こちらでも無料で入手できるのです……。.comと.co.jpと、アカウントを分ける理由はあるのか、という感じですが、まあ「Kindleアプリに入っている本を洋書だけにする」というのには役立つかと思います。

せっかくなので、.comでドイツ語の本も探してみようかな〜。

こうやって洋書を読んでいると、「辞書アプリを入れていたほうがいいのか」など、いろいろと考えることが増えます。それにしても、こういうデバイスに電子辞書を入れておくと、海外旅行に紙の辞書や単体の電子辞書を持って行く必要もなく、便利な世の中になりましたね。

uriel_archangel at 16:21 | 日々の記録 | ネットやPC関連
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - iPod touchにKindleアプリを入れました
 

December 09, 2012

* そうか、私は不在だったのか……

Amazonで買い物をしました。日本郵便でもヤマト運輸でもないところ(名前は出しませんが……)から配送されるというメールが来て、「無事に届くといいなあ」と思っていました。ちょうど、少し前に、「ものすごいトラブルになった」という話をTwitter経由で見ていたのでした。

今日はちょっと外出したので、帰宅時に念のためポストを確認したところ、不在通知は入っていませんでした。

その後、荷物のステータスは「配送中」になりました。いつ届くのかと思っていましたが、なんの音沙汰もないまま、一日が終わりました。荷物のステータスを見たところ、一度外出して不在通知を確認した後は、在宅だったにも関わらず、「配達できなかったので持ち帰りました」に……。

たぶん、それ、うちが不在にしていたからではなく、配送業者の能力不足で「配達できなかった」になったのではないかと思いますよ(冷静に)。

この業者、以前、仕事関係で資料を送ってもらったときに、不在時に配達の通知も入れずに帰ってしまったことがあったのです。確かに不在にしていた時間帯はあったのですが、今こういうことがあって振り返ってみると、本当に配達していたのかも怪しいです……。

まさかそんなことはあるとは思わない私は、先方の発送が当初聞いていたより遅れているのかと思っていたので、初動が遅れてしまいました。さらに、週末に入ってしまったこともあり、事情を把握した送り主が伝票を確認できる状態になく(こちらは『送られてこない・不在通知もない』状態なので業者に連絡のしようがなく)問い合わせが週明けになり、配送が数日遅れた、ということがあったのです。

今回もこういうパターンなのでしょうか。前回の「不在通知さえ入っていなかった」は、別の業者で経験した「家にいたのに不在通知を入れられた」よりも性質が悪いです。今はもう(ボロい)寝巻に着替えているもので、ポストを確認する気力がないのですが、不在通知くらい入っているよね……と思っています。

ネットでホームページを見ると、時間帯指定は基本的にできないとのこと(不在通知を見ていないので、詳細は分かりませんが……)。この業者の支店に取り置いてもらって取りに行く、というのが無難なようです。幸か不幸か、担当の支店は行けない距離ではないので。

対策としては、「ヤマト運輸が配達するお急ぎ便にする」がいいようです。この業者を使って配達しているのは、プライムに加入させるための策略か、と思ってしまうくらいです。

でもまあ、私がAmazonで購入する場合は、そんなに急ぎではないものがほとんどです。大型書店も家電量販店も、1時間もかからずに行ける場所にあります。なので、本当にすぐに必要なものだったら、自分で買いに出かけるほうが確実に時間をかけずに手に入れられます。

こういう状態なので、プライムには加入せず、かさばるものだったら単発でお急ぎ便、基本はコンビニ受取、にしてしまったほうがいいかなあ、と思っています。

uriel_archangel at 23:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - そうか、私は不在だったのか……
 

October 31, 2012

* MP3ダウンロードでCDを買いました

基本はCDで買うタイプなのですが、古いCDだと、探すのも一苦労です。見つけても、びっくりするような金額だったりします。そんなわけで、初めてMP3ダウンロードでCDを購入しました。

Cristobal de Morales: Missa Mille RegretzCristobal de Morales: Missa Mille Regretz
販売元:Almaviva
(1997-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

購入すればすぐにダウンロードできるし(初めてのダウンロードだったので、ソフトウェアのインストールはありました)、ダウンロードしたデータはすぐにiTunesに取り込めるしで、とーっても手続きが簡単でした。

ちなみに、このCristobal de Moralesのパロディー・ミサ(当時流行していた世俗曲の旋律を使用したミサ曲)は、お気に入りのサヴァールのCDに一部が収録されているのですが、「全曲聞いてみたいなあ」と思っていた作品でした。興味のある方は試聴してみてください。

聞いてみた感想は、よく聞いていたのがサヴァール(スペイン)で、こちらはヒリアード・アンサンブル(イギリス)ということで、よく言えば端正で模範的、悪く言うと「お堅い」という感じです。でもまあ、こちらのほうが間違いはないかもしれません(褒め言葉に見えませんけれどね)。

そして、前にも書いたかもしれませんが、もともとのお気に入りのCDというのはこちらです。

Carlos V Mille Regretz: Cancion Del EmperadorCarlos V Mille Regretz: Cancion Del Emperador
アーティスト:Hesperion XXI
販売元:Alia Vox Spain
(2000-12-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これも(同内容の別バージョンで)MP3ダウンロード販売がされているようです。黄金世紀スペインの「濃いところ」がぎっしり詰まっていますので、個人的にはお勧めです。古楽なので、知らない曲ばかり、という人がほとんどかもしれませんが。

ところで、昔買ったCDをiTunesに取り込もうとすると、失敗することがあります。マシンの問題かCDの問題かが、分からないのですが。個人的には上手くデータが取り込めないCDの代表的存在、BISのCD(ヤコブ・リンドベルイのリュート曲集とかコンソート集、よく買ったもので……)はどうなっているのかな、と思って今ちょっと調べたら、ナクソスのライブラリーに入っているもよう……いつの間にそんなことに。

――ということは、ナクソスに登録すれば好きなだけ聞ける、ということになるのですが、年払いでも21000円。ということで、しばらく考えます。ストリーム配信ですしね。

uriel_archangel at 23:45 | ネットやPC関連 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - MP3ダウンロードでCDを買いました
 

October 30, 2011

* Amazonで文房具も買ってみました

息子が1年生の時から、ずっと使っている鉛筆(シリーズ)があります。去年は近所の文具店で見かけたのですが、今年は見かけないので、別のものにしようかと思いました。

でも、いかにも1年生向けのものや、キャラクターものはあまり使いたくないし……ということで、ネットで探してみることにしました。ありがたいことに、Amazon.co.jpで扱っていました。早速購入です。

まだ手元には届いていないのですが、文房具まで買えるとは、楽な世の中です。楽天のお店にも扱っているところはありましたが、送料などを考えると、Amazon.co.jpのほうが便利でした。おかげで、選べるデザインは少なかったのですが。

私が小学生のときは、「鉛筆はHB」だったように思います。私は鉛筆の持ち方が悪いので(左利きなのに右手で持つように直されたのが原因かと思います)、しっかり書けるBを使っていました。でも今は、2Bが主流のようですね。息子もずっと2Bを使っています。

私は文房具が好きで、小学生の時からあれこれこだわっていましたが、息子は特にそういうものがなく、私が買ったもの(もちろん、こだわって選んでいますよ〜)を黙って使っています。

ちなみに、ずーっと使っている鉛筆は、このシリーズです。

かきかた鉛筆 2B KB-KHN LPかきかた鉛筆 2B KB-KHN LP
販売元:トンボ

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


かきかた鉛筆 2B KB-KHN DLかきかた鉛筆 2B KB-KHN DL
販売元:Tombow

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


他にも、シカやチーターがあるのですが、Amazon.co.jpでは扱っていませんでした。もっと前にはホッキョクグマがありました。
無地の鉛筆も使いましたが、必ずこのシリーズは筆箱に入っています。余談ですが、「筆箱」と聞くと、息子が小さい時、「ふでばこじゃないよ、えんぴつばこだよ」と言っていたのを思い出します……。

ともあれ、勉強を頑張ってほしいところです。

uriel_archangel at 23:36 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Amazonで文房具も買ってみました
 

August 30, 2011

* Amazon.co.jpのマーケットプレイスで本を買いました

フランス芸術紀行
フランス芸術紀行
クチコミを見る


買ったのはこの本です。もともとはNHKラジオのフランス語講座テキストで連載されていたもので、楽しみに読んでいました。でも、こうやって単行本として発売された当初、「お金がないなあ」という理由で、買わずにいました。知り合いにはプレゼントしたのですが、自分用には購入しなかったのです。

で、「そういえば、買いたかった本があったっけ……」と思いだして調べたところ、絶版でした。というか、Amazon.co.jpで購入できなくなっていました(汗) 今思えば、そんなところでケチるな! ですよね。この反省もあって、今の私は、興味のあるジャンルの本は、ためらわずに買う! と決めています。

で、「こういう本だったら、マーケットプレイスを使うのもアリかな?」ということで、思い切って購入しました。もう7年ほど前の本ですし、自分がもし当時購入して持っていたら、それなりの古さになっているわけですから、「新品の本」にこだわる必要はない、と思ったのです。いちおう、一番状態がよさそうなものを選びました。

きちんと梱包されて、思ったほど時間もかからずに手元に届きました。うれしいです。まず、カバーをつけなければ……と思っています。

まだパラパラとめくっている程度ですが、連載時、ロマネスク建築がよく紹介されていたので、とても興味深く読んでいたのを思い出します。プレゼントしたのも、ロマネスク文化が好き、という方でした。

自分が持っている読まなくなった本も、マーケットプレイスで売ろうかどうか、と考えています。でも、こういう梱包を、自分ができるかなあ……とも思います。今はあれこれ忙しいので、こういう本の手放し方を、しばらく考えることにします。

uriel_archangel at 23:09 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Amazon.co.jpのマーケットプレイスで本を買いました
 

December 18, 2010

* 使いやすくなったAmazonのコンビニ受取

先日の話の続きです。

日曜日(12日)の午後に注文したところ、月曜日(13日)には発送の連絡がありました。

「いつ受け取り可能になるのかな」と思っていたところ、火曜日(14日)には、「コンビニ受取の認証キー」のメールが届きました。以前のコンビニ受取のメールを確認したところ、「○日の夜18時以降」という条件があったのですが、今回は「このメールが届いた時点で受取可能になっています」という趣旨のことが書いてありました。つまり、メールを見たらコンビニにGO!でよいのです。

結局、14日はコンビニに行く時間が取れず、15日に受け取りました。Amazonからのメールに記載されている「お問い合わせ番号」と「認証番号」が必要なので、メールを携帯に転送したり、プリントアウトしたりして持っていく必要があります。Loppiの操作も、メールに書いてある指示通りで問題ありませんでした(数字の羅列の入力で、失敗しましたけれど/汗)。

私はクレジットカードで決済しているので、コンビニでは荷物を受け取るだけで、支払いなどはありません。

荷物を受け取った後は、Amazonから「荷物の受領を確認しました」というメールが来ます。(確認のため、でしょうけれど、もしも誰かが勝手に荷物を引き取っていたら、どうするのでしょう?)

以前は、指定した職場の近くのコンビニで金曜夜以降に受取可能になるというタイミングの悪さでしたが、今回はすんなり受け取ることができました。発送までも早かったし、受取可能になるまでの日数や時間も以前より早くなっていて、「これは使いやすくなったなあ」と思います。

先日は、「Amazonの商品の配送先変更を宅配便会社に連絡したのに、ドライバーに通じていなかった」で苦労しました。こちらでその顛末を書いています。

そういう手間を考えると、「すぐに手に入れなければ!」というものでなければ(あと、家に配送してもらいたいというような大きさのものでなければ)、コンビニ受取は便利だと思います。

私個人の感想ですが、以前よりも使い勝手が良くなっています。

uriel_archangel at 21:54 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 使いやすくなったAmazonのコンビニ受取
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード