loft

November 11, 2011

* LOFTで「ほぼ日手帳2012」を買いました

クリスマスカードも並んで、すっかり年末モードのLOFTでした。
なぜLOFTで購入したかというと、気になっていたカバーが、ほぼ日ストアで品切れになっていたからです……(汗)

私が選んだのはこのカバーです。
確かにストアのおまけはありませんが、お店で選んでよかったな、と思うことがありました。

実はこのカバー、1つ1つ模様の出方が違うので、カバーごとに印象が少し違うのです。私は、花の模様が結構大きく出て、ブルーの度合いが大きいものを選びました。他のものは、もうちょっと白い地が多かったのです。

これはたくさん並んでいるところを見なければ気にならないものでしょうけれど、「こういうことがあるんだ」というのを学べた、という感じです。

このブルーは、私にとっては「青紫」で、とても好きな色合いです。本当はカバーオンカバーをつけるものではないのですが、汚れてしまうのはもったいないので、カバーオンカバーも購入しました。まだ試していませんが、入るといいなあ、と思っています。

普段はストアのおまけを使っているペンは、今までのものもあるし、自分の「これ」と思うものを買ってもいいですし。

気になるカズンも見たのですが(ピンク×マロンのカバーが気になるのです)、実際に手に取ったときの重さに「やめておこう……」と判断しました。本当に必要だったら、4月始まりまで待つという手もあります。

そして、アクセス解析を見ていると毎月出てくるキーワードについても追加します。
それは何かというと、「クラシックルージュ」です(オリジナルにリンクしています)。

手に取った感じはとてもいいです。ただ、長く使えるものかどうかは分かりません。私は、購入した革カバーが1年も持たずに「あれれ」な状態になってしまった過去があるので、「2年もったらラッキー」くらいの気持ちで購入すればいいのでは、と思います。

高い買い物なのに……と思われる方もいらっしゃるでしょうが、「革としてはそんなに高い値段ではない」ということで、ある程度割り切ったほうがいいと思います。

そして色合いはというと、大人の女性が持ってもおかしくない、深い赤です。PCの環境によって違いますが、私が見る限り、自分のPCのディスプレイで見るよりも、落ち着いた赤でした。男性が持つのは……私は「合わない」とは思いませんが、好みや職場など雰囲気もあるので(オーソドックスなものが求められるか自由度が高いかなど)、誰にでもおすすめというものではないなあと思います。

でも、赤みがかった茶色の革を使うブランドもあるので、気になる人はLOFTでチェックしてみたほうがよいと思います。販売しているLOFTが近くにない人には難しいですけれど。

uriel_archangel at 23:55 | 時間管理 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - LOFTで「ほぼ日手帳2012」を買いました
 

October 14, 2011

* LOFTでスケジュール帳とカレンダーを見てきました

……が、思ったより(私の好きな)バーティカルタイプが少なかったです。もしかして、商品数を絞っているのかなあ、なんて思ってしまうような感じでした。ただ単に私の趣味に合うデザインが少なかっただけでしょうか。

『ほぼ日手帳』は、よっぽど人気のものや限定生産のものでなければ、焦らなくても手に入ります。なので、またカバーの感じなどを見ただけでした。実は、「くまのプーさん」のカバーが気になっています。100エーカーの森、「いいなあ」とは思ったのですが、ファブリックカバーです。「汚れたら悲しくなっちゃうなあ」という気持ちが先に立ち、購入はしませんでした。

今年は例年に増して真っ白のままなのですが、いちおう職場に置くスケジュール帳を購入しました。ラコニックとハイタイドを隔年で使っている状態なのですが、今年はハイタイドです。隔年になっているのに深い意味はなく、そのときそのときで売られているもので、一番理想の条件に近いものを選んでいる、というだけです。

2012年用のスケジュール帳


2012 手帳 テーラ ミント[NZ2]

来年こそは! と思うアクションプランナーのカバーは、今回のLOFTでは見つかりませんでした。が、もう何度も眺めて検討して決めています。あとはオーダーするだけ、状態です。

あとは、自宅や職場のデスクに置くカレンダーを探しました。あれこれ見るのは面白いです。職場のデスクに置くカレンダーは、作業日程を書き込むため、
  • パソコンのモニター下に置いても邪魔にならないサイズ
  • 日付の表示が小さく、書き込みスペースが比較的広く取ってある
が条件です。実はこれを満たすものは、意外とないのです。小さいと、どうしても日付表示だけ、になってしまうのですよね。

ちなみに大きさの限界は、「フロッピーディスクケース入り」のものです(今どきフロッピーディスクは使いませんから、最近はなんて呼ぶのでしょうね)。

あれこれ購入したのですが、衝動買いもありました。スケジュール帳に貼るシールです。かわいいシールがいっぱいあって、年甲斐もないだけでなく、「全部使いきれるのか?」という勢いで買ってしまいました……。どうするかは、これから考えます(汗)

uriel_archangel at 21:03 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - LOFTでスケジュール帳とカレンダーを見てきました
 

September 07, 2011

* LOFTで「ほぼ日手帳2012」を見てきました

忙しくて時間がないもので、小さな店舗に行っただけでなく、「ほぼ日手帳」しか見ていません……。しかもというか、カズンに不具合があって店頭からなくなっていたため、「あれ、これだけ?」という感じでした。いつもは大きな店舗に行って、他のスケジュール帳も眺めているのです。

それはともかく、実物を手に取ったり目で見て確かめたりできるのは、「どのカバーにするか」の参考になって、ありがたいです。

――で、あれこれカバーを見てきた感想を。現在購入できるモノトーン・プリント・ファブリックはほとんど見られましたが、ドット012はそのお店にはありませんでした。あと、サンプル的にクラシックルージュのカバーも見られました。

モノトーンのカバーは、私の趣味に一番合っていたのはローズでした。派手すぎず上品な感じのピンクで、とてもかわいかったです。私が持つのはどうだろう、という感じですけれど……(汗) 全体的に、PCで見ていた色よりも落ち着いているというか、ちょっとくすんだような感じがしました(注:当然ですが個人の感想なので、ディスプレイなどの環境や人によって感想は異なります)。

面白かったのは、「ホワイト・チドリ」が、ディスプレイで見るのと違って、ぱっと見たときに千鳥格子だと分からないということです。「千鳥格子」というより「幾何学模様」という感じです。プリントカバーはどれもいい感じでしたが、年齢的に千鳥格子は「まんまオバさん」なので、選ぶとしたらそれ以外ですね。

ファブリックカバーにもひかれますが、カバーオンカバーをつけてキレイに使いたいタイプなので、やはり選ぶとしたらモノトーンやプリントからかなあ、と思います。

でも、それだけではありません。実は、革のクラシックルージュのカバーが、なかなかいい感じでした。2007年にエンボス加工の革カバーを使ったのですが、端っこからはげてきてしまい、ちょっと悲しい感じになってしまったのです……。仕上げが違うのでそのせいかもしれませんが、今年のカバーのほうが、長持ちしそうに見えます。触った感じも気持ちよかったです(笑)

というわけで、どのカバーにするか、まだまだ悩むことにします。

uriel_archangel at 23:55 | 時間管理 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - LOFTで「ほぼ日手帳2012」を見てきました
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード