Moleskin

June 23, 2014

* 講演などのノートも、測量野帳でいいのかなあ

IJET-25の各セッションなどの感想を書こうと思ってはいるのですが、今日はその余裕&体力がありません……。

ちょっと言い訳をしますと、本当は今日は休養日、と考えていました。ひと休みしてから、あれこれ書くつもりでした。

でも、職場で、期限が近いのに進んでいない作業があり、気になっていました。今日は少しその作業を進めようと思い、職場に行ってあれこれしていたところ、結局1日仕事になってしまったのです(汗)

言い訳はこれくらいにして、タイトルの話。今回は、Moleskinのラージサイズノートを持っていきました。

あれこれたくさん書けるし、ハードカバーなので立ったままで書けるのはいいのですが、厚みがあって重いのが難点だなあ、と思いました。

理想はA5サイズ(Moleskinのラージサイズと同じ)で測量野帳の表紙と厚さというものなのですが、そういう都合のいいノートはまだ見つかっていません。

……だとしたら、A5サイズよりも、測量野帳のコンパクトさを重視したほうがいいかな? と思いました。実際、そういう測量野帳らしきノートを使っている人も見かけました。

測量野帳なら、立って書いてもノートの重さは苦になりません。書くスペース(ノートの用紙のサイズ)は小さくなりますが、方眼が小さいので自然と書く字も小さくなります。だとしたらMoleskinでも測量野帳でも、大きな差はないかなあ、と思います。

そのときの持ち物のボリュームやバッグのサイズにもよりますが、Moleskinも活用しつつ、測量野帳も選択肢にある状態にしようかなあ、と思いました。

uriel_archangel at 21:43 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 講演などのノートも、測量野帳でいいのかなあ
 

March 14, 2013

* よくよく見たら……

「荷物を軽くするぞ計画」はあるのですが、一方で、しっかりしたノートも好きです。特に、講演会など、机が使えない状態でものを書くときに、ハードカバーのしっかりしたノートがあるといいな、と思います。先日は銀座の伊東屋で探してみたわけですが、「これだ!」と思うものには出会えませんでした。

最初はハードカバーでページ数があまりないものを、と思っていたのですが、そういう条件に合うものがなかなかありません。そうすると、ページ数に関しては妥協が必要かな、とはボンヤリ考えています。

ネットで見かけたRHODIAのウェブノートブックが良さそうだな、と考えた、まさにその日。

「そういえばこれ、一昨年に取引先のクリスマスパーティのくじ引きでもらったものだ」というノートを見つけました。これが、今になってよくよく見たら、Moleskinのラージサイズのスクエアードノートブックでした。

Moleskinではなく、別の会社の名前が前面に出ていたので、すぐには分かりませんでした。黒いハードカバーにゴムバンドもついていて、「いかにも」なデザインなのに、どうやら「なんちゃってMoleskin」と勝手に判断していたようです。

というか、自分でも気づかなさすぎだろうとは思います。もともと中学入試の直前だったのに加えて、ちょうど骨折の手術直前で「それどころではない」状態になっていたのだろうなあ、と思います。普段なら、好奇心であれこれチェックするのですが、そういうこともしていませんでした。

で、時期が時期だけに、そういうノートを受け取ったことも忘れてしばらく経過した、という感じのようです。自分のことなのに推測だらけですが、あんまり覚えていないのですよね(汗)

ともあれ、講演会などでメモを取るのに使えるノートを、無事手に入れることができました。

uriel_archangel at 16:20 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - よくよく見たら……
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード