Oldies

September 05, 2013

* ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』

小学生のときからオールディーズが好きなのは変わりありませんが、気になる曲には変化があります。

Jo Stafford with Ray Conniff - On London Bridge


小さいときは明るく元気のいい曲が好きでした。最近は、こういう「オトナな雰囲気」のスタンダードナンバーもいいなあ、と思います。ジョー・スタッフォードの落ち着いた声がいいですね。こういう素敵な歌が似合う・歌える大人になりたいです。そこにいたるまでのハードルがとにかく高い&多いですが……。

そして最近はありがたいことに、検索するとすぐに歌詞が分かります。例えばこのサイト。よくよく聞くと、ちょっと違うところがあるのですが、まあこんな感じです。

音楽だけ聞いていると(歌詞をしっかり聞いていないと)分からないのですが、こうして歌詞を見てみると、なんと美しい! と思います。メロディーも合わせて、とてもロマンティックですよね。「運命の人と出会うって、こんな感じなのね!」と、勝手にドキドキしてしまいます(苦笑)

最後の節で、歌詞に合わせて教会の鐘を思わせる音が入っています。これもまた美しいです。素晴らしい出会いを神様に感謝したくなる気持ちは、とてもよく分かります。

ところで、大阪に住んでいるとき、家族が好きなのでABCラジオの「メモリーズ・オブ・ユー」をよく聞いていました。ちょっと調べてみたら、今も放送されているのですね。スタンダードナンバーが楽しめる番組です。こういう番組は非常に少ないので(FMではあるのかな?)、とても貴重です。

ともあれ、ある日の、この番組のテーマが「霧」でした。そこで私が「霧だったら『霧のロンドン・ブリッジ』と『霧のサンフランシスコ』でしょ」と言ったら、大当たりでした(笑) 「あれ、このテーマで放送したことなかったっけ。再放送?」と思うくらい、その日に放送する曲が分かりました。

そういう思い出もあって、とても印象深い曲です。

uriel_archangel at 15:28 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)の『霧のロンドンブリッジ(On London Bridge)』
 

August 15, 2013

* The Diamondsの"Little Darlin'"

子供のときに、母がFMでエアチェックした(死語ですな……)オールディーズを聞いていたので、1950〜60年代に流行した曲が好きです。日本人のカバーはほとんど聞いていませんけれど。昔はレコードやカセットが高価だったので(もちろんCDも高価でしたよ)、いろいろなアーティストの曲が聞きたいときは、こういうFM番組が頼りでした。

大学生のとき、何枚組か忘れましたが、オールディーズのボックスセットが大学の売店で売られていました。「これは買わねば!」と購入し、あれこれ聞きました。「曲は知っているけれど誰が歌っているかはよく分からない」という状態は大きく変わっていませんが、多少は知識が増えたかな、と思います。

今は、ときどき無性に聞きたくなって、YouTubeで探してみたりします。昔は、オールディーズが好きと言っても周囲に仲間はまずいないので、孤独な趣味でした。でも今は、こうやってちょっと検索すると、そのころの音楽が好きな人って意外といるんだなあ、と思います。

私の中で、「いかにもオールディーズ」の代表曲と言えるのが(あ、もちろん、他にもありますよ!)、ザ・ダイアモンズの『リトル・ダーリン』です。


動画のタイトルにも入っていますが、1957年のヒット曲だそうです。『アメリカン・グラフィティ』の世界ですね。

関連動画を見て、びっくりしました。


ザ・ダイアモンズについて調べてみると(と言って、読んだのは英語版のWikipediaなのですが)、メンバーに変更がありつつ現在も活動を続けているそうです。で、この動画は、1957年当時の4人が歌っているのです。しかも2004年に!

小ネタも昔のままで(2つの動画を連続して見ると面白いです)、「あらー、衰えちゃったのね」ということもなく、素晴らしい歌声を披露していました。私は何度も何度もオリジナルのほうを聞いているので、「これは口パクじゃない!」と分かります。

今は既にお二人が亡くなられていて、このハーモニーはもう聞けないのです……。

やっぱり歌は呼吸法につながるので、健康にいいのかもしれませんね。――って、変な結論ですよね(汗)

uriel_archangel at 15:43 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - The Diamondsの"Little Darlin'"
 

March 15, 2011

* それでも"What A Wonderful World"

1週間前は平和だった、としみじみ思う今日この頃です。3月11日を境に、あまりにもいろいろなことが起き、いろいろなことが大きく変わりました。

でも、起きてしまったことを、なかったことにはできません。

自然の猛威にさらされて、とても"What A Wonderful World"と言える状況ではない、という方もいらっしゃるでしょう。

でも、自分たちを信じて、前に進んでいくしかないと思います。
よりよい未来のための礎を築き、"What A Wonderful World"と心から思える日が訪れることを信じて。



uriel_archangel at 23:58 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - それでも"What A Wonderful World"
 

March 06, 2011

* I Love Oldies! - Lollipop -

実は(というほどのことではありませんが)オールディーズが好きです。小学校低学年のとき、NHK-FMでオールディーズ特集を放送していて、それを母がカセットテープに録音しました(こういうこと自体が時代ですよね〜)。それをよく聞いていたので、オールディーズは非常に身近な存在でした。テープには音楽しか入っていなかったので、曲のタイトルで分からないものが多かったのですが。

現代に例えるならば、親が聞いていたから子供も80年代の洋楽が好きです、という状況でしょう。

ただ、私の母は50年代後半〜60年代初頭が守備範囲で、ビートルズは当時あまり好きではなかったそうです。今聞くといい曲だと思うし、全然やかましくないわよね、と言っています。そういう状態で聞いていたので、私もそういう時代のオールディーズに親しんでいます。

最近はあまり聞いていないのですが、大学時代、オールディーズがたくさん入ったCD集が安売りされていたのを見つけて購入し、しょっちゅう聞いていました。1曲が短いから、ドライブのときに聞くのもいいのです。

前置きが長くなりましたが、オールディーズは今でもCMなどで使われますね。最近耳にするのが、この記事のタイトルに入れたこの曲です。

The Chordettes Lollipop


私が最初にこの曲を聞いたのは、「ひらけ! ポンキッキ」だったと思います(これも古いですね〜)。昔は、それこそ親の記憶だけが頼りで、どういう人が歌っていたのかも知らずに聞いていました。でも今は、ネットで調べれば、どういうグループだったのかが分かるようになりました。

そして、この動画を見ていて、関連する動画でびっくりしました。The Chordettesの皆さんは、今もお元気のようです。



昔をほうふつとさせるハーモニーです。

uriel_archangel at 08:52 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - I Love Oldies! - Lollipop -
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード