Facebook

May 06, 2013

* せっかくネット上に何かを書くなら、明るく楽しいことを書きたい

佐々木俊尚さん佐藤尚之さんが言及されていたので、関連して思ったことを。これもまた、以前に似たようなことを書いたなあ、とは思うのですが。

こういうのって、結局、「誰に自分をどう見せるか」の問題だと思うのですよね。私は結構年数だけは長く「オンライン」(パソコン通信含む)なのですが、そこで感じるのは、

ネガティブなことを書くとトラブルを招きやすいし、ネガティブな人ばかり寄ってくる

ということです。本当にそうなのです。

「飾らない自分」を是とするのは、分からないでもありません。でも、何の工夫もせずにネガティブなことを書くと、その発言内容は、どこか自分の足を引っ張るものになります。自分で自分の首を絞めるというか。そして、ネガティブな発言には、思わず笑いたくなるくらい、「今まで見かけたことがないのに、どこから来たんだ?」というようなネガティブな人が寄ってきます。

なので、誰かの批判であれ、「なんてダメなんだ自分」という内容であれ、自分がネガティブな思いをネット上に流したら、その思いは、最低でもそのまま自分に戻ってくる、と考えたほうがいいです。大げさかもしれませんが、それくらいの覚悟が必要です。

匿名でいられる場所だと、あまりそういう心配をしないでいいので、気楽かもしれません。でもそれは結局、まさに殴り書きの落書きでしかないのですよね。「誰かとつながっていたい」という気持ちがないなら、それはそれでいいのかもしれませんけれど。

こう言うと「変なやつ」と思われるかもしれませんが、私はなるべく、「明るく楽しく」をモットーにしています。そうでないことを書きたいときは、人目につかない場所で、気を遣いつつコソコソやっています(汗)

他の人にも「こうしろ!」とは言いませんが、基本tweetしっぱなしのTwitter(フォローするかしないかは相手の勝手ですし)はともかく、SNSでは「これは自分がつながっている人のTLに出る」と意識すると、「あまりネガティブなことは書きたくないなあ」と思います。

書棚に並ぶ本やその人が食べるものでどんな人物か分かる、というのと同様、どんなTLになっているかは、ある意味その人の責任というか、その人が見えるというか。なので、「人が見ている」というのを意識して書いています。「人が見ている」を意識するのは、ブログでも同様です。

ネガティブなことを書くときは、この「トラブルを招きやすい」というのがあるので、非常に言葉を選んで書いています。これに手間がかかりすぎて、ふと「なんでこんな面白くないことが書いていある文章を、必死で推敲しているんだ」と思うのです。正気に返る、というか。そして、「どこかにアップするの、やめた―」になることがほとんどです。

で、タイトルのとおりですが、書くなら「明るく楽しいことを!」と思っています。そのほうが自分の気持ちも上がるし、読んだ人も悪い感じはしないでしょう。それを「リア充のふり」と言う人は……「そういう考え方なのね」と思うことにします。大事な自分の人生ですから、自分が評価しないでどうする、なのです。

ネガティブなことをどうしても書きたいなら、チラシの裏にでも書いとけ、という話です。

《おまけ》

uriel_archangel at 17:48 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - せっかくネット上に何かを書くなら、明るく楽しいことを書きたい
 

October 27, 2011

* Facebookになんでも登録する?

SNSはあれこれ登録しています。まともに使っているのはmixiとFacebookくらいです。mixiは「誰でもマイミクOK」ではありませんが、会ったことのない人でもマイミクに登録しています。

まあ最近は、マイミク申請が来ることもほとんどないのですが。というか、そもそも最近はボイスとチェックしか使っていない感じです。日記を書くと、気合いを入れすぎて余計な時間をかけるからですが。

一方でFacebookは、実際に会ったことがある人に限っています。学生時代の友人知人が多いです。これまで年賀状程度だった人たち(どころかすっかり没交渉の人たちも……)の近況が分かるので、「よかったなあ」と思っています。意味もなくコミュニケーション好きな自分にはぴったりです。

SNSではありませんが、一番ゆるーく使っているのはTwitterです。フォローしている人をたまーにチェックして、書いていることが面白そうならフォロー返しします(すぐにはフォロー返ししませんので……)。会ったことがあるかとかネット上での交流が長いかとか、そういうことは気にしません。いろいろな人の意見が見られるのが面白いところです。

前置きが長くなってしまいましたが、FacebookのUIを、ずっと英語にしていました。それを先週、日本語にしてみました。そうしたら目につかなくなったのですが、以前は左側に「セキュリティレベルが低い」というメッセージが出てくることがありました。どういう意味だろうと思ったら、「携帯電話の番号も登録しましょう」みたいなことを言っているのです。

私は携帯電話の番号まで登録する気はないので、無視しています。普通は登録するものなのかしら? 住所も全部は入力していなくて、最寄駅までです。当然ですが、これも友人までの公開です。あまりあれこれ書く気にはなれません。私個人は、「全部書いてしまうほうがセキュリティ上で問題」と思っているので……。

Facebookをしていると言っても、メインはこのブログの更新が流れたり、Twitterで書いたことで流れていることがあったり、という程度です。リンクはmixiチェックと同じものがあったりします。

3つすべてでつながっている人にはとても重複した内容なのですが、Twitterだけでつながっている人・mixiだけでつながっている人・Facebookだけでつながっている人がいるので、こういう形にしています。

まったく面識のない方は、ゆるーくTwitterから始めましょう、ということで。

――なんだか、思っていたのと違う結論になってしまいましたけれど(汗)

uriel_archangel at 23:36 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Facebookになんでも登録する?
 

May 17, 2011

* 使いこなせていないネット上のもの、いろいろ

Facebookは、登録はしていますが、活用しているとは言いがたい状況です。Friendsの投稿(って言うのかな?)は見るのですが、私自身が投稿するのは、本当に「ときどき」です。

どれくらい投稿しているかというと、頻度は
Twitter>mixi>Facebook
というところでしょうか。

Friendsの投稿を見て、「こういうふうに使うのか〜」とは思いますが、いまひとつ……以上に使いきれていません。Twitterやmixiでつながっている人が多いから、というのが、理由にあるかもしれません。

こんな状態ではありますが、最近はFriendの数が少しずつ増えてきています。TwitterやほかのSNSではなく、Facebookを活用している、という人もいます。なので、これまた「今の仕事が一段落したら」ですが、いろいろとチャレンジしなければ、と思っています。

こういう「登録はしたけれど……」なものとして、ほかにLinkedInがあります。英語のレジュメをきちんとしていなかったというのもあり、Facebook以上に「登録しただけ」状態です。

でも、8年ちかく前にちょっとご縁のあった人(外国の人です)が、LinkedInで私を見つけてくれました。「見つけてくれてありがとう」というメッセージを書かなければ、と思ってはいるのですが、やはり実行していません……。こちらも要ブラッシュアップです。

最近、苦労しつつ履歴書(日本語・英語とも)を更新しました。せっかくなので、それを反映させたいです。

uriel_archangel at 17:43 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 使いこなせていないネット上のもの、いろいろ
 

February 03, 2011

* 引き続きFacebookを研究中

Facebookをビジネスに使う本Facebookをビジネスに使う本
著者:熊坂 仁美
ダイヤモンド社(2010-11-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


というわけで、昨日の本は読み終えたので、2冊目に突入しました。週刊ダイヤモンドも購入しているのですが、まだしっかり読んでいません……。

こうやって関連する本を見ていると、なんとなーく「こういう感じがいいのかな」というのがつかめてきました。実行できるかどうかはともかく、ですが(汗)

そして、自分のブランディングであれビジネスであれ、確かにFacebookは上手に使えれば効果的なんだろうなあ、と思います。

私も早速ファンページを、と思うのですが、その前に自分の個人ページも充実させなければなりません。それに、ファンページを作るとしても、人に見せるモノ(私の場合は文章)を作らなければ、ということになります。

いきなり完成形にする必要がないのはWebの面白いところですが、ゴール(これでいいかな、と思える形)までの道のりは遠そうです。

uriel_archangel at 21:55 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 引き続きFacebookを研究中
 

February 02, 2011

* ケータイで自分撮り&ビューティーモード+Facebook

このところ、Facebookが気になっています。いちおうアカウントも作っているのですが、「作っただけ」状態なので、リンクしている友達も少ないです。ここで「私はここにいま〜す」とご紹介するつもりもありません。

でも、各所(と言ってもネットで私がうろつく界隈だったり、雑誌や本だったり、ですが)で取り上げられているのをみて、もうちょっとまともな形にしようかと考え、いろいろと準備をしています。

その中の一つが、今回の話です。要は、Facebookのプロフィール写真を、自分の写真にしたのです。

でも、とことん自分の容姿に自信のない人間です。このブログの写真も、当時小学校1年生の息子が、「お母さん大好き!」という気持ちいっぱいで描いた似顔絵です(ある意味、いろいろ盛ってます)。いくらFacebookは「実名+顔写真をおすすめ」と言われても、フツーの写真を載せたくはありません。

そこで、N-02Cの「ビューティーモード」を使ってみました。今のプリクラにもこういう機能があるようですが、顔色を補正したり、小顔やアイシャドー・アイライン・チークといったメイクまでしてくれるのです。

普段ノーメイクなので、「ビューティーモード」の効果はてきめんでした。肌の色が微妙に赤くなったりしているところも、すっきりキレイにしてくれるのです。もちろん、小顔や口角をあげる修正もしました。まあ、他にもいろいろと。

そして、フォトレタッチで「ソフト」にしました。あんまりはっきりくっきり写っているのも避けたかったので……。さらに、なんだかよく分からない感を出すために、セピア色にしてみました。

――そうしたら、完成した写真は、「とても自分とは思えない」代物になりました。土台が土台ですから、決して「絶世の美女」になったわけではありませんよ(笑) 早速Facebookのプロフィール写真に使っています。

私の写真ですが、実物とかなり違う雰囲気なので、「もはやこれは私ではない」という気分です。メイクをすると変わるというのは、こういうことかなあ、と、写真を眺めながら思いました。

ちなみに、上記の加工や編集は、すべてN-02Cで行いました。いろいろな機能があって、「これもケータイでできるんだ〜」と感心することしきりでした。PCのフォトレタッチソフトは、サイズの縮小に使っただけです。

そして、昨日入った書店でFacebook関連の本が多かったので、3冊購入してみました。まずは基本的な内容かな? という本を読んでいます。早く、「こんな感じでやってます!」と紹介できるようにしたいですね。

日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29)日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29)
著者:松宮義仁
フォレスト出版(2011-01-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


uriel_archangel at 23:18 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ケータイで自分撮り&ビューティーモード+Facebook
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード