Dayfiler

August 22, 2015

* SurfaceとDayfilerのケース到着!

何かと言えばBUILTのケースを買っているわたくし。

【8/25迄ポイント10倍!クロネコメール便無料/当日発送】BUILT NY 6インチ E/TタブレットEnvelope(ビルト/E-reader/Tablet/エンベロープ/黒/BLK)【RCP】 02P23Aug15
【8/25迄ポイント10倍!クロネコメール便無料/当日発送】BUILT NY 6インチ E/TタブレットEnvelope(ビルト/E-reader/Tablet/エンベロープ/黒/BLK)【RCP】 02P23Aug15

電子辞書用ケースというのはいろいろ売られているのですが、Ex-word用などと書かれてて、Dayfilerに使えるかどうか分からないので、本体に定規をあててタテヨコを測り、「まあ、これなら大丈夫かな」と6インチタブレット用のケースを選びました。

Dayfilerを入れてみたところ、タテ(短辺)はちょうどよかったのですが、ヨコ(長辺)は2cmくらい余裕がありました。タブレットやスマーフトフォンと比べると厚みがあるので、あまりサイズがギリギリだと、パンパンになってしまい、収まらない可能性があります。そもそもそういうサイズのものはなかったのですが……。

そんなわけで、私の趣味に合うケースでサイズが適切という点では、これが一番いいのだろうと思います。

Surface3のケースは、今までとちょっと種類を変えました。

BUILT 10-Inch (インチ) Neoprene Notebook Laptop Sleeve French Bull Vine 「並行輸入品」
BUILT 10-Inch (インチ) Neoprene Notebook Laptop Sleeve French Bull Vine 「並行輸入品」

今まで、iPad miniでもiPod touchでも、↑のDayfilerでも、エンベロープタイプのものを選んでいました。でも今回は、スリーブタイプにしました。

最初は9〜10インチ対応のエンベロープにしようと思い、あちこちのサイトで(楽天や日本のAmazonだけでなく、アメリカのAmazonもチェックしました)サイズを調べたのですが、Surface3は「入るか入らないか分からない」感じです。エンベロープだと、入らないとどうしようもありません。

Surface3は厳密には10.8インチサイズなので、10インチってギリギリかな? と思ったのです。「じゃあ、MacBook Air11対応のケースはどうだろう」と調べたのですが、こちらは11.8インチで、「これはこれで、大きすぎるかも……」となってしまうのです。上手く行きませんね(汗)

そこで、入手できるデザインで一番気に入ったのがこのスリープだったこともありますが、「長辺が足りなかったとしても、これはこれでファスナーをせずに使うという選択肢もあるから、いいか」と、ちょっとギャンブル的な要素をはらみつつ決定しました。

実物を見て、「あれ、こんなに頼りない感じだったっけ?」とびっくりです。よく考えると、こういう形のものは携帯電話ケースでしか触ったことがなく、それ以外は全部エンベロープです。ディスプレイ面が二重になっているのに慣れてしまっているのですよね。確かに、エンベロープのフタ部分や、裏の部分を触ってみれば、思ったより薄手です。

スムースにスルリと、ではなく、ちょっと「よいしょ、よいしょ」という感じではありますが、全身(ペンをタイプカバーに挿した状態)を無事収めることができました。確かにエンベロープに比べると頼りない感じではありますが、タイプカバーもあるし、大丈夫だろうなあ、と思います。

エンベロープだとあまり気にならないのですが、スリーブになってみると、このケースの独特のコーナーの形は、角を衝撃から保護するためなのだろうなあ、というのに気付きます。確かにエンベロープのほうが保護力はあるでしょうが、コンパクトさはスリーブのほうが上なので、満足できる買い物になりました。

どちらも大事に使いつつ、フルに活用したいと思います。

uriel_archangel at 11:56 | ネットやPC関連 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - SurfaceとDayfilerのケース到着!
 

August 17, 2015

* ようやくDAYFILER DF-X9001を起動しました

DAYFILERというのは、セイコーインスツル(SII)の電子辞書です。本体をPCに接続して、PCから検索できるPASORAMAというのがあり、翻訳者にとってありがたい存在でした。なぜ過去形かと言いますと、2015年3月末をもって、SIIが電子辞書から撤退してしまったからです。

「翻訳者にとってありがたい存在」とは書いたものの、私自身は、今まで集めてきたCD-ROM版の電子辞書のデータをPCに入れ、複数の辞書を一括で検索できるソフトを使って検索する、というのでやってきたので、使ったことがありませんでした。

ただ、今はこういう手法が流行りなのでしょうが、例えば研究社は、月額の使用料でオンライン辞書を使用できるようにするシステムを採用しています(KOD)。三省堂もオンライン辞書がありますね。

確かに常に最新のデータを検索できるというのはオンライン辞書の利点ですが、一括検索はできず、出版社ごとに検索する必要があります。今後も一括で検索したい、と思うのであれば、電子辞書を視野に入れる必要があります。そんなわけで、PASORAMAがあるDAYFILERは有力な候補でした。ドイツ語の辞書が弱いのは弱点でしたが、iOS版の独和大辞典を入手したので、そこは問題なし、だったのです。

2014年の後半には、「SIIが撤退する」という情報が出て、「今のうちに買わなくては」という状態になったのですが(おそらく翻訳者界隈のみの現象でしょうけれど)、当時の私には先立つものがなく(汗) 気づいたら、最上位機種は手に入らない状態になっていました。というか、買えるは買えるのですが、法外な価格が付いていたのです。

ちなみに最上位機種というのはこちらです。英語のプロフェッショナル向けということで、特に英英辞典が充実しています。



これは製品の写真を載せたいがためのリンクなので、ここから買え、という話ではありません。

で、ようやく購入したのがこちらです。こちらはエンジニア/ビジネスパーソン向けということで、英英辞典は比較すると弱いですが、ビジネス関係の辞書や理工系の辞書は充実しているので、「ベストではないけれど、これが最善だなあ」ということで購入しました。

これも、参考のための画像を貼りたいためのリンクなので、購入は推奨しません。

メールを調べたら、4月に購入していました。当時はなぜか、台数限定の割引セールがときどきあり、それを利用して購入しました。そして、実は「どうしてもこれを使わないと!」という事態にならなかったので、Amazonの箱から出してはいましたが、製品の箱に入れっぱなしにしていまして(汗)

Surface3のセットアップに合わせて箱から出したのですが、初日は充電して終わりました。そして翌日に作業したところ、日時や時間の設定をすれば、すぐに使えました。PASORAMAを使おうと思わなければ、という話です。

――ということで、やっと電源を入れて使える状態にしましたが、PASORAMAを使えるようにしていません(汗) これはまた、時間に余裕があるときに、ということで。Surface3で上手く使えればいいなあ、とは思うのですが……

いつになるのやら、です。

uriel_archangel at 11:46 | 仕事 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ようやくDAYFILER DF-X9001を起動しました
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード